ビル・エヴァンス(Bill Evans)の
共演・参加アルバム

トップページ > ビル・エヴァンス > ビル・エヴァンスの共演・参加アルバム

コンプリートなディスコグラフィーでないことをご了承下さい。
ジャズCDの個人ページ」by K. Kudo

 

いつかビル・エヴァンスをホームページで手がけてみたいと思っていたのですが、ビル・エヴァンス関係のホームページも多く、なかなか実行できませんでした。今回リーダーアルバム以外の視点から見てみました。以下は、以前国内盤CDで出たことのあるビル・エヴァンス参加CDです。10年以上前から、参加CDをチェックして集めていました。(現在入手が難しいものもあります。)有名になってからは、ほとんどリーダー・アルバムばかりで、参加作品のほとんどは1960年代初頭までです。

なお、ビル・エヴァンスが録音に参加した日以外の録音日は( )書きにしてあります。(不正確かもしれません。)

ビル・エヴァンス Bill Evansリーダー作

 

最終更新日: 2014/10/26

共演・参加アルバム

The Singing Reed/Lucy Reed(Vo)(Fantasy) - Recorded August 13-15, 1955 (January 18, 1957). Bill Evans(P), Howard Collins(G), Bob Carter(B), Sol Gubin(Ds), Dick Marx(P), Johnny Frigo(B) - 1. Inchworm 2. My Love Is A Wanderer 3. Because We're Kids 4. It's All Right With Me 5. There's A boat Dat's Leavin' Soon For New York 6. Lazy Afternoon 7. Flying Down To Rio 8. Little Girl Blue 9. Fools Fall In Love 10. Out Of This World 11. You May Not Love Me 12. My Time Of Day 13. No Moon At All 14. Tabby The Cat 15. Baltimore Oriole 16. That's how I Love The Blues

1−3、5、8−16曲目に参加。そして、ビル・エヴァンスの一番古い時期の録音です。ビル・エヴァンスの個性は、57年ごろからだんだん強くなってくるので、このアルバムはヴォーカル・ファンか、とにかくビル・エヴァンスを聴きたいという方におすすめかも。でも全然悪くはありません。

A Message From Garcia/Richie "Dick" Garcia(G)(Dawn) - Recorded 1955. Bill Evans(P), Tony Scott(Cl), Gene Quill(As) Bill Anthony(B), John Drew(B), Manille Morin(Ds), Terry Pollard(P), Frank Isola(Ds), Jerry Bruno(B) - 1. Have You Met Miss Jones? 2. If I'm Lucky 3. Kimona My House 4. I Don't Want To Set The World On Fir 5. The Deacon 6. Stompin' At The Savoy 7. Like Someone In Love 8. Potatoes 9. It Could Happen To You 10. Ev'ry Night About this Time

3、7、10曲目に参加。上記のルーシー・リードのアルバムとどちらが古い吹き込みか分かりませんが、録音としては貴重なものかもしれません。この時期でも、ビル・エヴァンス的なピアノは、なるほど、という気がします。たった3曲だけというのが残念。

Jazz Workshop/The George Russel(Arr) Smalltet(RCA) - Recorded March 31, October 17 and December 21, 1956. Art Farmer(Tp), Hal McKusick(As, Fl), Bill Evans(P), Barry Galbraith(G), Milt Hinton(B), Teddy Kotick(B), Joe Harris(Ds), Paul Motian(Ds), Osie Johnson(Ds) - 1. Ye Hypocrite, Ye Beelzebub 2. Jack's Blues 3. Livingstone I Presume 4. Ezz-Thetic 5. Night Sound 6. Round Johnny Rondo 7. Fellow Delegates 8. Witch Hunt 9. The Sad Sergeant 10. Knights Of The Steamtable 11. Ballad Of The Steamtable 12. Concerto For Billy The Kid 13. Ballad Of Hix Blewitt 14. Concert For Billy The Kid

ビル・エヴァンスは全曲に参加。ポール・モチアンは5-6、8、12曲目に参加。ジョージ・ラッセルはコンポやビック・バンドで様々な新しいアレンジの試みをしているのですが、ビル・エヴァンスも何枚も参加しています。当時は難解だったようでもありますが、けっこう聴きやすいと思います。

The Touch Of Tony Scott/Tony Scott(Cl) featuring Bill Evans(P)(RCA) - Recorded July 1956. - 1. Rock Me But Don't Roll Me 2. Deep Purple 3. The Jitterbug Waltz 4. The Moon Walks 5. My Old Flame 6. Aeolian Drinking Song 7. You're Driving Me Crazy 8. Round MidNight 9. Walkin' On The Air 10. Poinciana 11. Vanilla Frosting On A Beef Pie 12. Yesterdays

トニー・スコット作は11曲目のみで、他はスタンダードやジャズメン・オリジナルが多い。ビッグ・バンドが1、4、7、10、12曲目、テンテット(10人編成)が3、5、9曲目、クァルテットが2、6、8、11曲目。編成がいろいろ変わるので、ちょっと忙しい感じもするけれど、ここではビル・エヴァンスの参加が目をひきます。小編成なほど目立つし、録音の時期も彼としてはけっこう早い時期なので、そういう意味では貴重な録音かも。たいていの人はビル・エヴァンスの名前でこのアルバムを入手するでしょうけれど、ここでのビッグ・バンドやテンテット、クァルテットでの録音もなかなか魅力的ではあります。過去にいろいろ珍しいアルバムが国内CD化されてきたけれども、割と有名だったこのアルバムがやっと今になって国内盤で発売されました。(14年9月24日発売)
Tenderly/Bill Evans(P), Don Elliott(Vib, Per)(Milestones) - Recorded 1956 and 1957. - 1. Tenderly 2. I'll Take Romance 3. Laura 4. Blues #1   5. I'll Know 6. Like Someone In Love 7. Love Letters 8. Thou Swell 9. Airegin 10. Everything Happens To Me 11. Blues #2   12. Stella By Starlight 13. Funkallero

私家録音で、会話も入っていたり、音質もあまり良くなかったりと、もともと発表するための録音でないことを承知の上で聴く必要があります。時々録音も気の向くままに途切れることなくあっちの曲へ行ったりこっちの曲へ行ったりしています。ドン・エリオットとの共演は1−4、11曲目で、あとはビル・エヴァンスのソロでの録音。この当時の彼のピアノは、他の録音ではもっとバップ色が強くゴリゴリした印象もありましたが、ここでは後年みられるような独自のリリシズムもけっこう感じられ、資料的には貴重な演奏かもしれません。 こういう演奏が世に出てくることも、ビル・エヴァンスの演奏を知る上では大切だとは思います。ただし、コンプリートを目指すようなビル・エヴァンスのファン向けに限定されるでしょう。(01年10月24日発売)

Brandeis Jazz Festival/Orchestra Conducted By Gunther Schuller(Arr & Cond) And George Russell(Arr & Cond)(Sony) - Recorded June 10, 18 and 20, 1957. Art Farmer(Tp), Louis Mucci(Tp), Jimmy Knepper(Tb), Jimmy Buffington(Flh), John La Porta(Sax), Hal McKusick(Sax), Manuel Zegler(Basson), Robert Di Domenica(Fl), Teddy Charles(Vib), Margaret Ross(Harp), Bill Evans(P), Barry Galbraith(G), Joe Benjamin(B), Teddie Summer(Ds), Fred Zimmerman(B), Teo Macero(Bs), Charles Mingus(B) - 1. All About Rosie 2. On Green Mountain 3. Suspencions 4. Revelations (First Movement) 5. All Set 6. Tramsformation

