トニー・ウィリアムス(Tony Williams)

トップページ > トニー・ウィリアムス

コンプリートなディスコグラフィーでないことをご了承下さい。
ジャズCDの個人ページ」by K. Kudo

 

私の世代(’60年代前半生まれ)だと、ロックの洗礼を受けてしまっているため、いわゆる普通のジャズのドラミングについては地味な印象を受けてしまうことがあります。そういうわけで、トニー・ウ ィリアムスのはっきりしたドラミング、特にバスドラのドスドスという音はロックの録音に近く、非常にインパクトがありました。フレーズも他のドラマーとは一線を画しています。ジャズファンからすれば少々うるさいと感じられるかもしれませんが...。(1945年12月12日−1997年2月23日)

(注)マイルス・バンドの黄金のクインテット時代は未掲載です。
Seven Steps To Heaven/Miles Davis(Sony) '63
Miles Davis In Europe/Miles Davis(Sony)'63
My Funny Valentine/Miles Davis(Sony)'64
Four & More/Miles Davis(Sony)'64
Miles In Tokyo/Miles Davis(Sony)'64
Miles In Berlin/Miles Davis(Sony)'64
E.S.P./Miles Davis(Sony)'65
Miles Davis At Plugged Nickel/Miles Davis(Sony)'65
Miles Smiles/Miles Davis(Sony)'66
Sorcerer/Miles Davis(Sony)'67
Nefertiti/Miles Davis(Sony)'67
Water Babies/Miles Davis(Sony)'67

 

最終更新日:2017/10/23

リーダー・アルバム

Life Time/Anthony Williams(Ds)(Blue Note) - Recorded August 21 and 24, 1964. Sam Rivers(Ts), Gary Peacock(B), Richard Davis(B), Bobby Hutcherson(Vib), Herbie Hancock(P), Ron Carter(B) - 1. Two Pieces Of One: Red 2. Two Pieces Of One: Green 3. Tomorrow Afternoon 4. Memory 5. Barb's Song To The Wizard

フリー寄りの演奏が聴けます。みんながフリーに走った時期もあったわけで、これはこれで面白いのではないかと思うのですが。ゲイリー・ピーコックは1−3曲目に参加で、1、2曲目は、リチャード・デイヴィスとの2人ベース。2人でベースでアルコ奏法をしている部分が印象的。弾かない部分も多いです。ハービー・ハンコックは4−5曲目に参加。5曲目はトニー・ウ ィリアムスは曲のみ提供で演奏に不参加。センスが光ります。

Spring/Anthony Williams(Ds)(Blue Note) - Recorded August 12, 1965. Wayne Shorter(Ts), Sam Rivers(Ts), Herbie Hancock(P), Gary Peacock(G) - 1. Extras 2. Echo 3. From Before 4. Love Song 5. Tee

トニー・ウィリアムスは、マイルス・バンドではフリー・ブローイング・セッションとなりながらも、ぎりぎりフリージャズまでは行かなかったけれど、自らのリーダー作では、その一線を飛び越えてしまいました。でも、メンバーは素晴らしいので、この方面がいやでなければ、面白いかも しれません。

Emergency!/The Tony Williams(Ds, Vo) Lifetime(Polydor) - Recorded May 26 and 28, 1969. John McLaughlin(G), Larry Young(Org) - 1. Emergency 2. Beyond Games 3. Where 4. Vashkar 5. Via The Spectrum Road 6. Spectrum 7. Sangria For Three 8. Something Special

当時の感覚からすれば、これはロックだ、と言ってもおかしくないアルバム。と言っても個々のメンバーのインプロヴィゼーションは、当然ながらかなりのものです。時代の最先端を行っていた?ただし全体的にうるさいのと音が良くないので、ジャズ寄りの観点から聴くときはちょっと覚悟が必要かもしれない。

Turn It Over/The Tony Williams(Ds, Vo) Lifetime(Polydor) - Recorded 1970. John McLaughlin(G, Vo), Khalid Yasin(Larry Young)(Org), Jack Bruce(B, Vo) - 1. To Whom It May Concern -Them 2. To Whom It May Concern -Us 3. This Night This Song 4. Big Nick 5. Right On 6. Once I Loved 7. Vuelta Abajo 8. A Famous Blues 9. Allah Be Praised 10. One Word

元クリームのジャック・ブルースも参加して、ジョン・マクラフリンもところによりギターに思いっきりディストローションをかけ、ロックのサウンドになってしまいました。インプロヴィゼーション度は前作よりだいぶ低いかも。6曲目にアントニオ・カルロス・ジョビンの曲もありますが、スゴいアレンジ。

Ego/The Tony Williams(Ds, Vo) Lifetime(Polydor) - Recorded February and March, 1971. Ron Carter(B), Khalid Yasin(Larry Young)(Org), Ted Dumbar(G), Don Alias(Per), Warren Smith(Per), Jack Bruce(Vo) - 1. Clap City 2. There Comes A Time 3. Piskow's Filigree 4. Circa 45   5. Two Worlds 6. Some Hip Drum Shit 7. Lonesome Wells (Gwendy Trio) 8. Mom And Dad 9. The Urchins Of Shermese

グループ3枚目の録音で、全曲トニー・ウィリアムスの作曲ないしは合作。曲によっては打楽器のパワーがとにかくスゴい。1曲目でドラムスとパーカッションの小品のパッセージの後に、ギター・ソロやヴォーカルも入っているR&Bというかロックっぽいちょっとチープな2曲目、やはりドラムスとパーカッションで攻めている3曲目、ロン・カーターも入っているせいかややおとなしめのゆったりしてほの暗いサウンドの4曲目、ジャック・ブルースのヴォーカルがフィーチャーされるパーカッシヴながらちょっと気だるい曲の5曲目、打楽器のみでハイスピードで押しまくる6曲目、ヴォーカル入りでブリティッシュ・ロック的な7曲目、ワルツでちょっと浮遊しているロックに近い感じの8曲目、ロックに近い変幻自在の壮大さのある9曲目。(05年2月2日発売)

The Old Bum's Rush/The Tony Williams(Ds, Vo) Lifetime(Polydor) - Recorded 1972. Tequila(G, Vo, Per), Webster Lewis(Org), David Horowitz(P, Vib, Synth), Herb Bushler(B), Tillmon Williams(Ts) - 1. You make It Easy 2. What It's About (Love And Me) 3. What'cha Gonna Do Today 4. Mystic Knights Of The Sea 5. Changing Man 6. The Boodang 7. The Old Bum's Rush

グループ4枚目でトニー・ウィリアムス作か合作。何とベン・シドランのプロデュース。そのせいかポップス色が増しています。その時代のアナログ・シンセサイザーの音も時々。女声ヴォーカルもなかなか。当時で言うところのクロスオーヴァーサウンドにのせたメロディアスでポップな雰囲気の曲の1曲目、スピード感のあるリズミカルな曲で、ヴォーカルがけっこうカッコ良い2曲目、かなりポップス色の強い、シングルカットができそうなメロディの3曲目、インストルメンタルで、まるでプログレッシヴロックとジャズロックの合間を行くようなサウンドの4曲目、これぞジャズロックといった感じのヴォーカル曲の5曲目、ミディアムでドラムスの強力なプッシュの懐かし系統の6曲目、この曲のみオルガンを中心とした4ビートの7曲目。(05年2月2日発売)

Believe It/The New Tony Williams(Ds) Lifetime(Columbia)(輸入盤) - Released 1975. Allan Holdsworth(G), Alan Pasqua(P, Cl), Tony Newton(B) - 1. Snake Oil 2. Fred 3. Proto-Cosmos 4. Red Alert 5. Wildlife 6. Mr. Spock 7. Celebration 8. Letsby

(05/07/13)7−8曲目はボーナス・トラック。まるっきりロックのアルバムと言ってもいいくらいのサウンド。アラン・ホールズワース作が3曲(2、6、8曲目)あり、トニー・ウィリアムス作は5曲目のみ。ギター度、ドラムス度はけっこう高し。重たいビートにノリながらテーマのフレーズを繰り返すような感じでギター・ソロもある1曲目、速いビートにノリつつゆったりとメロディが舞うテーマの2曲目、ギターの彼らしさが全開になっているアップテンポの3曲目、また重いロックノリでせまってくる4曲目、ロックながらやや大らかな感じで後半は盛り上がる感じの5曲目、リズムがウネッてクロスオーヴァーっぽい展開になり、ドラムスも活躍する6曲目、ちょっと大味ながらもちゃんとロックしている7曲目、やはり重いクロスオーヴァー系になる8曲目。

Million Dollar Legs/The New Tony Williams(Ds) Life Time(Sony) - Recorded June 1976. Alan Holdsworth(G), Tony Newton(B, Vo), Alan Pasqua(Key) - 1. Sweet Revenge 2. You Did It To Me 3. Million Dollar Legs 4. Joy Filled Summer 5. Lady Jade 6. What You Do To Me 7. Inspirations Of Love

完全にロックアルバムか。トニー・ウィリアムス作は3曲(1、3、6曲目)で、他の曲もメンバーの作曲。アラン・ホールズワースが参加しています。ギターが前面でフレーズを弾きまくっているという感じではないですが、 効果的にハードなギターが入ります。ヘヴィーなリズムにのってまるでハードロックかと思いきや、ファンクのリズムもある1曲目、そのままイケイケでヴォーカルの曲に突入する2曲目、メロディアスかつドラマチックな展開でヘヴィーからちょっと軽い場面もあるタイトル曲の3曲目、やはり明るいノリの良いファンクで楽しませる4曲目、唯一中盤で情念のような盛り上がるバラードの5曲目、ファンクリズムの上をギターやキーボードがソロを交代でとる6曲目、激しいロックのリズムや静かな場面とドラマチックに進む7曲目。

