リッチー・バイラーク(Richie Beirach)

トップページ > リッチー・バイラーク

コンプリートなディスコ・グラフィーではない事をご了承ください。
ジャズCDの個人ページ」by K. Kudo

 

クラシック的な要素が強いピアニストでもありますが、テクニックと鋭いハーモニーの感覚を持っていて、以前から注目していました。ピアノ・ソロのアルバムが多いのもうなずけます。ビル・エヴァンスの事も尊敬しているようですが、もっと透明で硬質な感じがします。

 

最終更新日: 2016/08/31

リーダーアルバム

Eon/Richard Beirach(P)(ECM) - Recorded November 1974. Frank Tusa(B), Jeff Williams(Ds) - 1. Nardis 2. Places 3. Seeing You 4. Eon 5. Bones 6. Mitsuku

邦題は「ナーディス」。1−2曲目を除けば彼のオリジナルまたは共作。ヨーロッパ調透明感のあるサウンドながら、曲によりジャズらしさも引きずっています。ECMにしては珍しく、冷たいながらもややジャズっぽいノリで、マイルス・デイヴィス作の有名な邦題タイトル曲をこなしている11分台の1曲目、デイヴ・リーブマン作の静かで耽美的なバラードの2曲目、やはり美しいテーマやピアノ・ソロの部分を持つ、ため息が出るような3曲目、洋題タイトル曲で、表情を変化させながら展開していく4曲目、複雑なメロディとアップテンポのやや激しい曲で、やはりECMらしからぬ曲調の5曲目、エキゾチックなメロディで包みこんでくれるような6曲目。やっぱりバイラークのピアノのフレーズはクリスタルな印象があります。
Methuselah/Richard Beirach(P)(Break Time) - Recorded September 24, 1975. Frank Tusa(B), Jeff Williams(Ds) - 1. Eucalyptus 2. Off The Top 3. Methuselah 4. No Boy 5. Tomorrow's Expectations 6. Tokyo 7. Liege

7曲中6曲がリッチー・バイラークの作曲または共作。時代を感じさせる部分もありますが、ビル・エヴァンスよりもさらにクラシカルで透明なタッチは当時から健在です。その曲やピアノのタッチの美しさと一定の緊張感は1曲目を聴けば分かると思います。なかなかいい曲です。2分弱のソロ・ピアノながらかなりテクニカルでスピーディーな迫力の2曲目、ドラムスが煽る中、エレキピアノでゆったりと漂っていくタイトル曲の3曲目、3人のフリー・インプロヴィゼーションで、エレキピアノやエレキベースを用いて自由度の高いファンクの演奏が聴かれる4曲目、デイヴ・リーブマン作の、しっとりとした演奏が聴ける5曲目、フランク・トゥサとの共作でエレキ系8ビートのファンクの6曲目、ソロ・ピアノによる静かな美しい作品の7曲目。
Sunday Song/Richard Beirach(P)(Break Time) - Recorded Winter 1975. Frank Tusa(B) - 1. Skeletonal 2. The Last Song 3. Sunday Song 4. Egg Shell 5. In The Middle 6. The Pearl 7. Paka Lolo

全曲オリジナルで、ベースとのデュオ。どの曲も内省的な部分が強い感じがしますが、2人で緩急自在な演奏をしています。 2人のおろらくフリー・インプロヴィゼーションで、対等に渡りあっているハードでエッヂの効いている1曲目、映画音楽のような切ない哀愁の漂うテーマで、だんだん盛り上がりを見せる2曲目、有名な、あまりにも美しい曲の初録音で、淡々と包みこむタイトル曲の3曲目。4−5曲目もフリー・インプロヴィゼーションのようですが、繊細でゆっくりと進み、かつ温度感の非常に低い4曲目、ちょっとハードな演奏で浮遊感を伴いつつキレのある5曲目。ソロ・ピアノでクラシックのような耽美的な美しさがあらわれている6曲目、非常にゆったりとしながら、スペイシーなマイナー系のメロディが奏でられる7曲目。
Zal/Richard Beirach(P)(Break Time) -Recorded September 28 and 29, 1976. Yoshiaki Masuo(G), Terumasa Hino(Flh, Tp) - 1. Mavrodaphne 2. Broken Wing 3. Yesterdays 4. Zal 5. Black Is The Color Of My True Love's Hair 6. What Is This Thing Called Love

1−3曲目が増尾好秋との、4、6曲目が日野皓正とのデュオ。デュオなのでやや抑え気味の演奏。スタンダードもまるでクラシック・ピアノを聴いているような演奏になってしまいますが、2人が演奏をしながら即座にお互いに反応し合っていく姿はスリリング。 特に1曲目は2人のフリー・インプロヴィゼーションですが、即興演奏というには叙情的であまりにも美しい曲に仕上がっています。やはりしっとり系のテーマを持つ2曲目も、耽美的な曲。バイラーク流の緊張感のある独特なコード解釈が面白いスタンダードの3曲目、フリューゲル・ホーンと語り合いつつも自己の世界に引き込んでくる4曲目、 ソロ・ピアノでやはりクラシック色の強いような5曲目、ゆったりとはじまり途中からスピーディーなやり取りが聴かれる6曲目。
Hubris/Richard Beirach(P)(ECM) - Recorded June 1977. - 1. Sunday Song 2. Leaving 3. Koan 4. Osiris 5. Future Memory 6. Hubris 7. Rectilinear 8. The Pearl 9. Invisible Corridor/Sunday Song - Monday

彼のはじめてのピアノ・ソロ・アルバムで、全曲オリジナル。ジャズ・ピアニストのアルバムと言わなければ、分からないかもしれないと思いつつ。非常に洗練された鋭いメロディとただ者ではない和音で、ただ綺麗なだけではなく、ピアノの音世界の深遠を垣間見ることができます。例えば1、2曲目など、他のアルバムでも何度も聴けますが、やはりここでのヴァージョンも印象的。小品だけれど静かな緊張感があふれる3、7曲目、フリー・インプロヴィゼーションとクラシックの中間のような4曲目、牧歌的な印象もある変幻自在な5曲目、研ぎ澄まされたタイトル曲の6曲目、美しいメロディの8曲目。そして、フリー・インプロヴィゼーション的展開を見せテーマに戻る9曲目。なぜかガラスの城を連想 してしまいます。
Elm/Richard Beirach(P)(ECM) - Recorded May 1979. George Mraz(B), Jack DeJohnette(Ds) - 1. Sea Priestess 2. Pendulum 3. Ki 4. Snow Leopard 5. Elm

全曲リッチー・バイラークのオリジナル。リズムがジョージ・ムラーツとジャック・ディジョネットになって、ややダイナミックになった感じはします。ただし、ピアノのエッジの効いた冷めた美しさは、当然ながら健在 で、やはりこのピアノでなければ、と思わせる部分はあります。 温度感もこのメンバーにしてはけっこう低め。1曲目は11分台の大曲ですが、美しい情景が流れるように現れては消えて行きます。2曲目は緊張感があってトリオとしてはジャズっぽいノリの仕上り。3曲目は耽美的で哀愁もそこはかとなく漂っています。3人がハードに応酬してドラマチックな4曲目は12分台の大作で、ピアノも強力でドラムには全然負けていません。これも彼の一面なのは確か。そして哀愁いっぱいのおなじみの5曲目で、幕を閉じます。
Elegy For Bill Evans/Richard Beirach, etc.(P)(Break Time) - Recorded May 12, 1981. George Mraz(B), Al Foster(Ds) - 1. In Your Own Sweet Way 2. Blue In Green 3. Solar 4. Spring Is Here 5. Peace Piece 6. Nardis

尊敬するビル・エヴァンスが亡くなり、ゆかりの曲を演奏したトリビュート・アルバム。スタンダードの演奏をトリオでジャズ的(あたりまえですが)に演奏すると、ジャズ以上にジャズらしくスイングするんだという事を(もちろん彼らしくという意味で)証明してみせてくれました。
Complete Solo Concert 1981/Richie Beirach(P)(P.J.L.) - Recorded July 10, 1981. - 1.  What Are The Rules 2. Spring Is Here 3. All Blues 4. Elm 5. Peace Piece 6. Blue In Green 7. Nardis 8. Sunday Song

以前、邦題「朝露の輝き」として発売されていたものに、2、3曲目をプラスして曲順も少々変更して再発売。新たにリマスターもされているそうです。ただし、本当のコンプリートではなくて、テープの状態の良い曲だけを追加したとのこと。 そこは少々残念かも。繊細な曲はとことん美しいという感じがしますが、けっこう豪快な部分も当時から持ち合わせていて、時々盛り上がってきて、ライヴならではのそのエネルギーが噴出します。ECMとはまた違った雰囲気が楽しめますが、それでも独特な冷ややかな雰囲気というのは全体的にあります。ジャズファンでバイラークファンならば良く知っている曲が多く登場するのもうれしいところ。 彼のオリジナルは3曲で、マイルス・デイヴィスやビル・エヴァンスの曲も多めです。(00年12月20日発売)
Continuum/Richie Beirach(P)(Baybridge) - Recorded July 5, 1983. - 1. Gargoiles 2. Heirloom 3. Hyperactive Airways 4. Continuum 5. 'Round Midnight 6. Azzaro 7. Some Other Time

本人のライナーによれば、ソロ第4作目とのこと。思索的で、それでいて力強い演奏の部分もありますが、ラウンド・ミッドナイトの演奏の解釈が、かなり思い切っていて、面白いと思いました。7曲目はビル・エヴァンスの演奏曲でしたが、この曲を聴いてイメージ的に2人は近いと思います。
Ayers Rock/Richie Beirach(P) with Masahiko Togashi(Per), Terumasa Hino(Cor)(Polydor) - Recorded October 30 - November 2, 1984. - 1. Stone 2. Emerald City 3. Ayers Rock 4. Arid Rain 6. Johnny. B.