ジョージ・ラッセルが関わると難解になってしまうのですが、ビル・エヴァンスよく彼のアルバムに参加していました。ちょうどジャズとそれ以外(たとえばクラシック)の要素を混ぜ合わせたような音楽です。昔だったら、なんだこのアルバムは、という感じではなかったのでしょうか。

East Coasting/Charlie Mingus(Bethlehem) - Recorded August 1957. Jimmy Knepper(Tb), Shafi Hadi(As, Ts), Clarence Shaw(Tp), Dannie Richmond(Ds), Bill Evans(P) - 1. Memories Of You 2. East Coasting 3. West Coast Ghost 4. Celia 5. Conversation 6. Fifty-first Street Blues

チャールズ・ミンガスとビル・エヴァンスはどう考えても結びつかないのですが、1枚アルバムが出来てしまいました。ピアノソロも十分聴けて、堪能できます。いつものチャールズ・ミンガスのアクのあるサウンドとピアノとの対比も面白いと思います。

A Swinging Indroduction To Jimmy Knepper(Tb)(Bethlehem) - Recorded September 1957. Gene Roland(Tp), Gene Quill(Sax), B. Hammer(P), Bill Evans(P), Teddy Kotick(B), Dannie Richmond - 1. Love Letters 2. Ogling Ogre 3. You Stepper Out Of A Dream 4. How High The Moon 5. Gee Baby Ain't I Good To You 6. Idol Of The Files 7. Close As Pages In Book 8. Avid Admirer 9. Irresistible You

他での資料によれば、1−4、6、8曲目がビル・エヴァンスの参加のようですが、もう一人のピアノと比べて、ピアノソロの部分を聴いていて、ああ、なるほどなあ、という程度の印象でした。ジミー・ネッパーはチャールズ・ミンガスの作品でよく見かけます。

Jazz Sahib/Sahib Shihab(Bs)(Savoy) - Recorded November 7, 1957 (July 9, 1957). Phil Woods(As), Benny Golson(Ts), Hank Jones(P), Paul Chambers(B), Art Taylor(Ds), Benny Golson(Ts), Bill Evans(P), Oscar Pettiford(B), Art taylor(Ds) - 1. S.M.T.W.T.F.S.S.Blues 2. Jamila 3. The Moors 4. Blu-A-Round 5. Le' Sneak 6. Ballad To The east 7. Ba-Dut-Du-Dat

4−7曲目に参加。サヒブ・シハブという名前もマイナーですが、デンオンがサヴォイを買いとって、一時期非常にたくさんアルバムを出してくれたおかげで、こういう録音も聴くことができ、感謝です。3管編成でベニー・ゴルソンがいるのでアレンジは彼なのでしょうか。音も非常に良いです。

Roots/Prestige All Stars(Prestige) - Recorded December 6, 1957 (October 25, 1957). Idrees Sulieman(Tp), Frank Rehak(Tb), Jimmy Cleveland(Tb), Pepper Adams(Bs), Cecil Payne(Bs), Bill Evans(P), Tommy Flanagan(P), Doug Watkins(B), Louis Hayes(Ds), Elvin Jones(Ds), Alonzo Levister(Arr) - 1. Roots 2. Down By The Riverside 3. Sometimes I Feel Like A Motherless Child

1曲目のタイトル曲のみ参加。といっても27分ぐらいある大作のブルースで、19分ごろから3分ぐらいピアノソロがあります。そういえば最近このような50年代の比較的オーソドックスなジャズを聴いていないなあ、と思いつつ、聴き返したのでした。

Jazz/Joe Puma(G) Quartet And Trio(Jubilee) - Recorded 1957. Eddie Costa(Vib on 1-3), BIll Evans(P on 4-6), Oscar Pettiford(B), Paul Motian(Ds on 4-6) - 1. Ubas 2. Blues For Midge 3. Stablemates 4. I Got It Bad (And That Ain't Good) 5. Mother Of Earl 6. Indian Summer

ジョー・ピューマ作が2曲目、オスカー・ぺティフォード作が1曲目で、他はジャズメン・オリジナルかスタンダード。邦題ではビル・エヴァンスが前面に出ていますけど、4−6曲目にポール・モチアンらとクァルテットで参加。ちょっと誇張しているかな。でも、エディ・コスタ参加の1−3曲目も、編成的にも味わいもあってけっこういい雰囲気です。アップテンポで渋くグングンと進んでいく1曲目、ブルースを気ままに演奏しているけれども、ヴァイブラホンとのトリオでなかなか印象的なサウンドの2曲目、ベニー・ゴルソン作をややアップテンポで明るく進む3曲目。後半は当時のビル・エヴァンスらしいリリカルな場面もあるピアノで存在感もあるなとは思うも、この時期、サイドマンとしていろいろアルバムに参加していて、露出度がもう少し欲しいか。(11年4月20日発売)
Guys And Dolls Like Vibes/Eddie Costa(Vib)(Coral) - Recorded January 15-17, 1958. Bill Evans(P), Paul Motian(Ds), Wendell Marchall(B) - 1. Guys And Dolls 2. Adelaide 3. If I Were Bell 4. Luck Be A Lady 5. I've Never Been Love Before 6. I'll Know

同名のミュージカルからの作品集。ここではエディ・コスタはヴァイブラホンのみで、ピアノはビル・エヴァンスがすべて弾いています。ただ、主役はエディ・コスタ。こういうクァルテット(いわゆるMJQ編成)も良いですね。ミュージカルナンバーからということで、ごきけんなナンバーが多いです。

The Nearness Of You/Helen Merrill(Vo)(EmArcy) - Recorded  February 21, 1958. (December 15-19, 1957) Bobby Jasper(Fl), Bill Evans(P), George Russell(G), Oscar Pettiford(B), Jo Jones(Ds), Mike Simpson(Fl), Dick Marks(P), Freddy Rundquist(G), John Frigo(B), Jerry Slosberg(Ds) - 1. Bye, Bye Blackbird 2. When The Sun Comes Out 3. I Remember You 4. Softly As In A Morning Sunrise 5. Dearly Beloved 6. Summertime 7. All Of You 8. I See Your Face Before Me 9. Let Me Love You 10. The Nearness Of You 11. This Time The Dream's On Me 12. Just Imagine

7、9、11−12曲目に参加。ヘレン・メリルとビル・エヴァンスの唯一の共演アルバム。この4曲に限ったことではないけれど、ヘレン・メリルはどんなバックで歌ってもぴったりきます。一番印象に残る歌手です。押さえておきたい1枚かもしれません。

Live In New York/Miles Davis(Tp) and John Coltrane(Ts)(Bandstand) - Recorded May 17, 1958. (July 13, 1957 and 1959) Bill Evans(P), Paul Chambers(B), Philly Joe Jones(Ds), Red Garland(P), Art Taylor(Ds), Wynton Kelly(P), Jimmy Cobb(Ds)

1−2、4−5曲目に参加。ビル・エヴァンス参加のマイルス・バンドでの一番早い録音、といってももともと正式版ではなかったのですが、マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、ビル・エヴァンスがそろっていれば、多少音が悪くても聴いてしまうのがファン心理というものです。