Live At The Village Gate/The New Tony Williams(Ds) Lifetime(Hi Hat) (輸入盤) - Recorded September 22, 1976. Allan Holdsworth(G), Tony Newton(B), Alan Pasqua(Key) - 1. Intoro By Les Davis 2. Mr. Spock 3. Proto-Cosmos 4. Fred 5. Wildlife 6. Red Alert

(17/09/15)30分ほど収録のライヴ。元はブート音源だったのか、音質が極めて悪く、ロック的な音を出すグループのため、さらに歪んでいて、人によっては鑑賞はどうかなあ、と思えるレベル。ただし、アラン・ホールズワースのファンであれば、その混沌から浮かび出てくる彼特有の、そしてハイスピードのギターフレーズには歓喜できるんではないかなあ、とも思います。曲は「Believe It」からの曲が並んでいます。ライフタイムとしては第2期にあたるのですが、こういうメンバーで音源を残してくれていること自体、うれしい派なんですが、さすがにこの音質と、収録時間の短さは何とかならないものかと思ってしまいます。当時のジャズ方面からアプローチした完全ロックアルバムではあるんですけど。あくまでもファン向けのアルバム。
The Joy Of Flying/Tony Williams(Ds)(Sony) - Recorded July-September 1978. Paul Jackson(B on 2, 7), Jan Hammer(Key, Synth on 1-2, 6-7), George Benson(G on 2, 7), Ralph MacDonald(Per on 2), Michael Brecker(Ts on 2), David Sanborn(As on 2), Ronnie Cuber(Bs on 2), Barry Rogers(Tb on 2), Randy Brecker(Tp on 2), Jon Faddis(Tp on 2), Stanley Clarke(B on 3, 5), Herbie Hancock(Key, Synth on 3, 5), Tom Scott(Lyricon on 3, 5), Mario Cipollina(B on 4), Ronnie Montrose(G on 4), Brian Auger(Org, Synth on 4), Cecil Taylor(P on 8) - 1. Going Far 2. Hip Skip 3. Hittin' On 6    4. Open Fire 5. Tony 6. Eris 7. Coming Back Home 8. Mogan's Motion

曲によってメンバーが替わり、ヤン・ハマーとの多重録音によるロックビートのデュオ作品(1、7曲目)があったり、ホーンセクションを従えた大編成の、なかなかカッコいいファンクの2曲目もあります。ブレッカー兄弟は2曲目に参加。2曲目にはジョージ・ベンソンやデヴィッド・サンボーンも参加。曲調はさまざまですが、ロック(クロスオーバー)寄りのアルバム。6拍子のファンクで、けっこう元気な3曲目、もろに硬派なロックという感じのメンバーと曲の4曲目、ファンクなんだけど、優しいドラマチックな進行の部分もある5曲目、プログレ的なメロディアスで哀愁のある曲の7曲目、なんとセシル・テイラーとのデュオでシリアスなフリーでせまりくる8曲目。 やはり時代がこういう方向へ向かわせたとか、そういう面はあると思います。

Foreign Intrigue/Tony Williams(Ds)(Blue Note) - Recorded June 18 and 19, 1985. Wallace Roney(Tp), Donald Harrison(As), Bobby Hutcherson(Vib), Mulgrew Miller(P), Ron Carter(B) - 1. Foreign Intrigue 2. My Michele 3. Life Of The Party 4. Takin' My Time 5. Clearways 6. Sister Cheryl 7. Arboretum

うれしい久しぶりのジャズのリーダー・アルバム。ただしジャズと言ってもオーソドックスな4ビート以外の曲もあります。メンバーも大物ばかりで演奏が楽しめます。全曲トニー・ウ ィリアムスのオリジナルで、プレイヤーとしてだけでなく、コンポーザーとしても際立った個性が印象に残ったアルバム。

Civilization/Tony Williams(Ds)(Blue Note) - Recorded November 24-26, 1986. Wallace Roney(Tp), Bill Pierce(Ss, Ts), Mulgrew Miller(P), Charnette Moffett(B) - 1. Geo Rose 2. Warriors 3. Ancient Eyes 4. Soweto Night 5. The Slump 6. Civilization 7. Mutants On The Beach 8. Citadel

彼のバンドのメンバーを率いての録音。全曲彼の作品で、意気込みが感じられます。前作より、もっとジャズ寄りですが、何よりもリズムが新鮮です。やはりここからの自己のバンドの時期が一番良かった時代ではないかと思います。バランス上、ドラムの音がけっこう目立っています。

Angel Street/Tony Williams(Ds)(Blue Note) - Recorded April 4-6, 1988. Wallace Roney(Tp), Bill Pierce(Ss, Ts), Mulgrew Miller(P), Charnette Moffett(B) - 1. Angel Street 2. Touch Me 3. Red Mask 4. Kiss Me 5. Dreamland 6. Only With You 7. Pee Wee 8. Thrill Me 9. Obsession

同じメンバーでの2枚目。ジャズなのですけれど、曲自体は例によって全曲彼ならではのオリジナルで、全然オーソドックスではありません。「〜・ミー」とタイトルがつく1分前後のドラム・ソロの曲が3曲あります。他の曲もドラムが前面に出ていて、聴くのにちょっと体力がいります。

Native Heart/Tony Williams(Ds)(Blue Note) - Recorded September 11-13, 1989. Wallace Roney(Tp), Bill Pierce(Ss, Ts), Mulgrew Miller(P), Ira Coleman(B), Bob Hurst(B) - 1. Native Heart 2. City Of Lights 3. Extreme Measures 4. Juicy Fruit 5. Two Worlds 6. Crystal Palace 7. Liberty

相変わらずドラムは非常に元気ですが、テーマのメロディがどの曲も分かりやすくなってきた気がします。それだけグループと曲の完成度が高くなった、ということでしょうか。ベーシストが交代し、ここでは2人で3曲ずつの参加。7曲目は何と5分以上のドラムソロの曲。相変わらずスゴい。

The Story Of Neptune/Tony Williams(Ds)(Blue Note) - Recorded December 2 and 3, 1991. Wallace Roney(Tp), Bill Pierce(Ss, Ts), Mulgrew Miller(P), Ira Coleman(B) - 1. Neptune: Overture 2. Neptune: Fear Not 3. Neptune: Creatures Of Conscience 4. Blackbird 5. Crime Scene 6. Poinciana 7. Birdlike

最初の3曲は組曲の構成。その組曲は少々分かりにくいかもしれませんが、独自の世界を展開しています。また、久しぶりに全曲オリジナルでなく、ビートルズその他、他人の曲を3曲演奏しています。クループとしてもかなり完成されてきたかなという印象。7曲目のドラムがすごいとしか言いようがありません。

Tokyo Live/Tony Williams(Ds)(Blue Note) - Recorded March 2-8, 1992. Wallace Roney(Tp), Bill Pierce(Ss, Ts), Mulgrew Miller(P), Ira Coleman(B) - 1. Geo Rose 2. Blackbird 3. Ancient Eyes 4. Citadel 5. Warriors 6. Angel Street 7. Sister Cheryl 8. The Slump 9. Mutants On The Beach 10. Civilization 11. Crystal Palace 12. Life Of The Party 13. The Announcements

邦題は「ザ・ブルーノート・ライヴ」で2枚組。新生ブルーノート時代の演奏でまとめられていますが、このグループならではのまとまりと、ライヴならではの臨場感で、ここでもドラムはパワフル。このメンバーとは違うメンバーでのスタジオ録音もあったので、比較してみるとおもしろいかも。

Young At Heart/Tony Williams(Ds)(Sony) - Recorded September 24 and 25, 1996. Mulgrew Miller(P), Ira Coleman(B) - 1. Promethean 2. Young At Heart 3. On Green Dolphin Street 4. Farewell To Dogma 5. How My Heart Sings 6. Fool On The Hill 7. Neptune: Fear Not 8. You And The Night And The Music 9. Body And Soul 10. This Here 11. Summer Me, Winter Me

スタンダード曲中心なので、いつもよりはだいぶおとなしい曲が多いです。トニー・ウィリアムスでもこういう世界もたまにはいい。とはいうものの、曲によっていつものドスドスいうドラムは健在。ここでのマルグリュー・ミラーはオリジナルを2曲提供していて、ピアノもけっこういい感じ。

Wilderness/Tony Williams(Ds)(Eau) - Recorded December 1, 6-12, 1995. Pat Metheny(G), Michael Brecker(Ts), Herbie Hancock(P), Stanley Clerk(B), Lyle Workman(G on 8), David Garibaldi(Per on 2) John Van Tongeren(Additional Key), and Orchestra - 1. Wilderness Rising 2. China Town 3. Infant Wilderness 4. Harlem Mist 5. China Road 6. The Night You Were Born 7. Wilderness Voyager 8. Machu Pichu 9. China Moon 10. Wilderness Island 11. Sea Of Wilderness 12. Gambia 13. Cape Wilderness

トニー・ウィリアムス作ないしは共作が13曲中10曲(4曲目はスタンリー・クラーク作、6曲目はパット・メセニー作、8曲目がライル・ワークマン作)。よくぞここまで大物ミュージシャンを集めてくれました。まさに職人芸の世界。また、うまくオーケストラを効果的に使っています。全曲に全員が参加しているわけではなく、オーケストラ入りの曲もあって、さらにほぼオーケストラだけ(1、11曲目)、オーケストラなしの曲(2、5−6、8−10、12−13曲目)も。2曲目はキーボードではなくてギター・シンセです。曲によって印象がバラバラな感じで聴く人を選ぶかもしれないけれど、アルバムの指向的にはトータルアルバムという感じですので、一聴の価値はあると思います。’97年に、トニー・ウィリアムスが帰らぬ人となってしまうのが、残念です。

