JAPOレーベルのCD特集

トップページ > ECMのCD特集のページ > JAPOレーベルのCD特集

ジャズCDの個人ページ」by K. Kudo

 

ECMレーベルの傍系レーベルJAPO。特に集めているわけではないのですが、聴いたものをリストに残しておきます。

 

最終更新日: 2009/09/26

The Call/Mal Waldron(P)(JAPO 60001) - Recorded Fabruary 1, 1971. Jimmy Jackson(Org), Eberhard Weber(B), Fred Braceful(Ds) - 1. The Call 2. Thoughts

JAPOレーベル第1作目で、アルバムにたった2曲。そして2曲ともマル・ウォルドロン作だけれども、エレキピアノを使用しています。当時としてはジャズ・ロックの影響もあったのでしょうが、彼にしては革新的なサウンドのアルバム。1曲目も出だしから威勢の良いワン・コードの8ビートが繰り出されていて、エレキピアノやオルガンがガンガン前に進んでいく感じ。ベース・ソロやドラム・ソロで多少静かになったり、起伏はありながらも、こういう調子で18分間も費やすサウンドは当時の特徴と言えば特徴か。2曲目は内向的でエキゾチックな感じの、タイトルどおり思索的な面もある曲。メインの部分に入ってくると、ややゆったりめの1コードのジャズ・ロックという曲調になっていきます。中盤あたりでは静かめのフリーでの展開に。(06年4月19日発売)

African Piano/Dollar Brand(P)(JAPO 60002) - Recorded October 22, 1969. - 1. Bra Joe From Kilimanjaro 2. Selby That The Eternal Spirit Is The Only Raelity 3. The Moon 4. Xaba 5. Sunset In Blue 6. Kippy 7. Jabulani - Easter Joy 8. Tintiyana

(03/11/02)コペンハーゲンでのライヴ録音。全曲ダラー・ブランド(後のアブドゥーラ・イブラヒム)の作曲。全体で曲はつながっています。ブルースからの影響は少ない感じはしますが、そのフレーズはこの当時からけっこう個性的で、アフリカを題材にとった曲名や独特なフレーズは耳に引っかかります。1曲目は左手のリズムに合わせて右手が自由に飛翔している11分台の曲、徐々に陽気に盛り上がっていく2曲目、その陽気なままの分かりやすいメロディでピアノが走っている3曲目、ちょっと落ち着いて小品の4曲目、ちょっと泥臭い左手と分かりやすい右手のバランスが良い5曲目、しっとりとした個性的なバラードの6曲目、間を取りつつも速い自由なフレーズを見せる7曲目、メロディアスでゴスペルタッチの陽気な8曲目。

For All It Is/Barre Phillips(JAPO 60003)
The Philosophy Of The Flugelhorn/Herbert Joos(JAPO 60004)
Ancient Africa/Dollar Brand(JAPO 60005)
Understanding/Bobby Naughton(JAPO 60006)
Nan Madol/Edward Vesala(Ds, Per, Harp, Fl)(JAPO 60007)がECMの下記ナンバーに変更して再発

Nan Madol/Edward Vesala(Ds, Per, Harp, Fl)(ECM 1077)(輸入盤) - Recorded April 25 and 26, 1974. Elisabeth Leistola(Harp), Kaj Backlund(Tp), Juhani Aaltonen(Sax, Fl, Bells, Voice), Seppo Paakkunainen(Ss, Fl), Pentti Lahti(Ss, Bcl), Charlie Mariano(As, Fl, Nagaswaram), Juhani Poutanen(Vln, Avlin, Voice, Bells), Sakari Kukko(Fl), Mircea Stan(Tb), Teppo Hauta-aho(B, Voice) - 1. Nan Madol 2. Love For Living 3. Call From The Sea 4. The Way Of... 5. Areous Vlor Ta 6. The Wind

(02/05/25)エドワード・ヴェサラのドラムスはパルシヴでパーカッシヴな感じなのですが、ここでは作曲やアレンジの方にも重きをおいているようなサウンドの曲が多いです。タイトル曲の1曲目は重厚な音が漂っていくような、6人で音を出しているわりにはシンフォニックなイメージのある曲。彼が楽器をハープ(これもなかなか)に持ちかえてサックスとのデュオを繰り広げる2曲目、多重録音と思われるパーカッションソロの3曲目、そして彼のパルシヴなドラムスとドラマチックでフリーな展開が聴ける12分台の4曲目、オリエンタルな香りのあるメロディからフリーブローイングになだれこむ9人編成での12分台の5曲目、厳かなオーケストレーションと効果音で、まさにヨーロッパの暗い「風」を意識するような6曲目。