1958 Miles/Miles Davis(Tp)(Sony) - Recorded May 26, 1958 (March 4, 1958). John Coltrane(Ts), Julian Connonball Adderley(As), Bill Evans(P), Red Garland(P), Paul Chambers(B), Jimmy Cobb(Ds), Philly Joe Jones(Ds) - 1. On Green Dolphin Street 2. Fran-Dance 3. Stella By Starlight 4. Love For Sale 5. Little Melonae

1−3、5曲目に参加。ビル・エヴァンスがマイルス・バンドに加入したことで、それまでのハード・バピッシュなピアノの感じから、がらっとバンド全体のサウンドが変わってしまいました。これからもまだまだ変わっていきますが。個人的にはバンド最強の時代だと思います。

Legrand Jazz (Alpha Plus)/Michel Legrand(Con, Arr)(Philips) - Recorded June 25, 1958. (June 27, 20, 1958 and December 6, 1962). Herbie Mann(Fl), Betty Glamann(Harp), Barry Galbraith(G), Miles Davis(Tp), John Coltrane(Ts), Phil Woods(As), Jerome Richardson(Bs, Bcl), Eddie Costa(Vib), Bill Evans(P), Paul Chambers(B), Kenny Dennis(Ds), Ben Webster(Ts), Frank Rehak(Tb), Billy Byers(Tb), Jimmy Cleveland(Tb), Eddie Bert(Tb), Major Holly(Tuba), Don Lamond(Ds), Hank Jones(P), George Duvivier(B), Ernie Royal(Tp), Art Farmer(Tp), Donald Byrd(Tp), Joe Wilder(Tp), Gene Quill(As), Seldon Powell(Ts), Teo Macero(Bs), James Buffington(French Horn), Don Elliot(Vib), Milt Hinton(B), Osie Johnson(Ds), Nat Pierce(P), Clark Terry(Tp), Snookey young(Tp), Al Derisi(Tp), Bob Brookmeyer(Tb), Wayne Andre(Tb), Bill Elton(Tb), Urbie Green(Tb), Tom Mitchel(Tb), Julius Watkins(French Horn), Jerry Dodgion(As), Paul Gonzalves(Ts), Tommy Flanagan(P), Sol Gubin(Ds) - 1. The Jitterbug Waltz 2. Nuages 3. Night In Tunisia 4. Blue And Sentimental 5. Stompin' At The Savoy 6. Django 7. Wild Man Blues 8. Rosetta 9. 'Round Midnight 10. Don't Get Around Much Anymore 11. In A Mist 12. Have You Met Miss Jones? 13. This Can't Be Love 14. The Lady Is A Tramp

1、6、7、9曲目に参加。ちょうどマイルス・デイヴィスやジョン・コルトレーンと同じセッションです。超豪華なメンバーを集めたセッションが4つあり、それぞれのアレンジも素晴らしい仕上がりになっています。曲やアレンジの完成度の高さと参加ミュージシャンからして、お買い得アルバムです。

Portrait Of Cannonball/Julian Adderley(As) Quintet(Riverside) - Recorded July 1, 1958. Blue Mitchell(Tp), Bill Evans(P), Sam Jones(B), Philly Joe Jones(Ds) - 1. Minority 2. Straight Life 3. Blue Funk 4. A Little Taste 5. People Will Say We're In Love 6. Nardis 7. Minority (Take 2) 8. Minority (Take 3) 9. Nardis (Take 4)

キャノンボール・アダレイのリバーサイド第1作目。同じリバーサイドだからか、マイルス・バンドで共演しているからか分かりませんが、このような共演の形はなかなかうれしいものです。「ナーディス」も別テイク含みです。(7−9曲目が別テイクです。)

Miles & Monk At Newport/The Miles Davis(Tp) Sextet/The Thelonious Monk(P) Quartet(Sony) - Recorded July 3, 1958 (July 4, 1963) (1-4曲目のパーソネル)Julian Cannonball Adderley(As), John Coltrane(Ts), Bill Evans(P), Paul Chambers(B), Jimmy Cobb(Ds) - 1. Ah-Leu-Cha 2. Straight No Chaser 3. Fran Dance 4. Two Bass Hit 5. Nutty 6. Blue Monk

1−4曲目に参加、といっても5−6曲目は5年も後のセロニアス・モンクのライヴで、両者は一緒に演奏しているわけではありません。紛らわしいアルバムタイトルです。音がもう少し良かったらと思うのですが、演奏は熱がこもっていて迫力があります。

Julian "Cannonball" Adderley(As) And Strings(Verve/EmArcy)(輸入盤) - Recorded October 27 and 18, 1955. Richard Hayman's Orchestra(Arr, Cond) - 1. I Cover The Waterfront 2. A Foggy Day 3. The Surrey With The Fringe On The Top 4. Two Sleepy With The Fringe On The Top 5. I'll Never Stop Loving You 6. (I'm Afraid) The Masquerade Is Over 7. I've Never Been In Love Before 9. Lonely Dreams 10. Street Of The Dreams 11. Polka Dots And Moonbeams (Around A Pug-Nosed Dream) 12. You Are Too Beautiful

Jump For Joy/Cannonball Adderley(As)(Verve/Mercury) - Recorded August 20 and 21, 1958. Emmett Berry(Tp), Leo Kruczek(Vln), Gene Orloff(Vln), Dave Schwartz(Viola), George Ricci(Cello), Bill Evans(P), Barry Galbraith(G), Milt Hinton(B), Jimmy Cobb(Ds), Bill Russo(Arr, Cond) - 13. Two Left Feet 14. Just Squeeze Me (But Don't Tease Me) 15. I Got It Bad (And That Ain't Good) 16. Nothin' 17. Jump For Joy 18. Bli-Blip 19. Chocorate Shake 20. If Life Were All Peaches And Cream 21. Brown-skin Gal (In The Calico Gown) 22. The Tune Of The Hickory Stick

2LPが1CDに収まったお買い得盤。実は’95年12月頃国内盤が発売されたときに買いもらしていて、なぜこのアルバムかと言うと、後半の「ジャンプ・フォー・ジョイ」にビル・エヴァンスが参加しているから。あまり目だってはいませんが。弦楽四重奏団も参加しています。前半はウイズ・ストリングスものです。

Jazz At The Plaza Volume 1/The Miles Davis(Tp) Sextet(Sony) - Recorded September 9, 1958. Julian Cannonball Adderley(As), John Coltrane(Ts), Bill Evans(P), Paul Chambers(B), Jimmy Cobb(Ds) - 1. Jazz At The Plaza 2. My Funny Valentine 3. If I Were A Bell 4. Oleo

マイルス・バンドの正式版で唯一、まるまる1枚ビル・エヴァンスが参加しているうれしいライヴです。1曲目は明らかにテーマが「ストレイト・ノー・チェイサー」です。マイルス、キャノンボール、コルトレーンのソロも圧巻。久しぶりに聴きましたが、50年代もなかなかいいですね。

Modern Art/Art Farmer(Tp)(Liberty) - Recorded September 10-11 and 14, 1958. Benny Golson(Ts), Bill Evans(P), Addison Farmer(B), Dave Bailey(Ds) - 1. Mox Nix 2. Fair Weather 3. Darn That Dream 4. the Touch Of Your Lips 5. Jubilation 6. Like Someone In Love 7. I Love You 8. Cold Breeze

