チック・コリア(Chick Corea)リーダー・アルバム

トップページ > チック・コリア > チック・コリア リーダー・アルバム

コンプリートなディスコグラフィーでないことをご了承下さい。
ジャズCDの個人ページ」by K. Kudo

 

’80年代なかばに、エレクトリック・バンドとサークルとリターン・トゥ・フォーエヴァーと「ナウ・ヒー・シングス、ナウ・ヒー・ソブス」、「クリスタル・サイレンス」をほぼ同時期に聴きはじめた時は、どれが本当のチック・コリア?と思ったわけです。その多面性が彼らしくていいところ。またピアノがジャストなノリなのでスッキリしていて好みです。

チック・コリア Chick Corea共演・参加作

 

最終更新日:2017/04/02

リーダー・アルバム(含 リターン・トゥ・フォーエヴァー)

Music Forever & Beyond 1964-1996/Chick Corea(P)(GRP) - Recorded 1964-1996. Miroslav Vitous(B), Roy Haynes(Ds), Blue Mitchell(Tp), Junior Cook(Ts), Gene Taylor(B), Aloysius Foster(Ds), Joe Farrell(Ts), Woody Shaw, Jr(Tp), Steve Swallow(B), Joe Chambers(Ds), Stan Getz(Ts), Anthony Braxton(As, Ss, Fl, Bcl, Per), Dave Holland(B), Barry Altshul(Ds, Per), Stanley Clarke(B), Airto Moreira(Ds), Flora Purim(Vo), Lenny White(Ds), Al DiMeola(G), Bill Conners(G), Anthony Jackson(Sax), Steve Gadd(Ds), Eddie Gomez(B), Gayle Moran)Vo), Fred Sherry(Cello), Ida Kavafian & Annie Kavafian(Vln), Lousie Schulman(Viola), Bill Watrous(Tb), Wayne Andre(Tb), Danny Cahn(Tp), John Gatchell(Tp), Bob Milikan(Tp), Jean Luc Ponty(Vln), Michael Brecker(Ts), Bunny Brenel(B), Tom Brechtlein(Ds), Charles veal(Vln, Viola), Al Vizzutti(Tp), Carol Shive(Vln), Bob Zottola(Tp), Paula Hochhalter(Cello), Jim Pugh(Tb), Ron Moss(Tb),   John Patitucci(B), Dave Weckl(Ds), Frank Gambale(G), Eric Marienthal(As, Ss), Mike Miller(G), Jimmy Earl(B), Gary Novak(Ds) Herbie Hancock(P), Jimmy Earl(B), John McLaughlin(G), Paco De Lucia(G), Don Alias(Per), Gary Burton(Vib), Bobby McFerrin(Vo), Miles Davis(Tp), Ralph Morrison(Vln), Tamara Hatwan(Vln), Victoria Miskolczy(Viola), Arman Ksajikian(Cello), Bob Berg(Sax), - (Disc1) 1.Matrix 2. Chick's Tune 3. Litha 4. Windows 5. Starp 6. Spain 7. No Mystery (Disc2) 1. Hymn Of The 7th Galaxy 2. Captain Senor Mouse 3. Nite Sprite 4. Leprechaun's Dream, Part 1  5. Leprechaun's Dream, Part 2  6. Duel Of The Jester And The Tyrant(Part 1 & 2) 7. Armando's Rhumba 8. Humpty Dumpty 9. Sicily 10. Quartet No.2, Part1  11. Central Park (Dics3) 1. Rumble 2. Coll Weasel Boogie 3. Got A Match? 4. Light Years 5. Eternal Child 6. Trance Dance 7. Spain 8. Make A Wish, Part1  9. Make A Wish, Part2  10. 99Flavers 11. Blue Miles 12. Ished (Dics4) 1. I Don't See Me In Your Eyes Anymore 2. Lush Life 3. Soft And Gentle 4. Liza 5. Beautiful Love 6. The Yellow Nimbus 7. Crystal Silence 8. O Solo Mio On The Lone Praise 9. Even From Me 10. I Fall In Love Too Easily 11. 'Round Midnight (Dics5) 1. That Old Feeling 2. Trinkle Tinkle 3. Monk's Mood 4. Stella By Starlight 5. Summer Night 6. Straight No Chaser 7. Story

この5枚組CD BOXは、チックが8歳の時にした録音をはじめ、スタンダーズ・クァルテットの新作はCD5枚目が全部未発表 (しかも前作がオリジナルに対して、こちらはスタンダード中心)など、実は48曲中15曲も未発表演奏なので貴重なBOX。 他の未発表曲はCD1の4曲目、CD3の1(ジョン・パティトゥッチが参加)、12曲目、CD4の1、5、7−8、10曲目。これを聴けば、チック・コリアの歴史と、その多面性がだいたい分かります。 彼の音楽を昔から俯瞰していくには最適なBOXです。実はDisc4の7曲目は、旭川でのチック・コリアとゲイリー・バートンのライヴ演奏で、しかも未発表のもの。 他にもジョン・マクラフリン、ボビー・マクファーリン、マイルス・デイヴィスとのデュオなど貴重な未発表音源が入っています。

Tones For Joan's Bones/Chick Corea(P)(Atlantic) - Recorded November 30 and December 1, 1966. Joe Farrell(Ts, Fl), Woody Shaw, Jr.(Tp), Steve Swallow(B), Joe Chambers(Ds) - 1. Litha 2. This Is new 3. Tones For Joan's Bones 4. Straight Up And Down

チック・コリア初リーダー・アルバム。原盤はヴォルテックス。今(’98年)になってやっとCD登場ですが、メンバーもいいし、曲も4曲中3曲はオリジナルで演奏もいいので、もっと話題になってもいいかも。当時からかっちりしたソロやジャストな感じのタイム感覚は健在。ただし4曲目はフリージャズ。

Inner Space/Chick Corea(P)(Atlantic) - Recorded November 30 and December 1, 1966, and November 1968. Joe Farrell(Ts, Fl), Woody Shaw(Tp), Steve Swallow(B), Joe Chambers(Ds), Hubert Laws(Fl), Ron Carter(B), Grady Tate(Ds), Karl Porter(Bassoon) - 1. Straight Up And Down 2. This Is new 3. Tones For Joan's Bones 4. Litha 5. Inner Space 6. Windows 7. Guijira 8. Trio For Flute, Bassoon And Piano

1−4曲目が’66年録音の初リーダー作「トーンズ・フォー・ジョーンズ・ボーンズ」の全曲なのですが曲順違い、5、7曲目が同アルバムの未発表曲。6、8曲目はヒューバート・ロウズの’68年録音「ロウズ・コーズ」からの曲。これらを集めて’73年に発売されたアルバムということらしいです。5曲目はストレート・アヘッドな曲でいい感じ。6曲目はフューバート・ロウズの甘めのフルートと曲。7曲目は何となくボサノヴァっぽさを感じさせるジャズ。8曲目がクラシックっぽい曲で、当時としては珍しい。’66年当時からカッチリしたピアノを弾いていることに驚きます。ただ、アルバムの曲の集め方としては、ちょっとコンセプトが中途半端のような気も します。資料的な面としては、聴いてみる価値もあると思うのですが。(00年1月26日発売)

Now He Sings, Now He Sobs/Chick Corea(P)(Blue Note) - Recorded March 14, 19 and 27, 1968. Miroslav Vitous(B), Roy Haynes(Ds) - 1. Matrix 2. My One And Only Love 3. Now He Beats The Drum 4. Bossa 5. Now He Sings-Now He Sobs 6. Steps-What Was 7. Fragments 8. Windows 9. Pannonica 10. Samba Yantra 11. I Don't Know 12. The Law Of Falling And Catching Up 13. Gemini

ソリッドステート原盤の5曲(1、3、5、6、12曲目)に、ブルーノート盤で後から出た8曲を追加したCD。本当はオリジナル・アルバムの5曲のみで聴いてみたいところ。当時を考えると、このようなカッチリした演奏は珍しかったのではないかと思います。しかもトリオの絡みやバランスも見事です。

Early Days/Chick Corea(P)(Denon) - Recorded 1969. Woody Shaw(Tp), Horace Arnold(Ds), Jack DeJohnette(Ds), Dave Holland(B), Hubert Laws(Fl, Piccolo), Bennie Maupin(Ts) - 1. The Brain 2. Converge 3. Waltz For Bill Evans 4. Sundance 5. Dave 6. Vamp 7. Jamala

フリーの要素もあり、曲によってはエレキピアノも使用しているなど、当時のジャズの流れを抜きにしては語れないアルバムです。CD化ではじめて数枚のLPから1枚にまとまったとのこと。考えてみれば「ビッチェズ・ブリュー」にもここの4人が参加しています。

The Song Of Singing (plus 2)/Chick Corea(P)(Blue Note) - Recorded April 7 and 8, 1970. Dave Holland(B), Barry Altschul(Ds) - 1. Toy Room 2. Ballad 1   3. Rhythms 4. Flesh 5. Ballad 2   6. Nefertitti 7. Blues Connotation 8. Drone

ブルーノートです。でもいわゆるフリージャズ系の要素が濃いアルバムです。この時期何度も演奏している「ネフェルティティ」がここでも見られます。チック・コリアは何を演奏してもジャストなタイム感覚でクリアーなサウンドなので、フリーっぽくなってもあまりドロドロしてこないのがいいところ。

Circle 1 - Live In Germany Concert(Stretch) - Recorded November 28, 1970. Anthony Braxton(As, Ss, Fl, Bcl, Per), Dave Holland(B), Barry Altshul(Ds, Per) - 1. Medley: Toy Room/O And A 2. There Is No Greater Love

短期で終わったチック・コリアらのグループの演奏です。フリー・ジャズです。ところが、2曲目が、「ゼア・イズ・ノー・グレイター・ラヴ」というスタンダードが入っている点が興味深いです。これは21分もの曲で、出だしはオーソドックスなのですが、どんどん自由になっていきます。

Creaction/Chick Corea(P)(Vaan Media) - Recorded 1970. Rolf Kuhn(Cl), Joachim Kuhn(P), John Surman(Bs, Ss, P), Alan Skidmore(Ts), Tony Oxley(Ds), Peter Warren(B) - 1. Houndhouse Rock 2. Sad Ballade 3. T.C.B. 4. Going To The Rainbow 5. Racing It Down

さて、チック・コリアもヨアヒム・キューンもジョン・サーマンもピアノやオルガン、エレキ・ピアノで参加していますが、昔懐かしいクロスオーバーっぽい曲から、叙情感あふれる曲、ジャズ的なフリー調の曲まで幅広い感じです。統一性はともかく、よくこのメンバーが集まったものだと思います。

(注)須藤さんからの情報。このアルバムは’77年録音でなくて’70年録音。’70年に発表された"Going To The Rainbow/Rolf Kuhn(Cl) Jazzgroup(MPS)" と同内容とのことです。

A.R.C./Chick Corea(P)/Dave Holland(B)/Barry Altshul(Per)(ECM) - Recorded January 11-13, 1971. - 1. Nefertitti 2. Ballad For Tillie 3. A.R.C. 4. Vadana 5. Thanatos 6. Games

当時のフリージャズの影響が強く見え隠れするアルバムで、正面から勝負をしている感じです。1曲目に「ネフェルティティ」。解体・再構築路線のソロピアノのイントロを経て、カッチリしたタイム感のトリオでの4ビートから曲が展開してフリーに突入して 、再びテーマに戻ります。2曲目は3者による作曲なので、おそらくフリー・インプロヴィゼーションの世界。短いテーマから徐々に発展していって、フリージャズの世界に入りこんでいくタイトル曲の3曲目。デイヴ・ホランド作の4曲目は、自由ながらも美しさを感じさせる出だしからフリーに展開していきます。ゆっくりとフェードインしてまたフェードアウトしていくゴリゴリのフリージャズの5曲目、やはり当時のフリージャズ度が高い6曲目。今なら聴く人を選ぶアルバム かも。

Paris-Concert/Circle(ECM) -Recorded February 21, 1971. Anthony Braxton(Reeds, Per), Chick Corea(P), David Holland(B), Barry Altshul(Per) - 1. Nefertitti 2. Song For The Newborn 3. Duet 4. Lookout Farm - 73゜ Kalvin(Variation-3) 5. The Room - Q&A 6. No Grater Love

「A.R.C.」のメンバーにアンソニー・ブラクストンが加わったグループ「サークル」のライヴ。基本はフリージャズ。ここでも1曲目は「ネフェルティティ」で、ブラクストンはアグレッシヴ、コリアはカッチリといった印象で、自由度が高くかつドラマチックな演奏。何と19分にわたって展開されています。緩急自在なフレーズの、やはりフリーのベースソロの2曲目、フリーの中に美しさと咆哮が共存する、ピアノとサックスのデュオの3曲目、前半7分半がドラムソロでその後フリーになだれこんでいく16分台の4曲目、音のせめぎあいだったりメロディが舞ったりと自在に進んでいく、何と24分台もの5曲目、そうしてここでは珍しいスタンダードの、やはりフリーにも向かう17分もの6曲目。CD2枚組なので、聴くのに体力を要します。

