ハービー・ハンコック(Herbie Hancock)
リーダー・アルバム

トップページ > ハービー・ハンコック > ハービー・ハンコック リーダーアルバム

コンプリートなディスコグラフィーでないことをご了承ください。
ジャズCDの個人ページ」by K. Kudo

 

60年代にマイルス・バンドに参加したことで有名ですが、70年代に入ってからもどんどん自らのサウンドを変化させていきました。ファンクやポップスの方へ向かったとも思えるのですけれど、時々ジャズもやったりして幅広く活躍しています。ポップな方向へ行ったときはセールス的にも大きかったのではないかと思います。ある意味でジャズファンの期待を裏切りつつ進化していったサウンド・クリエイター、ハービー・ハンコックですけれど、その中にはジャズファンにはあまり聴かれることのなかったアルバムもあると思います。

ハービー・ハンコック Herbie Hancock共演・参加作

 

最終更新日:2012/01/08

リーダーアルバム(含む V.S.O.P.)

Jammin'/Herbie Hancock(P)(Warwick) - Recorded 1961. Donald Byrd(Tp), Pepper Adams(Bs), Laymon Jackson(B), Jimmy Cobb(Ds) - 1. Jammin' With The Herbie 2. Herbies Blues 3. Rock Your Soul 4. TCB With Herbie 5. Soul Power 6. Cat Call

ペッパー・アダムス、ドナルド・バード・クインテットの「アウト・オブ・ジス・ワールド」の別テイク集らしい(私はそちらは聴いていないのでわからないのですが)、ということがライナーに書いてありました。しかも可能性として別テイクというよりも編集をして順序を変えただけという可能性もあるそうです。確かにピアノソロからはじまってあとにテーマが来るというのは不自然かも。ただ、そこに目をつぶればけっこう聴けます。音も悪くないと思います。

Jammin' With Herbie/Herbie Hancock(P)(Pnec) - 詳細な録音年月日、参加ミュージシャンなどは不明。 - 1. Maulana 2. Rock Your Soul 3. Baraka 4. Kamili 5. Dunia(Kuumba) 6. Hot Piano 7. Live & Awake 8. Night Walker 9. Jammin' With Herbie 10. Scoochie

’70年ごろの録音らしいのですが、詳細は分からないとの事です。どう聴いても60年代前半のような気がする曲もあります。’70年頃と思われる録音は、かなりアフリカ寄りのリズムです。一部の曲は’88年に出たワーウィック・レーベルの「Jammin'」(’61年頃録音)と同じ曲ですが、聴き比べする気力もなく、何だか分からず。まあ、かたいことは考えずに、この際70分弱の演奏を、税込み1,365円という超お買い得値段で楽しむことにしましょう。

Takin' Off/Herbie Hancock(P)(Blue Note) - Recorded May 28, 1962. Freddie Hubbard(Tp), Dexter Gordon(Ts) Butch Warren(B), Billy Higgins(Ds) - 1. Watermelon Man 2. Three Bags Full 3. Empty Pockets 4. The Maze 5. Driftin' 6. Alone And I

正式にはこれが初リーダー作で全曲彼のオリジナル。この当時にジャズロック風のタイトル曲。やっぱりススんでいました。ピアノが当時から洗練されていて、これが魅力だったのだと改めて認識。オーソドックスな曲は多いですが6曲目のバラードがいい雰囲気。メンバーがメンバーなので、ソロも当然楽しめます。

My Point Of View/Herbie Hancock(P)(Blue Note) - Recorded March 19, 1963. Donald Byrd(Tp), Grachan Moncur 3rd(Tb), Hank Mobley(Ts), Grant Green(G), Chuck Israels(B), Anthony Williams(Ds) - 1. Blind Man, Blind Man 2. A Tribute To Someone 3. King Cobra 4. The Pleasure Is Mine 5. And What If I Don't

すべてハービー・ハンコックの作曲で、ジャズロック風の曲もあれば、3曲目のようにコード進行もメロディもちょっと変わった曲もあり、演奏のみならず曲作りについてもその実力をうかがい知ることができます。ただし、まだオーソドックスな部分も多いかもしれません。ベースが変わったとりあわせ。

Riot/Herbie Hancock(P)(Blue Note) - Recorded March 19, August 30, 1963, March 6 and 9, 1968, April 18 and 23, 1969. Donald bird(Tp), Freddie Hubbard(Tp), Hank Mobley(Ts), George Coleman(Ts), Stanley Turrentine(Ts), Grant Green(G), Ron Carter(B), Tony Williams(Ds), etc. - 1. Riot 2. Riot 3. Blind Man, Blind Man 4. Mimoza 5. Goodbye To Childhood 6. The Prisoner 7. Firewater

ブルーノートでの別テイクを集めたアルバム。そのセッションは「スピーク・ライク・ア・チャイルド」「マイ・ポイント・オブ・ビュー」「インヴェンションズ&ディメンションズ」「ザ・プリズナー」。かってブルーノートが別テイクをおまけにつけて発売していた時代がありましたが、その時代に購入した手持ちの彼のCDはほとんど別テイクが入っておらず、ダブっている曲はありませんでした。オリジナルテイクに比べてクオリティはそれほど落ちていないと思います。ただし、録音年の幅が広いので、それぞれの曲の印象がバラバラなのが気にかかります。やはりハービー・ハンコックかブルー・ノートのファン向けということになるのでしょうか。 それでもこういったアルバムの企画も貴重です。トニー・ウィリアムスは3曲目に参加。(99年4月9日発売)

Inventions And Dimentions/Herbie Hancock(P)(Blue Note) - Recorded August 30, 1963. Paul Chambers(B), Willie Bobo(Ds, Timpales), Osvaldo "Chihuahau" Martinez(Per) - 1. Succotash 2. Triangle 3. Jack Rabbit 4. Mimosa 5. A Jump Ahead

ハービー・ハンコックのアルバムにしては珍しくホーンがなく、しかもパーカッションの起用。特に1曲目などある意味では実験的だったと思うのですが、メロディとリズムがぶつかり合い、あるいは調和して面白い効果が出ていると思います。パーカッションにピアノのフレーズが影響を受けているような場面も。

Empyrean Isles/Herbie Hancock(P)(Blue Note) - Recorded June 17, 1964. Freddie Hubbard(Tp), Ron Carter(B), Anthony Williams(Ds) - 1. One Finger Snap 2. One Finger Snap 3. Oliloqui Valley 4. Oliloqui Valley 5. Cantaloupe Island 6. The Egg

私の持っているものは2、4曲目に別テイクが入っているもの。まず、メンバーがすごい。5曲目は有名ですが、おそらく初出のこの曲を聴いて、意外にスローでシンプルなことに気がつきました。もっと後で演奏されたものでイメージしてました。6曲目は14分の大作で、マイルス・バンドよりはフリー寄りの演奏です。