System Tandem/Jiri Stivin/Rudolf Dasek(Japo 60008)
Children At Play/Tom Van Der Geld(JAPO 60009)
"Quotation Marks"/Enrico Rava(Tp)(JAPO 60010) - Recorded December 1973 and April 1974. Jeanne Lee(Vo), John Abercrombie(G), Devid Horowiz(P, Synth), Herb Bushler(B), Ray Armando(Per), Jack DeJohnette(Ds), Warren Smith(Marimba, Per), Finito Bingart(Ts, Fl, Per), Rodolfo Mederos(Bandoneon), Ricardo Lew(G), Matias Pizarro(P), El Negro Gaozales(B), Nestor Astarita(Ds), El Chino Rossi(Per) - 1. Espejismo Ratonera 2. Short Visit To Malena 3. Sola 4. San Justo 5. Water Kite 6. Quotation Marks - Naranjales 7. Melancolia De Las Maletas

ほぼ全曲エンリコ・ラヴァの作曲ないしは共作(1曲の半分だけトラディショナルがあり)。彼らしい憂いとつやのあるトランペット。アルゼンチン録音の1、3−5曲目と、アメリカ録音の2、6−7曲目があり、そちらにはジョン・アバークロンビーとジャック・ディジョネットが参加。豪華なメンバーです。ポップスっぽい気も。アルゼンチン風にはじまったと思ったら8分の6拍子の渋いメロディアスな曲を聴かせてくれる1曲目、ヴォーカル入りでポップな味わいのある2曲目、ロックっぽい元気さのあるラテンサウンドの3曲目、明るく速いパッセージのテーマが印象的な活発なラテンの4曲目、ノリの良いラテンポップス風味の5曲目、静かで幻想的、そしてフリーなタイトル曲とトラディショナルが連続する6曲目、威勢の良いラテンの7曲目。(06年4月19日発売)

Magog(JAPO 60011)

「SKETCHES OF ISRAEL」に掲載あり
Kirikuki/OM(JAPO 60012) - Recorded October 1 and 2, 1975. Urs Leimgruber(Ss, Ts, Per), Christy doran(G), Bobby Burri(B), Fredy Studer(Ds, Per) - 1. Holly 2. Lips 3.Karpfenteich 4. Hommage A Mme, Stirnimaa 5. Sykia

セレクトされて’06年にA Retrospective/OM(ECM 1642)として再発。
Scales/Manfred Schoof(Tp, Flh) Quintet(JAPO 60013) - Recorded August 1976. Michel Pilz(Bcl), Jasper Van't Hof(P, Org), Gunter Lenz(B), Ralf Hubner(Ds) - (CD1) 1. Scales 2. Ostinato 3. For Marianne 4. Weep And Cry 5. Flowers All Over

’09年に全曲Resonance/Manfred Schoof(ECM 2093/94)のBOXとして再発。
May 24, 1976/Larry Karush/Glen Moore(JAPO 60014)
Day Break - The Darkside Of Twilight/Herbert Joos(Flh, Tp, Cor)(JAPO 60015)(輸入盤) - Recorded October 1976 and July 1988. Thomas Schwarz(Oboe), Wolfgang Czelusta(B, Tb), Strings Of Radio Synphony Orchastra, Stuttgart - 1. Why? 2. When Were You Born? 3. Leicester Court 1440   4. Daybreak 5. Black Trees 6. Fasten Your Seatbelt 7. The Dark Side Of Twilight

(06/08/25)全曲Herbert Joosの作曲で、7曲目だけは’88年に録音されたもの。CD化に際し、追加は珍しいです。ジャズというよりは現代音楽に近いかな、という雰囲気。管楽器で静かにはじまって、現代音楽を意識させる、ヒーリングのような薄暮のような不思議な感触のゆったりとしている1曲目、やはり温度感は低いものの、ちょっとホーンがいななくようなフレーズも聴かせる2曲目、何だか無機的な感触が強くなり、トランペットがフレーズを奏でる3曲目、やはり静かにはじまり、徐々にゆったりとオーケストラと交わるタイトル曲の4曲目、暗めのクラシックというような雰囲気でせまる5曲目、オーケストラを縦横無尽にホーンが舞う6曲目、曲名がそのサウンドを表わしているような15分台のもうひとつのタイトル曲の7曲目。