Dear.../Tribute To Tony Williams(Ds)(Blue Note) - Released 1997. - 1. Blind Man, Blind Man 2. Straight Ahead 3. Cantalope Island 4. Angola 5. Maiden Voyage 6. Little B's Poem 7. Sister Cheryl 8. Pee Wee 9. Birdlike 10. Life Of The Patry

追悼盤で、新旧ブルーノートからのベスト集。1曲だけ別テイクが入っている(4曲目)のがミソ。ただ、自作曲が9曲中3曲だけで、しかも他者のアルバムからのテイクが多いのでちょっと不満。共演者は、ハービー・ハンコック(P)、ロン・カーター(B)、フレディ・ハバード(Tp)、ウエイン・ショーター(Ts)、ケニー・ドーハム(Tp)、ボビー・ハッチャーソン(Vib)他。’60年代から’90年代までを広くカバー。

 

共演・参加アルバム

My Point Of View/Herbie Hancock(P)(Blue Note) - Recorded March 19, 1963. Donald Byrd(Tp), Grachan Moncur 3rd(Tb), Hank Mobley(Ts), Grant Green(G), Chuck Israels(B), Anthony Williams(Ds) - 1. Blind Man, Blind Man 2. A Tribute To Someone 3. King Cobra 4. The Pleasure Is Mine 5. And What If I Don't

すべてハービー・ハンコックの作曲で、ジャズロック風の曲もあれば、3曲目のようにコード進行もメロディもちょっと変わった曲もあり、演奏のみならず曲作りについてもその実力をうかがい知ることができます。ただし、まだオーソドックスな部分も多いかもしれません。ベースが変わったとりあわせ。

Riot/Herbie Hancock(P)(Blue Note) - Recorded March 19, 1963. (August 30, 1963, March 6 and 9, 1968, April 18 and 23, 1969.) Donald bird(Tp), Freddie Hubbard(Tp), Hank Mobley(Ts), George Coleman(Ts), Stanley Turrentine(Ts), Grant Green(G), Ron Carter(B), Tony Williams(Ds), etc. - 1. Riot 2. Riot 3. Blind Man, Blind Man 4. Mimoza 5. Goodbye To Childhood 6. The Prisoner 7. Firewater

ブルーノートでの別テイクを集めたアルバム。そのセッションは「スピーク・ライク・ア・チャイルド」「マイ・ポイント・オブ・ビュー」「インヴェンションズ&ディメンションズ」「ザ・プリズナー」。かってブルーノートが別テイクをおまけにつけて発売していた時代がありましたが、その時代に購入した手持ちの彼のCDはほとんど別テイクが入っておらず、ダブっている曲はありませんでした。オリジナルテイクに比べてクオリティはそれほど落ちていないと思います。ただし、録音年の幅が広いので、それぞれの曲の印象がバラバラなのが気にかかります。やはりハービー・ハンコックかブルー・ノートのファン向けということになるのでしょうか。 それでもこういったアルバムの企画も貴重です。トニー・ウ ィリアムスは3曲目に参加。(99年4月9日発売)

Seven Steps To Heaven/Miles Davis(Tp)(Sony) - Recorded May 14, 1963 (and April 16, 1963). Victor Feldman(P), Ron Carter(B), Frank Butler(Ds), George Coleman(Ts), Herbie Hancock(P), Tony Williams(Ds) - 1. Basin Street Blues 2. Seven Steps To Heaven 3. I Fall In Love Too Easily 4. So Near, So Far 5. Baby Won't You Please Come Home 6. Joshua

ハイビー・ハンコック、トニー・ウィリアムス共にマイルス・バンドでの初録音で2、4、6曲目に参加。1、3、5曲目がおとなしめでオーソドックスな演奏なのに対して、当時としては何か新しさを感じさせるサウンドです。アルバムタイトル曲「天国への7つの階段」がベストだと思いますが、皮肉にも作曲はヴィクター・フェルドマンなのに、ピアノの演奏はハービー・ハンコック。6曲目もそう。

In Europe/Miles Davis(Tp)(Sony) - Recorded July 27, 1963. George Coleman(Ts), Herbie Hancock(P), Ron Carter(B), Tony Williams(Ds) - 1. Indroduction 2. Autumn Leaves 3. Milestones 4. Joshua 5. All Of You 6. Walkin'

やはり黄金のクインテットはライヴの演奏がいい。有名曲も多いので、親しみやすいこともありますが、随所に見られる鋭いフレーズとキメ技に心が踊ります。結成2ヶ月とは思えないほどの充実感。ジョージ・コールマンはウェイン・ショーターに比べて評価は低いのですが、私は結構いいと思いますが、どうでしょうか。

Live At The Monterey Jazz Festival, 1963/Miles Davis(Tp)(Universal) - Recorded September 20, 1963. George Coleman(Ts), Herbie Hancock(P), Ron Carter(B), Tony Williams(Ds) - 1. Waiting For Miles 2. Autumn Leaves 3. So What 4. Stella By Starlight 5. Walkin' 6. The Theme

ブートでも発表になったことがあるそうですが、音はけっこう良い感じです。1曲目は導入部、6曲目はいつものテーマのそれぞれ短い曲(?)で、中間の4曲はおなじみの曲を長めに。当時はライヴでは、ある程度のレパートリーのうちから、基本的に同じ曲を繰り返し演奏していたそうで、ここでもそのようです。ただ、演奏するごとにフレーズやサウンドは変わっていくので、こういう演奏が出てくれるのもうれしい。サックスはまだウェイン・ショーターではなくてジョージ・コールマンですけれども、まあ不満はなくて流れとしてはけっこういい感じではないかと思います。やっぱりソニーの公式録音の間を埋めていく、こういう音源が発表になる場は必要だな、と思ったりします。マイルスの追っかけをしている人向けだけではもったいないかも。(07年8月29日発売)

Out To Lunch/Eric Dolphy(As, Fl, Bcl)(Blue Note) - Recorded February 25, 1964. Freddie Hubbard(Tp), Bobby Hutcherson(Vib), Richard Davis(B), Anthony Williams(Ds) - 1. Hat And Beard 2. Something Sweet, Something Tender 3. Gazzelloni 4. Out To Lunch 5. Straight Up And Down

はじめて聴いたときのアヴァンギャルドな印象は相変わらずです。と言うより、エリック・ドルフィーひとりの個性でここまで引っ張ってきているのかも しれません。あえてブルーノートおなじみのミュージシャンを揃えて同レーベルで録音した、エリック・ドルフィーのアルバムでは個人的に一番好きなアルバム。

Point Of Departure/Andrew Hill(P)(Blue Note) - Recorded March 31, 1964. Kenny Dorham(Tp), Eric Dolphy(As, Fl, Bcl), Joe Henderson(Ts), Richard Davis(B), Anthony Williams(Ds) - 1. Refuge 2. New Monastery 3. Spectrum 4. Flight 19   5. Flight 19   6. Dedication 7. Dedication

独特なフレーズとタイム感覚を持つアンドリュー・ヒルですが、ここのアルバムでは特にエリック・ドルフィーの存在感があります。各パートのソロも自由なスペースがあって飛び回っている感じ。全体的に構成やフレーズのバランスが壊れそうで壊れないところの危なさがなかなか面白い。

Empyrean Isles/Herbie Hancock(P)(Blue Note) - Recorded June 17, 1964. Freddie Hubbard(Tp), Ron Carter(B), Anthony Williams(Ds) - 1. One Finger Snap 2. One Finger Snap 3. Oliloqui Valley 4. Oliloqui Valley 5. Cantaloupe Island 6. The Egg

私の持っているものは2、4曲目に別テイクが入っているもの。まず、メンバーがすごい。5曲目は有名ですが、おそらく初出のこの曲を聴いて、意外にスローでシンプルなことに気がつきました。もっと後で演奏されたものでイメージしてました。6曲目は14分の大作で、マイルス・バンドよりはフリー寄りの演奏です。

Maiden Voyage/Herbie Hancock(P)(Blue Note) - Recorded May 17, 1965. Freddie Hubbard(Tp), George Coleman(Ts), Ron Carter(B), Anthony Williams(Ds) - 1. Maiden Voyage 2. The Eye Of The Hurricane 3. Little One 4. Survival Of the Fittest 5. Dolphin Dance

どの曲も印象に残り、このアルバム自体非常に有名なので説明不要かも。全曲オリジナルということもあり、ハービー・ハンコックの理知的なピアノが生きてくるサウンドです。3曲目など、ピアノの美しさはかなりのもの。4曲目はけっこうアグレッシヴだったと、改めて認識。あとは本当に説明不要。

Directions/Miles Davis(Tp)(Sony) - Recorded 1960-1970. (4曲目の録音日とパーソネル)Recorded May 9, 1967. Wayne Shorter(Ts), Herbie Hankock(P), Buster Williams(B), Tony Williams, ( 5−6曲目の録音日とパーソネル)Recorded December 28, 1967 and January 11, 1968. Wayne Shorter(Ts), Herbie Hankock(P), Ron Carter(B), Tony Williams, (7−9曲目の録音日とパーソネル)Recorded November 27, 1968. Joe Zawinul(P), Jack DeJohnette(Ds), Wayne Shorter(Ts), Herbie Hancock(P), Chick Corea(P), Dave Holland(B), (10曲目の録音日とパーソネル)Recorded February 17, 1970. Bennie Maupin(Bcl), Dave Holland(B), John McLaughlin(G), Billy Cobham(Ds), (11曲目の録音日とパーソネル)Recorded May 21, 1970. Airto Moreira(Per), John McLaughlin(G), Keith Jarrett(P), (12曲目の録音日とパーソネル)Recorded February 27, 1970. Jack DeJohnette(Ds), Dave Holland(B), John McLaughlin(G), Steve Grossman(Ss) - 1. Song Of Our Country 2. 'Round Midnight 3. So Near, So Far 4. Limbo 5. Water On The Pond 6. Fun 7. Directions 1   8. Directions 2   9. Ascent 10. Duran 11. Konda 12. Willie Nelson