Maiden Voyage/Herbie Hancock(P)(Blue Note) - Recorded May 17, 1965. Freddie Hubbard(Tp), George Coleman(Ts), Ron Carter(B), Anthony Williams(Ds) - 1. Maiden Voyage 2. The Eye Of The Hurricane 3. Little One 4. Survival Of the Fittest 5. Dolphin Dance

どの曲も印象に残り、このアルバム自体非常に有名なので説明不要かも。全曲オリジナルということもあり、ハービー・ハンコックの理知的なピアノが生きてくるサウンドです。3曲目など、ピアノの美しさはかなりのもの。4曲目はけっこうアグレッシヴだったと、改めて認識。あとは本当に説明不要。

Blow-up/The Original Soundtrack(TCM Turner Music) - Released 1966. - 1. Main Title "Blow Up" 2. Verushka(Part 1) 3. Verushka(Part 2) 4. The Naked Camera 5. Bring Down The Birds 6. Jane's Theme 7. Stroll On 8. The Thief 9. The Kiss 10. Curiosity 11. Thomas Studies Photos 12. The Bed 13. End Title "Blow Up" 14. Am I Glad To See You 15. Blow-up

「欲望」オリジナル・サウンド・トラック。7曲目はヤードバーズが演奏。14−15曲目はトゥモロウの演奏。当然この3曲はロックです。他は全てハービー・ハンコックによるものですが、時代の要請か、ジャズ・ロック色も強い演奏です。もちろんジャズっぽい表現の渋い曲もありますが、曲の長さが短いものが多く、バラエティに富みすぎていて、どちらかと言うとジャズとしての聴き方ではなく、サウンドトラックとして聴く、ということになるのでしょうか。

Speak Like A Child/Herbie Hancock(P)(Blue Note) - Recorded March 6 and 9, 1968. Ron Carter(B), Michkey Roker(Ds), Thad Jones(Flh), Peter Phillips(Btb), Jerry Dodgion(Afl) - 1. Riot 2. Speak Like A Child 3. First Trip 4. Toys 5. Goodbye To Childhood 6. The Sorcerer

基本はピアノトリオで、やや音の重心をおとしたホーンをバックに印象のある曲、美しい曲が続きます。とは言うもののジャズとしてもしっかりしていると思います。何度も聴き返したアルバム。ホーンはソロとしては登場せず、美しいだけではなくこだわりのあるアンサンブルを聴かせ、こういう使い方をしているのも特徴的です。

The Prisoner/Herbie Hancock(P)(Blue Note) - Recorded April 18, 21 and 23, 1969. Johnny Coles(Flh), Joe Henderson(Ts, Afl), Garnett Brown(Tb), Buster Williams(B), Albert "Tootie" Heath(Ds), Hubert Laws(Fl), Jerome Richardson(Bcl, Fl), Romeo Penque(Bcl), Tony Studd(Btb), Jack Jeffers(Btb) - 1. I Have A Dream 2. The Prisoner 3. Firewater 4. He Who Lives In Fear 5. Promise Of The Sun

比較的大編成のホーンをバックにした演奏。曲名の意味は深いそうなのですが、それよりもそのホーンアレンジと曲の色彩感覚の豊かさが目立つアルバムです。1曲目は、ホーン・アレンジの心地良さと映画音楽を聴いているような、ドラマチックな響きの味わい。ソロの部分も良い。2曲目は一転、アップテンポでモード的な空間のある演奏となります。美しいホーンのテーマの3曲目、何となく中間色的味わいの4曲目。5曲目は重心の低いホーンが印象的。

Mwandishi - The Complete WB Recordings/Herbie Hancock(Key, etc)(Warner Bros) - 「Fat Albert Rotunda」 - Recorded October 4. 16, November 26 and December 8, 1969. Joe Henderson(Afl, Ts), Johnny Coles(Tp, Flh), Garnett Brown(Tb), Albert "Tootie" Heath(Ds), Buster Williams(B), Joe Newman(Tp), Ernie Royal(Tp), Benny Powell(Tb), Ray Alonge(French Horn), Joe Farrell(As, Ts), Arthur "Babe" Clarke(Bs), Eric Gale(G), Billy Butler(G), Jerry Jermott(B), Bernard Purdie(Ds), George Devens(Per) - 1.Wiggle-Waggle 2. Fat Mama 3. Tell Me A Bedtime Story 4. Oh! Oh! Here He Comes 5. Jessica 6. Fat Albert Rotunda 7. Lil' Brother  「Mwandishi」 - Recorded December 31, 1970. Buster Williams(B), Billy Hart(Ds), Eddie Henderson(Tp, Flh), Benny Maupin(Bcl, Afl), Julian Priester(Tb), Leon Chancler(Ds, Per), Jose "Cepito" Areas(Per), Ron Montrose(G) - 8. Ostinato(Suite For Angela) 9. You'll Know When You Get There 10. Wandering Spirit Song  「Crossings」 - Recorded February 15-17, 1972. Benny Maupin(Ss, Afl, Bcl, etc), Julian Priester(B, TTb, Atb, Per), Buster Williams(B, Per), Billy Hart(Ds), Eddie Henderson(Tp, Flh), Patrick Glesson(Synth), Victor Pontoja(Per), etc. - 11. Sleeping Giant 12. Quasar 13. Water Torture

かってワーナーから出た3枚のアルバムを2枚組のCDにして発売。「ファット・アルバート・ロトゥンダ」は、ジャズ・ロックというかクロス・オーヴァーのはしりのようなサウンドで、キーボードもエレキピアノを使っています。ホーンアレンジが凝っています。ネアカなジャズ・ロックという感じ。「ムワンディシ」は、よりアフリカンで黒っぽいサウンドで攻めています。これもエレキ・ピアノを使用。長い曲が多いです。コード一発の曲や幻想的な曲も。「クロッシングス」は、より混沌とした幻想的な黒っぽいサウンドになっています。前半は組曲の構成。このあたり、暗い時期と言ってしまうとそれまでなのですが、再発がいちばん見逃されやすい時期です。同時代のマイルス・バンドのサウンドの変遷と比べると面白いかも。

Sextant/Herbie Hancock(Key, etc)(Sony) - Recorded 1973. Bennie Maupin(Ss, Afl, Bcl, etc), Julian Priester(B, TTb, Atb, Per), Buster Williams(B, Per), Billy Hart(Ds), Eddie Henderson(Tp, Flh), Dr. Patrick Glesson(Synth), Buck Clarke(Per) - 1. Rain Dance 2. Hidden Shadows 3. Hornets

移籍後第1弾ですが、前作「クロッシング」とほぼ同じ編成で、曲調も似たような混沌系のアフリカン・ファンクサウンド。効果音的に、あるいはチープに、初期のシンセサイザーの使用が特徴的。意外にパーカッションの音と単調なリズムが心地良かったりしますが、やっぱりやや暗め。ポップな部分の萌芽も、何となく感じることもあります。1曲あたりの時間が長い。