ベニー・ゴルソンがアレンジした曲は1曲しかないのですが、彼が入ると、ゴルソン・サウンドになってしまうような気がするのはどうしてでしょう。メロディアスで聴きやすくて、いいアルバムだと思います。

New York, N.Y./George Russell(Arr, Dir) And His Orchestra(Decca) - Recorded September 12, November 24, 1958, and March 25, 1959. Emie Royal(Tp), Bob Brookmeyer(Tb), Frank Rehak(Tb), Tom Mitchell(Tb), Hal McKusick(As), John Coltrane(Ts), Sol Schlinger(Bs), Bill Evans(P), Barry Galbraith(G), Milt Hinton(B), Charlie Persip(Ds), Jon Hendricks(Nrrator), Art Farmer(Tp), Joe Wilder(Tp), Jimmy Cleveland(Tb), Phil Woods(As), Al Cohn(Ts), Gene Allen(Bs), George Duvivier(B), Max Roach(Ds), Don Lamond(Ds), Al Epstein(Bgo), Joe Ferrante(Tp), Benny Golson(Ts) - 1. Manhattan 2. Big City Blues 3. Manhattan-Rico 4. East Side Medley: a) Autumn In New York  b) How About You  5. A Helluva Town

ジョージ・ラッセルといえば、このアルバムを連想するくらい有名なアルバムですが、参加メンバーがすごい。ジョン・コルトレーンも1曲目に参加。曲によってメンバーは入れ替わりますが、ビル・エヴァンスは全曲参加。ジョン・ヘンドリックス(これもびっくり)のナレーションが全編に入ってます。

Chet Baker(Tp) Introduces Johnny Pace(Vo)(Riverside) - Recorded December 23, 29 and 30, 1958. Herbie Mann(Fl), Joe Berle(P), Jimmie Burke(B), Philly Joe Jones(Ds), Ed Thigpen(Ds) - 1. All Or Nothing At All 2. Crazy, She Calls Me 3. the Way You Look Tonight 4. This Is Always 5. When The Sun Comes Out 6. What Is There To Say 7. Everything I've Got belongs To You 8. We Could Make Such Beautiful Music 9. It Might As Well Be Spring 10. Yesterdays

ピアニストに聞いたことも無い名前が出ていますが、ビル・エヴァンスの変名だそうです。聴いてみれば、なるほど、という気がします。ジョニー・ペイスも無名なので、チェット・ベイカーで買う人が多いかもしれません。男性ヴォーカル自体は、あまり興味が無いのですが。

Chet/Chet Baker(Tp)(Riverside) - Recorded December 30, 1958 and January 19, 1959. Pepper Adams(Bs), Herbie Mann(Fl), Kenny Burrell(G), Bill Evans(P), Paul Chambers(B), Philly Joe Jones(Ds) - 1. Alone Together 2. How High The Moon 3. It Never Entered My Mind 4. 'Tis Autumn 5. If You Could See Me Now 6. September Song 7. You'd Be So Nice To Come Home To 8. Time On My Hands (You In My Arms) 9. You And Th Night And The Music 10. Early Morning Mood

1−2、4−5、7−10曲目に参加。チェット・ベイカーの甘い(?)トランペットで、バラードプレイばかりの作品。BGMに最適かもしれません。ここでも、ビル・エヴァンスの参加が全体のサウンドを方向づけているような気がします。邦題は「チェット・ベイカー・ウイズ・ビル・エヴァンス」。

The Jazz Soul Of Porgy & Bess(Liberty) - Recorded January 13-15, 1959. Art Farmer(Tp), Harry "Sweets " Edison(Tp), Bernie Glow(Tp), Marty Markowitz(Tp), Charlie Shavers(Tp), Bob Brookmeyer(V-Tb), Frank Rehak(Tb), Jimmy Cleveland(Tb), Earl Swope(Tb), Rod Levitt(Tb), Gene Quill(As), Phil Woods(As), Zoot Sims(Ts), Al Cohn(Ts), Sol Schlinger(Bs), Bill Evans(P), Herbie Powell(G), George Duvivier(B), Charlie Persip(Ds), Bill Potts(Arr, Cond) - 1. Summertime 2. A Woman Is Sometime Thing 3. My Mn's Gone Now 4. It Takes A Long Pull To Get There 5. I Got Plenty O'Nuttin' 6. Bess, You Is My Woman 7. It Ain't Necessaryily So 8. Medley: Minor Themes - Prayer - Strawberries - Honey Man And Crab Man 9. I Love You Porgy 10. Clara, Clara 11. There's A Boat Dat's Leavin' Soon For New York 12. Oh Bess, Oh Where's My Bess 13. Oh Lawd, I'm On My Way

ジョージ・ガーシュイン作の「ポギーとベス」をビル・ポッツがアレンジしたもので、’59年録音ということもあってか、有名どころのミュージシャンの名前がゾロゾロと出てきます。アレンジは当時のビッグ・バンド・ジャズでは、原曲からするとけっこう洗練されていて、また当時のビッグバンドらしくゴージャスな感じもあって、そこにソロが挟み込まれているメロディアスな雰囲気です。もっとドロドロしてもいいのかな、とは思いますが、これもまた当時のジャズ。ビッグ・バンドなのでビル・エヴァンス度は高くないですけど、それでもソロをとる場面が何か所かあります。彼だけではなくて、いろいろな有名無名のミュージシャンのソロのクレジットも小さい字ですけれど曲ごとに書かれてあって、それを見ながらソロを聴くのも楽しい。国内初CD化です。(11年9月21日発売)
Live At The Half Note/Lee Lonitz(As)(Verve) - Recorded February 24 and Possibly March 3, 1959. Warne Marsh(Ts), Bill Evans Jimmy Garison(B), Paul Motian(Ds) - 1. Palo Alto 2. how About You? 3. My Melancholy Baby 4. Scrapple From The Apple 5. You Stepped Out Of A Dream 6. 317 E 32nd 7. April 8. It's You Or No One 9. Just Friends 10. Just Friends 11. Baby, Baby All the Time 12. Subconscious-Lee

2枚組CDで出ましたが、ライヴ演奏なので、もう少し音が良ければ、という欲求もあります。リズムが奥にひっこんでしまっているので。ただ、ピアノソロは十分前に出てくるので、そんなに不満はありません。個人的には、リー・コニッツとウォーン・マーシュの2管の音は、ちょっと好みと違うかも。

Kind Of Blue/Miles Davis(Tp)(Sony) - Recorded March 2 and April 22, 1959. Julian Cannonball Adderley(As), John Coltrane(Ts), Bill Evans(P), Wynton Kelly(P), Paul Chambers Jimmy Cobb(Ds) - 1. So What 2. Freddie Freeloader 3. Blue In Green 4. All Blues 5. Flamenco Sketches

1、3−5曲目に参加。誰もが知っている歴史的名盤です。このときすでにビル・エヴァンスはマイルス・バンドを退団していたのですが、この録音のために呼び出されたそうです。理論的なことはともかく、このアルバムは、ビル・エヴァンスの参加なしでは平凡に終わっていたのではないかと..。

The Ivory Hunters/Bill Evans(P)/Bob Brookmeyer(P)(Liberty) - Recorded March 12, 1959. Percy Heath(B), Connie Kay(Ds) - 1. Honeysuckle Rose 2. As Time Goes By 3. The Way You Look Tonight 4. It Could Happen To You 5. The Man I Love 6. I Got Rhythm