’60年から70年にかけての未発表曲集。マイルス・デイヴィスは一ヶ所にとどまらないでずっと進化していました。トランペットはマイルス・デイヴィスそのものですが、サウンドはいつも違っていて、’60年代半ばの黄金のクインテットだけではないことを改めて感じます。トニー・ウィリアムスは4−6曲目に、ハービー・ハンコックは4−9曲目に、デイヴ・ホランドは7−10、12曲目に、ジャック・ディジョネットは7−9、12曲目に、11曲目はキース・ジャレットが参加 。最初の3曲は’60−63年の録音ですが、4曲目以降は’67年以降なので、このあたりの時代はアコースティックの最後の時代からあと、ということになります。未発表曲集とは思えない出来ですが、どんどん変遷していく10年間のサウンドを確かめることができます。

Water Babies/Miles Davis(Tp)(Sony) - Recorded June 7, 13, 22, 1967 and November 11, 1968. Herbie Hancock(P), Tony Williams(Ds), Ron Carter(B), Wayne Shorter(Ts), Dave Holland(B), Chick Corea(P) - 1. Water Babies 2. Capricorn 3. Sweat Pea 4. Two Faced 5. Dual Mr. Tillman Anthony

黄金のクインテット時代の終焉を告げるアルバム。1−3曲目はウェイン・ショーターの曲で、サウンドも彼の色合いが強いです。彼のアルバム「スーパー・ノヴァ」でもこれらの曲を取り上げています。 タイトル曲の1曲目を含め、3曲目までは、だんだん進化しているにしてもまだジャズの語法の中にとどまっている感じ。デイヴ・ホランドとチック・コリア(エレキ・ピアノ)も参加してセプテットになっているのは4、5曲目で’68年11月11日のセッション。エレピも導入したり、2人が参加している曲はサウンドも当時としては新しいものだったと思われます。これらの曲調はいわゆるジャズの感じではなくなってきて、徐々にエレクトリック・マイルス時代への萌芽が感じられます。 まだ少しユルい感じもありますが、当時の先端か。

Circle In The Round/Miles Davis(Tp)(Sony) - (4-7、9曲目の録音日とパーソネル)Recorded December 4, 1967, January 16 and February 13, 1968. Wayne Shorter(Ts), Herbie Hancock(P), Ron Carter(B), Tony Williams(Ds), Joe Beck(G)(4曲目のみ参加), George Benson(G)(7、9曲目のみ参加)、(8曲目の録音日とパーソネル)Recorded November 25, 1968. Wayne Shorter(Ts), Herbie Hancock(P), Chick Corea(P), Joe Zawinul(P), Dave Holland(B), Tony Williams(Ds)  - 1. Two Bass Hit 2. Love For Sale 3. Blues No. 2   4. Circle In The Round 5. Teo's Bag 6. Side Car 1   7. Side Car 2   8. Splash 9. Sanctuary 10. Guinnevere

’55年から’70年にかけての未発表曲集。ハービー・ハンコックとトニー・ウィリアムスは4−9曲目に参加。特に彼らの参加している録音年代は’67年12月から’68年11月にかけてで貴重。オクラ入りになっていたテープでも完成度が高く、貴重な作品。10数年一気に聴いていくのはちょっとつらい気もしますが、それぞれの時代によって特色があって楽しめます。

Filles De Kilimanjaro/Miles Davis(Tp)(Sony) - Recorded January 19-21 and September 24, 1968. Herbie Hancock(P), Tony Williams(Ds), Ron Carter(B), Wayne Shorter(Ts), Dave Holland(B), Chick Corea(P) - 1. Frelon Brun (Brown Hornet) 2. Tout De Suite 3. Petits Machines (Little Staff) 4. Filles De Kilimanjaro (Girls Of Kilimanjaro) 5. Mademoiselle Mabry (Miss Nabry)

1、5曲目でデイヴ・ホランドとチック・コリアがロン・カーターとハービー・ハンコックに入れ替わってクインテットで録音(9月24日のセッション)。この2人が加わると今までのジャズのしがらみから一歩開放されたようなサウンドになるから不思議です。1曲目も複雑なビートとはいえ当時のロックやポップスの影響を受けたような、8ビートに近いノリがあります。 5曲目もゆったりとしつつも当時としては新しい音。1月録音の、2−4曲目に参加のハービー・ハンコックもエレキピアノを弾いたりと、完全に4ビートジャズからは決別しています。2曲目の14分に及ぶスリルあるやり取りも面白い。タイトル曲の4曲目もビートが当時としては強調され、こちらもロックの影響を何となく感じさせます。全5曲中3曲が10分を超える大作。

In A Silent Way/Miles Davis(Tp)(Sony) - Recorded February 18, 1969. Wayne Shorter(Ss), Herbie Hancock(P), Chick Corea(P), Joe Zawinul(P), John McLaughlin(G), Dave Holland(B), Tony Williams(Ds) - 1. Shhh/Peaceful 2. In A Silent Way/It's About That Time

リズムセクションはロックの影響をうけてか一定の音とリズムパターンを繰り返していて、その上にソロやバッキングがのっているというサウンドになっています。最初は地味な印象でしたが、もともと有名なアルバムでもあり、聴けば聴くほど味が出てくるような感じです。

Captain Marvel/Stan Getz(Ts)(Columbia/Legacy)(輸入盤) - Recorded March 3, 1972. Stanley Clarke(B), Chick Corea(Key), Airto Moreira(Per), Tony Williams(Ds) - 1. La Fiesta 2. Five Hundred Miles High 3. Captain Marvel 4. Times Lie 5. Lush Life 6. Day Waves 7. Crystal Silence 8. Captain Marvel 9. Five Hundred Miles High

(05/07/13)7−9曲目がボーナストラック。1−4曲目がチック・コリア作、6−7曲目が彼と他の人との共作なので、チック・コリアのリーダー作としてもいいアルバム。メンバーもスゴいし演奏もスゴい。ピアノはエレキ・ピアノ。スタン・ゲッツも、もちろん良し。特に1−2曲目は有名な曲で、1曲目から丁々発止のアップテンポでのやり取り。8ビートを中心として、時にラテンビートへと変幻自在に盛り上がっていく2曲目、心地良くアップテンポ、かつスリリングに展開していくラテン系のタイトル曲の3曲目、ちょっとほのぼのすると思ったらすぐに盛り上がり、粘りのあるラテンになる4曲目、バラードでホッと一息の5曲目、静かからはじまるもののボッサやラテンで中盤で盛り上がる6曲目、 かなり静かで、この編成では珍しい曲の7曲目。

Living Time/Bill Evans(P)/George Russell(Comp, Arr)(Sony) - Recorded May 1972. Eddie Gomez(B), Marty Morell(Ds), Snooky Young(Tp, Flh), Ernie Royal(Tp, Flh), Richard Williams(Tp, Flh), Stanton Davis(Tp), Howard Johnson(Flh, Tuba, Bcl), Dave Bargeon(Tb, Tuba), Dave Baker(Tb), Garnett Brown(Tb), John Clark(French Horn), Jimmy Giuffre(Ts, Fl, Cl), Sam Rivers(Ts, Fl, Oboe), Joe Henderson(Ts), Ron Carter(B), Stanley Clerk(B), Herb Bushler(B), Sam Brown(G, B), Ted Saunders(P), Webster Lewis(Org, P), Tony Willams(Ds), Mark Belair(Per) -1. Living Time - Event 1   2. Event 2    3. Event 3   4. Event 4   5. Event 5   6. Event 6   7. Event 7   8. Event 8   9. Event 9

久しぶりのビル・エヴァンスとジョージ・ラッセルとのコンビです。大編成で、しかもメンバー(交代で出てます)がすごいです。時代が時代なので、エレキ・ピアノも出てきますが、やはり難しい音楽(ジャズと言っていいのかどうか)の部分があるという印象。ピアノ・ソロの部分も当然ありますが。

V.S.O.P./Herbie Hancock(P)(Sony) - Recorded June 29, 1976. Ron Carter(B), Freddie Hubbard(Tp), Wayne Shorter(Ts, Ss), Tony Williams(Ds), Bennie Maupin(Afl, Ss, Ts), Billy Hart(Ds), Eddie Henderson(Tp, Flh), Julian Priester(Ttb, Btb), Buster Williams(B), Paul Jackson(B), James Levi(Ds), Kenneth Nash(Per), Ray Parker, Jr(G), Wah Wah Watson(G, etc) - 1. Piano Introduction 2. Maiden Voyage 3. Nefertiti 4. Introduction Of Players/Eye Of The Hurricane 5. Toys 6. Introductions 7. You'll Know When You Get There 8. Hang Up Your Hang Ups 9. Spider

邦題「ニューポートの追想」。本来V.S.O.P.というのは1回限りの演奏の予定だったらしいのですが、人気が出てしまい、続くことに。ここでは3つのユニットによる演奏を聴くことができます。V.S.O.P.おなじみのユニットが1−4曲目。(トニー・ウィリアムスも参加)、5−7曲目のムワンディシ?のユニットと8−9曲目のヘッド・ハンターズ。