Circle 2 - Gathering/Chick Corea(P)(Stretch) - Recorded March 17, 1971. Anthony Braxton(As, Ss, Fl, Bcl, Per), Dave Holland(B), Barry Altshul(Ds, Per) - 1. Gathering

これなどは、完全に当時のフリージャズです。サークルは70年の8月から71年の9月までの活動で終わってしまいましたが、やっぱり、フリー・ジャズだけではちょっと通して聴くには疲れる部分もあったりします。

Piano Improvisations Vol.1/Chick Corea(P)(ECM) - Recorded April 21 and 22, 1971. - 1. Noon Song 2. Song For Sally 3. Ballad For Anna 4. Song Of The Wind 5. Sometime Ago, Where Are You Now? -A Suite Of Eight Pictures- 6. Picture 1 7. Picture 2 8. Picture 3 9. Pitcure 4 10. Picture 5 11. Picture 6 12. Picture 7 13. Picture 8

全曲彼のオリジナルですが、タイトルからすれば当然(?)。端正なピアノのフレーズはやっぱり美しく、彼の個性があったからこそ成立したピアノの世界。これがジャズかどうかは議論の分かれるところ。でも、メロディアスなフレーズの曲ばかり で、正面から向き合うというよりは、自然に耳に入ってくる聴き方の方が合う気もします。インプロヴィゼーションとはいえ、ここではゴリゴリのフレーズではなく、あたかも作曲されたものを演奏しているような雰囲気。本当に美しい1曲目、哀愁の漂うスパニッシュな2曲目、淡々と語りかけてくるような3曲目、ジャズのノリの片鱗をうかがわせる4曲目、8分台のドラマチックな展開の5曲目。そして7曲目からは「8枚の絵の組曲」で、小品を8曲組み合わせた、色彩感覚豊かな展覧会。

Piano Improvisations Vol.2/Chick Corea(P)(ECM) - Recorded April 21 and 22, 1971. - 1. After Noon Song 2. Song For Lee Lee 3. Song For Thad 4. Trinkle Tinkle 5. Masqualero 6. Preparation 1   7. Preparation 2   8. Departure From Planet Earth 9. A New Place (1)Arrival (2) Scenery (3) Imps Walk (4) Rest

チック・コリアのピアノ・ソロ第2集ですが、録音されたのは第1集と同じ日です。やはり端正な演奏。タイトルのように午後の陽射しを浴びながらゆったりと聴きたい1曲目、やや憂いを帯びた表情を示す2曲目、カッチリとした、哀愁もほのかな3曲目、セロニアス・モンク作のやや斬新な解釈の4曲目、ウエイン・ショーター作のドラマチックな構成でちょっと爆発もある5曲目、やや抽象的なつながりの速いパッセージの続く6曲目、表情は少し変わりますが、やはり速い抽象的な演奏の小品の7曲目。そして8、9曲目はそれぞれ「地球からの出発」、「新しい場所」(組曲)と、両方合わせて20分ほどになる、音で表わしているドラマです。ドラマチックではありながら、やはり絵画的で抽象的な構成が中心になります。

Return To Forever/Chick Corea(P)(ECM) - Recorded February 1972. Joe Farrel(Fl, Ss), Flora Purim(Vo, Per), Stan Clarke(B), Airto Moreira(Ds, Per) - 1. Return To Forever 2. Crystal Silence 3. What Game Shall We Play Today 4. Sometime Ago-La Fiesta

言わずと知れた有名盤で、ECMとしては異色なアルバム。このアルバムが人気の出た理由は、親しみやすくて分かりやすいメロディにあったと思います。エレキ・ピアノなので、今考えるとクロスオーヴァーの走りですが、サウンドはちょっと古さを感じさせつつもカッコ良く、曲自体は素晴らしいものが多いです。作詞を除いて全曲チック・コリアのオリジナル。1曲目からおなじみのメロディが奏でられ、ドラマチックに展開していきます。曲はいくつかの部分をつなぎ合わせた感じ。フローラ・プリムのスキャットも印象的。エレキ・ピアノを中心に淡々と進んでいく2曲目、リラックスして軽快なヴォーカル入りの3曲目、ヴォーカル入りの前半とおなじみの「ラ・フィエスタ」とのスパニッシュ風メドレーで何と23分も続く4曲目。

Light As A Feather/Chick Corea(P) Return To Forever(Polydor) - Recorded October 1972. Joe Farrel(Fl, Ss), Flora Purim(Vo, Per), Stan Clarke(B), Airto Moreira(Ds, Per) - 1. You're Everything 2. Light As A Feather 3. Captain Marvel 4. 500 Miles High 5. Children's Song 6. Spain 7. Matrix 8. Light As A feather 9. 500 Miles High 10. Children's Song 11. Spain 12. Spain 13. What Games Shall We Play Today? 14. What Games Shall We Play Today? 15. What Games Shall We Play Today? 16. What Games Shall We Play Today?

当時人気のあったRTF、実は超目玉の「スペイン」はこちらの方に入っています。路線としては1作目とメンバーが同じこともあり、延長線上にあります。やはり分かりやすくてカッコいいメロディ。ただし、プロデューサーは1作目のマンフレート・アイヒャーに対してこちらはチック・コリア。と、ここまでは通常の紹介。実は 今回出たCDの2枚目は、未発表演奏や別テイクが6曲(全10テイク)も入っていて、このメンバーでの「マトリックス」(当然エレキピアノです。)が聴けたりして、非常に興味深い演奏 になっています。「スペイン」の別テイクも2つあるのがうれしいところ。1枚目はオリジナル通りの曲目・曲順なのもありがたい。オリジナルの演奏も良いですが、あえて2枚目のためだけに購入する価値はあるかもしれない。(99年1月14日発売)

Return To The 7th Galaxy/Return To Forever Featuring Chick Corea(P)(Verve) - Recorded October, 1972 - March 1975. Stanley Clarke(B), Joe Farrell(Ts, Fl), Airto Moreira(Ds, Per), Flora Purim(Vo, Per), Bill Connors(G), Steve Gadd(Ds), Mingo Lewis(Per), Lenny White(Ds, Per), Al DiMeola(G) - 1. 500 Miles HIgh 2. Captain Marvel 3. Light As A Feather 4. Spain 5. After The Cosmic Rain 6. Bass Folk Song 7. Hymn Of The Seventh Garaxy 8. Captain Senor MOuse 9. Theme To The Mothership 10. Vulcan Worlds 11. Beyond The Seventh Galaxy 12. Earth Juice 13. The Shadow Of Lo 14. Where Have I Known You Before 15. Song To The Pharoah Kings 16. Dayride 17. No Mystery 18. Flight Of The Newborn 19. Celebration Suite (Part 1 And 2)

邦題「第7銀河への帰還」。2CDで、RTFのポリドール盤のベスト集。メンバーの変遷とともにサウンドが変わり、テクニックのある集団なので、20年以上前の演奏とは思えないほど古さを感じさせません。とはいうものの、4曲の未発表演奏のために購入するのはちょっとつらいですが、その未発表演奏のうち3曲のドラマーが、このグループの他の演奏では聴くことのできないスティーヴ・ガッドなので、買いに決定。

Crystal Silence/Gary Burton(Vib)/Chick Corea(P)(ECM) - Recorded November 6, 1972. - 1. Senor Mouse 2. Arise, Her Eyes 3. I'm Your Pal 4. Desert Air 5. Crystal Silence 6. Falling Grace 7. Feelings And Things 8. Children's Song 9. What Game Shall We Play Today

全9曲中、チック・コリアのオリジナルが5曲、スティーヴ・スワロウ作が3曲。ピアノとヴァイブラホンは音がぶつかり合う難しい組み合わせながら、彼らの洗練されたテクニックとカッチリしたフレーズで、ジャズのようでなくてしっかりジャズをしているところがいい感じ。ノリが良くてスパニッシュ度の比較的高い1曲目にはじまり、温かみのある3拍子の2曲目、メロディをゆったりと聴かせてくれる3曲目、色彩感覚豊かにドラマチックに展開される4曲目、「リターン・トゥ・フォーエヴァー」でも取り上げられていたしっとりとしたタイトル曲の5曲目、ノリが良く一体感のある6曲目、マイケル・ギブス作の淡い感覚の7曲目、おなじみの小品の8曲目、よく弾んで楽しい感じの9曲目。ジャズの新しい流れのひとつを作ったアルバム。

Hymn Of The Seventh Galaxy/Chick Corea(P) & Return To Forever(Polydor) - Recorded 1973. Bill Connors(G), Stan Clarke(B), Lenny White(Ds) - 1. Hyhm of The Seventh Galaxy 2. After The Cosmic Rain 3. Captain Senor Mouse 4. Theme To The Mothership 5. Space Circus Part 1, Space Circus Part 2   6. The Game Maker

邦題「第7銀河の賛歌」。RTFとはいえほとんどメンバーチェンジをして、ロックやファンクのイディオムを大胆に導入した(って言うんでしょうか?)超重量級サウンドで登場。前作までとは全くの別ものです。このエネルギーなら当時は(今でもですが)ぶっ飛んだことでしょう。

Where Have I Known You Before/Chick Corea(P) & Return To Forever(Polydor) - Recorded July-August 1974. Stanly Clarke(B), Lenny White(Ds), Al DiMeola(G) - 1. Vulcan Worlds 2. Where Have I Loved You Before 3. The Shadow Of Lo 4. Where Have I Danced With You Before 5. Beyond The Seventh Galaxy 6. Earth Juice 7. Where Have I Known You Before 8. Song To The Pharoah Kings

邦題「銀河の輝映」。アル・ディメオラが参加した記念すべきアルバム。と言ってもまだ超絶技巧と言うほどではありませんが、チック・コリアとともにラテン(スパニッシュ)の香りが当時からあります。グループの重量級なサウンドだけでなく、それぞれのソロも楽しめます。

No Mystery/Return To Forever Featuring Chick Corea(P)(Polydor) - Recorded January 1975. Stanly Clarke(B), Lenny White(Ds), Al DiMeola(G) - 1. Dayride 2. Jungle Waterfall 3. Flight Of The Newborn 4. Sofistifunk 5. Excerpt From The First Movement Of Heavy Metal 6. No Mystery 7. Interplay 8. Celebration Suite Part 1   9. Cerebration Suite Part 2

このメンバーになってからは2作目で、リズムもタイトで、キメも気持ち良く、クロスオーヴァー/フュージョン路線をさらに一層おしすすめた感じです。曲によってアル・ディメオラのアコースティック・ギターの速弾きが聴けます。いかにも当時のクロスオーヴァーというような曲もあります。ノリの良いファンクで攻める1曲目、ロックっぽさも感じさせる2曲目、各楽器のソロが魅力的でドラマチックな3曲目、少々やかましいながらも重々しいファンクの4曲目、4人で作曲されたヘヴィー・メタルを意識した(?)前後にピアノのソロが入る5曲目、キメが印象的、変幻自在で渋めなタイトル曲の6曲目、ピアノとベースでの文字通りインタープレイの7曲目。8、9曲目の、チック・コリアのスパニッシュ指向の曲は変化もあって難しそうな演奏。(99年3月10日発売)

The Leprechaun/Chick Corea(P)(Verve) - Recorded 1975. Danny Cahn(p), John Gatchell(Tp), Bob Millikan(Tp), Wayne Andre(Tb), Bill Watrous(Tb), Joe Farrell(Reeds), Annie Kavafian(Vln), Ida Kavafian(Vln), Louise Shulman(Viola), Fred Sherry(Cello), Eddie Gomez(B), Anthony Jackson(B), Steve Gadd(Ds), Gayle Moran(Vo) - 1. Imp's Welcome 2. Lenore 3. Reverie 4. Looking At The World 5. Nite Sprite 6. Soft And Gentle 7. Pixiland Rag 8. Leprechaun's Dream

邦題「妖精」。妖精を題材にしたトータルアルバムで、細かくアレンジされている様子。また、クロスオーヴァーの曲もあったり、弦楽四重奏団やブラスでアレンジを入れてみたりと、妖精の雰囲気がサウンドのあちこちから漂ってきます。リターン・トウ・フォーエヴァーをもっと緻密にするとこうなる?