Head Hunters/Herbie Hancock(Key, etc)(Sony) - Recorded 1973. Bennie Maupin(Ss, Ts, Bcl, Afl, etc), Paul Jackson(B, Marimba), Harvey Mason(Ds), Bill Summers(Per) - 1. Chameleon 2. Watermelon Man 3. Sly 4. Vein Melter

当時のディスコ・ビートのようなはっきりしたポップなサウンドになり、たいぶ方向性が変わったアルバム。1曲目は15分台の大作ですが、けっこうノレます。「ウォーターメロン・マン」の再演もあって、ゴキゲンなファンク・アルバム。カッコ良く、どの曲も印象的です。ジャズからはどんどん離れていきますが、おそらくジャズファン以外のファンもけっこうひきつけたことでしょう。ここではハービー・ハンコック自らがはじめてシンセサイザーを操っています。

Dedication/Herbie Hancock(Key, etc)(Sony) - Recorded July 29, 1974. - 1. Maiden Voyage 2. Dolphin Dance 3. Nobu 4. Cantaloupe Island

来日中の録音。前半2曲がアコースティック・ピアノによるソロで往年の名曲を演奏しています。この時期では非常に珍しいことです。1、2曲目とも抑制の効いた叙情的なサウンド。2曲目は11分もの長さです。後半の2曲は同じくソロなのですが、エレクトリック・ピアノやシンセサイザーを駆使した演奏。多重録音らしいです。今からするとちょっと荒削りのサウンドかもしれませんが、聴いていてけっこうスリルがあります。4曲目は何と14分。ちょっと長いか。

Thrust/Herbie Hancock(Key, etc)(Sony) - Recorded August 1974. Bennie Maupin(Ss, Ts, Bcl, Afl, etc), Paul Jackson(B), Mike Clark(Ds), Bill Summers(Per) - 1. Palm Grease 2. Actual Proof 3. Butterfly 4. Spank-a-lee

けっこう強力なファンクのグルーヴ感。少しずつ洗練されたサウンドになってきています。素直なようでいてリズムがクセのある1曲目は、それでいてけっこうノレます。急速調でネバるリズムの2曲目は聴いていてけっこうスカッとくるタイプの曲。3曲目はラテンの香りもする、これもゴキゲンなナンバー。4曲目もネバりにネバりまくるナンバー。

Flood/Herbie Hancock(Key, etc)(Sony) - Recorded June 28 and July 1, 1975. Bennie Maupin(Ss, Ts, Bcl, Bfl, Afl), Paul Jackson(B), Mike Clark(Ds), Bill Summers(Per), Blackbird McKnight(G) - 1. Introduction - Maiden Voyage 2. Actual Proof 3. Spank-a-lee 4. Watermelon Man 5. Butterfly 6. Chameleon 7. Hang Up Your Hang Ups

2枚組CDで日本でのライヴ。曲は他のアルバムとダブっていますが、やはりライヴの方が迫力があるファンクという感じです。アコースティック・ピアノで静かにはじまる有名な1曲目は、後半メンバーが加わって間髪を入れず2曲目に。例によって急速調のネバるリズムは健在。カッコ良い。3曲目も小刻みなリズムでネバります。おなじみの有名な4曲目もファンク・サウンド。静かなテーマが印象的な5曲目も中間部はやや盛り上がりを見せます。6曲目もけっこうノレますがシンセサイザーの使い方が時代を感じさせます。7曲目もゴキゲンなファンク・サウンドで、何と19分台の大作。

Man-child/Herbie Hancock(Key, etc)(Sony) - Recorded July 1975. Bennie Maupin(Ss, Ts, Bcl, Bfl, Afl), Bud Brisbois(Tp), Jay DaVersa(Tp), Ernie Watts(Sax, Fl), Jim Horn(Sax, Fl), Garnett Brown(Tb), Dick Hyde(Tuba, Btb), Blackbird McKnight(G), David T. Walker(G), Wah Wah Watson(G), Paul Jackson(B), Louis Johnson(B), Henry Davis(B), Mike Clark(Ds), Harvey Mason(Ds), James Gadson(Ds), Bill Summers(Ds), Stevie Wonder(Harmonica) - 1. Hang Up Your Hang Ups 2. Sun Touch 3. The Traitor 4. Bubbles 5. Steppin' In It 6. Heartbeat

ヘッド・ハンターズのメンバーを中心に、クレジットを見ると分かりますが、豪華なゲストを迎えたり、ホーンセクションを増やした録音。聴いていてノリの良いビートの上にホーンのアレンジがけっこうカッコ良い。徐々にサウンドが深くなっているような気がします。ノリの良さでは1、3、5−6曲目あたり、叙情性では2、4曲目あたりか。

Secrets/Herbie Hancock(Key, etc)(Sony) - Recorded June 1976. Bennie Maupin(Sax, Bcl, etc), Wah Wah Watson(G), Ray Parker Jr(G), Paul Jackson(B), James Levi(Ds), Kenneth Nash(Per) - 1. Doin' It 2. People Music 3. Cantalope Island 4. Spider 5. Gentle Thoughts 6. Swamp Rat 7. Sansho Shima

よりディスコ・ビートのサウンドに近づいたアルバム。これはギターのワー・ワー・ワトソンとレイ・パーカー・Jrの参加によるところが大きいのではないかと思います。1曲目など、完璧にディスコです。2、4曲目はややドラマチック。3曲目は有名な曲ですが、レゲエ風になって意表をついています。ちょっと軽いノリの5曲目。6曲目も面白いビートで、7曲目はアップテンポでカッコ良い。

V.S.O.P./Herbie Hancock(P)(Sony) - Recorded June 29, 1976. Ron Carter(B), Freddie Hubbard(Tp), Wayne Shorter(Ts, Ss), Tony Williams(Ds), Bennie Maupin(Afl, Ss, Ts), Billy Hart(Ds), Eddie Henderson(Tp, Flh), Julian Priester(Ttb, Btb), Buster Williams(B), Paul Jackson(B), James Levi(Ds), Kenneth Nash(Per), Ray Parker, Jr(G), Wah Wah Watson(G, etc) - 1. Piano Introduction 2. Maiden Voyage 3. Nefertiti 4. Introduction Of Players/Eye Of The Hurricane 5. Toys 6. Introductions 7. You'll Know When You Get There 8. Hang Up Your Hang Ups 9. Spider

邦題「ニューポートの追想」。本来V.S.O.P.というのは1回限りの演奏の予定だったらしいのですが、人気が出てしまい、続くことに。ここでは3つのユニットによる演奏を聴くことができます。V.S.O.P.おなじみのユニットが1−4曲目。(トニー・ウィリアムスも参加)、5−7曲目のムワンディシ?のユニットと8−9曲目のヘッド・ハンターズ。

The Herbie Hancock(P) Trio(Sony) - Recorded July 13, 1977. Tony Williams(Ds), Ron Carter(B) - 1. Watch It 2. Speak Like A Child 3. Watcha Waitin For 4. Look 5. Milestones