Now Hear This/Hal Galper(P)(Enja) - Recorded February 1977. Terumasa Hino(Tp, Flh), Cecil McBee(B), Tony Williams(Ds) - 1. Now Hear This 2. Shadow Dance 3. Me. Fixit 4. First Song In The Day 5. Bemsha Swing 6. Red Eye Special 7. First Song In The Day [Previously Unreleased Take]

5曲目がセロニアス・モンク作の他は、全曲ハル・ギャルパー作曲。7曲目はボーナストラック。今となってはけっこう大物の顔合わせのクァルテット。特にトニー・ウィリアムスのプッシュは強力です。アップテンポの4ビートでパワー全開でモーダルに進んでいくタイトル曲の1曲目がアルバムの方向性を示しています。スペースがあって自由度の高いワルツのバラードの上を時に優しく、時に縦横無尽に吹いて(弾いて)いく2曲目、8ビート系のやはり元気のあるサウンドでバリバリとせまってくる3曲目、やはり8ビート系だけれども、モーダル色が全開のパワーあふれるジャズの4、7曲目、ジャズメン・オリジナルは原曲を活かしたようなサウンドで攻めてくる5曲目、やはりややアップテンポでの4ビートのモーダル系が良く似合う6曲目。(06年8月23日発売)
May Dance/Terumasa Hino(Tp)(JVC) - Recorded May 7, 1977. John Scofield(G), Ron Carter(B), Tony Williams(Ds) - 1. Wind Blows Your Skin 2. The Wild Lady 3. Big Celebration 4. Free Land 5. Moss On The Rock 6. Lovin' May

日本制作(ニューヨーク録音ですが)の素晴らしいアルバムです。リズムセクションがまたすごく、当時ジョン・スコフィールドは25歳で、昔だからできた超大物セッションです。大物相手に、比較的オーソドックスではありますが、堂々と弾ききっています。

The Herbie Hancock(P) Trio(Sony) - Recorded July 13, 1977. Tony Williams(Ds), Ron Carter(B) - 1. Watch It 2. Speak Like A Child 3. Watcha Waitin For 4. Look 5. Milestones

スタジオ録音。超強力トリオのアルバム。「サード・プレーン」と同日の録音ですが、こちらは4曲がハービー・ハンコックの曲で、1曲はジャズメン・オリジナル。やはりスリルあるインタープレイはこのメンバーならではのもの。この時期に彼のアコースティック・ピアノの演奏は少ないので、貴重です。

Third Plane/Ron Carter(B)(JVC) - Recorded July 13, 1977. Herbie Hancock(P), Tony Williams(Ds) - 1. Third Plane 2. Quiet Times 3. Lawra 4. Stella By Starlight 5. United Blues 6. Dolphin Dance

同じく超強力トリオのアルバム。「ザ・ハービー・ハンコック・トリオ」と同日の録音。それぞれのオリジナルが5曲と、スタンダードが1曲の構成。’70年代のジャズとしては素晴らしい出来だと思うのですが、Sony盤と比べて、ロン・カーターのベースのフレーズと音色はあまり好きでないのが残念。

Live In U.S.A./V.S.O.P. The Quintet(Sony) - Recorded July 16 and 18, 1977. Ron Carter(B), Freddie Hubbard(Tp), Wayne Shorter(Ts, Ss), Tony Williams(Ds) - 1. One Of A Kind 2. Third Plane 3. Jessica 4. Lawra 5. a) Introduction Of Players b) Darts 6. Dolores 7. Little Waltz 8. Byrdlike

1作目がハービー・ハンコックのリーダー作として出ていたのに対し、こちらは5人がそれぞれ曲を対等に出し合って、対等な演奏が繰り広げられています。このメンバーでの、しかもはじめてではない顔合わせなので、迫力、ハプニング、まとまり、どれをとっても素晴らしいと思います。

Tempest In The Colosseum/V.S.O.P. The Quintet(Sony) - Recorded July 23, 1977. Ron Carter(B), Freddie Hubbard(Tp), Wayne Shorter(Ts, Ss), Tony Williams(Ds) - 1. Eye Of The Hurricane 2. Diana 3. Eighty-one 4. Maiden Voyage 5. Lawra 6. Red Clay

田園コロシアムでのライヴ。ここでも5人で曲を出し合っています。これでもか、というほどの真剣勝負で、この盛り上がり方は尋常ではないと思うのですが、やはりフレディー・ハバードのトランペットだと、陽のほうへサウンドがふれる感じがします。この時代にこういうジャズ。時代の流れが変わりました。

Easy Living/Sonny Rollins(Ts)(Milestone) - Recorded August 3-6, 1977. George Duke(Key), Charles Icarus Johnson(G), Raul Jackson(B), Byron Miller(B), Tony Williams(Ds) - 1. Isn't She Lovely 2. Down The Line 3. My One And Only Love 4. Arroz Con Pollo 5. Easy Living 6. Her What I'm Saying

いきなり1曲目でスティーヴィー・ワンダーの曲。しかも演奏するメンバーがすごい。このメンバーに曲によっては電気楽器を持たせながら4ビートをやらせてしまいます。こういう時代もありました。とはいうもののジョージ・デュークも3曲目のバラードをピアノで素晴らしい演奏もしています。

Sunlight/Herbie Hancock(Key)(Sony) - Recorded August 1977 - May 1978. Wah Wah Watson(G), Harvey Mason(Ds), Ray Parker, Jr(G), Tony Williams(Ds), Leon "Ndugu" Chancler(Ds), Benny Maupin(Ss), Jaco Pastorius(B), Bill Summers(Per), Paul Jackson(B), etc. - 1. I Thought It Was You 2. Come Running To Me 3. Sunlight 4. No Means Yes 5. Good Question

最初の3曲はポップな曲で、ハービー・ハンコック自身がヴォコーダーを使ってヴォーカルをとっています。あまり上手なヴォーカルではないですが、これはこれで味があります。4曲目はいかにもクロスオーヴァー/フュージョン的なカッコ良い展開。そしておそらく5曲目のみジャコ・パストリアス参加。ドラムはトニー・ウ ィリアムスで、なんともはや、すごいジャズの演奏が展開しています。

Mr. Gone/Weather Report(Sony) - Recorded 1978. Joe Zawinul(Key), Wayne Shorter(Ss, Ts), Jaco Pastorius(B), Peter Erskine(Ds on 3, 7), Alejandro Acuna(Ds), Manolo Badrena(Per), Steve Gadd(Ds on 1, 3, 8), Tony Williams(Ds on 5-6), Maurice White(Vo on 8), Denice Williams(Vo on 8) - 1. The Pursuit Of The Woman With The Feathered Hat 2. River People 3. Young And Fine 4. The Elders 5. Mr. Gone 6. Punk Jazz 7. Pinocchio 8. And Then

ジョー・ザヴィヌル作が1、3、5、8曲目、ウェイン・ショーター作が4、7曲目、ジャコ・パストリアス作が2、6曲目。曲によりドラマーを替えているのが特徴。シンセサイザーの性能が上がってきた時期で、サウンドがカラフルに感じます。明るくて、ちょっとのどかな感じもある1曲目、ジャコの定型フレーズに合わせてさまざまな音が乗っかるファンクの2曲目、スティーヴ・ガッドのドラムスとピーター・アースキンのハイハットという使い方の、豪華なサウンドの3曲目、少しエキゾチックで浮遊感がある4曲目、不気味なベースラインを演出しつつ聴かせるタイトル曲の5曲目、ジャコのソロがバカテクで見事な6曲目、アコースティックでジャズっぽいと思ったら、激しくインパクトのある7曲目、ドラマチックな展開でヴォーカル入りの8曲目。

Don't Stop The Carnival/Sonny Rollins(Ts)(Milestone) - Recorded April 13 - 15, 1978. Donald Byrd(Tp, Flh), Aurell Ray(G), Mak Soskin(P), Jerry Harris(B), Tony Williams(Ds) - 1. Don't Stop The Carnival 2. Silver City 3. Autumn Nocturne 4. Camel 5. Introducing The Performers 6. Nobody Else But Me 7. Non-Cents 8. A Child's Prayer 9. President Hayes 10. Sais

ライヴで迫力満点。ソニー・ロリンズはやはり陽気なカリプソのイメージが強く、1曲目のアルバムタイトル曲がまさにそのもので、強い印象を与えます。ただ、バラード曲その他での大ブロウなど、やはり大物。元気印のトニー・ウ ィリアムスや、ドナルド・バードの参加も見過ごせません。

Passion Dance/McCoy Tyner(P)(Milestone) - Recorded July 28, 1978. Ron Carter(B), Tony Williams(Ds) - 1. Moments Notice 2. Passion Dance 3. Search For Peace 4. The Promise 5. Song Of The New World

田園コロシアムでのライヴ。この組み合わせも珍しい。超重量級セッションで、しかもライヴなのでその迫力はかなりのもの。何と2−4曲目はピアノのソロなのですが、恐るべき豪快さと、繊細さを併せ持っている素晴らしい演奏。ジョン・コルトレーンの曲が2曲とオリジナルが3曲。

Counterpoints/McCoy Tyner(P)(Milestone) - Recorded July 28, 1978. Ron Carter(B), Tony Williams(Ds) - 1. The Greeting 2. Aisha 3. Sama Layuca 4. Prelude To A Kiss 5. Iki Masho(Let's Go)