もともとエアーズ・ロックのレーザー・ディスク用の映像のために録音されたものだそうですが、そのCD化です。静かな思索的サウンドが全体のイメージです。パーカッションが静かな中にすごい緊張感をもたらすのが印象的です。
Antarctica/Richie Beirach(P)(Evidence)(輸入盤) - Recorded September 12-14, 1985. - Antarctica Suite Part One: 1. The Ice Shelf 2. Neptune's Bellows 3. Penguins On Parade 4. Deception Island   Antarctica Suite Part Two: 5. Mirage 6. Water Lilies [The Cloud] 7. The Empress

(11/08/25)5曲目以外はリッチー・バイラークの作曲。録音年から当初LPだったようで、全34分台と短いアルバム。なかなか硬派で温度感が低いアルバムで、メロディ感が低く、現代音楽的な響きを持ったソロ・ピアノです。低音部で、メカニカルなベース・パートの動き、そして右手は速いパッセージが続く、といった感じの曲が多く、難解なイメージを持たれることもあるかも。時に、静かな場面も目立ってはいるけれども、やはり聴く人に緊張感を強いてます。ただ、当時の硬質なソロ・ピアノのフリー・インプロヴィゼーションでは珍しくなかったサウンドではあります。ある意味彼の得意とするところのサウンド。時に分かりやすいメロディがあらわれては消えていくも、静かでも盛り上がっても全体的にメカニカルなサウンドで続いていきます。
Ballads/Richie Beirach(P)(Sony) - Recorded March 16 and 17, 1986. - 1. Elm 2. My Foolish Heart 3. Infant Eyes 4. Blood Count 5. Nightlake 6. On Green Dolphin Street 7. Naima 8. Small World 9. Leaving 10. Over the Rainbow 11. You Don't Know What Love Is 12. Sunday Song

ソロ・ピアノのアルバム。ソロ・ピアノでは個人的には当時のSonyの3作品が一番気に入っています。特にこれと「2」は、全曲バラード。ジャズ・ピアニストらしいフレーズを一部と、そうでないフレーズを使い分けています。リッチー・バイラーク作は1、5、9、12曲目で、彼のおなじみの曲が多いです。他はスタンダードやジャズメン・オリジナルで、ウェイン・ショーターやジョン・コルトレーンの曲もさりげなく取り入れて演奏しているところも彼らしい。6、11曲目はちょっとはみ出ているような、他でも力強かったり硬派なバラードの部分も一部にあるのですが、総じて美しい感じはします。じっくり聴いてもいいし、何かをしながら、さりげなくそこにある音、という聴き方もいい感じ。バラードの中で変化に富んでいて幅広く、飽きさせません。
Ballads 2/Richie Beirach(P)(Sony) - Recorded January 20 and 21, 1987. - 1. My Funny Valentine 2. Chelsea Bridge 3. The Pearl 4. Alone Together 5. Flamingo Sketches 6. Zal 7. Young And Foolish 8. Summer Night 9. D.L. 10. Old Folks 11. Stella By Starlight 12. Anse Des Flammands 13. The Peacocks 14. Night And Day

全14曲中リッチー・バイラークの作曲は3、6、9、12曲目で、他はスタンダードやジャズメン・オリジナル。Sonyのソロ・ピアノの最初の作品はスタジオ録音でしたが、こちらは響きの多いコンサートホール(ニューヨークのメソニック・テンプル)の録音。趣旨は同じですが、その響きを十分意識した演奏になっています。その豊かな響きのために、反響を生かした、よりゆったりとしたフレーズが多いです。「1」と対をなすものの、その趣きは全然違ったものになっていて、違った角度からの視点になっていると思います。響きを意識しつつのリハーモナイズ、そしてフレーズもなかなか鋭いものになっています。それでいてそのサウンド世界に浸らせてくれる安心感。59分台で14曲というのは今回の場合、適正な長さに感じられます。
Common Heart/Richie Beirach(P)(Owl) - Recorded September 28 and 29, 1987. - 1. Liquid Silver 2. For B. C 3. Places 4. Nocturne N゜2 Vignettes 5. Foolish Door 6. Midpoint 7. Vadanna 8. The Last Rhapsody 9. Essence

デイヴ・リーブマン、アンディ・ラバーン、ジョージ・ムラーツその他の、音楽での友人の曲をメインに取り上げたピアノソロのアルバム。これもニューヨークのメソニック・テンプルでの録音です。
Water Lilies/Richie Beirach(P)(Sony) - Recorded Novermber 18 and 19, 1987. - 1. Agapanthus Triptych-Water Lilies No. 3  2. Reflections Of The Weeping Willow 3. Green Reflections-Water Lilies No.4  4. Circular WaterLilies-Water Lilies No. 5  5. Reflections From Below The Pond-Under Water Lilies 6. Blue Water Lilies-Water Lilies No. 1  7. Reflections Of Irises By The Pond 8. The Could-Water Lilies No. 2  9. The Ice Floe, Winter Water Lilies-Water Lilies No. 6

モネの「睡蓮」をモチーフにインスピレーションを得て演奏された作品。絵の少しくすんで沈んでいる感じと、(絵の事はあまり分かりませんが)印象派独特の光のとらえ方のようなものが、そのまま音に表わされている感じ。こちらはニューヨークのヴァータン・カテドラル(教会)での録音。やはり響きがいいです。ジャズ的というよりは、ピアノ的、クラシック的な響きを持つサウンドで、クラシック的なものを持ちつつもフリー・インプロヴィゼーション(おそらく)でこれだけの世界を構築していったことも見事。演奏した順番とアルバムの曲順は違いますが、彼の事なので、没テイクはないようです。ジャズの側からすれば聴く人を選ぶかもしれませんが、貴重な音の記録を残してくれました。かなり深遠な世界が展開していると思います。
Self Portraits/Richie Bairach(P)(CMP) - Recorded May 1990 - 1. Grandfather's Hammer 2. Song Of Experience 3. A Quiet, Normal Life 4. Song Of Innocence 5. Darkness Into Air 6. Falling Off My Bike 7. Calcutta 8. Apprentice/Master

CMPレーベルの演奏は、シリアスな印象があるのですが、ここでは録音するまで何の準備もしていない完全即興演奏だそうです。何枚もピアノソロの作品を出しておきながら、いろいろな表現を試みるのは大変な事だと思いますが、個人的にはピアノの音がはっきり録音されていて好みです。
Inamorata/Richie Beirach(P)(Eau) - Recorded June 29-30, 1990. - 1. Full Circle 2. Elegy 3. Inamorata 4. Chopin Prelude 5. ...Des Pas Sur La Neige (Debussy Prelude Book 1, No.6)  6. Wisteria 7. Kahuna 8. Prunella 9. Anse Des Flamands 10. Johnny B.

邦題は「高雅で感傷的なプレリュード」。うーん。分からないでもないのですが。これもソロピアノのアルバムで、ショパンの曲とドビュッシーの曲を1曲ずつ(原曲どおりではありませんが)取り上げています。ただし、全体的に統一の取れたイメージに仕上がっています。
Themes And Impromptu Variations/Richie Beirach(P)(Eau) - Recorded December 21 and 22, 1991. - 1. Prelude Op.28 No. 4 In E Minor 2. From Foreign Lands And People, Scenes From Childhood No. 1  3. Impresiones Intimas No. 1  4. Peace Piece 5. Gnoissienes No. 1 6. Prelude No. 6 7. Bagatelle No. 6  8. Sunday Song 9. Touch Stone 10. Musica Callada 11. Etude Op.10 No. 3 In E Major

「主題と即興的演奏」というタイトルだそうですが、クラシックの曲が大半を占めています。もちろん、即興の部分が多いそうですが、クラシックの素養がないので私にはどこが原曲どおりかというのは分かりません。ソロが多いので、とうとうここまで来たか、という感じではあります。
Maybeck Recital Hall Series, Volume Nineteen/Richie Beirach(P)(Concord) - Recorded January 5, 1992. - 1. Introductory Announcement 2. All The Things You Are 3. On Green Dolphin Street 4. Some Other Time 5. You Don't Know What Love Is 6. Spring Is here 7. All Blues 8. Medley - Over The Rainbow, Small World, In The Wee Small Hours Of The Morning 9. 'Round Midnight 10. Remember 11. Elm

コンコードで録音する、メイベック・リサイタル・ホールでのピアノソロのライヴの19番目のピアニストという事です。(このシリーズの他のピアニストの演奏を全部聴いてみたい気がいたします。)スタンダードが中心で、普通のソロピアノ寄りの印象です。
Trust/Richie Beirach Trio(P)(Transheart) - Recorded February 24 and 25, 1993. Dave Holland(B), Jack DeJohnette(Ds) - 1. What Are The Rules 2. Trust 3. Moor 4. Jamala 5. Boston Harry 6. Gargoyles 7. Nefertitti 8. Johnny B. 9. Rectilinear

リッチー・バイラークにしてはいつになくシリアスで力強い展開のサウンド。レーベルカラーのせいか、あるいはドラムスとベースがこのメンバーなので元気なのかも しれません。ありそうでなさそうなこのトリオ。それぞれのパートの自由度がけっこう高い演奏です。再演曲(けっこう違うヴァージョンに仕上がっているものもあります。)を中心にオリジナルが3分の2ほど。疾走する1曲目、美しいメロディの2曲目、ゲイリー・ピーコック作の3曲目、デイヴ・ホランド作でゆったりした4曲目、普通に4ビートしている5曲目、フリー・インプロヴィゼーションのようでリリシズムを感じる6曲目。有名な7曲目は予想通りというか、意外にオーソドックスな感じ。静かに流れる8曲目を経て、強力にインプロヴィゼーションを展開する9曲目。
Richie Beirach Solo Piano Recital - Live In Japan(壽限夢) - Recorded November 24, 1994 - 1. Bagatelle No. 6 2. Impressions Intimas 3. Solar 4. Circle, Chain And Mirror 5. Musica Callada No. 1 6. Haunted Heart 7. Monk's Dream 8. Elm 9. Footprints 10. Misica Callada No. 15, Sunday Song