Romantic Warrior/Return To Forever(Sony) - Recorded February, 1976. Chick Corea(P), Al DiMeola(G), Stanley Clarke(B), Lenny White(Ds) - 1. Medieval Overture 2. Sorceress 3. The Romantic Warrior 4. Majestic Dance 5. The Magician 6. Duel Of The Jester And The Tyrant (Part 1, 2)

邦題「浪漫の騎士」。この強力な4人の最後のRTF。はっきり言ってこの4人だからこそ、という感じのサウンド。場面によっては変拍子も出て来たり、音の使い方がプログレ方面の影響(こちらが影響を与えたかも?)も感じられます。6曲目は一度聴いていただきたいくらい迫力がある曲。

My Spanish Heart/Chick Corea(P)(Polydor) - Recorded October, 1976. Steve Gadd(Ds), Stanley Clarke(B), Jean Luc Ponty(Vln), Don Alias(Per), Gayle Moran(Vo), Barry Socher(Vln), David Speltz(Cello), Connie Kupka(Vln), Carol Mukogawa(Viola), John Thomas(Tp), John Rosenburg(Tp), Stuart Bluinberg(Tp), Ron Moss(Tb), Narada Michael Walden(Handclapping) - 1. Love Castle 2. The Gardens 3. Day Danse 4. My Spanish Heart 5. Night Streets 6. The Hilltops 7. Wind Danse 8. Armando's Rhumba 9. Prelude To El Bozo 10. El Bozo, Part 1   11. El Bozo, Part 2   12. El Bozo, Part 3    13. Spanish Fantasy, Part 1   14. Spanish Fantasy, Part 2    15. Spanish Fantasy, Part 3   16. Spanish Fantasy, Part 4

チック・コリアがスパニッシュにこだわったアルバム。と言っても、そのフレーバーが強いという感じはしますが、リターン・トゥ・フォーエバーのクロスオーヴァーの流れのようなサウンドもあります。彼独特のサウンドには変わりありませんけれど。LPのときは2枚組でした。大作です。

Misicmasic/Return To Forever(Sony) - Recorded January and Fabruary, 1977. Chick Corea(P), Stanley Clarke(B), Joe Farrell(Ts, Ss, Fl, Piccolo), Gayle Moran(Vo), Gerry Brown(Ds), John Thomas(Tp, Flh), James Tinsley(Tp, Flh), Jim Pugh(Ttb), Harold Garrett(Ttb, Btb) - 1. The Musician 2. Hello Again 3. Musicmagic 4. So Long, Mickey Mouse 5. Do You Ever 6. The Endless Night

再び大幅にメンバーチェンジをした第3期RTF。チック・コリア他のアルバムにも参加していたゲイル・モランのヴォーカルが何となく初期RTFのフローラ・プリムを連想します。実際は違う個性ですが。ホーン・セクションが入って豪華かつちょっとポップなサウンドのイメージになりました。

Live/Return To Forever(Sony) - Recorded May 20 and 21, 1977. Chick Corea(P), Stanley Clarke(B), Joe Farrell(Reeds, Fl), Gayle Moran(Vo), Gerry Brown(Ds), John Thomas(Tp, Flh), James Tinsley(Tp, Flh), Jim Pugh(Tp, Baritone Horn), Harold Garrett(Tb, Baritone Horn, Tuba), Ron Moss(Tb) - 1. Opening '77  2. The Endless Night(Part 1) 3. The Endless Night(Part 2), Introduction Of Musicians 4. The Musician 5. Introduction, Hello Again 6. So Long Mickey Mouse 7. Musicmagic(Part 1)  8. Musicmagic(Part 2), Applause 9. Introduction, Come Rain Or Come Shine, Fine And Dandy 10. Serenade 11. the Moorish Warrior And Spanish Princess 12. Introduction, Chick's Piano Solo 13. Spanish Fantasy 14. On Green Dolphin Street

3枚組CD(何とLPの時は4枚組!)のライヴで完全盤。そのライヴでは、他のアルバムではあまり目立たなかった4ビートでジャズっぽい場面もけっこう出てきます。スタンダードも数曲あって、そのあたりはライヴならではのサービスか。ホーン・セクション入りのサウンドも豪華。

An Evening With Herbie Hancock(P) And Chick Corea(P) In Concert(Sony) - February 1978. - 1. Someday My Prince Will Come 2. Liza 3. Button Up 4. February Moment 5. Maiden Voyage 6. La Fiesta

’78年の2人のピアノ・デュオのライヴで、何箇所かでの演奏をまとめたもの。ハービー・ハンコックとデヴィッド・ルービンソンのプロデュース。 やはり下のアルバムと同じ選曲の5、6曲目が興味深いところ。やはりこの2人はすごいことを改めて認識。

An Evening With Chick Corea(P) And Herbie Hancock(P)(Polydor) - February 1978. - 1. Home Coming 2. Ostinato 3. The Hook 4. Bouquet 5. Maiden Voyage 6. La Fiesta

上記とほぼ同じタイトルのライヴで、同じツアーで録音されたもの。チック・コリアとデヴィッド・ルービンソンのプロデュース。発売が半年以上Sony盤よりは遅いらしい。2人のアルバムに対する姿勢の違いもあるかもしれません。5、6曲目が同じ曲なのですが、こちらはいくらか短くなっています。

The Mad Hatter/Chick Corea(Polydor) - Recorded 1978. Charles Veal(Vln), Kenneth Yerke(Vln), Denyse Buffum(Vla), Stuart Blumberg(Tp), John Rosenberg(Tp), John Thomas(Tp), Ron Moss(Tb), Joe Farrell(Fl, Ts), Dennis Karmazyn(Cello), Jamie Faunt(B), Harvey Mason(Ds), Gayle Moran(Vo), Eddie Gomez(B), Steve Gadd(Ds), Herbie Hancock(Key) - 1. The Woods 2. Tweedle Dee 3. The Trial 4. Humpty Dumpty 5. Prelude To Falling Alice 6. Falling Alice 7. Tweedle Dum 8. Dear Alice 9. The Mad Hatter Rhapsody

ルイス・キャロルの物語を題材にしたアルバムとのことで、ジャズっぽい曲、ヴォーカル曲や弦楽四重奏も参加した曲など、いろいろ入り乱れて、トータルアルバムとして表現しています。何となく「リターン・トゥ・フォーエヴァー」を想像するような曲も。エディ・ゴメスは4、8、9曲目に、ハービー・ハンコックは9曲目に参加。

Friends/Chick Corea(P)(Polydor) - Released 1978. Joe Farrell(Reeds, Fl), Steve Gadd(Ds), Eddie Gomez(B) - 1. The One Step 2. Waltse For Dave 3. Children's Song No.5   4. Samba Song 5. Friends 6. Sicily 7. Children's Song No.15    8. Cappucino

クァルテットのジャズアルバムということでチック・コリアとしては当時は珍しい編成。比較的リラックスした曲も難曲もあり、けっこう聴かせてくれます。チルドレンズ・ソングも小品ながらカッチリとできあがっていて面白い。エディ・ゴメスとスティーヴ・ガッドの組み合わせというのもいい。

Secret Agent/Chick Corea(Key)(Polydor) - Recorded 1978. Al Vizzutti(Tp, Flh), Bob Zottola(Tp), Jim Pugh(Tb, Btb), Ron Moss(Tb, Btb), Bunny Brunel(B), Tom Brechtlein(Ds), Charles Veal(Vln, Viola), Carol Shive(Vln), Paula Hochhelter(Cello), Joe Farrell(Ss, Fl, Afl, Bfl), Airto Moreira(Per), Gayle Moran(Vo, Cho), Al Jarreau(Vo) - 1. The Golden Dawn 2. Slinky 3. Mirage 4. Drifting 5. Glebe St. Blues 6. Fickle Funk 7. Bagatelle #4   8. Hot News Blues 9. Central Park

7曲目のみバルトークの作品で、他はチック・コリアの作曲ないしは共作。当時の新人も起用しているアルバム。曲ごとにカラフルなサウンド。ロックビートに乗って、豪華なサウンドの演奏を聴ける1曲目、水彩色的なサウンドで複雑なリズムのテーマ、後半はファンク的になる2曲目、クラシック的な味わいの小品の3曲目、ヴォーカル入りで浮遊感満点のボッサとでも言うべき4曲目、ヴォーカル入りのチック・コリアらしいちょっとひねくれたブルースの5曲目、なかなかにカッコ良い彼らのタイトなファンクを演奏している6曲目、単にクラシック的でないシンセサイザーなども使用して彼の内世界を表現している7曲目、アル・ジャロウのヴォーカルだけれどもメロディがややこしい作りの8曲目、ノリノリのラテンフュージョンの9曲目。(05年3月30日発売)

Duet/Gary Burton(Vib)/Chick Corea(P)(ECM) - Recorded October 23-25, 1978. - 1. Duet Suite 2. Children's Song No. 15   3. Children's Song  No. 2 4. Children's Song No. 5   5. Children's Song  No. 6   6. Radio 7. Song To Gayle 8. Never 9. La Fiesta

6年ぶりのデュオ。チック・コリアの曲が7曲とスティーヴ・スワロウの曲が2曲。1曲目は15分台の組曲なのですが、かなり綿密に練られた密度の高いドラマチックな曲です。 部分的にジャズ、スペイン度の高い部分も見えてきますが、この2人ならではの硬質さがあって、しかもかなり盛り上がります。おなじみ「チルドレンズ・ソング」 (2−5曲目)があって、いずれも小品ですが、デュオでも雰囲気が出ています。 6曲目は、この2人にしてはかなりジャジーな展開。こういう展開があってもいいのでは。テーマのメロディがはっきりとしていて、速いアドリブながらやや哀愁を感じる7曲目、渋めなメロディが印象的でややジャジーな部分もある8曲目。そして9曲目は10分台の、おなじみ「ラ・フィエスタ」でゴキゲンな展開になります。

In Concert, Zurich, October 28, 1979/Chick Corea(P) and Gary Burton(Vib)(ECM) - Recorded October 28, 1979 - 1. Senor Mouse 2. Bud Powell 3. Crystal Silence 4. Tweak 5. Falling Grace 6. Mirror, Mirror 7. Song To Gayle 8. Endless Trouble, Endless Pleasure

チック・コリアの曲が6曲、スティーヴ・スワロウ作が2曲(5、8曲目)の構成。基本的に音がぶつかり合うピアノとヴァイブラホンのデュオなのに、ライヴでも緻密なデュオの演奏です。1曲目からスパニッシュ的に非常に熱い演奏(ただし温度感は低いかも)が繰り広げられています。ややバップ的ですが、スマートな印象的なメロディを持っている2曲目、静かなバラードで後半やや盛り上がりのある3曲目、アップテンポでスリリングに進行する4曲目、メランコリックな美しいメロディの5曲目、ワルツ的展開でやや温かみのある6曲目、静かで切なげなバラードから盛り上がっていく7曲目、たたみかけるようなフレーズでせまる8曲目。CD化に際し、「I'm Your Pal/Hullo, Bolinas」「Love Castle」の2曲がカットされているのが残念。
 

Crystal Silence/The ECM Recordings 1972-79/Gary Burton(Vib)/Chick Corea(P)(ECM 2036-39)(輸入盤) - Crystal Silence - Recorded November 6, 1972. - 1. Senor Mouse 2. Arise, Her Eyes 3. I'm Your Pal 4. Desert Air 5. Crystal Silence 6. Falling Grace 7. Feelings And Things 8. Children's Song 9. What Game Shall We Play Today - Duet - Recorded October 23-25, 1978. - 1. Duet Suite 2. Children's Song No. 15   3. Children's Song  No. 2 4. Children's Song No. 5   5. Children's Song  No. 6   6. Radio 7. Song To Gayle 8. Never 9. La Fiesta - In Concert, Zurich, October 28, 1979 - Recorded October 28, 1979 - 1. Senor Mouse 2. Bud Powell 3. Crystal Silence 4. Tweak 5. I'm Your Pal/Hullo, Bolinas 6. Love Castle 7. Falling Grace 8. Mirror, Mirror 9. Song To Gayle 10. Endless Trouble, Endless Pleasure

(09/09/26)「Crystal Silence」(ECM 1024)「Duet」(ECM 1140)「In Concert, Zurich, October 28, 1979」(ECM 1182/83)の再発のCD4枚組。今回の再発で、CD化のときに削られた「In Concert, Zurich, October 28, 1979」の中の2曲、「I'm Your Pal/Hullo, Bolinas」「Love Castle」が復活しているのがうれしい。どちらもソロの曲で、CD4の1−2曲目におさめられています。「I'm Your Pal/Hullo, Bolinas」はスティーヴ・スワロウ作で、ゲイリー・バートンの温かみのある、時に速いパッセージだけれどもやや落ち着いたソロが展開します。「Love Castle」の方はチック・コリア作で何と15分近いソロ作品。クラシック的な温度感の低い、カチッとしたやや静けさを伴った演奏から、躍動的、ラテン的に盛り上がる場面もあるドラマチックな演奏。