同日に録音された「Passion Dance」と対をなすアルバム。トリオが1、5曲目で、ベースとのデュオが4曲目。5曲中、4曲目のみデューク・エリントン作で、他は全てマッコイ・タイナー作。今まで未発表だったということで貴重。11分もの1曲目からアップテンポ、しかも16分音符のピアノ全開でピアノの豪快さを見せつけてくれます。そこに派手に絡むドラムスとベース。体力勝負です。スピリチュアルで静寂な部分と音の連続する部分が波状的にやってくる、彼ならではの美しさを見せる2曲目、彼のペースながらややアフリカンなソロの3曲目、ところどころ元気なフレーズでありながらもややバラード系の4曲目、静かなベースソロを中間部に挟んで、トリオの迫力で押しまくって最後は徐々に静寂を迎えて終わる14分台の5曲目。(04年12月16日発売)

1+3/Ron Carter(B)(JVC) - Recorded July 29, 1978. Hank Jones(P), Herbie Hancock(P), Tony Williams(Ds) - 1. Muffin 2. Mr. T.W. 3. Doom 4. New Song No.3

こちらも田園コロシアムでのライヴ。ハービー・ハンコックは3、4曲目に参加。ここでは全曲がロン・カーターの作曲で、ピアノトリオのアルバム。ノリの良い正統派のハンク・ジョーンスと、ハービー・ハンコックのスリルある最強のトリオの演奏。甲乙つけがたいですが、好みは後者の方。

Galaxy All-Stars In Tokyo(Galaxy) - Recorded July 30, 1978. Red Garland(P), Charlie Scott(B), Walter Winn(Ds), Sadao Watanabe(As, Sopranino), Richard Davis(B), Roy Haynes(Ds), Hank Jones(P), Ron Carter(B), Tony Williams(Ds) - 1. Introducing The Red Garland Trio 2. Just In Time 3. Introducing All-Star quartet No.1  4. I'll Remember April 5. Autumn Leaves 6. Baby Sweets 7. Equinox 8. Introducing All-Star Quartet No.2  9. I'm Old Fashoned 10. Confirmation 11. Chelsea Bridge 12. Mahna De Carnaval 13. Moose The Mooche

またまた田園コロシアムでのライヴ。9−13曲目に参加で、渡辺貞夫、ハンク・ジョーンズ、ロン・カーターとのクァルテット。渡辺貞夫とザ・グレート・ジャズ・トリオの共演という位置付けだそうです。ライヴならではの迫力はありますが、このメンバーのため、演奏は明るめになっている感じです。

Parade/Ron Carter(B)(Milestone) - Recorded March 1979. Joe Henderson(Ts), Chick Corea(P), Tony Williams(Ds), Jon Faddis(Tp, Flh), Joe Shpley(Tp, Flh), John Frosk(Tp, Flh), Urbie Green(Tb), Tom Malone(Btb), Jerry Dodgion(Fl, Cl, As), Frank Wess(Fl, Cl, Ts) - 1. Parade 2. A Theme In 3/4  3. Sometimes I Feel Like A Motherless Child 4. Tinderbox 5. Gypsy 6. G.J.T.

比較的大人数の演奏。ただ、この時期の高音域でメロディを弾くようなロン・カーターのベースソロは、音程がふらついて聞こえてあまり好きではありません。5曲中4曲あるロン・カーターの曲や、ソロ以外のサウンド自体はけっこうメロディアスで好きなのですが。

Trio Of Doom/John McLaughlin(G)/Jaco Pastorius(B)/Tony Williams(Ds)(Columbia)(輸入盤) - Recorded March 3 and 8, 1979. - 1. Drum Improvisation 2. Dark Prince 3. Continuum 4. Para Oriente 5. Are You The One, Are You The One? 6. Dark Prince 7. Continuum 8. Para Oriente 9. Para Oriente 10. Para Oriente

(07/07/07) スーパーグループのライヴで、未発表音源は1−5、8−9曲目。1−5曲目がライヴで6−10曲目がスタジオの録音。全部で40分弱、ダブっている曲やテイク違いも多いですが、まあこのメンバーなので許せるかな、と思います。パワフルかつ変化があり、やや落ち着いたドラムソロの1曲目からはじまり、ジョンマクラフリン作のトンガったテーマから速射砲的アドリブ、アップテンポの4ビート的なアプローチでダイナミックにせまる2、6曲目、有名な曲をギター入りという変わったヴァージョンで聴かせている幻想的な3、7曲目、ファンク的な8ビートのノリのある4、8−10曲目(8−9曲目は途中で止まっている失敗テイクと思われる)、アップテンポでこれでもかと突き進んでいって、時にストップ・アンド・ゴーになる5曲目。

Live Under The Sky '79/V.S.O.P. The Quintet(Sony) - Recorded July 26, 1979. Ron Carter(B), Freddie Hubbard(Tp), Wayne Shorter(Ts, Ss), Tony Williams(Ds) - 1. Eye Of The Hurricane 2. Teardrop 3. Domo 4. Para Oriente 5. Pee Wee 6. One Of Another Hand 7. Fragile 8. Stella By Starlight/On Green Dolphin Street

’92年に発売された、あの「伝説」の’79年田園コロシアムにおけるライヴ・アンダー・ザ・スカイの完全盤。曲順もライヴ通りで、MCやアンコールの風景などもできるだけ忠実に再現されているそうです。実はここの8曲目はV.S.O.P.唯一のスタンダード(ファイヴ・スターズの5曲目と同じテイクです)。

Live Under The Sky/V.S.O.P. The Quintet(Sony) - Recorded July 26, 1979. Ron Carter(B), Freddie Hubbard(Tp), Wayne Shorter(Ts, Ss), Tony Williams(Ds) - 1. One Of Another Hand 2. Teardrop 3. Pee Wee 4. Para Oriente 5. Fragile 8. Domo    Five Stars/V.S.O.P. The Quintet(Sony) - Recorded July 26 and 29, 1979. Ron Carter(B), Freddie Hubbard(Tp), Wayne Shorter(Ts, Ss), Tony Williams(Ds) - 1. Skagly 2. Finger Painting 3. Mutants On The beach 4. Circe 5. Stella By Starlight/On Green Dolphin Street

2つのアルバムがちょうど1枚ずつ2CDにカップリングされていて、どうしてこうなっているのか不明。「ファイヴ・スターズ」は5曲目を除きスタジオ録音で、このメンバー最後の録音。「ライヴ・アンダー・ザ・スカイ」の方は、その後に完全盤が出ています。

Relaxin' At Camarillo/Joe Henderson(Ts)(Contemporary) - Recorderd August 20 and December 29, 1979. Chick Corea(P), Tony Dumas(B), Richard Williams(B), Peter Erskine(Ds), Tony Williams(Ds) - 1. Y Todavia La Quiero 2. My One And Only Love 3. Crimson Lake 4. Yes, My Dear 5. Relaxin' At Camarillo

曲によって、トニー・デュマスとピーター・アースキン、リチャード・デイヴィスとトニー・ウィリアムス(3−4曲目に参加)とのコンビを使い分けていて、その違いも面白い。大物セッションなので、今聴いてもけっこう素晴らしい演奏です。曲も、ややフュージョンの影響を受けたりしています。3、4曲目はチック・コリアの曲。

Mr. Hands/Herbie Hancock(Key)(Sony) - Recorded 1979. Byron Miller(B), Leon "Ndugu" Chancler(Ds), Bill Summers(Per), Tony Williams(Ds), Ron Carter(B), Sheila Escovedo(Per), Alphonse Mouzon(Ds), Freddie Washington(B), Wah Wah Watson(G), Harvey Mason(Ds), Jaco Pastorius(B), Paul Jackson(B), Bennie Maupin(Ts) - 1. Spiraling Prism 2. Calypso 3. Just Around The Corner 4. 4AM 5. Shiftless Shuffle 6. Textures

あちこちの未発表演奏をオーヴァー・ダブしてまとめたものだそうですが、曲ごとに豪華なメンバーが入れ替わるので納得。ヴォーカル曲は珍しくゼロで、しかもそれぞれの曲と演奏のクオリティは高い、というアルバム。トニー・ウィリアムスは2曲目に、ジャコ・パストリアスは4曲目に参加。どちらもクァルテットなので、十分楽しめます。

Herbie Hancock(P) Trio With Ron Carter(B) + Tony Williams(Ds)(Sony) - RecordedJuly 27, 1981. - 1. Stablemates 2. Dolphin Dance 3. A Slight Smile 4. That Old Black Magic 5. La Maison Goree

メンバーを少しずつ変えながら、この時期Sonyで連続して録音していますが、ここではトリオの演奏です。それぞれのオリジナルが1曲ずつとスタンダードの組み合わせ。スタジオ録音のせいか、音も良く、まとまりが良いように感じます。このメンバーならではの緊密なやり取りがいい。

Herbie Hancock(P) Quartet(Sony) - Recorded July 28, 1981. Wynton Marsalis(Tp), Ron Carter(B), Tony Williams(Ds) - 1. Well You Needn't 2. 'Round Midnight 3. Clear Ways 4. A Quick Sketch 5. Eye Of The Hurricane 6. Parade 7. The Sorcerer 8. Pee Wee 9. I Fall In Love Too Easily

クァルテットで、しかも当時の新人ウイントン・マルサリスをフロントにしての演奏。ウィントン・マルサリスだからこそできるトランペットの素晴らしいコントロールが、V.S.O.P.の演奏とも違って、聴いた当時は新鮮なサウンドとして響いたのでした。スタジオ録音ということも原因ですが、もう少しラフな演奏でもよかったとも思います。