長野県松代での録音で、ピアノソロによるライヴアルバム。拍手の数からすると、会場は比較的大きいのかもしれませんが、ピアノの響きがいい感じです。選曲は今までのソロアルバムの集大成といったような趣きがあります。
The Snow Leopard/Richie Beirach(P)(Alfa Jazz) - Recorded June 16 and 17, 1996. George Mraz(B), Billy Hart(Ds), Gregor Huebner(Vln) - 1. The Snow Leopard 2. In The Wee Small Hours (Of The Morning) 3. Naima 4. Musica Callada No.1 5. Peace Piece 6. Citizen Code 7. Expression 8. Redemption 9. Elm 10. Bagatelle Opus6, No.1

ヴェテランのメンバーによるピアノ・トリオの作品で、ダイナミックな演奏から静かな演奏まで幅広いところを見せています。「ネイマ」のドラムの叩き方は、ビリー・ハートならではといった感じです。4、9、10曲目にヴァイオリンが参加。
New York Rhapsody/Richie Beirach(P)&Gregor Huebner(Vln)(Onoff) - Recorded March 23 and 24, 1998. 1. Leaving 2. Balada 3. Russian Impression 4. La Juana 5. Rumanian Dance 6. Circular Dreaming 7. Mumuki 8. Zal 9. Lonely Woman

グレガー・ヒューブナーはクラシックのヴァイオリニストだそうで、なるほど、という感じ。リッチー・バイラークもジャズとクラシックの中間をいくようなこの路線は得意なので、いい雰囲気です。リッチー・バイラークのおなじみの曲もあり、聴いていて落ち着きます。うーん、深い。
What Is This Thing Called Love?/Richie Beirach(P)(Venus) - Recorded June 18 and 19, 1999. George Mraz(B), Billy Hart(Ds) - 1. What Is This Thing Called Love? 2. Leaving 3. Night And Day 4. Goodbye 5. Autumn Leaves 6. All The Things You Are 7. Pinocchio 8. Oh, What A Beautiful Morning 9. Nardis 10. On Green Dolphin Street

ゴールドディスクを斬るをご覧下さい。(99年12月22日発売)
Round About Bartok/Richie Beirach(P), Gregor Huebner(Vln), George Mraz(B)(Onoff) - Recorded December 1999. - 1. Around Scrijabin Prelude Op.16 2. Around Bartok Bagatelle #4 3. Around Stenkarasin 4. Around Bartok's World 5. Around Salcam De Vara 6. Around Porumbescu Balada 7. Around Dubrawuschka 8. Zal 9. Around Kodaly's World 10. Cassack's Farewell

編成もそうですが、曲目に「〜を基に」(Around)をつけた曲がほとんどを占めていて、それが「バルトークの世界」だったり「スクリャービン」だったりと、サウンドの点からも、クラシックを基調とした世界とジャズの世界を行きつ戻りつしています。ところが、それでは静かな世界ばかりの展開かというとそうでもなく、曲によっては柔軟に皆の行きたい方向に漂っていくといった感じ。この編成ながらジャズが全開の場面もあったりします。4曲目などはその「バルトーク」を基に「あなたと夜と音楽と」が顔を出していて、疾走する場面も。比較的彼らのやりたいことをやっているな、という印象。 ただ、ピアノ、ベース、ヴァイオリン、という個性的な編成も印象を強くしています。そんな中でおなじみの曲「ザル」もあります。(01年1月24日発売)
Romantic Rhapsody/Richie Beirach(P) Trio(Venus) - Recorded November 18 and 19, 2000. George Muraz(B), Billy Hart(Ds) - 1. Flamenco Sketches 2. Spring Is Here 3. Blue In Green 4. Old Folks 5. Young And Foolish 6. Prelude No.20 C Minor 7. Hudba 8. I Wish I Knew 9. The Last Rhapsody

今回は、メンバーも同じだったヴィーナスの前作に比べておとなしいゆっくりとした曲が多いため、リラックスして聴けます。反面、エッジの効いたリハーモナイズ(やって はいるようですが)や冷たさという個性がやや奥に入ってしまって、優しさのメロディに包まれているというような感じ。温度感もやや高め。有名なジャズメン・オリジナルやスタンダードも多く、それも食指がのびる原因かも。他にショパンの曲がありますがテーマ以外はジャズしています。そしてオリジナルが2曲。やっぱりこちらは彼の色彩感覚になるので、彼らしいかな、とも思えます。個人的にはこういう オリジナルの方が好き。全体的にもう少し刺激が欲しいという気にもなりますが、安心して聴けるアルバムかもしれません。そこがヴィーナスの所以か。(01年2月21日発売)
Round Amout Federico Monpou/Richie Beirach(P)(ACT) - Recorded May 2001. Gregor Huebner(Vln), George Mraz(B) - 1. Impressions Intimas #1  2. Musica Callada #6   3. Fantasie On Musica Callada #10  4. Musica Callada #10  5. Bass Fantasie On Musica Callada #1  6. Musica Callada #1  7. Musica Callada #27   8. Around Musica Callada #27  9. Fantasie On Musica Callada #19  10. Around Musica Callada #19  11. Musica Callada #19  12. Musica Callada #18   13. Fantasie On Musica Callada #18  14. Musica Callada #15  15. Musica Callada #22

全15曲中、スペインのクラシック作曲家のフェデリコ・モンポウの曲が9曲あります。原曲を聴いたことがないのでよく分かりませんが、4ビートのジャズ的展開になる部分もあり、またハーモニーなどを聴いていると、オリジナルの雰囲気を伝えてはいるものの、アレンジの手はけっこう入っているのではないかと思います。もちろん哀愁漂うしっとり加減の曲の方が多いですが。2、11曲目は途中豪快なジャズの4ビートが続きます。6曲目もジャジーでスピーディーな展開。これに対して他の6曲はメンバーの1人または2人の作曲によるオリジナルで、モンポウにインスパイアされたと思わせる曲調。書かれたものかフリー・インプロヴィゼーションかは分かりませんが、オリジナルと並んでも違和感はありません。(01年12月21日発売)
No Borders/Richie Beirach(P) Trio(Venus) - Recorded May 7 and 8, 2002. George Muraz(B), Billy Hart(Ds), Gregor Huebner(Vln) - 1. Scenes From Childfood -Op15 #1    2. Pathetique -C Minor Slow Movement 3. Gnossiene #1, F Minor 4. Pavane -G Minor 5. Footprints In The Snow - Prelude For Piano Bk. 1-#6 D Minor 6. Siciliano -G Minor 7. Impressions Intimas -#1 A Minor 8. Prelude For Piano -#4 E Minor 9. Steel Prayers -Ballad For 9/11 WTC.

邦題「哀歌」。ゲストでグレガー・ヒューブナー(Vln)が参加(5、9曲目)。クラシックの作品をジャズとして演奏するという、彼ならではの色合いのアルバム。シューマン、ベートーベン、サティ、フォーレ、ドビュッシー、バッハ、モンポウ、ショパン。サウンドも多彩です。その表現はただジャズでやってみました的ではなく、クラシックの肌合いを残しつつ、時に大胆なジャズ・サウンドをうまく取り入れています。特に1、3曲目ではしっとりしたテーマにもかかわらずサウンドが展開して豪快な4ビートが聴ける場面も。8曲目もなかなか。他に自然に4ビートへ流れていく曲もあって、聴いていてなるほど、と思わせます。神経質な面と豪快さが同居していますが、繊細な表現がやや多い感じです。私はしっとり系が好み。9曲目のみオリジナル。(02年9月26日発売)
Manhattan Reverie/Richie Beirach(P) Trio(Venus) - Recorded March 25 and 26, 2006. George Muraz(B), Billy Hart(Ds) - 1. You Don't Know What Love Is 2. On Green Dolphin Street 3. If I Were A Bell 4. Manhattan Reverie 5. Etude 6. Transition 7. Stella By Starlight 8. Velis 9. Blood Count 10. Footprints

邦題は「マンハッタンの幻想」。リッチー・バイラークの作曲は4、8曲目。その他にスタンダード、ジャズメン・オリジナル、クラシックなど多彩。意外にもかなり豪快なアップテンポの、スキッとするようなスタンダードの1曲目、研ぎ澄まされた鋭いリハーモナイズが曲を印象付け、後半4ビートで盛り上がる2曲目、男性的にややアップテンポで攻撃しているようなゴンゴンくる3曲目、ミディアムテンポで都会的な雰囲気のあるサウンドのタイトル曲の4曲目、クラシックの曲で繊細な面を垣間見せる5曲目、ジョン・コルトレーンの曲をモーダルに攻める6曲目、「星影のステラ」らしくない少し重い展開の7曲目、彼の繊細方面のサウンドも聴かせる8曲目、静かに展開している9曲目、ウェイン・ショーター作でスリリングな面もある10曲目。(06年10月25日発売)
Summer Night/Richie Beirach(P) Trio(Venus) - Recorded September 4 and 5, 2007. George Mraz(B), Billy Hart(Ds) - 1. Summer Night 2. All Of You 3. Solar 4. Memories Of You 5. All Blues 6. Siciliano 7. I Remember You 8. Impressions Intimas No.1   9. Milestones 10. So What