Tap Step/Chick Corea(P)(Stretch) - Recorded December 1979 - January 1980. Flora Purim(Vo), Gayle Moran(Vo), Shelby Flint(Vo), Nani Villa Brunel(Vo), Airto Moreira(Ds, Per), Laudir Oliveira(Per), Hubert Laws(Fl, Piccolo), Bunny Brunel(B), Tom Brechtlein(Ds), Don Alias(Per), Al Vizzutti(Tp, Flh), Joe Farrell(Ts, Ss), Jamie Faunt(Piccolo Bass), Stanley Clarke(B), Joe Henderson(Ts) - 1. Samba L.A. 2. The Embrace 3. Tap Step 4. Magic Carpet 5. The Slide 6. Grandpa Blues 7. Flamenco

もともとはワーナー移籍第一弾。豪華なメンバーが曲によって入れ替わります。1曲目でいきなりサンバ。しかもフローラ・プリムとゲイル・モランが同じ曲に参加。このアルバムで個人的にはバニー・ブルネルのフレットレスベースがすごい、と言いたい。追いかけてなくて残念。

Three Quartets/Chick Corea(P)(Stretch) - Recorded January and February 1981. Eddie Gomez(B), Steve Gadd(Ds), Michael Brecker(Sax) - 1. Quartet No.1  2. QuartetNo.3/Quartet No.2  3. Part 1 (Dedicated To Duke Ellington)  4. Part 2 (Dedicated To John Coltrane) 5. Folk Song 6. Hairy Canary 7. Slippery When Wet 8. Confirmation

ラスト4曲はCD化に際し、新たに付け加えられました。ワン・ホーン・クァルテットでシリアスな演奏、しかもマイケル・ブレッカー度が非常に高く、お買い得アルバムと言えます。当然他のメンバーも半端でなく素晴らしいです。5曲目より後はちょっと雰囲気が違います。

Trio Music/Chick Corea(P)/Miroslav Vitous(B)/Roy Haynes(Ds)(ECM) - Recorded November 1981. - Disc1 Trio Improvisations   1. Trio Improvisation 1   2. Trio Improvisation 2   3. Trio Improvisation 3   4. Trio Improvisation 4   5. Trio Improvisation 5   6. Trio Improvisation 6   7. Trio Improvisation 7   8. Slippery When Wet         Disc2 The Music Of Thelonious Monk 1. Rhythm-A-Ning 2. 'Round Midnight 3. Eronel 4. Think Of One 5. Little Rootie Tootie 6. Reflections 7. Hackensack

CD2枚組で、1枚目はラストのチック・コリア作(これも他の曲と違いはあまりないです)を除いてフリー・インプロヴィゼーション。この3人の壮絶なインプロヴィゼーションを聴いて、これこそが 私の考えるジャズのひとつ、と思います。1曲目の出だしからスピーディーで緊張感のあるやり取りを聴くことができます。そして、音やフレーズが非常にクリア。2枚目は セロニアス・モンク集ですが、 1曲目のようにモンクの曲を借りた3人のインプロヴィゼーションが展開されている部分も。アドリブに突入すると、4ビートを刻む部分は少ないし、自由度は高いです。ただ、2曲目以降は哀愁が漂っていたり(「ラウンド・ミッドナイト」)、オーソドックスな4ビートの曲だったり、バラード(6曲目)だったりと、比較的普通に聴ける曲が多いです。

Touchstone/Chick Corea(P)(Stretch) - Released 1982. Paco De Lucia(G), Gayle Moran(Vo), Alex Acuna(Per), Laudir De Oliviera(Per), Carlos Benavent(B), Don Alias(Per), Lee Konitz(As), Carol Shive(Vln), Greg Gottlieb(Cello), Bob Magnusson(B), Al Di Meola(G), Stanley Clarke(B), Lenny White(Ds), Al Vizzutti(Tp), Steve Kujala(Ts, Fl) - 1. Touch Stone - Procession - Ceremony - Departure 2. The Yellow Nimbus 3. Duende 4. Compadres 5. Estancia 6. Dance Of Chance

曲によってメンバーが変わります(もしかすると曲は寄せ集めかもしれない)が、特にパコ・デ・ルシアが参加する1、2曲目がけっこう渋くて好み。アル・ディメオラも参加する4曲目などそのまんま第2期RTFではありませんか。けっこううれしいですね。全体的にカッコいいサウンドです。

Again And Again/Chick Corea(Key)(Elektra Musician) - Recorded March 23, 1982. Steve Kjala(Fl, Ss, Ts), Carlos Benavent(B), Don Alias(Per), Tom Brechtlein(Ds) - 1. Quintet #3 2. Waltze 3. Again And Again 4. 1-2-1234   5. Diddle Diddle 6. Twang

全曲チック・コリアの作曲。エレキ・ピアノを使っていて、ベースはアコースティックとエレキと両方です。キメの多いアップテンポのラテンのハードコア・フュージョン形式で、複雑なコード進行でノリ良く攻めてくる1曲目、タイトルどおりワルツの、淡い感じのある部分はソフトに、ある部分は速いパッセージで盛り上がって聴かせる2曲目、ちょっと浮遊感もあって素直な感じのする、聴きやすいボッサのタイトル曲の3曲目、かなりのアップテンポの4ビートにのって丁々発止のスリリングな演奏を繰り広げるフリーに近い4曲目、エレクトリック・ファンクのドッシリとしたビートの上を各楽器のソロが踊っていく5曲目、空間を生かした幻影的な出だしから、その後にビートが出てきてファンク的盛り上がりになっていってグングン進んでいく6曲目。(08年11月26日発売)

Live From The Country Club/Chick Corea(P) The Trio(Stretch) - Recorded 1982. Roy Hayes(Ds), Miroslav Vitous(B) - 1. The Loop 2. Hackensack 3. So In Love 4. Piano Solo 5. Piano & Bass Duet 6. Dammit 7. Slippery When Wet 8. Waltse 9. On Green Dolphin Street

カリフォルニア州でのライヴ。’81年ECMの「トリオ・ミュージック」というのが同メンバーで録音されていますが、オリジナルでも人の曲でも、ここまで息の合ったこのメンバーでのすごいインプロヴィゼーションに当時は衝撃を受けました。インパクトとしては両者は同質のものがあります。

From Nothing/Chick Corea(P)(Stretch) - Recorded July, 1982. - 1. Part 1    2. Part 2   3. Part 3   4. Part 4   5. Part 5    6. Part 6   7. Part 7   8. Part 8   9. Synthesis

ソロピアノ。ライナーによれば、白紙の状態でピアノの前に座ってそこからインプロヴィゼーションで弾いていったという、キース・ジャレット方式のアルバム。チック・コリアがやると、正座して対峙しなければならないようなフリーになってしまうのはなぜなんでしょう。これはこれでいいと思うんですが。

Lyric Suite For Sextet/Chick Corea(P)/Gary Burton(Vib)(ECM) - Recorded September 1982. Ikwhan Bae(Vln), Carol Skive(Vln), Karen Dreyfus(Viola), Fred Sherry(Cello) - 1. Overture 2. Waltz 3. Sketch (For Thelonious Monk) 4. Roller Coaster 5. Brasilia 6. Dream 7. Finale

邦題「セクステットのための抒情組曲」。チック・コリア作曲。弦楽四重奏団との共演のためクラシックに非常に近い雰囲気で、それでいて端正な2人の演奏。弦を抜けば、やや抑え目ないつもの 2人という感じもします。書き譜がメインの演奏でしょうけれど、2人ともこういう演奏は得意だと思うので、自然な緊張感で曲は進んで行きます。全体が組曲なのでドラマチック。ややスピーディーでスリルのあるサウンドの1曲目、淡白でやや浮遊感のあるメロディアスなワルツの2曲目、セロニアス・モンクのタイトルがついている割にはスマートな小品の3曲目、鋭く斬り込む小品の4曲目、切ないクラシック的な情緒を強く感じるサウンドの5曲目、しっとりとしたやや蒼い夢幻をさまよう10分台の6曲目、カチッとしたフィナーレらしい7曲目。

Childres's Songs/Chick Corea(P)(ECM) - Recorded July 1983. Ida Kavafian(Vln), Fred Sherry(Cello) - 1. No.1 2. No.2 3. No.3 4. No.4 5. No.5 6. No.6 7. No.7 8. No.8 9. No.9 10. No.10 11 No.11 12. No.12 13. No.13 14. No.14 15. No.15 16. No.16+17 17. No.18 18. No. 19 19. No.20 20. Addendum

チック・コリアのソロ・ピアノ作品で、おそらく書き譜だと思います。今までのアルバムの中にも「チルドレンズ・ソング」が入っていたものもありましたが、今回はその集大成といったところでNo.1からNo.20までを収めています。 いずれも小品。聴いてみると感触はクラシックですが、作品自体として聴けば、いいものだと思います。 じっくり聴いても良いし、BGMにもなりそう。その中で何曲かははっきりとメロディが心に刻まれていきます。サウンドはちょっと綾織り系の複雑な色合いを帯びてはいるけれども、子供の動きが視覚的に見えるような、あるいは大人が子供時代を振り返るようなメロディ。最後の20曲目だけはヴァイオリン、チェロとのトリオでCDだけに収録とのこと。ECMにしては珍しいケース。まさにクラシックのサウンド。

Voyage/Chick Corea(P)/Steve Kujala(Fl)(ECM 1282) - Recorded July 1984. - 1. Mallorca 2. Diversions 3. Star Island 4. Free Fall 5. Hong Kong

邦題「果てしない旅」。1、3、5曲目がチック・コリアの作曲で、2、4曲目が共作ないしはフリー・インプロヴィゼーション。ピアノにスパニッシュの色やクラシック的な感じが濃く反映される部分もあって、 かなりジャズ色を抑えたフレーズで勝負しています。フルートも、やはりジャズをあまり感じさせないクラシック寄りの個性 かも。哀愁の漂う情景がヨーロッパ的に目の前に広がっていき、構築されたカッチリとしたやり取りの世界がそこにある10分台の1曲目、研ぎ澄まされたインプロヴィゼーションにも聴こえる変化に富んだやり取りの12分台の2曲目、ソロ・ピアノで、ゆったりしっとりと進行していく3曲目、やはり物悲しい雰囲気をもちつつ静かで日本的な情緒も少し感じる4曲目、緩急自在で温度感が低い現代音楽的な5曲目。

Septet-Music For String Quartet, Piano, Flute and French Horn/Chick Corea(ECM) - Recorded October 1984. Ida Kavafian(Vln), Theodore Arm(Vln), Steve Tenenborn(Viola), Fred Sherry(Cello), Steve Kujala(Fl), Pater Gordon(French Horn) - 1. 1st Movement 2. 2nd Movement 3. 3rd Movement 4. 4th Movement 5. 5th Movement 6. The Temple Of Isfahan

邦題は「七重奏曲」。全て書かれた譜面による曲らしい。弦楽四重奏団、ピアノ、フルート、フレンチホルンによる編成で、ジャズ色は全然な し。私はクラシックの素養はない ですが、それなりに面白いアルバムだったとは思います。とうとうこんなことまでやるようになったか。ただ、現代音楽っぽい感じはしていても、フレーズ的にはチック・コリアの繰り出すようなフレーズが随所にあって、心地良い緊張感と、哀愁の漂うようなフレーズ、時に無機的な感じもするメロディ、逆にメロディアスな部分もある、などが特徴です。1−5曲目までは一連の曲としてとらえられる統一感はあります。温度感はやはり低い。6曲目はアル・ディ・メオラのために作曲したものをアレンジし直したとのこと。こちらは哀愁、スパニッシュ色が強めの部分も。

Trio Music, Live In Europe/Chick Corea(P)/Miroslav Vitous(B)/Roy Haynes(Ds)(ECM) - Recorded September 1984. - 1. The Loop 2. I Hear A Rhapsody 4. Summer Night - Night And Day 5. Prelude No.2 - Mock Up 5. Transformations 6. Hittin' It 7. Mirovisions

強力ユニット第二弾(Stretch盤を入れると第三弾)で、ライヴ。チック・コリア作は2曲(1曲目、4曲目後半)。他にスタンダードもあったり、スクリャービン もあったりと多彩。1人1人のテクニックが スゴく自由度が高い。スタンダードのように非常にメロディアスな1曲目、メロディを重視しながら3人ともかなり自由な動きをする2曲目、スタンダードのメドレーでちょっとしっとりとした出だしからやや盛り上がったり静かになったりして進む3曲目、前半が唯一クラシックのソロ・ピアノで、ソロのまま後半の哀愁とスパニッシュ感覚あふれるオリジナルに進む4曲目、アルコの超人的なベースソロが展開する5曲目、ドラムスのソロをドラマチックに進行させる6曲目、ベースのアルコではじまり緊張感のあるトリオでの変幻自在な展開の7曲目。

Live From Elario's/Chick Corea(Key) Elektric Band(Stretch) - Recorded April 19, 1985. John Patitucci(B), Dave Weckl(Ds) - 1. Tweek 2. A Japanese Waltse 3. Ginkakuji(Silver Temple) 4. Mallorca 5. Marimbala 6. What Is It? 7. Malaguena 8. Fusion Blues (Got A Match?)