ビル・エヴァンスのボブ・ブルックマイヤーとのピアノ2台による共演盤。彼はバルブ・トロンボーンのミュージシャンでは、と思ったのですが、ここでは全部ビアノで勝負しています。2人の違いがおもしろい。ライナーではビル・エヴァンス3枚目のリーダー作、となっていますが、共演盤にします。

The Colombia Years, 1955-1985/Miles Davis(Tp)(Sony) - Recorded April 22, 1959. (Recorded 1955-1985) (Disc 3の1曲目)Julian Cannonball Adderley(As), John Coltrane(Ts), Bill Evans(P), Paul Chambers Jimmy Cobb(Ds) - (Disc 1) 1. Generique 2. All Blues 3. Eighty-One 4. Blues For Pablo 5. Summertime 6. Straight, No Chaser 7. Footprints 8. Florence Sur Les Champs Elysees 9. I Thought About You 10. Someday My Pricnce Will Come (Disc 2) 1. Bye Bye Blackbird 2. My Funny Valentine 3. Love For Sale 4. Budo 5. Milestones 6. Filles De Kilimanjaro 7. Fran-Dance (Put Your Little Foot Right Out) 8. Seven Steps To Heaven (Disc 3) 1. Flamenco Sketches 2. So What 3. Water Babies 4. Saeta 5. Masqalero 6. Pinocchio 7. Summer Night 8. Fall 9. It's About That Time (Disc 4) 1. Sivad 2. What It Is 3. Mr. Morrisine 4. Shout 5. Honky Tonk 6. Star On Cicely 7. Thinkin' One Thing And Doin' Another 8. Miles Runs The Voodoo Down

マイルス・デイヴィスのベスト盤4枚組。1枚目の2、6曲目、2枚目の3、5、7曲目、3枚目の1曲目に参加。(ただしクレジットがちょっと変なので、違うかも。)3枚目の一曲目が、「カインド・オブ・ブルー」の別テイクというところに注目です。他に「ピノキオ」など何曲か別テイクが入っています。

Lee Konitz(As) With Jimmy Giuffre(Bs, Arr)(Verve) - (Lee Konitz With Jimmy Giuffre のアルバムについての録音日とミュージシャン) Recorded May 1959. Hal McKusick(As), Ted Brown(Ts), Warne Marsh(Ts), Bill Evans(P), Buddy Clark(B), Ronnie Free(Ds) - (Disc 1)(An Image) 1. 'Round Midnight 2. The Daffodil's Smile 3. I Got It Bad (And That Ain't Good) 4-6. Music For Alto Saxophone And Strings 7. What's New 8. Blues For Our Children 9. An Image Of Man (Ralph Burns - Free Forms) 10. Terrisita 11. Lillith 12. Vignette At Verney's 13. Cameo 14. Places, Please 15. Tantallon 16. Spring Is 17. Someday, Somewhere (Lee Konitz With Jimmy Giuffre) 18. Darn That Dream (Disc 2) 1. Palo Alto 2. When Your Lover Has Gone 3. Cork'n' Bib 4. Somp'm Outa' Nothin' 5. Someone To Watch Over Me 6. Uncharted 7. Moonlight In Vermont 8. The Song Is You (Jimmy Giuffre - Piece For Clarinet And String  Orchestra/Mobiles) 9-13. Piece For Clarinet And String   Orchestra 14-19. Mobiles

なんと4枚のLPが2枚のCDになっているアルバム。ビル・エヴァンスは「リー・コニッツ・ミーツ・ジミー・ジュフリー」(1枚目18曲目ー1枚目8曲目に参加)リーダーも別々な4枚のアルバムをまとめてしまうのもどうかと思いますが、めったに出ないものも聴けるので、少し感謝しています。

Chet Baker(Tp) Plays The Best Of Lerner And Loewe(Riverside) - Recorded July 21, 1959 (July 22, 1959). Herbie Mann(Fl, Ts), Zoot Sims(As, Ts), Pepper Adams(Bs), Bill Evans(P), Bob Corwin(P), Earl May(B), Clifford Jarvis(Ds) - 1. I've Grown Accutomed To Her Face 2. I Could Have Danced All Night 3. The Heater On The Hill 4. On The Street Where You Live 5. Almost Like Being In Love 6. Thank Heaven For Little Girls 7. I Talk To The Trees 8. Show Me

2、6−8曲目に参加。ラーナー&ロウのコンビは、ミュージカル作品の作詞家&作曲家だそうですが、その作品集。チェット・ベイカーのもともとのウエスト・コースト色があるというか、ハード・バップ色が薄いのも特色。これも、BGMにはいいかもしれない。

Sung Heroes/Tony Scott(Cl, P, G, Bs)(Sunnyside) - Recorded October 28-29, 1959. BIll Evans(P), Scott Lafaro(B), Paul Motian(Ds) - 1. Misery (To Lady Day) 2. Portrait Of Anne Frank 3. Remembrance Of Art Tatum 4. Requiem For "Hot Lips" Page 5. Blues For An African Friend 6. For Stefan Wolpe 7. Israel 8. Memory Of My Father 9. Lament To Manolete

最強のビル・エヴァンス・トリオのメンバーが集まっての初録音だそうです。それにしても、トニー・スコットのCDは、ビル・エヴァンスの参加作品が多い割にはなかなか出ないのが残念。空間を生かしたというか、実験的な曲もありますが、思ったほどにはスコット・ラファロが前面に出てきません。

You And Lee/Lee Konitz(As)(Verve) - Recorded October 29, 1959 (October 30, 1959) Ernie Royal(Tp), Marky Markowitz(Tp), Phil Sankel(Tp), Eddie Bart(Tb), Bill Byers(Tb), Bill Evans(P), Sonny Dallas(B), Roy Haynes(Ds), Jimmy Giuffre(Arr), Jim Hall(G) - 1. Ev'rything I've Got (Belongs To You) 2. You Don't Know What Love 3. You're Driving Me Crazy 4. I Did't Know About You 5. You're Clear Out Of This World 6. The More I See You 7. You Are Too Beautiful 8. I'm Getting Sentimental Over You

1−2、4、8曲目に参加。他の曲はジム・ホール(G)が代わりに参加。ジミー・ジュフリーのアレンジで、しかもホーンの人数が多いので、ビッグバンド編成とまではいきませんが、けっこう聴きごたえのあるサウンドに仕上がっています。

The Soft Land Of Make Believe(Frank Minion In Bethlehem)/Frank Minion(Vo)(Bethlehem) - (10−12曲目)Recorded January 1960. Bill Evans(P), Paul Chambers(B), Jimmy Cob(Ds), (1−9曲目)Tommy Flanagan(P), Roland Alexander(Ts, Fl), George Tucker(B), Danny Richmond(Ds) - 1. Introduction To Black Opium Street/The Soft Land Of Make Believe 2. Knowbody Knows 3. Autobiography Of a Musician 4. Bongo Blues 5. Oddsville, U.S.A. 6. Things Ain't Like They Used To Went 7. Salaam My Child 8. Laughing Boy 9. Later 10. Framenco Sketches 11. Round Midnight 12. So What 13. Watermelon 14. You I Love    -The Forward Sound- 15. Take The "A" Train 16. But Not For Me 17. I've Done My Share 18. Night In Tunigia 19. Night And Day 20. Doodlin' 21. Who Stole The Mambo 22. Lady Bird 23. Holy Mackerel