全10曲中、マイルス・デイヴィス作が4作あり、クラシックが2曲、スタンダードが4曲という構成。レーベル・カラーか、繊細な部分もあるけど彼のダイナミックな部分の方が前面に出ている感じ。いつもながらのリハーモナイズの鋭い感性というのもあるけれど、もっとハードにドライヴする4ビートのはっきりとした曲が目立ちます。聴きやすい曲が並びますが、これが彼の一面でもある、という風にとらえた方がいいのかも。マイルスの4曲はどれも力強い演奏が繰り広げられています。その中で盛り上がりは同じ感じながらバッハ作の6曲目や、モンポウ作の自由に絡み合いつつ進む8曲目のバロック系の曲が入っているところが印象に残ります。バラードの4曲目も美しいのですが、途中でミディアムになりやはり元気さがあります。(08年1月16日発売)
Jazz Adagio/Richie Beirach(P)(Venus) - Recorded August 18 and 19, 2008. - 1. Adagio - Piano Concerto In A Minor KV488   2. Children's Song No.1   3. Lucky To Me Me 4. Musica Callada No.22   5. Cossak's Farewell 6. Short Prelude No.4   7. For All We Know 8. Melody Eternal 9. Lost In The Stars 10. Prelude No.4   11. My Funny Valentine 12. Ballad For Bill Evans 13. I'll Take Romance 14. Moon River 15. Adagio Reprise

ソロ・ピアノのアルバム。リッチー・バイラーク作が2曲(8、12曲目)で、クラシックの曲の割合も多め。他はトラディショナルやスタンダードなど。しっとりと繊細に続くのかと思ったら、クリアーながらも骨太に盛り上がっていくような力強い場面もあったりして、ヴィーナスのハイパーマグナムサウンドによる影響かもしれません。繊細な場面は、インプロヴィゼーションで弾いていることも多いのでしょうが、クラシック的な感触があります。75分で15曲の長尺なアルバムだけれども、表現力のあるピアニストなので、飽きずに聴かせてくれます。ヴォリュームを絞るとBGM的にもいいかもしれないし、じっくりと聴きこむのにもいい。スウィングはしないので、なぜかヨーロッパ的な感触がありますが、時にきらびやかに響くサウンドが印象的。(09年3月18日発売)
Impressions Of Tokyo/Richie Beirach(P)(Out Note Records)(輸入盤) - Recorded September 17 and 18, 2010. - 1. Haiku - (Intro) Tokyo Lights At Night 2. Haiku 1 - Baker-San 3. Haiku 2 - Butterfly 4. Haiku 3 - Cherry Blossom Time 5. Haiku 4 - Takemitsu-San 6. Haiku 5 - Bullet Train 7. Haiku 6 - Togashi-San 8. Ancient City Of The Future 9. Lament For Hiroshima And Nagasaki 10. Haiku 7 - Japanese Playground 11. Haiku 8 - Kabuki 12. Haiku 9 Zatoichi-Kurosawa 13. Haiku 10. Rock Garden 14. Haiku 11 - Tragedy In Sendai 15. Haiku 12 - Shibumi 16. Eyes Of The Heart

(11/08/27)全曲リッチー・バイラークの作曲。果たして事前に用意されたものなのか、フリー・インプロヴィゼーションなのか。50数分で16曲と、けっこう詰め込んでありますが、日本の情景描写で、曲ごとにメロディアスだったり抽象的だったり、長調の曲もあればメランコリックな短調の曲もあったりと、けっこう変化に富んでいます。まさに東京を中心とする日本のスケッチなのですが、全般的に温度感の低い、硬質なピアノでの表現は、その1曲ごとの適度な時間、曲の密度や空間と、ソロ・ピアノによる表現の豊かさや変化で、飽きることなく聴き通すことができます。部分的には難解に思われるところもありますけど、全体の流れで見ていくと、情景描写や心理描写もあるとすれば、日本の旋律を強調はしてないのに上手い表現です。

 

共演・参加アルバム

Lookout Farm/Dave Liebman(Ss, Ts, Afl)(ECM) - Recorded October 10 and 11, 1973. Richard Beirach(P), Frank Tusa(B), Jeff Williams(Ds), John Abercrombie(G), Armen Halburian(Per), Don Alias(Per), Badal Roy(Per), Steve Sattan(Per), Eleana Sternberg(Voice) - 1. Pablo's Story 2. Sam's Float 3. M.D./Lookout Farm

全曲デイヴ・リーブマンのオリジナル。ホーンはもちろん注目ですが、パーカッション部隊も強力。1曲目はスパニッシュにアコースティック・ギターではじまり、途中からパーカッションが効いてエキゾチックな流れに。エレキピアノも入ってドラマチックに静と動を繰り返していく14分台の曲。2曲目は当時のジャズ・ロックを意識しているサウンドで、比較的単調なベースの上に様々な楽器の音が織りなしています。3曲目は23分台の長いメドレーでジャズ色も強いです。ゆったりとはじまり、サックスを十分聴かせた後にピアノで盛り上がっていきます。そしてビートが効いたベースを経て、パーカッションの音の洪水。サックスとドラムスのデュオもあり、アコースティック色が強く、構成も複雑。再び後半盛り上がります。強力な音。
Drum Ode/Dave Liebman(Ss, Ts, Afl)(ECM) - Recorded May 1974. Richard Beirach(P), Gene Perla(B), John Abercrombie(G), Jeff Williams(Ds), Bob Moses(Ds), Patato Valdez(Per), Steve Satten(Per), Barry Altschul(Per), Badal Roy(Per), Collin Walcott(Per), Ray Armando(Per), Eleana Steinberg(Vo) - 1. Goli Dance 2. Loft Dance 3. Oasis 4. The Call 5. Your Lady 6. The Iguana's Ritual 7. Satya Dhwani (True Sound)

参加メンバーで分かる通り、パーカッションが前面に出たアルバム。ECMとは思えないほどに元気あふれるパーカッシヴなサウンド。1曲目は派手なパーカッションをバックにデイヴ・リーブマンのナレーションが入る短い30秒ほどの曲。1曲目はやはり全開のパーカッションの上を走るテナー・サックスとエレキ・ピアノとエレキ・ベース。3曲目で女性ヴォーカルが聴けるややリラックスした曲に。4曲目もドラム(パーカッション)のみをバックにしたエコーを効かしたサックス。5曲目はジョン・コルトレーンの曲で、比較的静かながらエレクトリックで、アフリカの香りがするパーカッション。6曲目は10分台の曲で、当時のエレクトリックなジャズの影響も。7曲目はギターやタブラの響きもエキゾチックな渋い曲。(99年10月1日発売)
Father Time/Frank Tusa(B)(Enja) - Recorded July 1, 1975. Dave Liebman(Ts, Ss, Fl, Per), Richard Beirach(P, Per), Badal Roy(Tabla), Jeff Willams(Ds) - 1. Don't It 2. Cameo 3. Gipsy Song 4. Mabel's Mood 5. Kristie's Spirit 6. String Beans

全曲フランク・トゥサの作曲。全員参加は1曲目だけで、他の曲は2−4人の参加です。割と自由な進行で、曲ごとでさまざまなサウンド。ミディアム・テンポの8ビートで、最初はパーカッションが強調されていて、徐々に他のメンバーが本来の楽器に持ち替えて、ワン・コード的に進んでいく1曲目、サックス、ベース、ピアノのトリオで温度感低く美しいバラードが進んでいく2曲目、ベース以外はパーカッション3人で、1曲目と3曲目だけに参加のバダル・ロイが加わるとインド風味がかなり強くなる、エスニックな3曲目、ピアノとベースでフリー・インプロヴィゼーションらしく氷の世界を構築している感じの4曲目、フルートとのデュオでこれまたエスニックな雰囲気の5曲目、サックス・トリオで徐々に盛り上がり、激しいドラム・ソロもある6曲目。(06年8月23日発売)
Forgotten Fantasies/David Liebman(Afl, Ts, Ss)& Richard Beirach(P)(A&M Horizon) - Recorded November 18-20, 1975. - 1. October 10th 2. Repeat Performance 3. Eugene 4. Forgotten Fantasies 5. Troubled Peace 6. Obsidian Mirrors

邦題は「遺忘夢幻」。タイトルはともかく、全曲オリジナルで2人の対話的な作品集です。渋いのですが、時代とレーベルを考えると、かなり意外かもしれません。2人の演奏の緊密性が、聴く人を緊張させます。
Live '77/John Scofield(G)(Enja) - Recorded November 4, 1977. Richie Beirach(P), George Mraz(B), Joe LaBarbera(Ds) - 1. V. 2. Gray And Visceral 3. Leaving 4. Air Pakistan 5. Jeanie 6. Softly As In A Morning Sunrise

ジョン・スコフィールド初期のグループに、リッチー・バイラークが参加していて、これはドイツのミュンヘンでのライヴ。2人の個性が強く出ていて、特に6曲目の「朝日のようにさわやかに」における2人の解釈というか演奏は、非常に面白いと思いました。
Maracaibo Cornpone/George Otsuka(Ds)(Art Union) - Recorded May 25 and 26, 1978. Steve Grossman(Ss), John Abercrombie(G), Masabumi Kikuchi(Key, Synth, Ds), Richard Beirach(P), Nana Vasconcelos(Per, Voice), Miroslav Vitous(B), Yoshiaki Masuo(G) - 1. Maracaibo Cornpone 2. Rainbows 3. Telegram 4. Who Got? 5. Ginger 6. Believer