Rautionaha/OM(JAPO 60016) - Recorded December 1976. Urs Leimgruber(Ss, Ts, Bcl, Per), Christy doran(G), Bobby Burri(B), Fredy Studer(Ds, Per) - 1. For Ursi 2. Stephanie 3. Song For My Lady 4. Rautionaha

セレクトされて’06年にA Retrospective/OM(ECM 1642)として再発。
Implosions/Stephan Micus(All Instruments, Vo)(JAPO 60017)(輸入盤) - Recorded March 1977. - 1. As I Crossed A Bridge Of Dreams 2. Borkenkind 3. Amarchaj 4. For The 'Beautiful Changing Child' 5. For M'schr And Djingis Khan

(06/09/10)全曲Stephan Micusの作曲。民族楽器(Sitar、Bavarian Zither、尺八、笙、Thai Flute、Rabab)を多く使用した1人多重録音での演奏で、解説にどこの国の音楽でもなく、トラディショナルでもない、と書かれています。最近の作品に比べるとシンプルな編成で、ヴォーカル曲はフォークっぽいです。静かにはじまり淡々とエキゾチックな演奏が哀愁を感じるスペイシーな音から、途中でギターとヴォーカルで盛り上がり、20分間も続いていく1曲目、Bavarian Zitherの多重録音で沈みがちに進んでいき、ヴォーカルも入る2曲目、尺八の多重録音で、どう聴いても日本の音楽のような3曲目、やはり静かに笙とタイ・フルートで日本情緒を味わっているような4曲目、ギターのような楽器をかき鳴らし、力強く歌っていく5曲目。

Land Of Stone/Ken Hyder(JAPO 60018)
Light Lines/Manfred Schoof(Tp, Flh) Quintet(JAPO 60019) - Recorded December 1977. Michel Pilz(Bcl), Jasper Van't Hof(P, Org), Gunter Lenz(B), Ralf Hubner(Ds) - 1. Source 2. Light Lines 3. Criterium 4. Lonesome Defender 5. Rezonance

’09年に全曲Resonance/Manfred Schoof(ECM 2093/94)のBOXとして再発。
Landscapes/Rena Rama(JAPO60020)

「SKETCHES OF ISRAEL」に掲載あり
Improvisations/Globe Unity(JAPO 60021) - Recorded September 1977. Gerd Dudek(Ss, As, Fl), Paul Lovens(Ds), Gunther Christimann(Tv), Paul Rutherford(Tb), Tristan Honsinger(Cello), Peter Koward(B, Tuba), Kenny Wheeler(Tp), Evan Parker(Ss, Ts), Albert Mangelsdorff(Tb), Peter Brotzmann(As, Ts, Bcl), Buschi Niebergall(B), Michel Pilz(Bcl), Manfred Schoof(Tp), Delek Bailey(G), Alexander Von Schlippenbach(P) - 1. Improvisation 1   2. Improvisation 2   3. Improvisation 3   4. Improvisation 4

けっこう有名な参加ミュージシャンもいて、その内容にも期待が持てますが、何と全4曲の曲名が「インプロヴィゼーション1−4」。しかも作曲者はグローブ・ユニティ(つまり全員)。アルバム全体がフリー・インプロヴィゼーションになっています。もちろん外側に発散していく部分は多くても、単なる混沌とした吹きまくりドシャメシャ大会だけには終わらなくて、静かなところは静か、盛り上がり方にも一定のドラマがあって多少抑制が効いているところがヨーロッパのフリージャズらしいところ。普通ならこれだけの大人数の演奏だと収拾がつかなくなりそうなのに、うまくコントロールされています。ただしハードなフリージャズには違いなく、何らかの甘さを期待しても出てくるものは激辛なサウンドばかりといった感じ。(03年8月27日発売)

OM With Dom Um Romao(JAPO 60022) - Recorded August 1977. Urs Leimgruber(Ss, Ts, Bcl), Christy Doran(G), Bobby Burri(B), Fredy Studer(Ds), Dom Um Romao(Per, Berimbau) - 1. Chipero 2. Dumini 3. Da Funk