カリフォルニア州でのライヴ。実は、このライヴはエレクトリック・バンド名義の最初のアルバム発売以前の出来事で、このメンバーで最初のライブの録音との事。トリオで演奏しています。音はタイトで気持ちがいいです。この頃からジョン・パティトゥッチの6弦ベースは健在。

The Chick Corea Elektric Band(Key)(GRP) - Recorded January 1986. Dave Weckl(Ds), Scott Henderson(G on 1, 8, 11), John Patitutti(B), Carlos Rios(G on 3-4, 6) - 1. City Gate 2. Ramble 3. Side Walk 4. Cool Weasel Boogie 5. Got A Match? 6. Elektric City 7. No Zone 8. King Cockroach 9. India Town 10. All Love 11. Silver Temple

またチック・コリアの新しいグループの結成。まだ3人プラスギタリストの編成でした。3曲目が3人の作曲の他は全曲チック・コリアの作曲。スコット・ヘンダーソンはエレクトリック・バンド初期の時代に参加し、脱退しているので、このCDに3曲のみ録音を残しています。伸びの良いギターの音と、ロック寄りですがメロディアスなフレーズが当時印象に残りました。 他の曲ではカルロス・リオスの参加の曲も。当時としては新しいエレクトリック・フュージョンで、文字通りエレクトリックを多用して、強力な、しかも安易なフュージョンにならないところが立派。 シンセサイザーも多用していると思うのですが、今聴いても古さを感じさせないのがスゴい。5曲目のスパニッシュ色と急速4ビートもインパクトあり。それぞれのテクニックも楽しめます。

Light Years/Chick Corea(Key) Elektric Band(GRP) - Released 1987. Dave Weckl(Ds), John Patitucci(B), Frank Gambale(G), Eric Marienthal(Sax), Carlos Rios(G) - 1. Light Years 2. Second Sight 3. Flamingo 4. Prism 5. Time Track 6. Starlight 7. Your Eyes 8. The Dragon 9. View From The Outside 10. Smokescreen 11. Hymn Of The Heart 12. Kaleidoscope

このアルバムでメンバーがかたまります。ただし、カルロス・リオスも2曲だけ参加で、ギターなしの曲も5曲あり。特にエレクトリックだからといってあまり肩の力が入ることなく、1枚目よりはリラックスした聴きやすいフュージョンサウンド(ただしこだわりはあります)が楽しめます。

GRP Super Live(GRP) - Recorded October 8, 1987. (CD1枚目)Daian Schuur(Vo, P), Tim Landers(B), Vinnie Colauta(Ds), Barnaby Finch(Synth), Dave Grusin(P, Synth), Lee Ritenour(G), Tom Scott(Sax)  - 1. Deedles' Blues 2. Love Dance 3. Caught A Touch Of Your Love 4. Early A.M. Attitude 5. The Sauce 6. Water From The Moon/Earth Run 7. Target 8. Goodbye For Kathy 9. An Actor's Life (CD2枚目)Chick Corea Elektric Band: Chick Corea(Key), Dave Weckl(Ds), John Patitucci(B), Grank Gambale(G), Eric Marienthal(Sax) - 1. Overture 2. Time Track 3. No Zone 4. Sidewalk 5. Rumble 6. Full Moon 7. Light Years

東京のライヴ録音。CD2枚組。1枚目はダイアン・シューア(Vo)、デイヴ・グルーシン(Key)、リー・リトナー(G)、トム・スコット(Sax)などが出ていて、2枚目は全部チック・コリア・エレクトリック・バンドのライヴ。1枚目もビッグ・ネームの演奏なのでいい演奏ですが、お目当てはやっぱり2枚目。4、6曲目はここにしかない曲のようで、それも貴重かも。出だしの1曲目は「セクステットのための抒情組曲」に出た曲をエレクトリック・バンド用にアレンジ。ドラマチックで変幻自在、迫力があります。どの曲も現代的な迫力がありますが、2曲目は13分、3曲目は17分と長尺。3曲目はベースをアコースティック・ベースに持ち替えての演奏。ただしやっぱり4ビートにはなりません。全体的にハードです。6曲目はチックのシンセ・ソロ。(05年3月30日発売)

Eye Of The Beholder/Chick Corea(Key) Elektric Band(GRP) - Released 1988. Dave Weckl(Ds), John Patitucci(B), Frank Gambale(G), Eric Marienthal(Sax) - 1. Home Universe 2. Eternal Child 3. Forgotten Past 4. Passage 5. Beauty 6. Cascade - Part 1    7. Cascade - Part 2   8. Trance Dance 9. Eye Of The Beholder 10. Ezinda 11. Amnesia

エレクトリック・バンド3作目では、特にエレクトリックにこだわらず、アコースティックピアノも前面に出てきて、トータルなサウンドが追求されています。曲もぐっと深みが出てきて、ドラマチックな味わいが加わったアルバム。こういうサウンドはチック・コリア独自のものです。

Chick Corea(P) Akoustic Band(GRP) - Recorded January 2 and 3, 1989. Dave Weckl(Ds), John Patitucci(B) - 1. Bessie's Blues 2. My One And Only Love 3. So In Love 4. Sophisticated Lady 5. Autumn Leaves 6. Someday My Prince Will Come 7. Morning Sprite 8. T.B.C.(Terminal Baggage Claim) 9. Circles 10. Spain

前半6曲がスタンダード中心、後半4曲がチック・コリアのオリジナル。チック・コリアがここまでスタンダードを取り上げるのは非常に珍しく、しかもこのリズム隊であれば文句なし。実はこの時期この2人はMJQも掛け持ち。ただしスペインはロング・ヴァージョン(テイク4)で、カセットの方にはショート・ヴァージョン(テイク1)が入っているそう。ちょっとコレクター泣かせではあります。

Alive/Chick Corea(P) Akoustic Band(GRP) - Recorded December 16, 1989. Dave Weckl(Ds), John Patitucci(B) - 1. On Green Dolphin Street 2. How Deep Is The Ocean 3. Humpty Dumpty 4. Sophisticated Lady 5. U.M.M.G. 6. 'Round Midnight 7. Hackensack 8. Morning Sprite 9. La Fiesta

全員カッチリしていてなおかつスリルのあるピアノトリオのライヴを、やはりチック・コリアにしては珍しいスタンダード中心の曲目で楽しめます。ライヴとは思えない緻密な演奏です。1枚目もこの2枚目も甲乙つけがたいですが、どちらかを選ぶときは曲目の好みで選ぶしかなさそう。

Inside Out/Chick Corea(Key) Elektric Band(GRP) - Released 1990. Dave Weckl(Ds), John Patitucci(B), Frank Gambale(G), Eric Marienthal(Sax) - 1. Inside Out 2. Make A Wish, Part 1   3. Part 2   4. Stretch It, Part 1   5. Part 2   6. Kicker 7. Child's Play  8. Tale Of Darling, Chapter 1    9. Chapter 2   10. Chapter 3   11. Chapter 4

組曲の構成が多いアルバム。だんだんエレクトリックとアコースティックの垣根がなくなってきて、シンセサイザーやエレキベースを使いつつも、そのノリがジャズだという場面もちょっと出てきます。曲作りもどんどんすごみを増してきて、曲によっては.かなりアヴァンギャルドです。

Beneath The Mask/Chick Corea(Key) Elektric Band(GRP) - Released 1991. Dave Weckl(Ds), John Patitucci(B), Frank Gambale(G), Eric Marienthal(Sax) - 1. Beneath The Mask 2. Little Things That Count 3. One Of Us Is Over 40   4. A Wave Goodbye 5. Lifescape 6. Jammin E. Cricket 7. Charged Particles 8. Free Step 9. 99 Flavors 10. Illusions

再びエレクトリック・ピアノが前面に出てくるようになって、全体的にシンプルなサウンドに戻ってきたような気がします。とはいえ、かなり高度なバランスで演奏されていて、他ではまねのできないサウンド。長く続いたこのメンバーの最後の演奏なのが残念。

Live From The Blue Note Tokyo/Chick Corea(P) Akoustic Band(Stretch) - Recorded November 1992. John Patitucci(B), Vinnie Colaiuta(Ds) - 1. Humpty Dumpty 2. New Waltse 3. With A Song In My heart 4. Chasin' The Train 5. Summer Night 6. Tumba 7. Autumn Leaves

ブルーノート東京でのライヴ。ここではドラムがデイヴ・ウェックルではなく、ヴィニーというところがミソ。ロック、フュージョン畑の人なのですが、デイヴ・ウェックルがはっきりとした音を叩いて重めなのに対して、何となく軽めの音ですが縦横無尽で、もっと4ビートらしいジャズドラムのように思います。意外な人選で良かったパターン。

Paint The World/Chick Corea(Key) Elektric Band 2(GRP) - Recorded May, 1993. Eric Marienthal(Sax), Jimmy Earl(B), Gary Novak(Ds), Mike Miller(G) - 1. Paint The World 2. Blue Miles 3. Tone Poem 4. CTA 5. Silhouette 6. Space 7. The Ant & The Elephant

メンバーがほとんど入れ替わりました。以前のメンバーがすごすぎたのではないかという気もします。とはいえチック・コリアの人選はたいしたもの。前作の延長線上の、レベルのけっこう高い演奏。リズムが以前のカッチリしたものから少ししなやかな感じになったかな、と思います。

Expressions/Chick Corea(P)(GRP) - Recorded 1994. - 1. Lush Life 2. This Nearly Was Mine 3. It Could Happen To You 4. My Ship 5. I Didn't Know What Time It Was 6. Monk's Mood 7. Oblivion 8. Pannonica 9. Someone To Watch Over Me 10. Armando's Rhumba 11. Blues For Art 12. Stella By Starlight 13. Anna 14. I Want To Be Happy 15. Smile

もともとソロの作品が少ないだけに、けっこう貴重なピアノソロのアルバム。歳をとって丸くなったのか、GRPだからなのか、スタンダードの割合がけっこう高い。非常に聴きやすいし、音もいいのですが、まあ、普通になってしまったと言えばそうかも しれない。

Time Warp/Chick Corea(P) Quartet(Stretch) - Recorded 1995. Bob Berg(Sax), John Patitucci(B), Gary Novak(Ds) - 1. One World Over(Prologue) 2. Time Warp 3. The Wish 4. Tenor Cadenza 5. Terrain 6. Arndok's Grave 7. Bass Intro To Discovery 8. Discovery 9. Piano Intro To New Life 10. New Life 11. One World Over

久しぶりのクァルテットでのアコースティック・ジャズ。とはいうもののいわゆる普通の4ビートのノリではない。CDジャケットに物語が書いてあって、それをモチーフにしたトータルアルバムのようです。ドラマチックな曲が多いので、気にしないでも十分楽しめますが。

Remembering Bud Powell/Chick Corea(P) & Friends(Stretch) - Recorded 1996. Roy Haynes(Ds except 8, 11), Kenny Garrett(As on 3, 5, 7), Christian McBride(B), Joshua Redman(Ts on 1-3, 6, 8-10), Wallace Roney(Tp on 1-3, 5-7, 9-10) - 1. Bouncin' With Bud 2. Mediocre 3. Willow Grove 4. Dusk In Sandi 5. Oblivion 6. Cleopatra's Dream 7. Bud Powell 8. I'll Keep Loving You 9. Glass Enclosure 10. Tempus Fugit 11. Celia

邦題「バド・パウエルへの追想」。7曲目のみチック・コリア作曲。管のこの3人が揃うことはあまりないと思います。ロイ・ヘインズのみ同世代を経験しているミュージシャンで、いつものように存在感のあるドラム。1曲を除いてバド・パウエルの曲を演奏していますが、チック流に、しかも「今」で料理しています。「今」って言ってもあまり現代ジャズっぽくはないですが。チックとパウエルではタイプがけっこう違うと思うのですが、それでもバッチリとはまっている感じ。だからバド・パウエルを知らない人でも楽しめるのでは。編成は3管もあり、2管もあり、ピアノ・トリオもあればソロもありといろいろ。それにしてもマイペースなウォレス・ルーニー。オリジナルのはずの7曲目が、なぜかパウエル作のように聴こえてバップ色満点なのが不思議です。

Native Sense/Chick Corea(P)/Gary Burton(Vib)(Stretch) - Recorded 1997. - 1. Native Sense 2. Love Castle 3. Duende 4. No Mystery 5. Armando's Rhumba 6. Bagatelle No.6   7. Post Script 8. Bagatelle No.2   9. Tango '92   10. Rhumbata 11. Four In One 12. I Loves You Porgy