まず、参加メンバーを見て、あまりにもスゴいのでビックリ。プロデューサーは菊地雅章。 曲はリッチー・バイラークとミロスラフ・ヴィトウスが2曲ずつ出しているので、実質的には彼らのアルバムかも。内容的にはジャズからハードなクロスオーヴァーにかけてさまざまです。タイトル曲の1曲目はいちばんクロス・オーヴァー寄り。ミロスラフ・ヴィトウスの高音域のアルコ弾き、あるいはエレクトリック・ベースへの持ち替え(1曲目)、ジョン・アバークロンビーやリッチー・バイラークらしいソロなど見るべきところは多く、結局のところミュージシャン買いをしてもたぶん後悔しないだろうな、と思います。ただし、いわゆる4ビートの純ジャズと言えそうなのは4曲目のみ。6曲目は非常に思索的な演奏 になっています。(99年7月23日発売)
Omerta/Richard Beirach(P)/David Liebman(Ts, Ss, Fl)(Break Time) - Recorded June 9 and 10, 1978. - 1. Omerta 2. On Green Dolphin Street 3. 3rd. Visit 4. Eden 5. Spring Is Here 6. Cadaques 7. To A Spirit Once Known 8. In A Sentimantal Mood

デイヴ・リーヴマンとのアルバムはたくさん出てきますが、デュオの場合はシリアスな対話の面白さというか、スタンダードの曲もコード進行を変えたり、メロディーが変わったり、すんなりと聴き流させてくれないところが印象に残ります。2人ともうまい!
Tidal Wave/Masahiko Togashi(Per), Richard Beirach(P)(P.J.L.) - Recorded June 21, 1978. - 1. Essence 2. Tidal Wave

邦題「津波」。東京でのデュオのライヴ。曲は2曲で、それぞれが31分、16分と長尺なフリー・インプロヴィゼーション(1曲目はクレジットでは富樫の作曲)。2人ともクールでシャープな印象があって、その瞬間瞬間で構築されていく世界は見事。1曲目は静かな場面からはじまって、冷めた雰囲気を基調に場面場面でふつふつと情熱が地の底から湧き上がってくるような真剣勝負のやりとりを聴くことができます。個々の掛け合いをどうこう言うよりは、潮が満ち引きしていくかのようなインプロヴィゼーション。2曲目のタイトル曲は激しさも持つインプロヴィゼーションですが、富樫のビートを基調にして、こちらも緩急自在な展開です。 こういうライヴのフリーで、2人の呼吸がピッタリと合っているところがスゴいかも。(01年10月24日発売)
Kahuna/Richard Beirach(P), Masahiko Togashi(Per)(P.J.L.) - Recorded June 27, 1978. - 1. Kahuna 2. Essence

ダイレクト・カッティング(LP発売当時)の録音。やはりそれぞれ13分台、14分台の長めの曲になっています。1曲目「カフナ」はソロ・ピアノの曲で哀愁も漂いつつ、メロディアスかつ温度感の低い出だしで、徐々に展開していく曲だけれども、他の曲で使われているモチーフが何回か顔を出していて、ちょっと興味深いです。やや抑制が効きつつも、自在にサウンドが物語性を帯びて変化して行き、それでもちゃんとまとまって着地しています。 2曲目は、富樫雅彦作曲の曲をデュオでの録音で、「津波」でも演奏されていた曲。こちらの方はスタジオ録音なので、収録時間もサウンドをまとめ上げて短くなっているような感じです。ヴァージョン違いを比べてみるのも面白いですが、聴く人にやや緊張感を強いる演奏。(04年2月18日発売)
Arcade/John Abercrombie(G) Quartet(ECM) - Recorded December 1978. Richie Beirach(P), George Mraz(B), Peter Donald(Ds) - 1. Arcade 2. Nightlake 3. Paramour 4. Neptune 5. Alchemy

しばらく廃盤だったものの世界初CD化作品。このメンバーでの第1作で、サウンドのクオリティはけっこう高く、しかもまとまっていると思います。 メンバー構成からみても、美しさが感じられる演奏。1曲目はミキシングの影響か、やや冷たい印象ながらも、基本的には彼ら流のジャズが展開されています。この曲はECM流というよりは、リッチー・バイラーク色の強い曲かな、という印象。2曲目はしっとり感の強い、良い意味でのメロディアスな曲。それぞれのパートのメロディが、花びらが舞うような3曲目、流れていくメロディが非常に美しい4曲目。特にこの曲は聴き逃すのはもったいない気も。5曲目は11分台の曲で、ピアノの導入部、そしてギターが入ってきてドラマチックに盛り上がって展開していきます。(01年7月25日発売)
The First Quartet/John Abercrombie(G, Mandolin)(ECM 2478-80)(輸入盤) - Arcade/John Abercrombie(G) Quartet - Recorded December 1978. Richie Beirach(P), George Mraz(B), Peter Donald(Ds) - 1. Arcade 2. Nightlake 3. Paramour 4. Neptune 5. Alchemy - Abercrombie Quartet/John Abercrombie(G, Mandolin) - November 1979. Richie Beirach(P), George Mraz(B), Peter Donald(Ds) - 1. Blue Wolf 2. Dear Rain 3. Stray 4. Madagascar 5. Riddles 6. Foolish Dog - M/John Abercrombie(G) Quartet - Recorded November 1980. Richie Beirach(P), George Mraz(B), Peter Donald(Ds) - 1. Boat Song 2. M 3. What Are The Rules 4. Flashback 5. To Be 6. Velis 7. Pebbles

(15/11/16)Arcade(ECM 1133)、Abercrombie Quartet(ECM 1164、初CD化)、M(ECM 1191、初CD化)の3枚組。ECMサウンドで温度感はやや低めだし4ビートの場面は少ないのと、抒情的なんだけど、より純ジャズに近い盛り上がりや雰囲気を持ち合わせていることで、初CD化が遅れたものがあったのではないか(噂話は別にして)と思います。1164は1−2、6曲目がジョン・アバークロンビーの、3−5曲目がリッチー・バイラークの作曲。1曲目でアップテンポの4ビートが出ているあたり、ちょっと異色か。ジャズ色は少し強めで賑やかか。1191は1−2、4曲目がアバークロンビーの、3、5−6曲目がバイラークの、7曲目がジョージ・ムラーツの作曲。こちらもいい感じに当時のECMのジャズしています。バイラークが再発の鍵。
Sound Suggestions/George Adams(Ts, Vo)(ECM) - Recorded May 1979. Heinz Sauer(Ts), Kenny Wheeler(Tp, Flh), Richard Beirach(P), Dave Holland(B), Jack DeJohnette(Ds) - 1. Baba 2. Imani's Dance 3. Stay Informed 4. Got Somethin' Good For You 5. A Spire

ジョージ・アダムスがECMに1枚だけ作ったアルバム。 彼の曲が2曲(2、4曲目)、ケニー・ホイーラー作が2曲(1、5曲目)、ハインツ・ザウアー作が1曲(3曲目)。あのゴリゴリ・テナーは相変わらず熱いですが、他のメンバーのキャラクターでECMっぽく、さめた感じになってしまうのは不思議で す。アンバランスの妙。冷めた曲とテナーのアドリブとのコントラストが何となく気になる1曲目での演奏。珍しくストレートに4ビートジャズして盛り上がる部分もある10分台の2曲目、アグレッシヴなサックスを聴くことができ、ドラムスも強力にプッシュしている3曲目、豪快なアダムスのヴォーカルも聴くことができるブルース進行(これもECMでは珍しい)の4曲目、ホイーラーの冷たさが前面に出たやや静かなサウンドの5曲目。
Quest(Break Time) - Recorded December 28 and 29, 1981. Dave Liebman(Ss, Afl), Richie Beirach(P), George Mraz(B), Al Foster(Ds) - 1. Dr. Jekyll Ans Mr Hyde 2. Wisteria 3. Softly As In A Morning Sunrise 4. Elm 5. Napanoch 6. Lonely Woman

「クエスト」という言葉がはじめて出てきますが、ここでは、アルバムタイトルが「クエスト」で、リズムの2人は1枚目のみの参加なので、実質は2枚目からとはちょっと違ったニュアンスなのかもしれません。ここでも「朝日のようにさわやかに」が出てきます。
Bill Evans - A Tribute(Palo Alto Jazz) - Recorded April 15, 1982. (2曲目のみ)Richie Beirach(P) (9曲目のみ)Joanne Brackeen(P) - 1.Waltz For Debby 2. Blue And Green 3. But Beautiful 4. Time Remembered 5. I'll Remember April 6. Your Story 7. Emily 8. Dolphine Dance 9. Song For Helen 10. How Deep Is the Ocean 11. Quiet Now 12. We Will Meet Again

(2曲目)「ブルー・イン・グリーン」とも言い、マイルス・デイビスの「カインド・オブ・ブルー」が初演。ビル・エヴァンスに比べてリッチー・バイラークはもっとクラシックぽい感じでクリアーな演奏というイメージが強いですが、テクニックが非常にある人なので、まさに快演という感じです。
Double Edge/David Liebman(Ts, Ss)/Richard Beirach(P)(Storyville) - Recorded April 21, 1985. - 1. Naima 2. Round Midnight 3. India 4. On Green Dolphin Street 5a. Lover Man 5b. Some Other Time 6. Oleo

デュオによるジョン・コルトレーンやスタンダード曲集。特に2年後の「トリビュート・トゥ・ジョン・コルトレーン」と曲が重なっているものもあり、比較してみると面白いかも。「オレオ」など、この2人では出そうもない雰囲気なのですが、すごいスピードで、やっぱり変わった演奏でした。
Quest 2(Storyville) - Recorded April 17, 1986. David Leibman(Ss, Fl), Richard Beirach(P), Ron McClure(B), Billy Hart(Ds) - 1. Gargoyles 2. Pendulum 3. The Hollow Men 4. Carissima 5. Third Visit 6. Johnny B.