10−12曲目がビル・エヴァンス、ポール・チェンバース、ジミー・コブのトリオ参加ですが、曲が「フラメンコ・スケッチ」「ラウンド・ミッドナイト」「ソー・ホワット」(しかもヴォーカル入り)とおもしろい内容。9曲目までも組曲のような感じになっています。15曲目以降別アルバムのカップリング。

The Soul Of Percussion/Booker Little(Tp)/Donald Byrd(Tp)(Warwick) - Recorded Spring 1960. Curtis Fuller(Tb), Philly Joe Jones(Ds), Paul Chambers(B), Pepper Adams(Bs), Bill Evans(P), Mal Waldron(P), Ed Shaughnessy(Ds), Armando Peraza(Per), Marcus Belgrave(Tp), Addison Farmer(B), Don Ellis(Tp), Willie Rodriguez(Per), Earl Zindars(Per) - 1. Ping Pong Beer 2. Prophecy 3. Quiet Temple 4. Wee Tina 5. Chasing The Bird 6. Call To Arms 7. November Afternoon 8. Witch Fire 9. Construction Crew

1−3曲目に参加。ワーウィック・レーベルという超マイナーレーベルですが、CDで出たことがあるんですよね。ドラム・プラス・パーカッションという編成の初期の頃ではないかと思います。パーカッションは、今とサウンド・イメージが違います。曲も通常とは一味もふた味も違ったものが多いです。

Jazz In The Sapce Age/George Russell(Arr, Dir) And His Orchestra(Decca) - Recorded May and August 1, 1960. Emie Royal(Tp), Alan Kieger(Tp), Frank Rehak(Tb), Dave Baker(Tb), Jimmiy Buffington(Flh), Walt Levinsky(As), David young(Ts), Sol Schlinger(Bs), Bill Evans(P), Paul Bley(P), Barry Galbraith(G), Howard Collins(G), Milt Hinton(B), Don Lamond(Ds), Marky Markowitz(Tp), Bob Brookmeyer(V-tb), Hal McKusick(As), Charlie Persip(Ds) - 1. Chromatic Universe - Part 1   2. Dimentions 3. Chromatic Universe - Part 2   4. The Lydiot 5. Waltz From Outer Space 6. Chromatic Universe - Part 3

ビル・エヴァンスとポール・ブレイの共演が何曲かで聴けることと、ジョージ・ラッセルの曲、アレンジにのってあちこちでピアノ・ソロが聴ける点で、メンバーの豪華さも手伝って、お買い得のアルバム。ただし、曲、アレンジともに当時としてはけっこう斬新な感じなので、好みが分かれるかも。

The Great J & K/J.J. Johnson(Tb) & Kai Winding(Tb)(Impulse) - Recorded October 3, November 2, 4 and 8, 1960. Bill Evans(P), Paul Chambers(B), Tommy Williams(B), Roy Haynes(Ds), Arthur Taylor(Ds) - 1. This Could Be The Start Of Something 2. Georgia On My Mind 3. Blue Monk 4. Judy 5. Alone Together 6. Side By Side 7. I Concentrate On You 8. Theme From Picnic 9. Trixie 10. Going, Going, Gong! 11. Just For A Thrill

トロンボーン2管による演奏。ハードバップというより、メロディアスなイージーリスニング的トロンボーンのハーモニーといった感じです。もっとも当時は彼らの右に出るものはいなかったと思うので、演奏には余裕が感じられます。 BGMにいいかも。

The Incredible Kai Winding Trombones/Kai Winding(Tb)(Impulse) - Recorded November 17, 21, 23 and December 13, 1960. Johnny Messner(Tb), Tony Studd(Btb), Paul Faulise(Btb), Ross Tompkins(P), Bob Cranshaw(B), Al Beldini(Ds), Jimmy Knepper(Tb), Dick Llieb(Btb), Bill Evans(P), Ron Carter(B), Sticks Evans(Ds), Ephie Resnick(Tb) - 1. Speak Low 2. Lil Darlin' 3. Doodlin' 4. Love Walked In 5. Mangos 6. Impulse 7. Black Coffee 8. Bye, Bye, Blackbird 9. Michie (Slow) 10. Michie (Fast)

7−9曲目に参加。トロンボーン2本とバス・トロンボーン2本でアンサンブルを十分聴かせてくれます。路線は、「サ・グレートJ&K」路線の明るいジャズといった感じです。ハードな路線とは対極ですが、けっこう聴きやすい。(98年6月3日発売)

Jazz Abstractions/John Lewis(P)(Atlantic) - Recorded December 20, 1960. Ornette Coleman(As), Jim Hall(G), Scott Lafaro(B), Alvin Brehm(B), Sticks Evans(Ds), Eric Dolphy(Fl, Bcl, As), Robert Didomenica(Fl),  Eddie Costa(Vib), Bill Evans(P), George Duvivier(B), The Contemporary String Quartet - 1. Abstruction 2. Piece For Guitar & Strings 3. Variants On A Theme Of John Lewis 4. Variants On A Theme Of Thelonious Monk

3、4曲目に参加。曲によって入れ替わりはありますが、オーネット・コールマン、エリック・ドルフィー、スコット・ラファロなど、すごい顔ぶれと、ガンサー・シュラーも作曲に入って、サード・ストリーム・ミュージックやフリー・ジャズの走りのような演奏も一部にあり、独特な輝きを見せるアルバム。

Know What I Mean?/Cannonball Adderley(As)(Riverside) - Recorded January 27, February 21 and March 13, 1961. BIll Evans(P), Percy Heath(B), Conny Kay(Ds) - 1. Waltz For Debby 2. Goodbye 3. Who Cares? 4. Venice 5. Toy 6. Elsa 7. Nancy 8. Know What I Mean?

出だしのビル・エヴァンスのピアノからして、性格的には、ビル・エヴァンス・トリオ・プラス・キャノンボール・アダレイのアルバムとしてもおかしくないアルバム。MJQのリズムなので、ピアノとホーンを中心に、十分楽しめます。おすすめ盤。

The Blues And The Abstract Truth/Oliver Nelson(As, Ts, Arr)(Impulse) - Recorded February 23, 1961. Eric Dolphy(As, Fl), Freddie Hubbard(Tp), George Barrow(Bs), Bill Evans(P), Paul Chambers(B), Roy Haynes(Ds) - 1. Stolen Moments 2. Hoe-Down 3. Cascades 4. Yearnin' 5. Butch  And Butch 6. Teenie's Blues

ブルースをベースにしたオリジナル曲のアルバムですが、参加メンバーがまず、すごい。エリック・ドルフィーなど、個性的なミュージシャンも多く、出てくるサウンドも、当時としては比較的新しいのではないかとおもいます。ホーンアレンジも良く、聴いてみるは価値あります。

Rah/Mark Murphy(Vo)(Riverside) - Recorded September and October 1961. Ernie Wilkins(Arr, Cond), Clark Terry(Tp), Blue Mitchell(Tp), Joe Wilder(Tp), Bernie Glow(Tp), Ernie Royal(Tp), Jimmy Cleveland(Tb), Urbie Green(Tb), Melba Liston(Tb), Bill Evans(P), Wynton Kelly(P), Barry Galbraith(G), Sam Herman(G), George Duvivier(B), Art Davis(B), Jimmy Cobb(Ds), Ray Barretto(Cga) - 1. Angel Eyes 2. Green Dolphin Street 3. Stoppin' The Clock 4. Spring Can Really Hang You Up The Most 5. No tears For Me 6. Out Of this World 7. Milestones 8. My Favorite Things 9. My Favorite Things 10. Doodlin' 11. L'il Darlin' 12. Twisted 13. I'll Be Seeing You