Wynton Marsalis(Tp)(Sony) - Recorded July 29-30 and August, 1981. Branford Marsalis(Sax), Jeff Watts(Ds), Clarence Seay(B), Kenny Kirkland(P), Herbie Hancock(P), Ron Cater(B), Tony Williams(Ds), Charles Fambrough(B) - 1. Father Time 2. I'll Be There When The Time Is Right 3. RJ 4. Hesitation 5. Sister Cheryl 6. Who Can I Turn To 7. Twilight

ウイントン・マルサリスはある意味で当時のジャズをブームにまで盛り上げたひとりで、テクニックも当時から素晴らしいものがありました。メジャーから、しかも曲も演奏もメンバーもすごいアルバム。ベテランからの曲の提供が3曲で、彼のオリジナルも3曲。ブランフォード・マルサリスは1−5、7曲目に、トニー・ウィリアムスは3−6曲目に、ハービー・ハンコックは3、5−6曲目に参加。

No Problem/Sonny Rollins(Ts)(Milestone) - Recorded December 9 -15, 1981. Bobby Broom(G), Bobby Hutcherson(Vib), Bob Cranshaw(B), Tony Williams(Ds) - 1. No Problem 2. Here You Come Again 3. Jo Jo 4. Coconut Bread 5. Penny Saved 6. Illusions 7. Joyous Lake

プロデューサーがソニー・ロリンズ自身というのが興味をひきます。ピアノレス・クァルテットの編成。バックのサウンドだけ聴くと当時のフュージョンと思えなくもないのですけれど。ボビー・ハッチャーソンとトニー・ウィリアムスの参加が目を引きますが、彼らの強い個性も、このアルバムでは例によってどこを切ってもソニー・ロリンズ節で、全編彼のペース になってしまっています。1曲目のタイトル曲は、時々4ビートになったりして、ギターやヴァイブラホンなども渋めなソロ。2曲目はポップスっぽい感じ。ボビー・ハッチャーソン作のマイナー調のカッコ良い3曲目、明るいカリプソの4曲目、テーマの繰り返しが印象的なボビー・ブルーム作の5曲目、短いバラードの6曲目。7曲目はゴキゲンなノリの良い明るい曲。(00年5月24日発売)

Jazz At The Opera House(Sony) - Recorded February 22, 1982. Denny Zeitlin(P), Herbie Hancock(P), Tochiko Akiyoshi(P), Lew Tabackin(Fl), Bobby Hutcherson(Vib), Wynton Marsalis(Tp), Wayne Shorter(Ts), Charlie Haden(B), Tony Williams(Ds), Jaco Pastorious(B) - 1. Free Form/Straight, No Chaser 2. The Village 3. Falling Petal 4. Maiden Voyage 5. Sister Cheryl 6. Dedication To Conrad Silbert 7. Hesitation 8. Dedication To Conrad Silvert 4. Silence 5. Footprints 6. 'Round Midnight

5、7、9−10曲目に参加。5曲目など、ウイントン・マルサリス、ウエイン・ショーター、ハービー・ハンコック、チャーリー・ヘイデン、トニー・ウ ィリアムスという組み合わせで、たぶんここでしか聴けない珍しいものです。10曲目にこのメンバーに加えて何とジャコ・パストリアスが参加。13分頃からソロあり。

Round Midnight/Original Soundtrack(Sony) - Released 1986. Chet Baker(Vo, Tp), Ron Carter(B), Dexter Gordon(Ts), Herbie Hancock(P), Billy Higgins(Ds), Freddie Hubbard(Tp), Bobby Hutcherson(Vib), Bobby McFerrin(Vo), Lonette McKee(Vo), John McLaughlin(G), Pierre Michelot(B), Wayne Shorter(Ss, Ts), Ceder Walton(P), Tony Williams(Ds) - 1. Round Midnight 2. Body And Soul 3. Berangere's Nightmare 4. Fair Weather 5. Una Noche Con Francis 6. The Peacocks 7. How Long Has This Been Going On? 8. Rhythm-A-Ning 9. Still Time 10. Minuit Aux Champs-Elysees 11. Chan's Song(Never Said)

まずメンバーがスゴい。メンバーがサントラ盤でありながら、良質のジャズアルバムとしても通して聴けます。特に映画の設定年代にさかのぼる演奏という感じはなく、自然な演奏。ジョン・マクラフリンまでオーソドックスな演奏をしています。ハービー・ハンコックは8曲目以外に参加。トニー・ウィリアムスは1、8、10曲目に参加。

The Other Side Of Round Midnight/Dexter Gordon(Ts)(Blue Note) - Released 1986. Ron Carter(B), Herbie Hancock(P), Billy Higgins(Ds), Freddie Hubbard(Tp), Bobby Hutcherson(Vib), Bobby McFerrin(Vo), John McLaughlin(G), Pierre Michelot(B), Wayne Shorter(Ss, Ts), Ceder Walton(P), Tony Williams(Ds) - 1. Round Midnight 2. Berangere's Nightmare 3. Call Sheet Blues 4. What Is this Thing Called Love 5. Tivoli 6. Society Red 7. As Time Goes By 8. It's Only A Paper Moon 9. Round Midnight

同じサントラからの作品でもこちらはデクスター・ゴードン名義でブルーノートからの作品。よりジャズらしい演奏のアルバムで、映画で採用されなかった曲も3曲あるとか。これも独立したアルバムとして楽しめます。ハービー・ハンコックは1−4、7−9曲目に、トニー・ウィリアムスは2、6曲目に参加。3曲目のテナー・サックスのみなぜかウェイン・ショーター。なぜかデクスター・ゴードンの演奏も1、6−8曲目のみ。

Atavachron/Allan Holdsworth(G, Synthaxe)(Alfa International) - Released 1986. Jimmy Johnson(B on 1-6), Gary Husband(Ds on 1-2, 4), Billy Childs(Key on 2, 5), Chad Wackerman(Ds on 3), Tony Williams(Ds on 5), Rowanne Mark(Vo on 7) - 1. Non Brewed Condiment 2. Funnels 3. The Dominant Plague 4. Atavachron 5. Looking Glass 6. Mr. Berwell 7. All Our Yesterdays

全曲アラン・ホールズワース作曲。ロック・アルバムですが、5曲目でトニー・ウィリアムスが参加して、再開セッションをしています。やっぱり叩き方が違う。変拍子なのに、すごい貫禄。でも、ロックですが。シンタックスというギター・シンセサイザーをこの頃から全面的に使いはじめています。ギター・トリオなんですが、シンタックスの効果で、壮大なキーボードのトリオという感じもする1曲目、ギターで浮遊感を伴うコード進行にギターが縦横無尽に駆け巡る感じもある2曲目、 ビートがはっきり効いていて、ドシッとしたイメージのある3曲目、流れていくビートの上をシンタックスで奏でていく雰囲気の4曲目、静かにはじまったと思ったらジャーンと盛り上がっていく6曲目、女声ヴォーカルのバラードからパーカッシヴになる7曲目。

Renaissance/Branford Marsalis(Ts, Ss)(Sony) - Recorded December 1986 and January 1987. Kenny Kirkland(P), Bob Hurst(B), Tony Williams(Ds), Herbie Hancock(P), Buster Williams(B) - 1. Just One Of Those Things 2. Lament 3. The Peacocks 4. Love Stone 5. Citadel 6. The Wrath (Structured Burnout) 7. St. Thomas

いきなり1曲目から爆発。とはいえバラードの曲の表現力もさすがブランフォード・マルサリス、風格さえ漂ってきます。スタンダードは4曲あって、自己のオリジナルの比率が低いので、聴きやすいアルバムでもあります。何と7曲目はサックスのソロ演奏。ハービー・ハンコックは3曲目に、トニー・ウィリアムスは1−2、3−6曲目に参加。

Verces/Wallace Roney(Tp)(Muse) - Recorded February 19, 1987. Gary Thomas(Ts), Mulgrew Miller(P), Charnett Moffet(B), Tony Williams(Ds) - 1. Float 2. Verses 3. Blue In Green 4. Topaz 5. Lawra 6. Slaves

ウォレス・ルーニーの初リーダー作。 6曲中2曲が彼の作曲です。ゲイリー・トーマスを除いて全員が当時のトニー・ウィリアムス・クインテットでした。メイン・ストリーム系のサウンドであっても、ウォレス・ルーニーのメロディアスながらもクロマチックなフレーズとゲイリー・トーマスの個性的なメカニカルなフレーズとうまくマッチしています。1曲目はウエイン・ショーター時代のマイルス・クインテットを何となく連想してしまいます。聴くならアップテンポで繰り広げられる2曲目が圧巻。ビル・エヴァンス作の渋い3曲目(ちょっと誰かを意識しすぎ?)、リズムのキメも気持ちよい4曲目、トニー・ウィリアムス作のテーマが印象的な5曲目と続きます。6曲目は気合いの入った長いトランペットのソロが聴ける12分の大作オリジナル。

A Tribute To Miles/Herbie Hancock(P)/Wayne Shorter(Ts, Ss)/Ron Carter(B)/Wallace Roney(Tp)/Tony Williams(Ds) - Recorded September 19, 1992(Live). - 1. So What(Live) 2. RJ 3. Little One 4. Pinocchio 5. Elegy 6. Eighty One 7. All Blues(Live)

’91年に没したマイルス・デイヴィスへのトリビュート・アルバムで、黄金のクインテットからトランペットを変えただけの編成。ウォレス・ルーニーはハマリ役です。’90年代でもこのような演奏が聴けるのがうれしい。選曲もスタンダードではなく、オリジナルばかりなので通好みで渋い選曲と言えます。