スタジオ録音。超強力トリオのアルバム。「サード・プレーン」と同日の録音ですが、こちらは4曲がハービー・ハンコックの曲で、1曲はジャズメン・オリジナル。やはりスリルあるインタープレイはこのメンバーならではのもの。この時期に彼のアコースティック・ピアノの演奏は少ないので、貴重です。

Live In U.S.A./V.S.O.P. The Quintet(Sony) - Recorded July 16 and 18, 1977. Ron Carter(B), Freddie Hubbard(Tp), Wayne Shorter(Ts, Ss), Tony Williams(Ds) - 1. One Of A Kind 2. Third Plane 3. Jessica 4. Lawra 5. a) Introduction Of Players b) Darts 6. Dolores 7. Little Waltz 8. Byrdlike

1作目がハービー・ハンコックのリーダー作として出ていたのに対し、こちらは5人がそれぞれ曲を対等に出し合って、対等な演奏が繰り広げられています。このメンバーでの、しかもはじめてではない顔合わせなので、迫力、ハプニング、まとまり、どれをとっても素晴らしいと思います。

Tempest In The Colosseum/V.S.O.P. The Quintet(Sony) - Recorded July 23, 1977. Ron Carter(B), Freddie Hubbard(Tp), Wayne Shorter(Ts, Ss), Tony Williams(Ds) - 1. Eye Of The Hurricane 2. Diana 3. Eighty-one 4. Maiden Voyage 5. Lawra 6. Red Clay

田園コロシアムでのライヴ。ここでも5人で曲を出し合っています。これでもか、というほどの真剣勝負で、この盛り上がり方は尋常ではないと思うのですが、やはりフレディー・ハバードのトランペットだと、陽のほうへサウンドがふれる感じがします。この時代にこういうジャズ。時代の流れが変わりました。

Sunlight/Herbie Hancock(Key)(Sony) - Recorded August 1977 - May 1978. Wah Wah Watson(G), Harvey Mason(Ds), Ray Parker, Jr(G), Tony Williams(Ds), Leon "Ndugu" Chancler(Ds), Benny Maupin(Ss), Jaco Pastorius(B), Bill Summers(Per), Paul Jackson(B), etc. - 1. I Thought It Was You 2. Come Running To Me 3. Sunlight 4. No Means Yes 5. Good Question

最初の3曲はポップな曲で、ハービー・ハンコック自身がヴォコーダーを使ってヴォーカルをとっています。あまり上手なヴォーカルではないですが、これはこれで味があります。4曲目はいかにもクロスオーヴァー/フュージョン的なカッコ良い展開。そしておそらく5曲目のみジャコ・パストリアス参加。ドラムはトニー・ウ ィリアムスで、なんともはや、すごいジャズの演奏が展開しています。

An Evenng With Herbie Hancock(P) And Chick Corea(P) In Concert(Sony) - February 1978. - 1. Someday My Prince Will Come 2. Liza 3. Button Up 4. February Moment 5. Maiden Voyage 6. La Fiesta

’78年の2人のピアノ・デュオのライヴで、何箇所かでの演奏をまとめたもの。ハービー・ハンコックとデヴィッド・ルービンソンのプロデュース。 やはり下のアルバムと同じ選曲の5、6曲目が興味深いところ。やはりこの2人はすごいことを改めて認識。

An Evening With Chick Corea(P) And Herbie Hancock(P)(Polydor) - February 1978. - 1. Home Coming 2. Ostinato 3. The Hook 4. Bouquet 5. Maiden Voyage 6. La Fiesta

上記とほぼ同じタイトルのライヴで、同じツアーで録音されたもの。チック・コリアとデヴィッド・ルービンソンのプロデュース。発売が半年以上Sony盤よりは遅いらしい。2人のアルバムに対する姿勢の違いもあるかもしれません。5、6曲目が同じ曲なのですが、こちらはいくらか短くなっています。

Feets, Don't Fail Me Now/Herbie Hancock(Key, etc)(Sony) - Recorded 1978. Eddie Watkins(B), James Gadson(Ds), Ray Obiedo(G), Bill Summers(Per), Julia Tillman Waters(Vo), Maxine Willard Waters(Vo), Oren Waters(Vo), Luther Waters(Vo) Bennie Maupin(Ss), Wah Wah Watson(G), Freddie Washington(B), James Levi(Ds), Ray Parker Jr(G), Coke Escovedo(Per), Shelia Escovedo(Per), Gordon Bahary(Synth) - 1. You Bet Your Love 2. Trust Me 3. Ready Or Not 4. Tell Everybody 5. Honey From The Jar 6. Knee Deep

クロス・オーヴァーというよりは、完全なディスコアルバム、ということのようです。1−5曲目までは、彼自身のヴォコーダー・ヴォーカルを含め、ヴォーカル入り。ダンス・ミュージックとしてとらえると、けっこうレベルも高いと思えてノレるので、これはこれでゴキゲンなアルバム。個人的にはやや渋めな2曲目が好み。4曲目はこれでもか、という感じでノリノリにさせられるので、マイッタです。

The Piano/Herbie Hancock(P)(Sony) - Recorded July 25 and 26, 1978. - 1. Mu Funny Varentine 2. On Green Dolphin Street 3. Someday My Prince Will Come 4. Harvest Time 5. Sonrisa 6. Manhattan Island 7. Blue Otani

ありそうでなかなかないハービー・ハンコックのアコースティックピアノのみのソロアルバム。しかも冒頭3曲はおなじみの曲。そして、独自の解釈で弾いているように感じます。音もなかなかいいし、あっという間に全編聴きとおしてしまいます。聴いてみて損はないアルバム。

Direct Step/Herbie Hancock(Key, etc)(Sony) - Recorded October 17 and 18, 1978. Webster Lewis(Key), Alphonse Mouzon(Ds), Paul Jackcon(B), Ray Obiedo(G), Bennie Maupin(Ss, Ts, etc), Bill Summers(Per) - 1. Butterfly 2. Shiftless Shuffle 3. I Thought It Was You

LP時代にダイレクト・カッティングという方式で録音されたアルバム。アルバムの収録時間は30分と短いですが、1発撮りとは思えないほど完成されていて、クロスオーヴァーの要素が色濃く出ています。1曲目は上質のファンク/クロスオーヴァーという感じで、聴き心地が良い。2曲目はロック・ビートの曲で後半盛り上がります。3曲目はハービー・ハンコックのヴォコーダー・ヴォーカルが聴ける、臨場感あふれる15分台の大作。

Live Under The Sky '79/V.S.O.P. The Quintet(Sony) - Recorded July 26, 1979. Ron Carter(B), Freddie Hubbard(Tp), Wayne Shorter(Ts, Ss), Tony Williams(Ds) - 1. Eye Of The Hurricane 2. Teardrop 3. Domo 4. Para Oriente 5. Pee Wee 6. One Of Another Hand 7. Fragile 8. Stella By Starlight/On Green Dolphin Street