クエスト2作目は、1作目より4年半経過して録音されましたが、曲はリッチー・バイラークとデイヴ・リーブマンの2人によるもので、内容的にけっこうシリアスなものがあります。やはりこのような演奏だとビリー・ハートのドラム、特にあのマレットさばきがぴったりきます。
Emerald City/Richie Beirach(P) & John Abercrombie(G Synth)(Pathfinder) - Recorded February 1987 - 1. Odin 2. Anse Des Flamonde 3. Sleight Of Hand 4. Emerald City 5. On Overgrown Path 6. Carnival (Suspone)

ピアノとギター・シンセサイザーによるデュオ。3、6曲目が2人のフリー・インプロヴィゼーションで、他がリッチー・バイラークの作曲。2人で空間を作り出していく、というイメージ。1曲目はドローンのような重低音が持続して、ピアノ側もシンセサイザーを使用しているかも。作曲されたものとはいえワンコード的で、やはりフリー的な緊張感のあるアプローチのようにも思えます。クリスタルのような出だしに続いて、マイナーのアルペジオで、薄暗い雰囲気で進んでいく2曲目、ランダムに2人で次々と音を選んでいるように聴こえるフリータッチの3曲目、硬質なアプローチで、宝石の質感のアプローチを見せるタイトル曲の4曲目、まさに空間的世界が15分も続くドラマチックな5曲目、重いけど活発なやり取りが続く緊張感のある6曲目。
Tribute To John Coltrane(Paddle Wheel) - Recorded July 26, 1987. Wayne Shorter(Ss), Dave Liebman(Ss), Richie Beirach(P), Eddie Gomez(B), Jack DeJohnette(Ds) - 1. Mr. P.C. 2. After The Rain/Naima 3. India/Impressions

よみうりランドでの「ライヴ・アンダー・ザ・スカイ」での演奏なのですが、この時、実はこの感動的な演奏を見ています。CDでもLDでもそうですけど、とにかく迫力のある演奏です。メンバーもこれだけの大物が集まっているので、本当なら、ぜひとも映像で見たいものです。LDは57分収録。
N.Y. Nites/Quest(Pan Music) - Recorded March 21 and 22, 1988. David Liebman(Ss), Richard Beirach(P), Ron McClure(B), Billy Hart(Ds), Tom Beyer(Per) - 1. You Don't Know What Love Is 2. The Island 3. I've Grown Accustomed To Your Face 4. Summer Night 5. Night And Day 6. You And The Night And The Music 7. The Night Has A Thousand Eyes 8. I Love You Porgy

クエスト第3作目は、スタンダード集です。ところで、このメンバーは素直な解釈をしないので、見事に予想を裏切ってくれる演奏が面白いと思います。そこまでするか、と思うほど原曲のイメージから遠いものもあります。
Natural Selection/Quest(Pan Music) - Recorded June 1988. Dave Liebman(Ss), Richie Beirach(P), Ron McClure(B), Billy Hart(Ds) - 1. As Always 2. Natural Selection 3. Nocturnal 4. Amethyst Suite/Fahamivu 5. Michiyo 6. A Moody Time 7. Nighty-Nite

邦題に訳せば、「自然淘汰」となってしまいますが、再びオリジナル集です。曲調は比較的ゆったりしたものが多く、精神的というか、思索的な(こういう表現があっていいのか分かりませんが)グループのサウンドになっています。7曲目のみなぜかフュージョン的ビートです。
Some Other Time/A Tribute To Chet Baker(Triloka) - Recorded April 17 and 18, 1989. Richie Beirach(P), Michael Brecker(Ts), Randy Brecker(Tp, Flh), George Mraz(B), Adam Nussbaum(Ds), John Scofield(G) - 1. Broken Wing 2. Sunday Song 3. Alone Together 4. Young And Foolish 5. Leaving 6. In Your Own Sweet Way 7. Some Other Time 8. Inborn 9. Paradox 10. My Funny Valentine

チェット・ベイカーへのトリビュートアルバムで、ランディ・ブレッカーがトランペットを吹いています。ジョン・スコフィールドやマイケル・ブレッカーの参加などもあり、それだけで楽しめる内容になっています。リッチー・バイラークの曲が5曲あり、このアルバムの中心的存在です。
Chant/David Liebman(Ss)& Richard Beirach(P)(CMP) - Recorded July 1989 - 1. Incantation 2. Invocation

1曲目(3章からなります)がリッチー・バイラークの、2曲目(4章からなります)がデイヴ・リーブマンの作曲ということですが、私には何となく2人のフリー・インプロヴィゼーションに聞こえます。内容を知らずに買うと怒り出す人もいるかも しれません。
Of One Mind/Quest(CMP) - Recorded July 1990. David Liebman(Ss), Richie Beirach(P), Ron McClure(B), Billy Hart(Ds) - 1. Commonality 2. Of One Mind 3. Changuito Tapestry 4. Passages

今度のクエストの作品は、全曲「クエスト」名義なのと、曲を聴いた感じでは、全曲打ち合わせをほとんどしない、フリー・インプロヴィゼーションで録音したようです。いわゆるフリー・ジャズ的アプローチでもこれだけのまとまりと緊張感を出せるグループはなかなか無いでしょう。
Convergence/Richie Beirach(P) and George Coleman(Ts, Ss)(Triloka) - Recorded November 10 and 11, 1990. - 1. I Wish I Knew 2. Flamenco Sketches 3. Rectilinear 4. For B.C. 5. Riddles 6. Zal 7. What Is This Thing Called Love? 8. Infant Eyes

2人の取り合わせは、ちょっと変わっていると思いつつも、リッチー・バイラークのピアノと、ジョージ・コールマンの暖かい音色とフレーズのサックスの組み合わせは、いい味を出しています。デイヴ・リーブマンとは対極にあるような感じです。
The Amulet/Conrad Herwig(Tb) Quintet(Ken Music)(輸入盤) - Recorded April 8 and 9, 1991. Randy Brecker(Tp, Flh), Richie Beirach(P), Ron McClure(B), Adam Nussbaum(Ds) - 1. The Amulet 2. Recurrent Dreamscape 3. Wake Up 6   4. Radius 5. Invisible Means 6. Boston Harry 7. Warm Sunday 8. Refraction

(00/10/16)けっこう名が売れているメンバーでの演奏。8曲中6曲がコンラッド・ハーヴィグのオリジナル。彼のトロンボーンはけっこうスゴい。この取り合わせだと、どうしてハードな演奏の時も温度感が低い感じがするのでしょうか。曲によってはそれなりにエキサイティングではありますが。1曲目のタイトル曲は短い間隔でソロの交代もあり疾走感があります。研ぎ澄まされた静けさが支配するバラードの2曲目、渋めでゆったりした6拍子(?)の3曲目、モードっぽい曲の4曲目、これまたゆったりした5曲目、やはりモードっぽい リッチー・バイラーク作の6曲目、浮遊感のあるメロディをホーンが奏でるロン・マクルーア作の7曲目。8曲目はフリーっぽい静かな出だしからだんだん盛り上がっていきます。
Poegy/Masami Nakagawa(Fl, Afl, Bfl)(JVC) - Recorded September 7-9, 1991. Richie Beirach(P), George Mraz(B), Lewis Nash(Ds) - 1. All The Things You Are 2. Beautiful Love 3. Milestones 4. Elm 5. Round Midnight 6. Oriental Folk Song 7. All Blues 8. Some Ohter Time 9. Autumn Leaves

中川昌三はイメージとしてクラシック色が強いですが、なかなか良いメンバーだと思います。これはスタンダード集で、このメンバーの手にかかると格調高くなってしまうから不思議です。アレンジは大半がリッチー・バイラークによります。ちゃんとスイングする曲もあります。
To Dream the World/Nora York(Vo)(Geronimo) - Recorded June 28-July 1, 1992. Richie Beirach(P), Rob Schwimmer(P), Michael Formanek(B), Terry Clarke(Ds), Rich Perry(Sax), Jack Willkins(G) - 1. Drifting On A Dream 2. Vishnu's Dream 3. Out Of This World 4. Beirut 5. Pilgrim/When Did You Leave Heaven? 6. If I Fell 5. War Anthem/Is It The End Of the World? 8. Denial 9. You Go To My Head/Manis Depression 10. Somebody Else 11. Nobody Else But Me 12. Love For Sale 13. Pursuit Of Happiness 14. You Must Believe In Spring

2、6、10−12、14曲目に参加。参加曲は、この中で2曲目を除けばスタンダード(含:ビートルズ)で、比較的オーソドックスなジャズです。ただし、ノラ・ヨーク自身の作曲のものも何曲かありますが、印象に残る良い曲です。
Too Grand/Richie Beirach(P) & Andy LaVerne(P)(Steeple Chase) - Recorded November 1992 - 1. Footprints 2. Nature Boy 3. Moonlight in Vermont 4. So What 5. Zingoro 6. Monk's Dream 7. Milestones 8. In Your Own Sweet Way 9. Passion Dance

2人ともビル・エヴァンス派とも呼ばれる事もあるそうですが、その2人の共演盤。曲によっては、これが2台のピアノかと思えるほどの迫力があります。そして、静かな曲はより渋く静かに唄い上げられています。スタンダード中心。
The Duo Session/Richie Beirach(P) & Laurie Antonioli(Vo)(Nabel)(輸入盤) - Recorded 1992. - 1. Flamenco Sketches 2. You And The Night And The Music 3. Blue In Green 4. Green Dolphin Street 5. New Souls 6. The Island 7. Moonlake (Nightlake) 8. You Don't Know What Love Is 9. Sounds From Your Heart (Elm) 10. Memories, Dreams & Reflections