12曲目のボーナス・トラックはスタンダード、11曲目がセロニアス・モンク作、8曲目はバルトーク作、他は全曲チック・コリア作。何枚かアルバムを作ってきたコンピなので、息はぴったり。楽器の組み合わせも原因だけど、2人ともタイム感覚がジャストなので、何かジャズ以外の音楽を聴いているような気分。この2人の録音は本当に久しぶりですが、相変わらずスリリングだし、すごいテクニックで面白い。新曲もあれば、再録音(2−5曲目あたり)のものもあります。 ただし、過去には別の編成での演奏だったので、その違いも興味深いところ。レーベルはECMからではないけれど、やや元気ながら10数年経ってもあまり基調とするところは違いがないように思えます。ボーナス・トラックまで含めて、70分以上の収録時間です。

Chick Corea(P) & Origin(Stretch) - Recorded December 29, 1997 - January 4, 1998. Avishai Cohen(B), Adam Cruz(Ds), Steve Davis(Tb), Bob Sheppard(Fl, Ss, Ts, Bcl), Steve Wilson(Fl, Ss, As, Cl) - 1. Say It Again(Part 1) 2. Say It Again(Part 2) 3. Double Image 4. Dreamless 5. Molecules 6. Soul Mates 7. It Could Happen To You 8. Sifu

とにかくジャズしてます。若いメンバーを引き連れて、いきなり1枚目でライヴ・レコーディングです。ピアノはもちろんのこと、3管編成でそのアンサンブルもいい感じですが、彼のグループの1作目としては、個人的には昔のエレクトリック・バンドの方がインパクトは強かった気もします。

A Week At The Blue Note/Chick Corea(P) & Origin(Stretch) - Recorded January 1, 2-4, 1998. Avishai Cohen(B), Adam Cruz(Ds), Steve Davis(Tb), Bob Sheppard(Fl, Ss, Ts, Bcl), Steve Wilson(Fl, Ss, As, Cl) - (Disc 1) 1. Say It Again(Part 1) 2. Say It Again(Part 2) 3. Double Image 4. Bewitched 5. Nird Feathers 6. Say It Again(Part 1) 7. Say It Again(Part 2) 8. Tempus Fugit (Disc 2) 1. Hand Me Down 2. Soul Mates 3. Matrix 4. It Could Happen To You 5. Dreamless (Disc 3) 1. Bewitched 2. Bird Feathers 3. Say It Again(Part 1) 4. Say It Again(Part 2) 5. Tempus Fugit 6. Hand Me Down 7. Molecules (Disc 4) 1. Sifu 2. Matrix 3. Say It Again(Part 1) 4. Say It Again(Part 2) 5. Double Image (Disc 5) 1. Blue Monk 2. Sifu 3. Molecules 4. Straight No Chaser 5. Say It Again(Part 1) 6. Say It Again(Part 2) 7. Four (Disc 6) 1. Bewitched 2. Hand Me Down 3. Four In One 4. Matrix 5. Double Image

ニューヨークのブルーノートでの3夜分の公演がなんとCD6枚分。この発売形式をとったのも、おそらく自信があるからで、聴いてみてなるほど、と納得。曲もあの名曲「マトリックス」があったり、スタンダードがあったりと、変化に富んでいます。チック・コリアの最近のリーダー作でここまでストレートにジャズの演奏をすること自体あまり多くなかっただけに、じゅうぶん堪能したという感じです。スティーヴ・ウィルソンとボブ・シェパードが楽器の使い分けができるので、よりカラフルなサウンドを楽しめることもいいところ。

Change/Chick Corea(P) & Origin(Stretch) - Recorded January 1999. Avishai Cohen(B), Jeff Ballard(Ds), Steve Davis(Tb), Bob Sheppard(Sax, Fl), Steve Wilson(Sax, Fl) - 1. Wigwam 2. Armando's Tango 3. Little Flamenco 4. Early Afternoon Blues 5. Before Your Eyes 6. L.A. Scenes 7. Home 8. The Spinner 9. Compassion (Ballad) 10. Night (Lylah) 11. Awakening 12. Psalm

チック・コリア&オリジンとしては初のスタジオ録音とのこと。3管編成なのでサウンドにも厚みがあります。アヴィシャイ・コーエン作の1曲を除いて、全てチック・コリアのオリジナル。それぞれの曲は 、ジャズ、ラテン、タンゴ、スパニッシュその他さまざまなカラーを持ち、アレンジも個性的で凝っていてなかなか良く(メンバーはけっこう複雑なことをやっているんだろうと思います)、グループとしてのまとまりには素晴らしいものがあると思います。またリハーサルとして演奏されたピアノトリオの9曲目も見事。ただ、私にいまひとつ物足りない部分があるとすれば、それはチック・コリアにしては普通のジャズに近づきすぎて、少々地味かなと思える部分があるからかも。 でも、聴きこむとどんどん味が出てきます。(99年5月21日発売)

Corea.Concerto/Chick Corea(P)(Sony Classical) - Recorded April 3, 6 and 7, 1999. Avishai Cohen(B), Jeff Ballard(Ds), Steve Davis(Tb), Bob Sheppard(Ts, Fl), Steve Wilson(Ss, Fl), Steven Mercurio(Cond), London Philharmonic Orchestra - 1. Spain (Arranged For Sextet And Orchestra) 1-1. Opening And Introdution 1-2. Spain Theme 1-3. Conclusion    2. Concerto No.1 For Piano And Orchestra 2-1. Part One 2-2. Part Two 2-3. Part Three

オーケストラとの演奏。1曲目はスペイン(セクステットとオーケストラ版)だけれども、最初の部分がほぼクラシック寄りの内容です。中ほど以降の部分がほぼそのままジャズなのでこのあたりは普通に鑑賞(?)することができます。ジャズファンの私としてはやっぱりオリジナルヴァージョンやGRPオールスターズのヴァージョンの方が好み(似ている部分もありますが)。これはこれで分かる気はするのですけれど。2曲目がチック・コリア作曲の「ピアノ協奏曲第1番」。こちらはそのまんまクラシックという感じです。ただしやっぱりチック・コリアの作曲だなあ、と思われる部分がけっこうあって、そういう意味では面白いかもしれない。 クラシックに関しては分かりませんが、それなりに楽しめます。でも、彼のファン向けか。(99年11月20日発売)

Originals/Chick Corea(P)(Stretch) - Recorded November 10, 14-20, 28 and 30, 1999. -  1. Brajilia 2. Yellow Nimbus 3. Prelude No.4, Opus 11  4. Prelude No.2, Opus 11  5. Children's Song No.6  6. Children's Song No.10  7. Armando's Rhumba 8. April Snow 9. The Chase 10. The Falcon 11. Swedish Landscape 12. Spain 13. What Game Shall We Play Today 14. Children's Song No.12

このアルバムについては「ゴールドディスクを斬る」をどうぞ。(00年9月16日発売)

Standards/Chick Corea(P)(Stratch) - Recorded November 15, 17, 19-20, 28 and 30, 1999. -  1. Monk's Dream 2. But Beautiful 3. Blue Monk 4. Ask Me Now 5. Thinking Of You 6. Yesterdays 7. Dusk In Sandi 8 It Could Happen To You 9. 'Round Midnight 10. So In Love 11. How Deep Is The Ocean 12. Oblivion 13. Brazil 14. Trinkle Tinkle

このアルバムについては「ゴールドディスクを斬る」をどうぞ。(00年9月16日発売)

Live In Molde/Chick Corea(P, Key) And Trondheim Jazz Orchestra(Mnj) - Recorded July 18, 2000. Frode Nymo(As), Tor Yttredal(Ss, As), Atle Nymo(Ts), Kjetil Moster(Ts), John Pal Inderberg(Bs), Toreir Andresen(Tp), Mathias Eick(Tp), Tore Johansen(Tp), Oyvind Baraekke(Tb), Inge H. Mortensen(Horn), Oystein Baadsvik(Tuba), Hans Chr. Frones(G), Steiner Rakenes(B), Hakon Mjaset Johansen(Ds), Erland Skomsvoll(Cond, Arr) - 1. Crustal Silence 2. Windows 3. Matrix 4. Duende 5. Armando's Rhumba 6. Return To Forever 7. Bud Powell 8. Spain

ノルウェーでのライヴ。全曲チック・コリアの作曲をジャズのビッグバンドでのアレンジ。ちょっとクラシック的というかアヴァンギャルドというか、個性的なのが面白い。譜面に書かれた部分も多そう。ピアノ度もけっこう高いです。有名な曲を徐々にドラマチックに盛り上げていくのが印象的な1曲目、非ジャズっぽい綾織り系のホーン・アンサンブルが耳に心地良い2曲目、あの有名な曲をアヴァンギャルドに料理してもシャープさは保たれている3曲目、哀愁を含みつつ盛り上がるクラシック的なアンサンブルでもある4曲目、哀愁とラテン色満載でノリ良く突き進んでいく5曲目、この曲のみエレピで、静かにはじまりホーンが加わり盛り上がる6曲目、アルバム中一番ジャズっぽい7曲目、問答無用の有名曲をアレンジした8曲目。(06年8月30日発売)

Past, Present & Futures/The Chick Corea(P) New Trio - Recorded September 2000. Avishai Cohen(B), Jeff Ballard(Ds) - 1. Fingerprints 2. Jitterbug Waltz 3. Cloud Candy 4. Dignity 5. Rhumba Flamenco 6. Ann's Tango 7. The Chelsea Shuffle 8. Nostalgia 9. The Revolving Door 10. Past, Present & Futuer 11. Life Line 12. 500 Miles High

邦題「過去、現在、未来」。このアルバムについては「ゴールドディスクを斬る」をどうぞ。(01年3月23日発売)

Rendezvous In New York/Chick Corea(P)(Stretch) - Recorded December 2001. Bobby McFerrin(Vo), Roy Haynes(Ds), Miroslav Vitous(B), Joshua Redman(Ts), Terence Blanchard(Tp), Christian McBride(Ds), Gary Burton(Vib), Dave Weckl(Ds), John Patitucci(B), Avishai Cohen(B), Steve Wilson(Sax), Steve Davis(Tb), Tim Garland(Sax, Bcl), Gonzalo Rubalcaba(P), Michael Brecker(Ts), Eddie Gomez(B), Steve Gadd(Ds), Chaka Khan(Vo) - 1. Armando's Rhumba 2. Blue Monk 3. Concierto De Aranjuez/Spain 4. Matrix 5. Glass Enclosure/Tempus Fugit 6. Crystal Silence 7. Bessie's Blues 8. Autumn Leaves 9. Armando's Tango 10. Concierto De Aranjuez/Spain 11. Lifeline 12. Quartet No.2, Part 1   13. High Wire

3週間にわたるライヴを編集したもので、何とも豪華な2枚組CD。ボビー・マクファーリンやゲイリー・バートン、ゴンサロ・ルバルカバとはデュオの演奏。そしてナウ・ヒー・ソングス、ナウ・ヒー・ソブス・トリオ、バド・パウエル・バンド、チック・コリア・アコースティック・バンド、チック・コリア&オリジン、チック・コリア・ニュー・トリオ、スリー・カルテッツと、これだけ書いてもどれだけスゴいかが分かります。そして、どこを切ってもチック・コリア。大物やおなじみのメンバーでの演奏なので、なかなかにスリリング。13曲目はボーナス・トラック。ミロスラフ・ヴィトウスは2曲目に、ジョシュア・レッドマンは3曲目に、ゲイリーバートンはデュオで6曲目に、ジョン・パティトゥッチは7 −8曲目に、マイケル・ブレッカーとエディ・ゴメスは12曲目に参加。(03年4月9日発売)

To The Stars/Chick Corea(P) Elektric Band(Stretch) - Recorded 2003. Frank Gambale(G), Eric Marienthal(Sax), John Patitucci(B), Dave Weckl(Ds), Guest: Steve Wilson(Sax), Parnell Saturnino(Per), Gale Moran Corea(Vo) - 1. Check Blast 2. Port View 1   3. Mistress Luck-A Portrait 4. Mistress Luck-The Party 5. Port View 2   6. Johnny's Landing 7. Port View 3   8. Alan Corday 9. Port View 4   10. Hound On Heaven 11. Port View 4   12. The Long Passage 13. Port View 6   14. Jocelyn-The Commander 15. Port View 7   16. Captain Jocelyn-A Tribute By His Crew 17. Captain Jocelyn-The Pianist

何と10数年前のバンドのオリジナル・メンバーでの録音。皆成長していてアルバムが何だかものスゴいことになっています。スパニッシュのテイストの曲(4曲目など)もちりばめつつ、ハード・フュージョン的なこのメンバーでのインプロヴィゼーションも彼らならではのもの。いきなり1曲目のキメとソロでぶっ飛びました。7曲の短めのスペイシーなインタールードも交えて全17曲。全てチック・コリアの作曲。ラテンタッチの3曲目はややホッとしますが隠し技もありそう。やや荒削り風、実は緻密なファンクの6曲目も迫力。アコースティックでモロにスパニッシュな8曲目、メッチャ陽気だけどビートが重めな10曲目、ドラマチックで彼らならではのエネルギッシュなファンクの12曲目。14、16−17曲目は組曲か。荘厳な感じも。(04年7月14日発売)