’92年に発売された、あの「伝説」の’79年田園コロシアムにおけるライヴ・アンダー・ザ・スカイの完全盤。曲順もライヴ通りで、MCやアンコールの風景などもできるだけ忠実に再現されているそうです。実はここの8曲目はV.S.O.P.唯一のスタンダード(ファイヴ・スターズの5曲目と同じテイクです)。

Live Under The Sky/V.S.O.P. The Quintet(Sony) - Recorded July 26, 1979. Ron Carter(B), Freddie Hubbard(Tp), Wayne Shorter(Ts, Ss), Tony Williams(Ds) - 1. One Of Another Hand 2. Teardrop 3. Pee Wee 4. Para Oriente 5. Fragile 8. Domo    Five Stars/V.S.O.P. The Quintet(Sony) - Recorded July 26 and 29, 1979. Ron Carter(B), Freddie Hubbard(Tp), Wayne Shorter(Ts, Ss), Tony Williams(Ds) - 1. Skagly 2. Finger Painting 3. Mutants On The beach 4. Circe 5. Stella By Starlight/On Green Dolphin Street

2つのアルバムがちょうど1枚ずつ2CDにカップリングされていて、どうしてこうなっているのか不明。「ファイヴ・スターズ」は5曲目を除きスタジオ録音で、このメンバー最後の録音。「ライヴ・アンダー・ザ・スカイ」の方は、その後に完全盤が出ています。

Mr. Hands/Herbie Hancock(Key)(Sony) - Recorded 1979. Byron Miller(B), Leon "Ndugu" Chancler(Ds), Bill Summers(Per), Tony Williams(Ds), Ron Carter(B), Sheila Escovedo(Per), Alphonse Mouzon(Ds), Freddie Washington(B), Wah Wah Watson(G), Harvey Mason(Ds), Jaco Pastrius(B), Paul Jackson(B), Bennie Maupin(Ts) - 1. Spiraling Prism 2. Calypso 3. Just Around The Corner 4. 4AM 5. Shiftless Shuffle 6. Textures

あちこちの未発表演奏をオーヴァー・ダブしてまとめたものだそうですが、曲ごとに豪華なメンバーが入れ替わるので納得。ヴォーカル曲は珍しくゼロで、しかもそれぞれの曲と演奏のクオリティは高い、というアルバム。ジャコ・パストリアスは4曲目に参加。この曲はクァルテットなので、十分楽しめます。

Monster/Herbie Hancock(Key)(Sony) - Recorded 1979 and 1980. Alphonse Mouzon(Ds), Freddie Washington(B), Wah Wah Watson(G), Sheila Escovedo(Per), Devadip Carlos Santana(G), Ray parker Jr(G), Randy Hansen(G), Oren Waters(Vo), Bill Champlin(Vo), Greg Walker(Vo), Gavin Christopher(Vo), etc. - 1. Saturday Night 2. Stars In Your Eyes 3. Go For It 4. Don't Hold It In 5. Making Love 6. It All Comes Round

とうとう本職のヴォーカリスト達まで全曲で起用してしまった本格的なヴォーカル・アルバム。曲の作りは、よりポップになって当時のヒットチャートを賑わせそうな感じです。ギタリストも曲に合わせて起用しています。1曲目に参加のカルロス・サンタナのギターが渋く泣いています。これでもかと言わんばかりのノリノリの曲が多いので、これはこれで爽快です。曲によってはロックっぽいノリもあります。

Magic Windows/Herbie Hancock(Key, etc)(Sony) - Released 1981. John Robinson(Ds), Freddie Washington(B), Ray Parker, Jr(G), Pete and Juan Escovedo(Vo), Michael Brecker(Ts), Vicki Randle(Vo), Louis Johnson(B), George Johnson(G), Gavin Christopher(Vo), James Gadson(Ds), Eddie Watkins(B), Al McKay(G), Alphonse Mouzon(Ds), Wah Wah Watson(G), Adrian Belew(G), Paulinho Da Costa(Per), etc. - 1. Magic Number 2. Tonight's The Night 3. Everybody's Broke 4. Help Yourself 5. Satisfied With Love 6. The Twilight Clone

時代の流れでバス・ドラムがより強調されたタイトなサウンドになっています。1−5曲目がヴォーカル入りで、やはりヴォーカリストを起用しています。ポップ指向は相変わらずですが、より大人っぽい曲になったような気がします。その分少々地味かも。6曲目のみインストルメンタルで、その先を感じさせるようなサウンド。マイケル・ブレッカーは2、4曲目に参加。

Herbie Hancock(P) Trio With Ron Carter(B) + Tony Williams(Ds)(Sony) - RecordedJuly 27, 1981. - 1. Stablemates 2. Dolphin Dance 3. A Slight Smile 4. That Old Black Magic 5. La Maison Goree

メンバーを少しずつ変えながら、この時期Sonyで連続して録音していますが、ここではトリオの演奏です。それぞれのオリジナルが1曲ずつとスタンダードの組み合わせ。スタジオ録音のせいか、音も良く、まとまりが良いように感じます。このメンバーならではの緊密なやり取りがいい。

Herbie Hancock(P) Quartet(Sony) - Recorded July 28, 1981. Wynton Marsalis(Tp), Ron Carter(B), Tony Williams(Ds) - 1. Well You Needn't 2. 'Round Midnight 3. Clear Ways 4. A Quick Sketch 5. Eye Of The Hurricane 6. Parade 7. The Sorcerer 8. Pee Wee 9. I Fall In Love Too Easily

クァルテットで、しかも当時の新人ウイントン・マルサリスをフロントにしての演奏。ウィントン・マルサリスだからこそできるトランペットの素晴らしいコントロールが、V.S.O.P.の演奏とも違って、聴いた当時は新鮮なサウンドとして響いたのでした。スタジオ録音ということも原因ですが、もう少しラフな演奏でもよかったとも思います。

Lite Me Up/Herbie Hancock(Key, etc)(Sony) - Released 1982. Steve Lukather(G), John Robinson(Ds), Louis Johnson(B), Paulinho Da Costa(Per), Wayne Anthony(Vo), Jerry Hey(Tp, Flh), Patti Austin(Vo), David Williams(G), Michael Boddicker(Synth), Jeff Porcaro(Ds), Abe Laboriel(B), Jay Graydon(G), David Foster(P), Bill Champlin(Vo), Narada Michael Walden(Ds), Randy Jackson(B), Corrado Rustici(Synth), Frank Martin(Vo), Chuck Findley(Tp, Tb), Paulette McWilliams(Vo), Patrice Rushen(Vocoder) - 1. Lite Me Up! 2. The Bomb 3. Gettin' To The Good part 4. Paradise 5. Can't Hide Your Love 6. The Fun Tracks 7. Motor Mouth 8. Give It All Your Heart

完全にポップというか、ディスコのアルバムになってしまいました。全曲がヴォーカル入り。8曲中6曲がロッド・テンパートンの曲ということからもそのことがうかがえます。ただし、ジャズの視点を離れて、そういうもんだと思って聴くと、けっこうノリも良くてメロディも良いアルバムだとは思います。演奏者としてのハービー・ハンコックはヴォコーダー・ヴォーカルが数曲で健在。ピアニスト度はあまりなし。