(08/10/08)ピアノとヴォーカルのデュオ。リッチー・バイラーク作詞、Laurie Antonioli作曲は3曲(7、9−10曲目)。1、3曲目のマイルス・デイヴィスの曲も彼女の作詞。穏やかながら、バイラーク特有の温度感の低い鋭いリハーモナイズも使って、寄り添うようにデュオの演奏を進めていきます。ヴォーカルは何となく気だるそうに歌う歌手。やはり気だるそうにスキャットもやったりします。でも、センスはなかなかいい感じ。マイルスやビル・エヴァンスの演奏曲が前半に多いですが、6曲目はイヴァン・リンスの有名な曲。2曲目はテンポ的に速く、4、8曲目も盛り上がりがあり、けっこうスリリングな演奏が聴けます。バイラーク作の7曲目は歌いづらそうですが、彼らしくて、繊細。9曲目はおなじみの曲で、歌詞ヴァージョンもなかなか。
The Rainbow Colored Lotus - A Big Hand For Hanshin(Polydor) - Recorded Dec 21, 1989, December 9. 1992, (February 24, 1993), November 28, 30, December 17, 1994 and February 4, May 12, 30, June 1995 and Released 1995. - 1. Paint My Heart Red: Keith Jarrett(P), 2. Nardis: Ralph Towner(G), Gary Peacock(B) 3. Little Peace: Charles Lloyd(Fl), Bobo Stenson(P), Anders Jormin(B), Billy Hart(Ds) 4. No More Blues: Makoto Ozone(P) 5. Alone Together: Richie Beirach(P), Dave Holland(B), Jack DeJohnette(Ds) 6. Forthcoming: Miroslav Vitous(B) 7. Change Of Heart: Pat Metheny(G), Dave Holland(B), Roy Haynes(Ds) 8. Dance Of The Broken Doll: Oscar Deric Brown(P) 9. Boy And Beauty: Kiyoto Fijiwara(B), Allen Won(Ss), Thomas Chapin(Fl), Peter Madsen(P), Shunsuke Fuke(Ds) 10. Sweet Revenge: Ryuichi Sakamoto(Synth, Prog) 11. Mbatu Mbatu: Lo-Tutala Masiditewa(G, Vo), Lo-Tutala Nianga(B, Vo), Bouced Thierry(Vo), Mino Cinelu(G, Vo) 12. From Tom To Tom: Toninho Horta(G, Vo), Yuka Kido(Fl) 13. I Fall In Love Too Easily: Sali Oguri(Vo), Secar Deric Brown(Key, P, Ds, Vo), Brother James(Per) 14. Mbanza Mquena: Kiala Nzavotunga(Vo, G, Kalimba), Stephane Mickoel Blaess(B), Udoh Essiet(Per) 15. Navigate: Wayqay(Souling Chants, Calls, Tam Tam), Strafe(Ds, Synth, Prog, Per, G, Chorus, Vo), Kathy Waters(Cho, Vo, Melodic Tail Out), Deborah Cole(Cho, Vo), Wayne Betancourt(B, Cho, Vo), Rayder(Per) 16. Juju: Herbie Hancock(Synth), Darrell Smith(Cynth, Prog), Will "Roc" Griffin(Prog, Ds Loop), Will Kennedy(Ds), Lazaro Galarraga(Vo, Bata), Nengue Hernandez(Bata), Mas Lasar(Key) 17. Passoa Quese Certa: Seigenn Ono(Charango), Eugenio Dole(Vo, G), Chikara Tsuzuki(Harmonica) 18. An Illusion In The Sound: Norico(Vo), Oscar Deric Brown(Key, P), Ronny Drayton(G), Brother James(Per), Camin Rojbas(B) 19. Naturally: Kalapana 20. Nature's Collin' '95Maldie Sexton(Vo) 21. Requiem For Hansin: Naoki Nishimura(Synth), The Monx(Vo, Cho)

邦題「レインボー・ロータス」。阪神大震災基金のためのベネフィットCD。ジャズ、特にECM関係のミュージシャンの参加が多いです。キース・ジャレットが1曲目、ゲイリー・ピーコックが2曲目、リッチー・バイラークが5曲目、デイヴ・ホランドが5、7曲目、ジャック・ディジョネットが5曲目、ミロスラフ・ヴィトウスが6曲目、パット・メセニーが7曲目、ハービー・ハンコックが16曲目と非常に豪華。このために作曲された曲か既成の曲かは別にして、ここでしか聴けない録音が多いです。どちらかと言うと、CD2枚組みのうち、1枚目が好みのミュージシャンが多く、2枚目はジャズとは少し離れた曲が多い。ハービー・ハンコックも電気サウンドバリバリの演奏です。これだけの演奏者の未発表曲が揃うのも非常にまれ。そういう意味では貴重。
Inspiration/Ron McClure(B) Trio(Ken Music)(輸入盤) - Recorded April 10 and 11, 1991. Richie Beirach(P), Adam Nussbaum(Ds) - 1. Inspiration 2. On Green Dolphin Street 3. Last Rhapsody 4. Dream Tigers 5. Goodbye 6. Night And Day 7. Fairy Tale Visions 8. What Are The Rules? 9. Flamenco Sketches 10. Footprints

(16/03/15)ロン・マクルーアの作曲が2曲(1、7曲目)、リッチー・バイラーク作が3曲(3−4、8曲目)、他はスタンダードやジャズメン・オリジナル。作曲の割合から行くとリッチー・バイラークのリーダー作のようにもとれるけど、そこは大人の事情かも。このメンバーならではの、ちょっと覚めた感じながらもスピーディーに鋭く斬りこんでいく雰囲気のある、一発勝負的な1曲目、情感のある、しっとりとした美しいバラードの3曲目、アップテンポの4ビートでガンガン来る、それでいてキチッとしている4曲目、ちょっと夢見がちな雰囲気のある静かなバラードの7曲目、少しミステリアスで自由な感じのある8曲目。既成曲はこの3人らしく、割とオーソドックスながらメリハリが効いていて、バラードは美しく、けっこう楽しむことができます。
Universal Mind/Richie Beirach(P) & Andy LaVerne(P)(Steeple Chase) - Recorded November 1993. - 1. Solar 2. All The Things You Are 3. I Loves you Porgy 4. Haunted Heart 5. Chappaqua 6. Blue In Green 7. Elm, The Town Suite: 8. Prologue 9. Story Line 10. Turn Of The Stars 11. Epilogue

ビル・エヴァンスへの追悼的作品で大部分が彼ゆかりの作品です。特に8曲目より後のタウンホール組曲はビル・エヴァンス作曲の作品。2曲目のオール・ザ・シングス・ユー・アーなどは、コードやフレーズが非常に面白い仕上がりだと思いました。
Freedom Joy/Masahiko Togashi(Per)/Richie Beirach(P)(Trial Records) - Recorded September 25, 1997. - 1. Rectilinear 2. Haze 3. Bagatelle#6 4. Little Eyes 5. Inter-Action 6. Circle, Chain, Mirror 7. Ida Lupino 8. Waltz Step 9. Sunday Song

デュオで、2人のオリジナルが中心。バルトークとカーラ・ブレイの作品が1曲ずつありますが、音が良いことと、それぞれのインプロヴィゼーションの絡みが非常に緊密なことが印象的でした。手に入りにくい事と、税込み3,200円のハードルも、クリアです。
Beauty/Charlie Mariano(As), Gregor Huebner(Vln), Richie Beirach(P), Veit Huebner(B)(Intuition)(輸入盤) - Recorded September 10, 2004. - 1. Randy 2. Waltz For Fee 3. Three Leaves 4. Plum Island 5. Elm 6. Nardis 7.  My Foolish Heart 8. Rectilinear 9. Beauty

(08/01/12)メンバーそれぞれの作曲した曲が9曲中7曲あり、他はジャズメン・オリジナルやスタンダードも。再演曲もあって、懐かしい感じ。フロント楽器はやわらかめながら出るところは出ています。温かくゆったりしたバラードでありながらフレーズが盛り上がる1曲目、ワルツでもけっこう前面に出てくる元気なフレーズが印象的な2曲目、しっとりとした感触のワルツでゆっくりと進んでいく3曲目、明るいサウンドとメロディで勢いもあって楽しい、途中4ビートの4曲目、バイラークの有名作を中途でやや盛り上げて奏でていく5曲目、ヴァイオリンがエキゾチックな、有名曲で速い6曲目、原曲のイメージを大切にした雰囲気の7曲目、4人がバラバラに動いているようで次第に4ビートでまとまる8曲目、じっくりと語りかけてくる9曲目。
Redemption/David Liebman(Ss, Ts Wooden Fl), Richie Beirach(P), Ron McClure(B), Billy Hart(Ds)(Hatology 642)(輸入盤) - Recorded November 2 and 3, 2005. - 1. Round Midnight 2. Ogunde 3. WTC/Steel Prayers 4. Dark Eyes 5. Lonely Woman 6. Redemption

(08/07/12)デイヴ・リーブマンとリッチー・バイラークの共作が3曲目、ビリー・ハートの作曲が6曲目。以前あったクエストというグループのある時期との同メンバーですが、ジャズメン・オリジナルが多いにもかかわらず、モーダルで研ぎ澄まされたサウンドと冷たいアヴァンギャルドの感覚はかなり聴く人に緊張感を強いる場合があります。ピアノとソプラノサックスのデュオなのにエキサイテイティングにえぐりとる1曲目、かなり自由な感覚の、テンポがフリーで流れるように盛り上がる2曲目、低い温度感でじっくりと進んでいき、後半は牧歌的なバラードの3曲目、有名な曲でも彼ら独自の素材として扱う4曲目、ズシッと沈み込んでいるような雰囲気の5曲目、モーダルなサウンドの集大成とも言える、19分台のタイトル曲の6曲目。
Re-dial - Live In Hamburg/Quest(Out Note Records)(輸入盤) - Recorded November 6 and 7, 2007. Dave Liebman(Ss, Ts, Wooden Fl), Richie Beirach(P), Ron McClure(B), Billy Hart(Ds) - 1. Let Freedon Ring 2. Standoff 3. Re-dial 4. Continuum 5. Pendulum 6. The Piper At The Gates Of Dawn 7. Brazilia 8. Hermitage