6、8−9曲目に参加。豪華メンバーをブラスセクションとして豪華に使い、しかも有名な曲ばかりを演奏しているので、お買い得度は高いかもしれません。ただし、ビル・エヴァンスはバッキングでなるほどなあ、と思わせる部分はありますが。あまり目だっていません。

Pike's Peak/The Dave Pike(Vib) Quartet(Epic Sony) - Recorded November 1961. Bill Evans(P), Herbie Lewis(B), Walter Perkins(Ds) - 1. Why Not 2. In A Sentimantal Mood 3. Vierd Blues 4. Besame Mucho 5. Wild Is The Wind

これもピアノ・トリオ・プラス・ヴァイブラホンのクァルテットのアルバムとしてもおかしくないかもしれないです。曲も聴きやすいものがそろっています。ただし、デイヴ・パイクも演奏しながらうなり声を上げるので、そこがやや気になる点ですが...。

Nirvana/Herbie Mann(Fl) & The Bill Evans(P) Trio(Atlantic) - Recorded December 8, 1961 and May 5, 1962. Chuck Israels(B), Paul Motian(Ds) - 1. Nilvana 2. Gymnopepedie 3. I Love You 4. Willow Weep For Me 5. Lover Man 6. Cashmere

ハービー・マン作は1、6曲目で、2曲目にエリック・サティの曲、そして他はスタンダード。比較的ゆったりとした曲が多く並んでいて、演奏もゆったりとしています。3、6曲目は軽やかなややアップテンポの4ビートで、メリハリをつけています。かなり地味といえば地味なアルバムだけれども、参加メンバーはかなり興味深いです。ただ、リマスターしてSHM-CDで発売ということですが、生々しくなっているところもあるけれども、音質的にゆがみやひずみが気になるところもあるのも事実。それが今回やっと国内盤初CD化ということになっているのだろうと思います。まあ、あまり音質を気にしない人でかつビル・エヴァンス等のアルバムの追っかけをしている方にはいいかな、と思います。やはり気になる追っかけどころはエヴァンスの方。(08年10月22日発売)

The Magic Touch/Tadd Dameron(Arr, Cond) And His Orchestra(Riverside) - Recorded February 27, March 9 and April 16, 1962. Clark Terry(Tp), Ernie Royal(Tp), Charlie Shavers(Tp), Jimmy Cleveland(Tb), Britt Woodman(Tb), Julius Watkins(Frh), Leo Wright(As, Fl), Herry Dodgion(As, Fl), Jerome Richardson(Ts, Fl), Johnny Griffin(Ts), Tate Houston(Bs), Bill Evans(P), Ron Carter(B), Philly Joe Jones(Ds), Barbara Winfield(Vo), Joe Wilder(Tp), George Duvivier(B) - 1. On A Misty Night 2. Fontainbleau 3. Just Plain Talkin' 4. If You Could See Me Now 5. Our Delight 6. Dial B For Beauty 7. Look, Stop And Listen 8. Bevan's Birthday 9. You're A Joy 10. Swift As The Wind 11. On A Misty Night (Alternate) 12. Just Plain Talkin' (Alternate) 13. Our Delight (Alternate)

全曲タッド・ダメロンの作曲で、彼は’65年に亡くなっているので、彼の集大成的なアルバムと言えるかも しれません。ビッグ・バンドのサウンド・アレンジが心地良い。ヴォーカルの曲も2曲入っていますが、何と言っても 、2月、3月、4月と3つのセッションへのビル・エヴァンスの全面的な参加が、この時期になっては珍しくなっているだけにコレクター心をくすぐります。とは言っても、ビアノがバシバシ入っているかと いうとそうでもないのですけれど。心地良い曲とサウンドにひたれるアルバム。 タッド・ダメロンの曲はメロディアスでスタンダードを聴いているような気分にひたることができます。 どちらかと言うと、ピアノよりは曲全体で楽しみたいようなアルバムです。ボーナストラック(別テイク)も3曲入っています。(00年11月22日発売)

Undercurrent/Bill Evans(P) & Jim Hall(G)(Blue Note) - Recorded April 24 and May 14, 1962. - 1. My Funny Valentine (Alt.) 2. My Funny Valentine 3. I Hear A Rhapsody 4. Dream Gypsy 5. Stairway To The Stars 6. I'm Getting Sentimental Over You 7. Romain 8. Romain (Alt.) 9. Skating In Central Park 10. Darn That Dream

超有名盤をどう紹介してよいのかわかりません。元は別レーベルだったような気がしますが、未発表と別テイクを4曲足して再発売、特に別テイクの「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」が個人的に気に入っています。何回も聴き返しました。おすすめ。

The Gary McFarland(Vib, Arr, Cond) Orchestra Featuring Special Guest Soloist: Bill Evans(P)(Verve) - Recorded January 24, 1963. Jim Hall(G), Phil Woods(Cl), Spencer Sinatra(As, Fl), Richard Davis(B), Ed Shaughnessy(Ds), Julian Barbar(Viola), Alla Goldberg(Viola), Aaron Juvelier(Cello), Joseph Tekula(Cello) - 1. Reflections In The Park 2. Night Images 3. Tree Patterns 4. Peachtree 5. Misplaced Cowpoke 6. A Moment Alone

全曲ゲイリー・マクファーランドのオリジナルで、11人の変則編成のオーケストラ。この頃になってくるとビル・エヴァンスの客演も珍しくなってきます。1曲目はワルツでジャジーな感じとオーケストレーションがうまく合わさったファジーな感じのする曲。タイトルどおり静かな夜の雰囲気を表わすヴァイブとピアノのやり取りから、オーケストレーションも少し加わり映画音楽のように展開する2曲目、軽い浮遊感をともなうテーマの部分とちょっと軽めで自在なピアノとの対比が面白い3曲目、どことなくホンワカした感じのサウンドで全体を綴っていく、ほんのりとした明るさの4曲目、ちょっとミステリアスなサウンドを持っていて、綾織り的にそのソロやハーモニーが絡みあう10分台の5曲目、哀愁を帯びた緩から通常に戻る6曲目。(04年11月3日発売)

Stan Getz(Ts)/Bill Evans(P) - Recorded May 5-6, 1964. Ron Carter(B), Richard Davis(B), Elvin Jones(Ds) - 1. Night And Day 2. But Beautiful 3. Funkallero 4. My Heart Stood Still 5. Melinda 6. Grandfather's Waltz 7. Carpetbagger's Theme 8. When Theme Song 9. My heart Stood Still (Alt.) 10.  Grandfather's Waltz (Alt.) 11. Night And Day (Alt.)