(注)「To The Stars - Tour Edition」が05年3月30日発売。上記に加えて、CD2枚目に、1. CTA 2. Eternal Child 3. Got A Match? 4. Blue Miles を収録しています。たった4曲とはいえ、どれも10分以上の、計51分もの演奏。特に、1、4曲目はこのメンバーでは初の録音とのこと(メンバー違いのエレクトリック・バンド2では録音歴あり)。1曲目はハードにエレクトリックに展開しながらも、4ビートが大部分を占める演奏で、なかなかハードなジャジーに展開します。2曲目もおなじみの曲で、スパニッシュ、ラテン色が強くて、哀愁と勢いのうまくバランスの取れたサウンド。3曲目もアップテンポで、キメがテーマで多いと思ったら、ビートが4ビートも含めて変幻自在に変化します。ブルースのようで明るい、自由闊達な4曲目。

Rhumba Flamenco/Chick Corea(P) Touchstone(Chick Corea Productions)(輸入盤) - Released 2005. Tom Brecklein(Ds), Carles Benavent(B), Jorge Pardo(Sax, Fl), Ruben Dantras(Per), Gayle Moran Corea(Vo) - 1. Touchstone 2. Blanca Con Puntillo 3. Zyrlab 4. You're Everything 5. Mallorca 6. Kalimba 7. Alan Corday 8. Anna's Tango 9. Rhumba Flamenco

(08/03/23)チック・コリアのホームページのみで販売されていた自主制作盤のライヴ。全9曲中、3曲目を除きチック・コリア作ないしは共作。3曲目はパコ・デ・ルシアの作曲。自主制作ということで、10分以上22分台までの曲が6曲を占めるなど、長めの曲が目立ちますが、再演曲が多いので、メロディをよく覚えているものもあります。ジャズとエレクトリック・バンドと初期のリターン・トゥ・フォーエヴァーを合わせた感じのサウンド(ベースはエレクトリックとアコースティックの持ち替えあり)で、やや硬派な感じです。スパニッシュな感じをクローズアップさせている曲も多く、チックの個性を確かめるにはいいアルバムかも。しかもライヴの良いテイクを持ってきているので、臨場感があふれます。6曲目はカリンバとのデュオの即興演奏。

The Ultimate Adventure/Chick Corea(P, Synth)(Stretch) - Recorded 2005. Steve Gadd(Ds, Palmas), Vinnie Colauta(Ds), Tom Brechtlein(Ds), Airto Moreira(Per, Voice), Rubem Dantas(Per, Palmas), Hossam Ramzy(Per), Hubert Laws(Fl), Jorge Pardo(Fl, Ss, Afl, Palmas), Tim Garland(Ts, Bcl), Frank Gambale(G), Carles Benavent(B, Palmas), Steve Kujala(Fl) - 1-3. Three Ghouls Part 1-3   4. City Of Brass 5. Queen Tedmur 6-7. El Stephen Part 1-2   8. King & Queen 9-11. Moseb The Executioner Part 1-3   12. North Africa 13-14. Flight From Karoof Part 1-2   15. Planes Of Existence Part 1   16-17. Arabian Nights Part 1-2   18. God & Devils 19. Planes Of Existence Part 2 20. Captain Marvel(Bonus Track)

全曲チック・コリアの作曲。アルバム全体が壮大な叙事詩になっているような統一感のあるアルバム。ボーナストラックを除く全19曲(2−3のパートを分けて1曲ずつにしているものも多いです)が一気に彼のエキゾチックな、ある種スパニッシュな、そしてある種中近東的な香りを、強力なリズムと共に通り過ぎていく感じです。特にドラマーやパーカッションが強力で、他の楽器ではフルートが目立ちます。ミュージシャンが曲ごとに替わっているにもかかわらず、アルバムが連続している感じはスゴい。曲ごとにサウンドは少しずつ変えながら組曲のように流れて行き、個々のフレーズは強力でインパクトがあります。残念な事に20曲目のボーナス・トラックはアルバムの雰囲気を変えてしまう明るめのラテン系。なくてもよかったかも。(06年3月29日発売)

Super Trio/Chick Corea(P), Steve Gadd(Ds), Christian McBride(B)(Stretch) - Recorded April 3, 2005. - Humpty Dumpty 2. The One Step 3. Windows 4. Matrix 5. Quartet #2 Pt. 1   6. Sicily 7. Spain

ライヴ。全曲チック・コリアの再演曲で、日本のみの発売。確かにメンバーはスゴく演奏も水準以上なのですが、どうせならばそのカリスマ性が欲しいところ。キメも多くアップテンポのノリが心地良く、ドラマチックでもある1曲目、ちょっとまったりしたトリオの演奏で、それでいてノリもある感じの2曲目、ワルツでメカニカルっぽさとしっとり加減を併せ持った3曲目、フリーのような始まりからだんだん曲が見えてきて8、16ビートテイストドラムスとの独特なやり取りになる4曲目、繊細な味付けのピアノトリオではじまって徐々に発展していく5曲目、ラテンノリで哀愁もある彼ならではのサウンドの6曲目。7曲目の「スペイン」は個性的な味付けもあって良いと思うのですが、CDの収録時間切れによるフェードアウトと思われるのが残念。(06年3月29日発売)

Chillin' In Chelan/Chick Corea(P), Christian McBride(B), Jeff Ballard(Ds)(Stretch) - Recorded August 27, 2005. - 1. Summer Night 2. Think Of One 3. Sophisticated Lady 4. Windows 5. Monk's Mood 6. Fingerprints 7. Dusk In Sandi 8. Walkin' 9. Drums

チック・コリアの5トリオBOX第3弾。といってもセロニアス・モンクの曲は2、5曲目のみで、チックの曲も4、6曲目のみ。他のアルバムと比べて、現代的ながらもカチッとしていてまとまりのある(実際にはけっこう暴れているところもありますが)印象の演奏。まあ、このメンバーなら文句なしではあります。他のスタンダードやジャズメンオリジナルも、1、3、7−8曲目とあって、彼ながら聴きやすい感じ。1曲目はサラッとメロディアスに入るも、盛り上がってベースやドラムスもけっこう聴きごたえがあります。チックとモンクの曲の相性は抜群で、クールかつトリッキーに彼流に料理していてなかなかいい感じ。ややアップテンポの8分の6拍子で3人でダイナミックレンジが広く、途中盛り上がる4曲目、ドラムスを叩きまくっている6、9曲目。(07年10月17日発売)

From Miles/Chick Corea(P), Eddie Gomez(B), Jack DeJohnette(Ds)(Stretch) - Recorded January 14, 2006. - 1. Solar 2. So Near So Far 3. Milestones 4. But Beautiful 5. Walkin'

チック・コリアの5トリオBOX第2弾。チックのオリジナルはなく、マイルス・デイヴィスゆかりの曲が演奏されています。全部で40分弱の演奏ですが、さすがにこのメンバー(録音では初顔合わせらしいです)のこと、自由奔放でしかもエキサイティングな演奏が繰り広げられています。いきなりオリジナルのような感触のアップテンポの4ビートで自由に3人とも暴れまわっている1曲目、明るいミディアムのメロディアスなスタンダード・ナンバーでも自由度満点の2曲目、ややアップテンポながら、ドラマチックに変化して盛り上がりも見せている3曲目、ベースのアルコではじまりチックの硬質なピアノで奏で上げるスタンダードのバラードの4曲目、ほとんどフリー ・ジャズの展開で、タイトルがないと分からないくらい解体、再構築した5曲目。(07年10月17日発売)

The Boston Three Party/Chick Corea(P), Eddie Gomez(B), Airto Moreira(Ds) - Recorded April 28, 2006. - 1. With A Song In My Heart 2. 500 Miles High 3. Waltz For Debby 4. Desafinado (Intro) 5. Desafinado 6. Sweet And Lovely 7. Sometime Ago - La Fiesta (Intro) 8. Sometime Ago - La Fiesta (Part 1) 9. Sometime Ago - La Fiesta (Part 2)

チック・コリアの5トリオBOX第4弾。ビル・エヴァンス関連の曲もありますが、リターン・トゥ・フォーエヴァー色も強い選曲。コリア作は2、7−9曲目。ドラムスの関係か、エスニック・ラテン系に縁があります。ピアノはエレキ・ピアノやシンセサイザーも使用。美しくもスリリングなスタンダードの1曲目、最初アイアートのエスニックでフリーな味付けではじまり、だいぶ経ってから本編に入る2曲目、ちょっと崩しながらも繊細な美しさのあるエヴァンス作曲の3曲目、しゃべりのあと、ゴキゲンなアップテンポのラテンでノリノリで後半ヴォーカル入りでせまる4−5曲目、スタンダードをリラックスして聴かせる6曲目、やはり話があって、昔の名曲を民族音楽的だったりラテン的だったりドラマチックなアプローチでせまる20分以上もの7−9曲目。(07年11月14日発売)

Dr. Joe/Chick Corea(P), John Patitucci(B), Antonio Sanchez(Ds)(Stretch) - Recorded April 13 and 14, 2007. - 1. Illusion 2. Doctor Joe 3. Mystic River 4. Zig Zag 5. Blues For Dail 6. Crepuscule With Nellie 7. 1% Manteca 8. Promise 9. M.M. 10. Fourteen

チック・コリアの5トリオBOX第1弾。6曲目のセロニアス・モンク作以外はチックの作曲。2曲目のタイトル曲がジョー・ヘンダーソンに捧げる曲です。硬質なピアノで、ベースとドラムスのサポートというより三位一体の感覚が良く、今のジャズとしては素晴らしい演奏です。ピアノもエレキ・ピアノ(5曲目はなぜかいわゆるジャズっぽい4ビート、7曲目の半分ほど)を弾くときもあればベースがエレクトリック(2、5曲目)のときもあり、けっこうハマります。キメが多く、聴いていてスカッとしますけど、2曲目も適度にメカニカルで直線的なメロディやカチッとしたアドリブと合わせてカッコいいサウンド。おとなしめの3曲目も穏やかのままではなく、盛り上がりのあるメロディアスな8曲目のような曲も。淡くそれでいて芯のある9曲目もなかなか。(07年9月19日発売)

Five Trios/Chick Corea(P)(Stretch) - Dics 5: Brooklyn, Paris To Clearwater/Chick Corea(P), Hadrien Feraud(B), Richie Barshay(Ds) - Recorded April 17 and 18, 2007. - 1. Final Frontier 2. Aftertouch 3. Island Tune 4. Dr. Jackle 5. Creedmore's Unexpected Visitor 6. Dedication 7. Marimba Drum Song 8. Con Agua 9. 3:30 Am Raga   Disc 6: Additional Tracks - Recorded April 28, 2006. Chick Corea(P), Eddie Gomez(B), Airto Moreira(Ds) - 1. Gloria's Step 2. You're Everything   Recorded April 13 and 14. Chick Corea(P), John Patitucci(B), Antonio Sanchez(Ds) - 3. 50% Manteca   Recoreded Chick Corea(P), Christian McBride(B), Jeff Ballard(Ds) - 4. Bud Powell 5. Spain In The Main 6. Spain Drumdendum   (Disc 1: Dr. Joe/Chick Corea(P), John Patitucci(B), Antonio Sanchez(Ds)(Stretch) - Recorded April 13 and 14, 2007. - 1. Illusion 2. Doctor Joe 3. Mystic River 4. Zig Zag 5. Blues For Dail 6. Crepuscule With Nellie 7. 1% Manteca 8. Promise 9. M.M. 10. Fourteen   Disc 2: From Miles/Chick Corea(P), Eddie Gomez(B), Jack DeJohnette(Ds)(Stretch) - Recorded January 14, 2006. - 1. Solar 2. So Near So Far 3. Milestones 4. But Beautiful 5. Walkin'   Disc 3: Chillin' In Chelan/Chick Corea(P), Christian McBride(B), Jeff Ballard(Ds)(Stretch) - Recorded August 27, 2005. - 1. Summer Night 2. Think Of One 3. Sophisticated Lady 4. Windows 5. Monk's Mood 6. Fingerprints 7. Dusk In Sandi 8. Walkin' 9. Drums   Disc 4: The Boston Three Party/Chick Corea(P), Eddie Gomez(B), Airto Moreira(Ds) - Recorded April 28, 2006. - 1. With A Song In My Heart 2. 500 Miles High 3. Waltz For Debby 4. Desafinado (Intro) 5. Desafinado 6. Sweet And Lovely 7. Sometime Ago - La Fiesta (Intro) 8. Sometime Ago - La Fiesta (Part 1) 9. Sometime Ago - La Fiesta (Part 2))