Future Shock/Herbie Hancock(Key, etc)(Sony) - Released 1983. Bill Laswell(B), Michael Beinhorn(Synth), Grand Mixer D.ST(Turntables), Danniel Ponce(Bata), Dwight Jackson Jr(Vo), Bernard Fowler(Vo), Pete Cosey(G), Sly Dunbar(Ds, Per), Lamar Wright(Vo), Bernard Fowler(Vo) - 1. Rockit 2. Future Shock 3. TFS 4. Earth Beat 5. Autodrive 6. Rough

ヒップポップの分野では最初に売れたアルバムらしいです。打ち込みサウンドとターンテーブルが思いっきり出てくる当時としては非常に新しいアルバム。特に1曲目の「ロックイット」はジャズ以外でけっこうヒットしたらしく、なるほど、と思わせます。ただしタイトル曲の2曲目はドラムが打ち込みでなくヴォーカル入りなので、意外にオーソドックスな感じです。6曲目は従来系と打ち込み系の中間か。他の曲はやっぱり思いっきり打ち込み系。

Sound-System/Herbie Hancock(Key, etc)(Sony) - Released 1984. Bill Laswell(B), D.St.(Turntables), Nicky Skopelitis(G), Henry Kaiser(G), Daniel Ponce(Bata), Rob Stevens(XMD), Will Alexander(Prog), Foday Musa Suso(Per), Wayne Shorter(Ss, Lyricon), Toshinori Kondo(Tp), Aiyb Dieng(Ds), Anton Fier(Ds), Bernard Fowler(Vo) - 1. Hardrock 2. Metal Beat 3. Karabali 4. Junku 5. People Are Changing 6. Sound-System

打ち込みサウンド第2弾。より洗練されたヒップポップのアルバム。1曲目の「ハード・ロック」はシングルカットもされただけあって、ノリノリの曲。曲によってはエスニックな感じも強く、3曲目などはアフリカン調の曲で、生ピアノが目立つのは意外。4曲目は何と!オリンピックの公式テーマ曲だとのこと。4、6曲目は当時の先端サウンドだけでなく、エスニック色や様々な要素も織り込んだ集大成的サウンド。5曲目は比較的オーソドックスなヴォーカル入り。

Village Life/Herbie Hancock(Key, etc)(Sony) - Recorded August 7-9, 1984. Foday Musa Suso(Kora, Per) - 1. Moon/Light 2. Ndan Ndan Nyaria 3. Early Warning 4. Kanatente

アフリカのガンビア出身のフォディ・ムサ・スソとのデュオ作品で、来日時に録音されたものとのこと。コラという楽器はハープのような楽器だそうで、聴いて納得。フォディ・ムサ・スソが中心の、牧歌的でアフリカ的な内容の曲もあれば、ハービー・ハンコックが中心のシンセ中心の曲もある、といった構成ですが、いずれも比較的素朴なアフリカンサウンド。異色のアルバム。

Perfect Machine/Herbie Hancock(Key, etc)(Sony) - Released 1988. William Collins(B), Sugar Foot(Vo), Nicky Skopelitis(Ds), DST(Turntables), Mico Wave(Synth, B), Jeff Bova(Synth) - 1. Perfect Machine 2. Obsession 3. Vibe Alive 4. Beat Wise 5. Maiden Voyage/P. Bop 6. Chemical Residue

打ち込みサウンド第3弾。いかにもリズムが打ち込みダンスアルバム、といった内容で、この方向で進化しています。1曲目のタイトル曲は、タイトな打ち込みのリズムの上を流れるようなメロディ。数曲についてはヴォーカルやヴォコーダー・ヴォーカルが入っています。3曲目など、曲としては良いと思うのですが、その強烈なアレンジから、私には苦手かも しれません。4曲目はエレクトリック・ベースなのでホッとしました。5曲目は現代版「処女航海」で、これもけっこうスゴいアレンジ。ただ、6曲目は地味ながらメロディアスで渋い展開。

Dis Is Da Drum/Herbie Hancock(Key, etc)(Mercury) - Released 1994. Wallace Roney(Tp), Bennie Maupin(Ts), Wah Wah Watson(G), Frank Thibeaux(B, G), Darrell "Bob Dog" Robertson(G), Ken Strong(Ds), Will Kennedy(Ds), Will "Rock" Griffin(Synth), Bill Summers(Per), Miyayi Asiedu(Per), Mars Lasar(Sound Design), Darrel Smith(Key), Airto Moreira(Per), The Real Richie Rich(DJ), Francis Awe(Vo), Hubert Laws(Fl), Lazaro Galarraga(Vo) - 1. Call It 95  2. Dis Is Da Drum 3. Shooz 4. The Melody (On The Deuce By 44) 5. Mojuba 6. Butterfly 7. Juju 8. Hump 9. Come And See Me 10. Rubber Soul 11. Boba Be Da 12. Call It 95 Remix 13. Mojuba Remix

6年振りのリーダー作。重低音が強調されたサウンドの上をジャズ、ラップ、ファンク、アフリカンとさまざまな語法が飛び交います。タイトル通り、リズムがけっこう濃いものとなっています。ハービー・ハンコック流のサウンドのひとつの頂点かも しれません。生ピアノの演奏が時々耳に入ってくるのが意外。4曲目など、ラップとファンクとジャズが同居していてカッコ良い。6曲目でおなじみ「バタフライ」も盛り上がり、かつ、渋め。最後の2曲はリミックス。

The New Standard Special Edition/Herbie Hancock(P)(Verve) - (Disc 1) Recorded June 14-16, 1995, Michael Brecker(Ts, Ss), John Scofield(G, Electric Star), Dave Holland(B), Jack DeJohnette(Ds, Per), Don Alias(Per), Bob Belden(Arr), Woowinds & Brass, Strings, etc. - 1. New York Minute 2. Mercy Street 3. Norwegian Wood 4. When Call I See You 5. You've Got It Bad Girl 6. Love Is Stronger Than Pride 7. Scarborough Fair 8. Thieves In The Temple 9. All Apologies 10. Manhattan 11. Your Gold Teeth II [Bonus Track] - (Disc 2) Recorded August 4, 1996. Michael Brecker(Ts), John Scofield(G), Dave Holland(B), Jack DeJohnette(Ds), Don Alias(Per) - 1. You've Got It Bad Girl 2. Thieves In The Temple 3. Dolphin Dance