セレクトされて’06年にA Retrospective/OM(ECM 1642)として再発。
Partial Solar Eclipse/Lennart Aberg(JAPO 60023)
New Marks/Contact Trio(JAPO 60024)
Percussion Profiles/George Mraz/Pierre Favre/Jack DeJohnette/Fredy Studer/David Friedman/Dom Um Romao(JAPO 60025)
Till The End Of Time/Stephan Micus(All Instruments, Vo)(JAPO 60026)(輸入盤) - Recorded June 1978. - 1. Tille The End Of Time 2. For Wis And Ramin

(06/09/10)2曲ともStephan Micusの作曲。ここでの使用楽器はTable Harp、Kortholt、Zither、Guitar、それとVocalと、いたってシンプル。そして17−18分の曲が2曲だけと、これまた冒険的な曲の構成。やはりECMの流れをくんでいて、静かな場面や温度感の低さは、ECMのレーベルカラーに通じるものがあります。静かでメランコリックな出だしから、リード系のエキゾチックな哀愁をたたえた演奏に移っていき、中盤では広がりを見せ、ギターの演奏を経て、また広がる叙情的な1曲目、静かながらもやはり民族的な味付けのあるフォークソングの味付けで、スペイシーでもあり、あまりにも淡々と進んでいくと思ったら、6分あたりから味わいのあるヴォーカルが、時々思い出したように歌いかけてくる、一種ヒーリングに近い2曲目。

Compositions/Globe Unity(JAPO 60027) - Recorded January 1979.Alexander Von Schlippenbach(P), Enrico Rava(Tp), Kenny Wheeler(Tp, Flh), Manfred Schoof(Tp, Flh), Albert Mangelsdorff(Tb), Gunther Christmann(Tb), Paul Rutherford(Tb, Euphonium), Steve Lact(Ss, P on 6), Evan Parker(Ts, Ss), Gerd Dudek(Ts, Ss, Fl), Michel Pilz(Bcl), Bob Stewart(Tuba), Buschi Niebergall(B), Paul Lovens(Ps, Per, etc) - 1. Nodagoo 2. Boa 3. Trom-bone-it 4. Flat Fleet 5. Reflections 6. Worms (Dedicated To Ezra Pound) 7. The Forge

JAPOではグループ2枚目の作品。メンバーの作曲者が各曲にいますが、そのアンサンブルとフリー性のバランスがうまくとれている感じです。チューバでゆったりとはじまり哀愁の冷めたサウンドが自在に展開していく5拍子の部分もフリーの部分もある1曲目、個性的ながらジャズっぽいアンサンブルが展開していく、4ビートの2曲目、出だしがトロンボーン中心の、フリー・ジャズでドシャメシャな起伏がある3曲目、ややユーモラスなアンサンブルの綾織り系やや陽性といった感じからフリー的に絡み合いを見せる4曲目、前半、鳥のさえずりのような高域の循環奏法が目立つ、まるで森の中にいるようで、後半穏やかな5曲目、ゆったりとしつつ緊張感をはらむアンサンブルの6曲目、メカニカルでリズミカルなテーマの7曲目。(06年4月19日発売)

Endgame/Barry Guy(B)/Howard Riley(P)/John Stevens(Ds, Cor)/Trevor Watts(As, Ss)(JAPO 60028) - Recorded April 1979. - 1. The Y? 2. Remember To Remember 3. Du Doo 4. Maze 5. >>In Relationship To The Circumstance...<<

全曲4人によるフリー・インプロヴィゼーション。いかにも、という雰囲気の演奏が連続するあたり、そして温度感が高くないにしても外に向かっているあたり、やはりECMでなくてJAPOだったんだということをうかがわせます。静かな場面から徐々に盛り上がって勢いのあるインプロヴィゼーションが展開している、これぞフリー・ジャズだというような1曲目、ほんの少し抑制が効いていて、サックスが曲としてのまとまりに彩りを添えるような、比較的曲らしく聴こえる2曲目、ベースのソロからはじまり、他の楽器が加わって徐々に盛り上がっていく陽気な香りのする3曲目、混沌とした中にサックスのユラユラと動くメロディがコントラストのように浮き上がる4曲目、出だしのみ内側に向けたサウンドの、少しずつ盛り上がっていく5曲目。(06年4月19日発売)