The Sun Don't Lie/Marcus Miller(B, etc)(PRA) - Released 1993. Poogie Bell(Ds), Lenny White(Ds, Per), Dean Brown(G), Jason Miles(Prog), Wayne Shorter(Ts, Ss), Jonathan Butler(G), David Sanborn(As), Don Alias(Per), Paulihno Da Costa(Per), William Calhoun(Ds), Vernon Reid(G), Miles Davis(Tp), Sal Morquez(Tp), Joe Sample(Key), Andy Narell(Steel Dr), Michael White(Ds), Eric Persing(Prog), Kenny Garrett(As), Paul Jackson Jr(G), Maurice White(Vo), Everette Harp(Ss), Michael "Patches" Stewart(Per), Steve Ferrone(Ds), Omar Hakim(Ds), Philippe Saisse(Key), Hiram Bullock(G), Kirk Whalum(Ds), Christian Wicht(Key), , Tony Williams(Ds), Lalah Hathaway(Vo), Tom Browne(Tp) - 1. Panther 2. Steveland 3. Rampage 4. The Sun Don't Lie 5. Scoop 6. Mr. Pastrius 7. Funny(All She Needs Is Love) 8. Moons 9. Teen Town 10. Juju 11. The King Is Gone (For Miles) 12. 'Round Midnight

邦題は「ザ・キング・イズ・ゴーン」。サウンド・クリエーターとしては定評のある彼のアルバムなので、メンバーや曲を1曲ずつ確かめてじっくり聴いてもすごいアルバムなのですが、流して聴いても良質のフュージョンアルバムとして聴けます。適度にベースが前面に出ています。こういうフレーズや音色はいい。トニー・ウィリアムスはジャジーな11−12曲目に参加。

Twenty One/Geri Allen(P)(Somethin'else) - Recorded March 23-24, 1994. Ron Carter(B), Tony Williams(Ds) - 1. RTG 2. If I Should Lose You 3. Drummer's Song 4. Introspection/Thelonious 5. A Beautiful Friendship 6. In The Morning (For Sister Leola) 7. Tea For Two 8. Lullaby Of The Leaves 9. Feed The Fire 10. Old Folks 11. A Place Of Power 12. In The Middle

ジェリ・アレンの作曲は6曲(1、3、6、9、11−12曲目)で、再演曲が多いです。プロデュースはテオ・マセロとHerb Jordan。全12曲で、54分台と1曲あたりの時間がコンパクト。超有名なベテランのリズム陣2人を配した自在なリズムのトリオ。しかもスタンダードは半分を占め、編成もピアノ・トリオです。オーソドックスな感じでも弾ける人だな、というのも実感。オリジナルもスタンダードもピアノがけっこう聴きやすくなっていますが、それでも流麗な手数の多い場面もあります。トニー・ウィリアムスのリズムのプッシュが印象的。メロディが心に残り、迷宮に入りそうなトリオの演奏での再演曲の3曲目、セロニアス・モンク作も流暢になった感じの4曲目。7−8曲目あたりは今までの彼女とは全然違う側面かも。12曲目のソロ・ピアノは圧巻。
Future 2 Future/Herbie Hancock(Key)(Transparent Music) - Released 2001. Eleni Davis Night(Vo), Carl Craig(Prog), Bill Laswell(B), GiGi(Vo), Chaka Khan(Vo), Charnett Moffett(B), Krash Kale(Ds), Grandmixer DXT(Turntable), Jack DeJohnette(Ds), Rob Swift(Turntable, Prog), A Guy Called Gerald(Prog), Dana Bryant(Vo), Tony Williams(Ds), Wayne Shorter(Ts, Ss), Imani Uzuri(Vo) - 1. Wisdom 2. Kebero Part 1   3. The Essence 4. This Is Rob Swift 5. Black Gravity 6. Tony Williams 7. Ionosphere 8. Alphabeta 9. Be Still 10. Virtual Hornets 11. Kebero Part 2   12. The Essence (DJ Krush Remix)

ビル・ラズウェルのプロデュースによる現代的なハービー・ハンコックのミュージック。この方がジャズやフュージョンと表現するよりもしっくりくるかも しれません。過激さというよりはサウンドが先鋭的ながらも聴きやすさもある印象。時々出てくるハンコックのピアノ(キーボード)のソロの部分に聴きほれてしまいます。打ちこみの部分もやや多いですが、そんな中で曲によってはドラムやベースにも生音で一流ミュージシャンが参加しているのがうれしいところ。4、8−10曲目にジャック・ディジョネットが、6曲目に故トニー・ウィリアムスが参加。しかもウエィン・ショーターも数曲に参加。 時代の先端を行きつつも、やはりヒューマンパワーをおろそかにしない主義なのでしょうか。12曲目はDJ KRUSHによるリミックスのボーナストラック。(01年7月25日発売)

(手持ちのCDでまだアップしていないもの)My Funny Valentine('64), Fore & More('64), Miles In Tokyo('64), Miles In Berlin('64), E.S.P.('65), At Plugged Nichel Vol.1('65), At Plugged Nockel Vol.2('65), Cokkin' At The Plugged Nickel('65), Miles Smiles('66), Sorcerer('67), Nefertiti('67), Miles In The Sky('68)

(他の主な参加CD)ワン・ステップ・ビヨンド/ジャッキー・マクリーン(As)’63年(Blue Note)、ウナ・マス/ケニー・ドーハム(Tp)’63年(Blue Note)、エボリューション/グラシャン・モンカー3世(Tb)’63年(Blue Note)、サム・アザー・スタッフ/グラシャン・モンカー3世(Tb)’64年(Blue Note)、ポイント・オブ・ディパーチャー/アンドリュー・ヒル(P)゜64年(Blue Note)、フューシャ・スイング/サム・リバース(Ts)’65年(Blue Note)、モア・クッキン・アット・ザ・プラグド・ニッケル/マイルス・デイビス(Tp)’65年(Colombia/Sony)、

ポートレイト/スタン・ゲッツ(Ts)’72年(Ninety-One)、スタンリー・クラーク ’74年(Epic)、時の歩廊/ギル・エバンス(Arr、Key)’75年(RCA)、アイム・オールド・ファッションド/渡辺貞夫(As、Fl)・ウィズ・ザ・グレート・ジャズ・トリオ ’75年(East Wind)、グレート・トーキョー・ミーティング/グレート・ジャズ・トリオ ’76年(East Wind)、グレート・ジャズ・トリオ・フロムL.A. ’77年(East Wind)、ザ・グレート・ジャズ・トリオ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード Vol.1(Vol.2)’76年(East Wind)、ラブ・フォー・セール/グレート・ジャズ・トリオ ’76年(East Wind)、コンプリートKJLHセッション/ザ・グレート・ジャズ・トリオ ’77年(East Wind)、バード・オブ・パラダイス/渡辺貞夫(As)・ウィズ・ザ・グレート・ジャズ・トリオ ’77年(JVC)、アナザー・ディパーチャー/本田竹曠(P)’77年(JVC)、リーチング・フォー・ヘブン/本田竹曠(P)’77年(JVC)、ユー・キャント・ゴー・ホーム・アゲイン/チェット・ベイカー(Tp)’77年(A&M)、ベスト・シング・フォー・ユー/チェット・ベイカー(Tp)’77年(A&M)、バーモントの月/ソニー・スティット(As、Ts)’77年(Denon)、ザ・グレート・ジャズ・トリオ・ビレッジ・バンガード・アゲイン ’77年(East Wind)、フューズ・ワン ’78年(CTI)、マイルストーンズ/グレート・ジャズ・トリオ ’78年(East Wind)、エレクトリック・ギタリスト/ジョン・マクラフリン(G)’78年(Sony)、ニュー・ワイン・アンド・オールド・ボトルズ/ジャッキー・マクリーン(As)・ウィズ・ザ・グレート・ジャズ・トリオ ’78年(East Wind)、ザ・グレイト・トーキョー・ミーティング/ザ・グレイト・ジャズ・トリオ ’78年(East Wind)、ニュー・ワールド/ディディエ・ロックウッド(Vln)’79年(MPS)、ハバナ・ジャム1 ’79年(Sony)、ハバナ・ジャム2 ’79年(Sony)、ベイカー&ラッカーシュミット・フィーチャリング・ラリー・コリエル(G)〜トニー・ウィリアムス(Ds)〜バスター・ウ ィリアムス(B) ’79年(Inak)、

フューズ/フューズ・ワン ’80年(CTI)、スイング・オブ・デライト/カルロス・サンタナ(G)’80年(Sony)、アイバンホー/バニー・ブルネル(B)’82年(NEC Avenue)、ブルース・イン・ザ・クローゼット/ザ・マスター・トリオ ’83年(Baybridge)、マイルストーンズ/ザ・マスター・トリオ ’83年(Baybridge)、ワン・ナイト・ウィズ・ブルーノートVol.1 ’85年(Blue Note)、ダイアン・リーブス(Vo)’87年(Blue Note)、カウントダウン/マルグリュー・ミラー(P)’88年(Landmark)、ドン・プーレン(P)・トリオ ’88年(Blue Note)、

イルミネーション/ウォルター・デイビス(P)’90年(Denon)、ブラックトロニック・サイエンス/バーニー・ウォレル(Key)’93年(Gramavision)、辛島文雄(P)・イン・サンフランシスコ ’93年(Polydor)、アーベラス/ミシェル・ペトルチアーニ(P)’93年(Dreyfus)、ジャンプスタート/マイケル・ウォルフ(P)’94年(Baybridge)、嵐の中に〜ジミ・ヘンドリックスの魂 ’94−95年(RCA)、サムシング・ブルー/マイケル・ウォルフ(P)’95年(Baybridge)、

 

このホームページに記載されている内容の無断引用・無断転載・編集等禁じます。©1997 Kazuyuki Kudo

トップページへ戻る