スタン・ゲッツとビル・エヴァンスのコンビで、しかもワン・ホーン・クァルテットという編成なら、迷わずに聴く価値はあると思います。ここでは、未発表や別テイクが7曲目以降5曲もあるので、それもプラスポイント。どちらのファンが買う人が多いのでしょうか。

Waltz For Debby/Monika Zetterlund(Vo)/Bill Evans(P)(Philips) - Recorded August 23, 1964. Chuck Israel(B), Larry Bunker(Ds) - 1. Come Rain Or Come Shine 2. Jag Vet En Dejlig Rosa 3. Once Upon A Summertime 4. So Long Big Time 5. Monicas Vals 6. Lucky To Be Me 7. Vindarna Sucka 8. It Could Happen To You 9. Some Other Time 10. Om Natten

ビル・エヴァンス・トリオが関わったヴォーカルアルバムでは、個人的にイチ押しの作品。なぜか。ピアノトリオとヴォーカルという組み合わせで、ピアノが堪能できて、非常に印象的なフレーズがいくつも出てくること。モニカ・セッテルンドの歌にヨーロッパの香りが漂ってくること。いいですよ。

Intermodulation/Bill Evans(P)/Jim Hall(G)(Verve) - Recorded April 7 and May 10, 1966. - 1. I've Got You Under My Skin 2. My Man's Gone Now 3. Turn Out the Stars 4. Angel Face 5. Jazz Samba 6. All Across The City

2人のデュオ・アルバムは、「アンダー・カレント」の方が評判はいいみたいですが、こちらもなかなか良いと思うのですが。陽気な曲も1曲目と5曲目にあって、うーん、なかなかと思います。ギターとピアノという組み合わせは、難しいようですがなかなか渋いです。

Living Time/Bill Evans(P)/George Russell(Comp, Arr)(Sony) - Recorded May 1972. Eddie Gomez(B), Marty Morell(Ds), Snooky Young(Tp, Flh), Ernie Royal(Tp, Flh), Richard Williams(Tp, Flh), Stanton Davis(Tp), Howard Johnson(Flh, Tuba, Bcl), Dave Bargeon(Tb, Tuba), Dave Baker(Tb), Garnett Brown(Tb), John Clark(French Horn), Jimmy Giuffre(Ts, Fl, Cl), Sam Rivers(Ts, Fl, Oboe), Joe Henderson(Ts), Ron Carter(B), Stanley Clerk(B), Herb Bushler(B), Sam Brown(G, B), Ted Saunders(P), Webster Lewis(Org, P), Tony Willams(Ds), Mark Belair(Per) -1. Living Time - Event 1   2. Event 2    3. Event 3   4. Event 4   5. Event 5   6. Event 6   7. Event 7   8. Event 8   9. Event 9

久しぶりのジョージ・ラッセルとのコンビです。大編成で、しかもメンバー(交代で出てます)がすごいです。時代が時代なので、エレキ・ピアノも出てきますが、やはり難しい音楽(ジャズと言っていいのかどうか)の部分があるという印象。ピアノ・ソロの部分も当然ありますが。

The Tony Bennett(Vo)/Bill Evans(P) Album(Fantasy) - Recorded June 10-13, 1975. - 1. My Foolish Heart 2. The Touch Of Your Lips 3. Some Other Time 4. When In Rome 5. We'll Be Together Again 6. Young And Foolish 7. Waltz For Debby 8. But Beautiful 9. Days Of Wine And Roses

ありそうでなさそうな、ビル・エヴァンスのピアノのみの伴奏によるヴォーカル・アルバム。基本的に男性ヴォーカルはあまり興味が無いのですが、大部分、ビル・エヴァンスおなじみの曲でピアノのみということもあり、十分に堪能できることは確かです。

The Complete Recordings/Bennett(Vo)/Bill Evans(P)(Fantasy) - [CD1] The Tony Bennett/Bill Evans Album: Recorded June 10-13, 1975. - 1. My Foolish Heart 2. The Touch Of Your Lips 3. Some Other Time 4. When In Rome 5. We'll Be Together Again 6. Young And Foolish 7. Waltz For Debby 8. But Beautiful 9. Days Of Wine And Roses   Together Again/Tony Bennett & Bill Evans: September 27-30, 1976 - 10. The Bad And The beautiful 11. Lucky To Be Me 12. Make Someone Happy 13. You're Nearer 14. A Child Is Born 15. The Two Lonely People 16. You Don't Know What Love Is 17. Maybe September 18. Lonely Girl 19. You Must Believe In Spring   Together Again: [Bonus Track]: 20. Who Can I Turn To? 21. Dream Dancing   [CD2](Alternate Takes)The Tony Bennett/Bill Evans Album: 1. Young And Foolish 2. The Touch Of Your Lips 3. Some Other Time 4. When In Rome 5. Waltz For Debby   Together Again: 6. The Bad And The beautiful 7. The Bad And The beautiful 8. Make Someone Happy 9. You're Nearer 10. A Child Is Born 11. A Child Is Born 12. The Two Lonely People 13. You Don't Know What Love Is 14. You Don't Know What Love Is 15. Maybe September 16. Maybe September 17. Lonely Girl 19. You Must Believe In Spring 20. Who Can I Turn To?

CD2枚組。元のアルバムは「トニー・ベネット&ビル・エヴァンス」(’75年)と「トゥゲザー・アゲイン」(’76年)で、それにボーナス・トラックを加えてCD1枚目に、そして両者のセッションの別テイクをCD2枚目に丸々加えて、別テイクの分量がかなり多い、コンプリート・レコーディングとなりました。別テイクとは言っても、失敗したとかそういうことではなく、これが表に出るテイクでもおかしくないものばかり、やや、ピアノの歌伴が、歌いにくそうに弾いているものも見受けられましたけど、世間ではそう珍しくはないことで、やはりビル・エヴァンスの歌伴はかなりいいなあ、ということを改めて思い知らされました。別テイクだけ別のCDに入っているので、オリジナルの演奏を求めて1枚だけ聴く方法もあり、親切だし、お買い得感も強いです。(09年4月22日発売)

Together Again And More/Tony Bennett(Vo) & Bill Evans(P)(Drg Recording) - September 27-30, 1976 (1977) - 1. The Bad And The beautiful 2. Lucky To Be Me 3. Make Someone Happy 4. You're Nearer 5. A Child Is Born 6. The Two Lonely People 7. You Don't Know What Love Is 8. Maybe September 9. Lonely Girl 10. You Must Believe In Spring 11. One 12. This Funny World 13. Lost In The Stars 14. As Time Goes By 15. I Used To Be Color Blind 16. Mr. Magic

1−10曲目がトニー・ベネットとビル・エヴァンスのデュオです。めったに無いことが2度起こってしまいました。11曲目以降はトリー・ジトー指揮のオーケストラ作品(元は別アルバム)で、ビル・エヴァンスの参加無しです。なぜこういうカップリングをしたのかは分かりません。

Marian McPartland's(P) Piano Jazz Interview(Fantasy) - Recorded November 6, 1978. Bill Evans(P) - 1. Opening Announcement: Kaleidoscope 2. Conversation 1: Waltz For Debby/All Of You 3. Conversation 2   4. Chat 1: In Your Own Sweet Way 5. Conversation 3: The Touch Of Your Lips 6. Coversation 4: Reflections In D 7. Conversation 5   8. Conversation 6: Days Of Wine And Roses 9.This Is All i Ask/While We're Young/I Love You

何と放送用のインタヴューに演奏を交えたものまでアルバム化してしまうところにビル・エヴァンスの人気がうかがえます。質問に答えながら、あるいは説明しながらピアノで曲を弾いて見せるので、いくつかの疑問点は解決されました。聴くためのアルバムかというと、ちょっと?ですが。

 

このホームページに記載されている内容の無断引用・無断転載・編集等禁じます。©1997 Kazuyuki Kudo

トップページに戻る