Paradox/TOK(Takashi Kako(P, Celesta))(JAPO 60029) - Recorded June 1979. Kent Carter(B, Cello), Oliver Johnson(Ds, Per) - 1. Paradox 2. Night Music 3. Dodec 4. A Lua De Portugal 5. Sekitei 6. Wobbly Walk Parade

6曲目を除き加古隆のオリジナル。実際にはECMの傍系レーベルのJAPOから出ています。硬質でハードな、しかも現代的で自由度の高いジャズが展開しています。急速調でいきなり突き進んでいくかと思えば、ゆったりしたインプロヴィゼーションの中間部を経て、ハードなフリー、キメの結末など、物語性の高い1曲目、硬質なメロディのバラードを紡ぎだしていく静かで内省的な2曲目、4ビートながらも具象と抽象の間を行ったり来たりするようなピアノのフレーズの3曲目、叙情的な風景が淡々と続いていくような、美しい4曲目、タイトルのように東洋的な間を感じながらも、ハードなフリージャズで盛り上がっていく5曲目、さまざまな楽器やヴォイスを多重録音した不思議な浮遊感覚を醸し出している6曲目。(03年10月22日発売)

Horizons/Manfred Schoof(Tp, Flh) Quintet(JAPO 60030) - Recorded November 1979. Michel Pilz(Bcl), Rainer Bruninghaus(P, Synth), Gunter Lenz(B), Ralf Hubner(Ds) - 1. Horizons 2. The Abstract Face To Beauty 3. Hope 4. Sunrise 5. Old Ballard 6. Sunset

’09年にセレクトされて(3曲カット)Resonance/Manfred Schoof(ECM 2093/94)のBOXとして再発。
It Had Been An Ordinaly Enough Day In Pueblo, Colorado/AMM III(JAPO 60031)(輸入盤) - Recorded December 1979. Keith Rowe(G, Prepared G, Transistor Radio), Eddie Prevost(Ds) - 1. Radio Activity 2. Convergence 3. Kline 4. Spittlefields' Slide 5. For A

(06/09/21)2人のフリー・インプロヴィゼーションが3曲(1−3曲目)、Eddie Prevost作は4曲目、Keith Rowe作が5曲目。ちょっとハードなECM的フリー・インプロヴィゼーションとでも言えばいいのか。ラジオの流れる音をバックにゆったりとした持続音のようなギターが、中盤で激しい奏法になって、また、ドラムスとのフリー・インプロヴィゼーションが延々18分も繰り広げられていく、ノイズ・ミュージック的でもある1曲目、不規則なドラムスのパルスに対して非メロディ系のギターが応酬する2曲目、スペイシーな中を非メロディ系のギターとフリー的なドラムスが盛り上がっていく3曲目、激しいやはりパルス的なドラムソロでずっと6分半続いていく4曲目、ディストローションのかかったハードロック系のようなギターのソロが続く5曲目。

Cerberus/OM(JAPO 60032) - Recorded January 1980. Urs Leimgruber(Ss, Ts, Wooden Fl), Christy Doran(G, G Synth), Bobby Burri(B), Fredy Studer(Ds, Gongs, Per), Erdman Birke(Accordion) - 1. Dreaming For The People 2. Cerberus' Dance 3. Asumusa 4. At My Ease 5. Earworms 6. Eigentlich Wollte Johann Aud Dem Mond Den Andern Jazz Kennenlernen

他のアルバムのセレクトと一緒に、全曲が’06年にA Retrospective/OM(ECM 1642)として再発。
Boundaries/Elton Deen(As, Saxello) Quintet(JAPO 60033) - Recorded February 1980. Mark Charig(Cor), Keith Tippett(P, Marimba, Voice, Bottle), Marcio Mattos(B), Louis Mohotolo(Ds) - 1. Boundaries 2. Oasis 3. Basho 4. Out Of Bounds 5. Fast News

4曲目が全員のインプロヴィゼーションの他は、エルトン・ディーン作曲。元「ソフト・マシーン」でのサックスの人ですが、やはりここではサウンド的にはフリー・ジャズにかなり近いニュアンス。サックスとコルネットの浮遊感のあるテーマを追うように自由なリズムやピアノが動きまわるフリーのサウンドのタイトル曲の1曲目、出だしのしっとりとしたピアノの上をホーンがゆったりと舞い、さらにピアノを含め全楽器が自由に寄り添うように進んで盛り上がり爆発する、12分台のフリーの2曲目、テーマの部分から全開になっている緩と急が同居している激しめの3曲目、混沌とした音世界を時に転がるようにフレーズが飛び交う4曲目、ピアノがフリー+マッコイ・タイナーのような動きをして激しいフリーにスパイスを入れている5曲目。(06年4月19日発売)