ハービー・ハンコックの久々のジャズ・アルバム。彼の曲はDisc1の10曲目、Disc2の3曲目のみ。より新しい、スティーヴィー・ワンダーやシャーデーなど、これからスタンダードになるような曲を集めてますが、これを「ニュー・スタンダード」と名付けたのはおそらくはじめてでは。また、超一流のメンバーの演奏で、曲を気にしないで聴いていても、大変スリリングな演奏になってます。曲によってはボブ・ベルデンのアレンジでブラスやストリングスも加わります。2枚目が河口湖でのライヴ録音で、最初は1枚目だけのアルバムの発売だったのですが、後に出たアルバムで1枚追加になったもの。2枚目は3曲で51分ほどとより長尺になり、ライヴならではの臨場感があるし、特に1曲目はぶっ飛んだ演奏になってます。3曲目はソロ・ピアノ。

1+1/Herbie Hancock(P)(Verve) - Recorded 1997. Wayne Shorter(Ss) - 1. Meridinanne - A Wood Sylph 2. Aung San Suu Kyi 3. Sonrisa 4. Memory Of Enchantment 5. Visitor From Nowhere 6. Joanna's Theme 7. Diana 8. Visitor From Somewhere 9. Manhattan Lorelei 10. Hale-Bopp, Hip-Hop

この2人ならデュオでなくて、バンド編成でフュージョン系をやってくれてもいいと思いますが、神経を研ぎ澄まして対峙している2人も納得。どちらかの、あるいは2人のオリジナルが中心で、静かめの曲ばかりなので、フレーズが真剣すぎて聴き流すにはちょっとつらい点も。そこから出てくるサウンドは、やはりただものではないのです。

Gershwin's World/Herbie Hancock(P)(Verve) - Recorded April and June 1998. Madou Dembelle(Per), Massamba Diop(Per), Cyro Baptista(Per), Bireyma Guiye(Per), Cheik Mbaye(Per), Eddie Henderson(Tp), Kenny Garrett(As), Ira Coleman(B), Terri Lyne Carrington(Ds), Joni Mitchell(Vo), Wayne Shorter(Ts), James Carter(Ss), Marion Graves(G, Per), Robert Sadin(Per), Stevie Wonder(Vo, Harmonica), Alex Al(B), Chick Corea(P), Bakithi Kumalo(B, G), Kathleen Battle(Vo), Charles Curtis(Cello), Ron Carter(B),  Orpheus Cahmber Orchestra - 1. Overture (Fascinating Rhythm) 2. It Ain't Necessarily So 3. The Man I Love 4. Here Come De Honey Man 5. St. Louis Blues 6. Lullaby 7. Blueberry Rhyme 8. It Ain't Necessarily So (Interlude) 9. Cotton Tail 10. Summertime 11. My Man's Gone Now 12. Prelude In C# Minor 13. Concerto For Piano And Orchestra In G, 2nd Movement 14. Embraceable You 15. Someone To Watch Over Me

15曲中11曲がガーシュインナンバーですが、アルバムはアフリカンリズムあり、オーケストラあり、ストレートアヘッドなものあり、ピアノ・デュオあり、ファンクあり、その他、様々な要素が曲ごとに詰め込まれています。ゲストも豪華。うーん何回聴いてもいい。反面、いろいろな要素がありすぎて、通して聴くと曲ごとに流れが変わってしまうという点もちょっと気に...。チック・コリアは7曲目に参加でピアノデュオの演奏。

Future 2 Future/Herbie Hancock(Key)(Transparent Music) - Released 2001. Eleni Davis Night(Vo), Carl Craig(Prog), Bill Laswell(B), GiGi(Vo), Chaka Khan(Vo), Charnett Moffett(B), Krash Kale(Ds), Grandmixer DXT(Turntable), Jack DeJohnette(Ds), Rob Swift(Turntable, Prog), A Guy Called Gerald(Prog), Dana Bryant(Vo), Tony Williams(Ds), Wayne Shorter(Ts, Ss), Imani Uzuri(Vo) - 1. Wisdom 2. Kebero Part 1   3. The Essence 4. This Is Rob Swift 5. Black Gravity 6. Tony Williams 7. Ionosphere 8. Alphabeta 9. Be Still 10. Virtual Hornets 11. Kebero Part 2   12. The Essence (DJ Krush Remix)

ビル・ラズウェルのプロデュースによる現代的なハービー・ハンコックのミュージック。この方がジャズやフュージョンと表現するよりもしっくりくるかも しれません。過激さというよりはサウンドが先鋭的ながらも聴きやすさもある印象。時々出てくるハンコックのピアノ(キーボード)のソロの部分に聴きほれてしまいます。打ちこみの部分もやや多いですが、そんな中で曲によってはドラムやベースにも生音で一流ミュージシャンが参加しているのがうれしいところ。4、8−10曲目にジャック・ディジョネットが、6曲目に故トニー・ウィリアムスが参加。しかもウエィン・ショーターも数曲に参加。 時代の先端を行きつつも、やはりヒューマンパワーをおろそかにしない主義なのでしょうか。12曲目はDJ KRUSHによるリミックスのボーナストラック。(01年7月25日発売)

Possibilities/Herbie Hancock(P)(WEA) - Released 2005. 1. John Mayer(G, Vo), Michael Bearden(Key), Willie Weeks(B), Steve Jordan(Ds) 2. Carlos Santana(G), Angelique Kidjo(Vo), Michael Bearden(Key), Chester Thompson(Org), Dennis Chambers(Ds), Raul Rekow(Per), Karl Perazzo(Per), Benny Rietveld(B) 3. Christina Aguilera(Vo), Michael Bearden(Key), Bashiri Johnson(Per), Nathan East(B), Teddy Cambell(Ds) 4. Paul Simon(Vo), Pino Paladino(B), Steve Jordan(Ds), Cyro Baptista(Per), Jamey Haddad(Per), Gina Gershon(Jew's Harp) 5. Annie Lennox(Vo), Steve Lewinson(B), Pete Lewinson(Ds), Tony Raney(G) 6. Sting(Vo), Michael Bearden(Key), Lionel Loueke(G), John Patitucci(B), Cyro Baptista(Per), Steve Jordan(Ds) 7. Jonny Lang(Vo, G), Joss Stone(Vo), Greg Phillimganes(Key), John Robinson(Ds), James Harrah(G), Reggie McBride(B) 8. Damien Rice(Vo), Lisa Hannigan(Vo), Tomo(Ds), Vyvienne Long(Cello), Shane Fitzsimons(B) 9. Raul Midon(Vo, G), Stevie Wonder(Harmonica), Greg Philinganes(Key) 10. Trey Andastasio(G, Vo), John Patutucci(B), Cyro Baptista(Per), Steve Jordan(Ds), Jennifer Hartswick(Vo) - 1. Stitched Up 2. Safiatou 3. A Song For You 4. I Do It For Your Love 5. Hush, Hush, Hush 6. Sister Moon 7. When Love Comes To Town 8. Don't Explain 9. I Just Called To Say I Love You 10. Gelo Na Montanha