(11/01/16)ジョン・コルトレーン作が7曲目に、ロン・マクルーア作が1曲目に、他にデイヴ・リーブマン作が3曲(2−3、6曲目)、リッチー・バイラーク作が3曲(4−5、8曲目)。グループは長く断続的に活動していて、けっこうシリアスで深い演奏が繰り広げられます。テーマがお茶目(?)なのにアドリブはシリアスな1曲目、研ぎ澄まされた内省的な緊張感のある演奏の2曲目、モーダルからフリーにかけての爆発的な盛り上がりを見せる3曲目、温度感低く、たゆたうように進んでいく4曲目、4ビートも含んで、モーダルでハードに進んでいく5曲目、かなり内省的で自由に進行しているような静かな6曲目、ドラムソロの後、まさにコルトレーン流なモーダルかつフリーな世界が広がる7曲目、静かでクリアな世界が広がるバラードの8曲目。
Quest For Freedom/Richie Beirach(P)/Dave Liebman(Ss, Wooden Fl)(Sunnyside)(輸入盤) - Recorded June 18-20, 2009. Jim McNeely(Cond), Frankfurt Radio Bigband: Heinz-Dieter(As), Oliver Leicht(As), Tony Lakatos(Ts), Julian Arguelles(Ts), Rainer Heute(Bs), Buon Watson(Tp), Thomas Vogel(Tp), Martin Auer(Tp), Axel Schlosser(Tp), Gunter Bollmann(Tb), Peter Feil(Tb), Christian Jaksjo(Tb), Manfred Honetschlager(Btb), Peter Reiter(P), Martin Scales(G), Thomas Heidepriem(B), Paul Hochstadter(Ds) - 1. Pendulum 2. Jung 3. Vendetta 4. WTC 5. Port Ligat 6. Enfin 7. The Sky Is The Light

(10/10/18)Frankfurt Radio Bigbandとの共演作。リッチー・バイラーク作が1曲目、デイヴ・リーブマン作が2−6曲目、ジム・マクニーリー作が7曲目。かつてのバンド「Quest」の雰囲気も持たせる冒険的なアレンジで、ビッグバンドはオーソドックスな編成ながらもバックを盛り上げていく、けっこう聴きごたえのある75分間。内省的なバラードが多い。1曲目では昔聴いたテーマが出てきて、4ビートが基本ながらもソロにアグレッシヴさが出ています。アップテンポでガンガンと進むビッグ・バンドもシャープな1曲目、しっとりとしつつ浮遊感のあるバラードの2−3曲目、哀愁漂う幽玄でエキゾチックなバラードの4曲目、まださらに空間的でドラマチックなバラードが続く5−6曲目、メカニカルで複雑なサウンドとアンサンブルを提示する7曲目。
Unspoken/Dave Liebman(Ts, Ss, Wooden Fl)/Richie Beirach(P)(Outnote Records)(輸入盤) - Recorded December 2009. - 1. Invention 2. All The Things You Are 3. Ballad 1   4. Awk Dance 5. New Life 6. Waltz For Lenny 7. Tender Marcies 8. Transition 9. Hymn For Mom/Prayer For Michael

(11/11/22)デイヴ・リーブマン作が3、7、9曲目、リッチー・バイラーク作が4−5曲目。内省的なデュオの曲が多いです。基本的に静かに向かい合いつつ演奏をしている感じ。静かなクラシックのような哀愁を帯びた1曲目、有名な曲を少しゆったりと、向かい合いながら語りかける2曲目、静かで内省的に進んでいく文字通りバラードの3曲目、モーダルで力強いピアノの左手がガンガンきて、勢いがあってあおりまくる4曲目、浮遊感を漂わせながら、ゆったりと漂っていく5曲目、じっくりと慈しむように演奏しつつ温度感が低い6曲目、ダイナミクスが広くて現代音楽的なところや民族的なウッド・フルートが印象的な7曲目、ジョン・コルトレーン作の勢いのある8曲目、静かな語り合いのあと、中盤サックスが咆哮し、再び静かになる9曲目。
Knowing Lee/Lee Konitz(As, Ss)/Dave Liebman(Ts, Ss)/Richie Beirach(P)(Outnote Records)(輸入盤) - Recorded May 2010. - 1. In Your Own Sweet Way 2. Don't Tell Me What Key 3. Universal Lament 4. Alone Togehter 5. Knwinglee 6. Solar 7. Migration 8. Thingin'/All The Things That... 9. Trinity 10. Body And Soul 11. Hi Beck 12. What Is THis Thing Called Love

(11/05/26)3人のインプロヴィゼーションが2、9曲目、2人のインプロヴィゼーションがいろいろなコンビで3、5、7−8曲目(8曲目の演奏は3人)。11曲目がリー・コニッツ作と他はジャズメン・オリジナルやスタンダードで全12曲。12曲目を除いてはあまりシビアに演奏しているという感じはなく、温かみのある、時にしっとりした哀愁、時に盛り上がったサウンドでの録音。ここでのデイヴ・リーブマンはアグレッシヴさは大部分影を潜めています。リッチー・バイラークも音使いには彼らしさもあって、特にオリジナルでは研ぎ澄まされている場面もあります。そこにマイペースのコニッツが吹いています。曲によってはデュオなものの、時に2人のホーンが絡み合って、というより自由に吹きあっている感じ。改めて聴くとこのメンバーは個性的。
Circular Dreaming - Plays The Music Of Miles Davis' 60s/Quest(Enja) - Recorded February 2011 and Track 10 December 2009. Dave Liebman(Ts, Ss), Richie Beirach(P), Ron McClure(B), Billy Hart(Ds) - 1. Rinocchio 2. Prince Of Darkness 3. Footprints 4. M.D. 5. Hand Jive 6. Vonetta 7. Nefertitti 8. Circular Dreaming 9. Paraphernalia Bonus Track: 10. Footprints

サブ・タイトルの通り、’60年代のマイルス・グループの曲が中心。デイヴ・リーブマン作が4曲目に、リッチー・バイラーク作が8曲目にある他は、ウェイン・ショーター作が7曲(1−3、6−7、9−10曲目)あって、トニー・ウィリアムス作が5曲目。彼らなりに冷めた部分はあるにしても、サウンドの音質的に、ドラムスやベースが引っ込んだ感じまで再現しているのでは。フリー直前に至るまでのモード的な演奏はけっこううまいので、彼らとしての、マイルスの演奏に対する現在の表現なのかと思わせます。まあ、代替にはならないですけど。静かで温度感の低いところから徐々に盛り上がる、マイルスに捧げたバラードの4曲目、ワルツで、浮遊感とこれまたけっこう冷めた感じのあるバラードの8曲目。ボーナス・トラックの10曲目はデュオ。(12年10月17日発売)
Balladscapes/Dave Liebman(Ss. Ts, Fl) & Richie Beirach(P)(Intuition)(輸入盤) - Recorded April 2015. - 1. Siciliana 2. For All We Know 3. This Is New 4. Quest 5. Master Of The Obvious 6. Zingaro 7. Sweet Pea 8. Kurtland 9. Moonlight In Vermont 10. Lazy Afternoon 11. Welcome / Expression 12. DL 13. Day Dream

(16/08/31)2人の共作が4、8曲目、デイヴ・リーブマン作が5曲目、リッチー。バイラーク作が12曲目で、あとはスタンダード、ジャスメン・オリジナル、バッハ作など多彩。74分にわたっておさめられています。この2人だと、やはり温度感が低く、かなり内省的な感じのデュオになりますが、それもまた心地よい感じ。サックスやフルート、ピアノの雰囲気がやはりこの2人ならでは。お互いに相手を知り尽くしている感じ。フレーズにアグレッシヴなところもあるものの、そんなにトンガったことはここではなくて、既成曲も多いし、表情はややシリアスながらも比較的聴きやすく仕上がっています。2人も年齢を経て、丸くなったということか。多少音数が多くても、なぜか静かなイメージがあります。最近の2人を知るにはなかなかいい盤。

(他の主な参加CD) アシルバット/バーダル・ロイ(Tabla)’75年(P.J.L)、ユー・キャント・ゴー・ホーム・アゲイン/チェット・ベイカー(Tp)’77年(A&M Horizon)、ベスト・シング・フォー・ユー/チェットベイカー(Tp)’77年(A&M)、ファイア・フライ/ジェレミー・スタイグ(Fl)’77年(CTI)、

ニューヨーク・ハートボール/コンラッド・ハーヴィッグ(Tb)’89年(Ken Music)、

ウィズ・エヴリ・ブレス/コンラッド・ハーヴィッグ(Tb)’90年(Ken Music)、ザ・プロミス/ウォルフガング・ムートゥシアル(G)’90年(Polydor)、インティメート・カンバゼーション/コンラッド・ハーヴィッグ(Tb)’90年(Ken Music)、キャッチング・アップ/ジョージ・ムラーツ(B)’91年(Alfa Jazz)、ザ・イン・アンド・ヨー/ポール・ワーティコ(B)’92年(Canyon International)、ライヴ・アット・スイート・ベイジル/アンデシュ・ベリグランツ(Tp)’92年(DIW)、イン・ジス・トゥゲザー/アンデシュ・ベリグランツ(Tp)’94年(DIW)、マイ・フーリッシュ・ハート/ジョージ・ムラーツ(B)’95年(Alfa Jazz)、JAZZ/ジョージ・ムラーツ(B)’95年(Milestone)、

 

このホームページに記載されている内容の無断引用・無断転載・編集等禁じます。©1997 Kazuyuki Kudo

トップ・ページへ戻る