Solidarity/Peter Warren(JAPO 60034)
Out Patients/Tom Van Der Geld/Children At Play(JAPO 60035)

「SKETCHES OF ISRAEL」に掲載あり
Musik/Contact Trio(JAPO 60036)
Es Herrscht Uhu Im Land/Christoph Anders/Heiner Goebbels/Alfred Harth/Paul Lovens/Rolf Riehm/Annemarie Roelofs(JAPO 60037)
Wings Over Water/Stephan Micus(All Instruments, Vo)(JAPO 60038)(輸入盤) - Recorded January and October 1981. - 1. Part 1   2. Part 2   3. Part 3   4. Part 4   5. Part 5   6. Part 6

(06/09/10)全曲Stephan Micusの作曲で一人多重録音。ここではFlower Potsという花瓶を楽器にしたものを3曲(2−3、5曲目)で使用しています。5台のアコースティック・ギターとネイによる、明るさとエキゾチックさが入り混じったような不思議な情緒を感じる1曲目、素朴ながらパーカッシヴでもあって、そこに民族的なヴォーカルが絡んでいて無国籍的な味わいのある2曲目、沈んだ哀愁を持つスペイシーなギターが、フラワーポットと合わさりながら5拍子系のリズミカルな展開になり、再びギターで静かになる3曲目、ネイのソロで日本的な感じもする小品の4曲目、22のフラワーポットを使用して、ネイとの幻想的なサウンドに包まれる5曲目、主に弦楽器のその場で流れるようなフレーズが印象的でもある、笛も登場の6曲目。

Intergalactic Blow/Globe Unity Orchestra(JAPO 60039)
Listen To The Rain/Stephan Micus(All Instruments)(JAPO 60040)(輸入盤) - Recorded July 1983. - 1. Dancing With The Morning 2. Listen To The Rain 3. White Paint On Silver Wood 4. For Abai And Togshan

(06/09/10)全曲Stephan Micusの作曲で一人多重録音。今回のアルバムは楽器はSuling、Tamboura、尺八、Dilrubasで、全曲にギターが入っているのが特徴(1−3曲目はギターが1台)。それゆえに、他のアルバムよりはシンプルでギター度の強いアルバムになっています。静かにはじまって、ギターのカッティングが主なサウンドとなってカラーも比較的同じに続き、笛(Suling)が素朴に透き通って絡んでいく1曲目、スパニッシュ・ギターを使い、哀愁の強い静かなフレーズが続いていくタイトル曲の2曲目、尺八が出てくると純日本風になってしまうのですが、マスターしていてその枯れ具合がいい、静かに、後半やや盛り上がり進行する3曲目、Dilrubaというインドの弦楽器も使用する、インド風味で幻想的な20分もの作品の4曲目。

East Of The Night/Stephan Micus(G, Shakuhachi)(JAPO 60041)(輸入盤) - Recorded January 1985. - 1. East Of The Night 2. For Nobuko

(06/09/10)2曲ともStephan Micusの作曲で一人多重録音。長い曲が2曲で、尺八(1曲目)と彼独自の考案による多弦ギター(1曲目が10弦ギター、2曲目が14弦ギター)による演奏というのが特色。ギターのフレーズというよりは弦の振動の響き合いを大切にした奏法のようで、1曲目も、その響きがカラーを変えながらゆったりとせまってくるといった感じのサウンドで、尺八のメロディも長調が基調の温かみのあるのが特徴。ゆったり度はそのままで、ギターも淡々と時にアルペジオで、時にはメロディーで進んでいきます。ラストは尺八4重奏の穏やかな世界。2曲目は14弦ギターのソロで、スペイシーで幽玄なギターソロを聴かせてくれます。タイトルからも日本の旋律、あるいは日本情緒を意識したサウンドだと思います。

 

このホームページに記載されている内容の無断引用・無断転載・編集等禁じます。©1997 Kazuyuki Kudo

トップページへ戻る