プロフィール

トップページ > プロフィール

ジャズCDの個人ページ」by K. Kudo

最終更新日:2013/05/11

 


性別: 男(既婚、子供あり)

年齢: 50代前半

居住地: 神奈川県

職業: 自営業(仕事のホームページがありますが、 ここと関連性がないため、あまり見なくてもいいかも)

自営業ゆえ、スケジュールによって休日でも多忙な時と、平日でも暇になってしまう時があります。仕事をしながらの音楽はかけていませんが、仕事が一段落して暇になってしまうと音楽を聴いているときもあります。

好きなミュージシャン、音楽の傾向: このホームページを読んでください(笑)。

ジャズ・フュージョンのCDで’99年以降に聴いたもの(コンピレーション盤やサンプル盤以外のもの)は、ほとんど全てこのホームページにアルバムコメントを書いてアップしてあります。

聴いたCDについては、聴いた時の精神状態や体調などでも良かったり悪かったりすることもあるので、点数化はしていません。また、批評をするというよりは、ややミーハーな視点でコメントを書いています。どれがオススメなのかは、書いてある事の温度感でご判断いただければと思います。

聴いているステレオ装置:

メインのオーディオ

    CDプレーヤー  TEAC     VRDS-15(平成16年購入)、それ以前はVRDS-10 (平成4年購入)
    アンプ        YAMAHA   DSP-AX2700(平成19年購入)、それ以前はAVX-2200 DSP (平成4年購入)
        スピーカー         ONKYO   Scepter 1001(メイン)  (平成6年購入)
               YAMAHA   NSX-F3(フロントサブとリア) (平成4年購入)

ちなみにオーディオのハード面については全然興味がない(ソフトを買うとお金が残らない)ので、壊れるまでは今の装置を使用していくと思います。

(注)ビデオやDVDプレイヤーは持っていないので、しかもテレビも取り払って全然見ないのに、常時サラウンド(Jazz ClubのVillage Vanguard)をかけて6チャンネル(メインx2、フロントサラウンドx2、リヤサラウンドx2)駆動をしている不届き者です。とりあえずジャズ・フュージョン系に向いている音だとは思います。(特にメイン・スピーカーはその傾向があります。)

 

性格: 

むかし、G感性という性格診断テストがありましたが、こだわりのマニアックな「G4」人間という結果が出ました。

その本の説明では、「特定の分野に興味を持ち、深く関わる」「好きなものに対しての行動力がある」「特定の分野の知識が異常に豊富。他人の知らないことをよく知っている」という人間だそうで、しかも「関心の範囲は広くない」(確かに、関心の範囲は仕事とパソコンとジャズだ。)、「納得できるまでやる」(当たっています。)、「判断が明確」「自分自身で決断する」(確かにあまり悩まない。)と、なるほど、と思わせる結果になっていました。ただし、悪く言えば「おたく」なのだそうです。

性格診断: エニアグラムという性格診断テストではタイプ1「完全でありたい人」という結果です。

「何事にも完璧を期し、自らの理想を建設的な姿勢で追い求め、努力を惜しまない」「常に公正と正義を心がけており、正直で信頼できる人柄で自分の倫理観には自信を持っている」。ここまで類型的ではないかもしれませんが、近いといえば近いかも。そのかわり「人生のすべてに完全を求める囚われがあり、現実の社会は完全なものではないので、自分にも周囲にも憤りを感じる」とあります。なるほど。

タイプ1の次に強かった要素がタイプ5で、「知識を蓄えることを好み、賢明であろうと心がけている」「分析力や洞察力に長け、客観的な傍観者に徹することを好み、現実の洞察力に長けているが、口数が少なく、遠慮しがちだ」「また孤独を好む傾向も強く、自分一人の時間をとても大切にしている」。これも、やっぱりここまで類型的ではないにしろ、言われてみればなるほどなあ、と思います。ただしどこか冷めている傍観者的な部分や、何かをやる時の消極性は自分にはあまりないので、やや遠いのかなあ、とも思えます。

自分でこんな性格だ、と思い込んでいた部分が実は違ったのだ、ということもあるので、もう少し時間をかけて分析してみたいと思います。

ただし、G感性が「G4」というのは、間違いなく当たっています(笑)。

上記の結果を見てみると、なるほど、こんなホームページを作りそうな人間だ、ということがお分かりいただけたでしょうか?

 

 

このホームページに記載されている内容の無断引用・無断転載・編集等禁じます。©1997 Kazuyuki Kudo

トップページへ戻る