全曲ヴォーカル・アルバムで、ジャズ色はなくてポップ色が強いアルバム。参加している歌手も強力で、ジョン・メイヤー、クリスティーナ・モレイラ、ポール・サイモン、アニー・レイノックス、スティング、ジョニー・ラング&ジョス・ストーン、ダミアン・ライス&リサ・ハニガン、ラウル・ミドン、トレイ・アナスタシオと、1曲ごとに違います。2曲目のラテンタッチでカルロス・サンタナのギターとアンジェリーク・キジョーのヴォーカルも印象的。オリジナルあり、参加したヴォーカリストの曲あり、カヴァー曲ありで、そこにハービー・ハンコックのピアノが効果的に絡む構図。どの曲も魅力的で、押しの強い曲としっとり系がうまく調合。渋めで控えめかなという印象も。デニス・チェンバースが2曲目に、ジョン・パティトゥイッチが6、10曲目に参加。(05年9月28日発売)

River: The Joni Letters/Herbie Hancock(P)(Verve) - Released 2007. Wayne Shorter(Ts, Ss), Dave Holland(B), Vinnie Colauta(Ds), Lionel Loueke(G), Norah Jones(Vo on 1), Tina Turner(Vo on 2), Corinne Bailey Roe(Vo on 4), Joni Mitchell(Vo on 6), Luciana Souza(Vo on 8), Leonard Cohen(Vo on 10) - 1. Court And Spark 2. Edith And The Kingpin 3. Both Sides Now 4. Rievr 5. Sweet Bird 6. The Leaf Prophecy 7. Solitude 8. Amelia 9. Nefertiti 10. The Jungle Line 11. A Case Of You

ジョニ・ミッチェルへのトリビュート作で、彼女の作曲は共作を含め9曲(1−6、8、10−11曲目)。ボーナストラックは11曲目。デューク・エリントン作(7曲目)、「ネフェルティティ」(9曲目)も入っています。約半数がヴォーカル曲で、渋いながらもポップなイメージがあって、4ビートでガンガン攻めるというような曲はないですが、ジョニ・ミッチェルのエッセンスをよく取り入れた感じで、ハービー・ハンコックとウェイン・ショーターがスゴい。攻撃的ではないのに、ところどころ入る楽器のえぐりとるような鋭いフレーズ、危ういアウト・フレーズなどでタダモノではないハンコックのリーダー作ということを思い知らされます。たとえそれがバラードの曲であっても。7、9曲目のジャズメン・オリジナルも流れに沿っていて、スーッと溶け込みます。(07年9月19日発売)

The Imagine Progect/Herbie Hancock(P, Key)(Hancock Records)(輸入盤) - Released 2010. P!NK(Vo), Seal(Vo), Alex Acuna(Per), India.Arie(Vo), Jeff Beck(G), Vinnie Colaiuta(Ds, Tambourine), Fatoumata Diawara(Vo), Larry Goldings(Org), Larry Klein(B, Kay), Lionel Loueke(G), Marcus Miller(B), Oumou Sangare(Vo), John Legend(Vo), Dean Parks(G), George Whitty(Sound Design, Key), Tal Wilkenfeld(B), Ceu(Vo), Rodrigo Campos(Per), Curumin(Ds), Lucas Martins (B), Kofi Burbridge(Org, Vo), Oteil Burbridge(B, Vo), Mike Mattison(Vo, Vo Arr), Susan Tedeschi(Vo), Derek Tracks(G), The Chieftains: Peddy Moloney(Uilleann Pipes/Tin Whistle), Sean Keane(Fiddle), Kevin Conneff(Bodhran), Matt Molloy(Fl),   Toumani Diabete(Kora), Lisa Hannigan(Vo), Manu Katch(Ds), Rhani Krija(Per), Richard Bravo(Per), Juanes(Vo), Fernando Tobon(G), Pete Wallece(Key), K'AAN(Vo), Los Lobos: David Hidalgo(Vo), Conrad Lozano(Vo), Louie Perez(Vo)   Danny Barnes(B, Banjo, G), Matt Chamberlain(Ds), Michael Chaves(G), Dave Matthews(Vo, G), Paulinho Da Costa(Per), James Morrison(Vo), Dean Parks(G), K.S. Chithra(Vo), Bhawai Shankar Kathak(Pakhawaj), Chaka Khan(Vo), Sridhar Parthasarthy(Mridangam), Anoushka Shankar(Sitar), Wayne Shorter(Ss), Satyajit Talwalkar(Tblas) - 1. Imagine 2. Don't Give Up 3. Tempo De Amor 4. Space Captain 5. The Times, They Are A'Changin' 6. La Tierra 7. Tamatant Tilay/Exodus 8. Tomorrow Never Knows 9. A Change Is Gonna Come 10. The Song Goes On

(10/07/17)豪華なミュージシャンを曲ごとに使った、ロック・ポップス他のカヴァー集。1曲目のタイトル曲はジョン・レノン作の有名な曲だし、他にもピーター・ガブリエル、バーデン・パウエル、ボブ・ディラン、ボブ・マーリー、サム・クックその他、いろいろな曲を演奏しています。ポップス集とはいっても、そこにはハービー・ハンコックのこだわりが見られ、10曲で66分と1曲あたりがやや長めだし、ただ聴きやすいだけではなくて個性的で、間奏やバッキングにハンコックならではのきわどいフレーズを時々聴くこともできます。10曲目のみインド音楽の影響が強い。それにしても豪華なミュージシャンの使用です。ポップスというジャンルですが、飛びぬけて目立つ演奏をしてはいないです。さすがハービーのサウンドマジックで、聴きやすい。

ベスト盤

Then And Now: The Definitive Hervie Hancock(P)(Verve) - Recorded 1964 - 2008. (CD1) 1. Maiden Voyage 2. Cantaloupe Island 3. Wiggle Waggle 4. Chameleon (Edit) 5. ST. Louis Blues 6. Chan's Song (Never End) 7. River 8. Don't Explain 9. All Apologies 10. Watermelon Man 11. Rockit (Live) Bonus Track: 12. River (Live) (CD2) 1. All I Want 2. Harlem In Havana 3. I Had A King (DVD) 1. Cantaloupe Island 2. River 3. Hana

2CDと1DVDでの発売で、CD1枚目の11曲目、12曲目が初CD化ライヴ音源、CD2枚目は「リヴァー」の録音からの初CD化テイク3曲、DVDは米国Yahoo Musicの公開ライヴ映像3曲、となっています。オールタイム・ベストといっている割には、選曲が何となく偏っているようにも感じます。SHM-CDでの発売(CD1枚目のみ)ですけど、これもやはり上級のオーディオ装置ではないので、そんなものかな、という感想。選曲がこれから聴きはじめる入門者向けでもなく、未発表の演奏を求めて追いかけるコアなファン向けにしてはちょっと中途半端かな、という気も。値段的にはこれで税込み3,300円、というのは良心的かな、とも思いますが。選曲が幅広すぎるのでBGMにもならないし、ちょっと困った位置にあるアルバムになりました。(08年9月17日発売)

 

このホームページに記載されている内容の無断引用・無断転載・編集等禁じます。©1997 Kazuyuki Kudo

トップページに戻る