1−4枚目は単品でも発売され(別掲載)、5枚目の「ブルックリン・パリ・トゥ・クリアウォーター/チック・コリア(P)/アドリアン・フェロー(B)/リッチー・バーシェイ(Ds)」と6枚目の「Additional Tracks(特典盤)」(1、3−4枚目から計6曲、45分ほど)がここでしか聴けないアルバム。6枚目は別テイクとかではなく、曲が独立したもの。目玉は5枚目の、エレキ・ピアノも時々使用、ベースはエレキベース、スゴ腕の若手のボトム2人とのトリオのセッションです。スリリングな展開もあり、4ビート的な曲やラテン、エスニック(インド音楽?)の要素もある曲など、かなり個性的な3人の演奏で、新しい音楽の登場です。4、8曲目を除きチック・コリアの作曲。疾走する一体感や、各ソロが時にスピーディなフレーズも出てきて、素晴らしいです。(07年12月26日発売)

Returns/Return To Forever(Videoatrs) - Recorded July 18 and 31, August 6, 2008. Chick Corea(P, Key), Stanley Clarke(B), Al Di Meola(G), Lenny White(Ds) - (Disc 1) 1. Opening Prayer 2. Hymn Of The Seventh Galaxy 3. Vulcan Worlds 4. Sorceress 5. Song To The Pharoah Kings 6. Al's Solo Including: Passion Grace & Fire - Mediterranean Sundance - CVafe 1930 - Spain   7. No Mystery   (Disc 2) 1. Friendship - Chick Corea's Solo Including: Solar 2. Romantic Warrior 3. El Bayo De Negro - Stanley's Solo 4. Linage - Lenny's Solo 5. Romantic Warrior(Continued) 6. Duel Of The Jester And The Tyrant (Bonus Tracks) 7. 500 Miles High 8. Romantic Warrior (BBC Lifetime Achievement Award To RTF)

久しぶりの第2期リターン・トゥ・フォーエヴァーの再結成ライヴで、CD2枚組。懐かしい曲ばかりだし、2枚で2時間以上に及ぶ濃密な演奏は聴きごたえがあります。ベストトラックを集めたせいか、出来はかなりのもの。ボーナストラックが2曲ついています。全員の演奏の合間にそれぞれのソロの曲をはさみ込んで、長い時間でもドラマチックでメリハリのついた演奏です。特に、アル・ディ・メオラのソロは4曲ものメドレーですが、彼の超絶テクニックと音楽心でこれまた聴かせてくれます。曲はマイルス・デイヴィスの「ソーラー」を除けば、全部メンバー各自の作曲のもの。ボーナストラックの曲のダブりが気になりますが、有名なベテランによるレベルの高いハードコア・フュージョン(一部に4ビートもあり)とも言え、素晴らしい演奏。(08年12月31日発売)

Trilogy/Chick Corea(P) Trio(Stretch Records) - Recorded 2010 and 2012. Christian McBride(B), Brian Brade(Ds), Jorge Pardo(Fl on 5, 7), Nino Josele(G on 5, 7), Gayle Moran Corea(Vo on 17) - [Disc1] 1. You're Ma Everything 2. Recorda Me 3. The Song Is You 4. Work 5. My Foolish Heart 6. Fingerprints 7. Spain [Disc2] 8. This Is New 9. Alice In Wonderland 10. It Could Happen To You 11. Blue Monk 12. Armando's Rhumba 13. Op.11, No.9   14. How Deep Is The Ocean [Disc3] 15. Homage 16. Piano Sonata: The Moon 17. Someday My Prince Will Come

CD3枚組のライヴで、ツアーのベストテイクを集めたもの。収録時間は3時間20分台で1曲あたりの演奏時間も長め。チック・コリア作は5曲(6−7、12、15−16曲目)で、他はジャズメン・オリジナルやスタンダードなど。13曲目はクラシックが題材。どちらかというと親しみをもって聴かせるような曲が多めですが、演奏が硬派な感じのものも。6曲目などスリリングな演奏もある程度あり。コリアはある意味カチッとしたピアノだけど、このトリオでの演奏はけっこういいと思います。長時間聴かせても飽きないトリオ。3曲にゲストの参加曲もあって、アクセントにもなっていい感じ。曲順もよく練られていると思います。3枚目に新曲を2曲持ってきてます。ピアノ・ソナタの16曲目は現代的ですが起伏があってハードな30分ほどのトリオの演奏。(13年9月4日発売)
The Musician/Chick Corea(P)(Stretch Records)(輸入盤) - Recorded 2011. - [CD1] Return To Forever Unplugged: Stanley Clarke(B), Lenny White(Ds), Frank Gambale(G), 1. Captain Marvel 2. Light As A Feather   Chick Corea Trio: Gary Peacock(B), Brian Blade(Ds), 3. I Hear A Rhapsody   Five Peace Bank: John McLaughlin(G), Kenny Garrett(Sax), John Patitucci(B), Brian Blade(Ds) 4. Spirit Rides 5. Special Beings   Chick Corea & Bobby McFerrin(Vo) Duet: 6. I've Got The World On A String 7. Spain  [CD2] Chick Corea & Gary Burton(Vib) with The Harlem String Quartet 1. Overtuer 2. Your Eyes Speak To Me(Feat. Gayle Moran Corea(Vo))   From Miles: Wallace Roney(Tp), Gary Bartz(Sax), Eddie Gomez(B), Jack DeJohnette(Ds), 3. If I Were Bell 4. Nefertiti   Flamenco Heart: Concha Buika(Vo), Carles Benavent(B), Jorge Pardo(Sax, Fl), Nino Josele(G), Jeff Ballard(Ds), 5. Zyryab 6. Mi Nina Loda    [CD3] Chick Corea & Marcus Roberts(P) Duet: 1. CC's Birthday Blues(Feat. Wynton Marsalis(Tp)), 2. Caravan   Chick Corea & Herbie Hancock(P) Duet: 3. Hot House 4. Dolphin Dance 5. Cantaloupe Island   The Chick Corea Elektric Band: Dave Weckl(Ds), John Patitucci(B), Eric Marienthal(Sax), Frank Gambale(G), 6. Ritual 7. Silver Temple   [Blu-ray] Chick Corea: The Musician - Documentary Feature

(17/04/02)96分ものブルーレイを合わせて、プラスCD3枚の216分との計312分収録という、とてつもなく長いアルバム。’11年にブルーノートでのライヴの23日間の記録をまとめたものという事です。てっきり、メンバーからしてその録音の時々の残りテイクを集めたものと思いましたが、ずいぶんと贅沢なことをしてくれたものです。それぞれに素晴らしいメンバーの組み合わせで、演奏もベスト・テイクと思います。昔にとどまっていない演奏はやはり今でも第一線をいくチック・コリアならでは。そのカチッとしたピアノはやはり印象に残ります。いろいろな組み合わせの演奏がありますが、どれもいいのは彼らしい。エレクトリック・バンドは個人的に好み。ブルーレイはドキュメンタリーという事ですが、内容については割愛します。
The Continents/Chick Corea(P)(Deutche Grammophon)(輸入盤) - Released 2012. Tim Garland(Ss, Bcl, Fl), Hans Glawischnig(B), Marcus Gilmore(Ds), Steve Davis(Tb), Chamber Orchestra, Steven Mercurio(Cond) - The Continents: 1. Africa 2. Europe 3. Australia 4. America 5. Asia 6. Antarctica   7. Lotus Blossom 8. Blue Bossa 9. What's Time? 10. Just Friends 11. Solo Continuum 31   12. Solo Continuum 42   13. Solo Continuum 53   14. Solo Continuum 64   15. Solo Continuum 75 16. Solo Continuum 86   17. Solo Continuum 97   18. Solo Continuum 108   19. Solo Continuum 119   20. Solo Continuum 1310   21. Solo Continuum 1411

(12/02/19)CD2枚組で139分にわたる収録です。7−8、10曲目がスタンダードやジャズメン・オリジナルで、他はチック・コリアの作曲。Disc1になる1−6曲目はオーケストラとの演奏、Disc2はコンボ、ないしはソロでの演奏。ドイツ・グラモフォンというクラシック・レーベルから出ている割には、Disc1も現代音楽の要素も混ざっているかもしれないけれどもチックのコンボの演奏はいつもの彼らのペースを崩してはいないし、7−10曲目に至っては、完全にジャズの世界です。このレーベルとしては珍しく、ほぼジャズの演奏になっているので楽しめると思います。ソロ・ピアノの11曲目以降も、彼のソロを知っていれば、想定の範囲内だと思います。オーケストラとのコラボ、コンボの演奏、ソロ・ピアノとてんこ盛りだけど、彼を楽しめる内容。
Vigil/Chick Corea(P, Key, Synth)(Stretch Records)(輸入盤) - Released 2013. Tim Garland(Ts, Ss), Charles Altura(G), Hadrien Feraud(B), Marcus Gilmore(Ds), Pernell Saturnino(Per on 1-3), Gayle Moran Corea(Vo on 5), Stanley Clarke(B on 6), Ravi Coltrane(Sax on 6) - 1. Galaxy 32 Star 4   2. Planeto Chia 3. Portals To Forever 4. Royalty 5. Outside Of Space 6. Pledge For Peace 7. Legacy

(13/07/29)全曲チック・コリアの作曲で、どうやらトータルアルバムになっているような感じ。77分収録。統制のとれたハードコア・フュージョンとでも言うか。キメの多いテーマだけど、都会的でメカニカルなカッコ良さのある1曲目、ピアノではじまり、少しスパニッシュ的な哀愁のある短調ラテン系のノリがなかなかのドラマチックな2曲目、8分の6拍子基調の、少しゴージャスな印象でやはりドラマ的な展開を見せている16分台の3曲目、やはり8分の6拍子系でちょっと淡く浮遊感があってやや静かな雰囲気の4曲目、転調が多い浮遊感のある曲にヴォーカルが舞うボッサの5曲目、テンポのないフリーから、中盤4ビートで展開していく、この曲だけ異色な17分台の6曲目、細かいビートでファンク的に進み、物語の結末を飾る7曲目。
Portlaits/Chick Corea(P) Solo Piano(Stretch)(輸入盤) - Released 2014. - [Disc 1] 1. Chick Talks: About Solo Piano 2. Improv #1/How Deep Is The Ocean? 3. Chisk Talks: About Bill Evans 4. Waltz For Debby 5. Chick Talks: About Stevie Wonder 6. Pastime Paradise 7. Chick Talks: About Thelonious Monk 8. 'Round Midnight 9. Pannonica 10. Blue Monk 11. Chick Talks: About Bud Powell 12. Dusk In Sandi 13. Oblivion 14. Chick Talks: About Paco De Lucia 15. The Yellow Nimbus [Disc 2] 11. Chick Talks: About Scriabin 2. Prelude #2(Op. 11) 3. Prelude #4(Op. 11) 4. Chick Talks: About Baltok 5. Bagatelle #1 6. Bagatelle #2 7. Bagatelle #3 8. Bagatelle #4 9. Chick Talks: About The CHildren's Songs 10. Children's Song #1 11. Children's Song #2 12. Children's Song #3 13. Children's Song #4 14. Children's Song #5 15. Children's Song #9 16. Children's Song #10 17. Children's Song #11 18. Children's Song #12 19. Chick Talks: About Portraits 20. Portrait #1 - Krabow 21. Portrait #2 - Lrabow 22. Portrait #1 - Casablanca 23. Portrait #2 - Casablanca 24. Portrait #1 - Easton, Maryland 25. Portrait #2 - Easton, Maryland 26. Portrait #3 - Easton, Maryland 27. Portrait #4 - Easton, Maryland 28. Portrait #1 - Vilinius 29. #2 - Vilinius

(14/05/28)CD2枚組のライヴでのソロ・ピアノ集で、1枚目がジャズメン・オリジナルを中心に、2枚目はクラシックやチック・コリア自身の作曲や、インプロヴィゼーション(ポートレイトがそうかな?)中心に紹介しています。間に話を入れていて、けっこうリラックスした出だしでもありました。ただ彼のピアノは、やはり硬質でジャストな感じ、しかも知的な雰囲気を漂わせていて、それはジャズメン・オリジナルにも感じること。セロニアス・モンクとは対極的な位置にあると思うのですが、チックはモンクの曲を好きですし、彼が弾くとけっこうマッチしているのも不思議なところ。2枚目のクラシック的な部分も、そんなに違いがあるわけではなくて、彼の個性でボーダーレスに弾いている感じ。それでいてたまにラテン的だったり、しっとりしたりもあり。

 

このホームページに記載されている内容の無断引用・無断転載・編集等禁じます。©1997 Kazuyuki Kudo

トップページに戻る