2024年5月−8月のCD

トップページ > 2024年5月−8月のCD

ジャズCDの個人ページ」by K. Kudo

最終更新日: 2024/05/23

 

5月

ナットジム/田村夏樹(Tp)、ジム・ブラック(Ds)(Libra Records)
NatJim/Natsuki Tamura(Tp), Jim Black(Ds)(Libra Records) - Recorded November 2023. 1. Morning City 2. Afternoon City 3. City Of Dusk 4. City Of Night 5. Quiet City 6. Noisy City 7. Calm City 8. Bright City 9. Bonus

全曲田村夏樹の作曲。収録時間は47分。ジム・ブラックとのデュオは25年ぶりとのこと。フルにトランペットとドラムスのデュオを楽しむことができます。トランペットも通常の奏法から特殊な奏法、声を出して吹く方法等、取り混ぜて演奏しています。ミキシング、マスタリングがマイク・マルシアーノなので、2人の楽器がけっこうリアルに迫ってきて、特にドラムスの音はこれを全編聴いていても飽きないくらいインパクトがあって、楽しい。ジムの演奏はフリーと言うよりは、たいていの場面ではビートがまずあって、そこにいろいろつけ足して賑やかなサウンドを作っているので、フリーを聴くというようなかしこまった感じではなく、楽しむことができます。興味深いので、聴く機会があったらこのデュオ、聴いてみていただきたいところ。(24年5月17日発売)
The Sky Will Still Be There Tomorrow/Charles Lloyd(Ts, As, Bfl, Afl)(Blue Note)(輸入盤) - Released 2024. Jason Moran(P), Larry Grenadier(B), Brian Blade(Ds) - 1. Defiant, Tender Warrior 2. The Lonely One 3. Monk's Dance 4. The Water Is Rising 5. Late Bloom 6. Booker's Garden 7. The Ghost Of Lady Day 8. The Sky Will Still Be There Tomorrow 9. Beyond Darkness 10. Sky Valley, Spirit Of The Forest 11, Balm In Gilead 12. Lift Every Voice And Sing 13. When The Sun Comes Up, Darkness Is Gone 14. Cape To Cairo 15. Defiant, Reprise; Homeward Dove

(24/05/15)CD2枚組。全曲がチャールス・ロイドの作曲で、新曲も再演曲もある構成。収録時間は90分。すごいメンバーでのクァルテットです。演奏は相変わらずマイペースという感じですが、熟成してきてどこを聴いても彼の音楽になっています。CD1枚につき45分という構成はLP2枚組でも発売されているから。サイドも、バリバリ演奏しているところも多めではないのに、このメンバーなら文句ないだろうという演奏を聴かせているし、ある種洗練されたスピリチュアルというものをサックスからも感じます。フリーに半分入った形の曲も目立ちますが、サウンドの様式美が見えるようです。曲によって様々に変化があって、90分で15曲飽きさせず聴かせてくれます。聴く人を選ぶかもしれないですが、なかなかの大作ですね。
Lovabye/Gregory Groover Jr.(Ts)(Criss Cross 1419)(輸入盤) - Recorded August 16, 2023. Joel Ross(Vib), Matthew Stevens(G on 2-3, 11), Aaron Parks(P), Vicente Archer(B), Marcus Gilmore(Ds) - 1. 30   2. Bygone Towers 3. May All Your Storms Be Weathered 4. Joy 5. Lovabye 6. Stages 7. 5660   8. Ambivalence 9. Lovabye Theme 10. In For A Pound Of Penny 11. Cactus Lullaby

(24/05/14)全曲Gregory Groover Jr.の作曲。収録時間が44分で、11曲なので短い曲も何曲か。メンバーがすごい。リーダーのグレゴリーは、比較的メロディアスなサックスを吹くのだけど、時にマシュー・スティーヴンスのギター(2−3、11曲目に参加)など、今っぽいフレーズが出てきます。ただ、個性的なメンバーが集まっているけれども、プロデュースの関係か、比較的聴きやすい現代ジャズに仕上がっています。ここでのプロデューサーがWalter Smith IIIなので、その影響もあると思います。あくまでもCriss Crossレーベルらしく、そして、これだけのメンバーをうまくまとめ上げているところは見事かも。サックスがメロディな人(当然アドリブで冒険はするにしても)なのが、なかなか印象的。それぞれのソロも見事ですね。
Apres Faure/Brad Mehldau(P)(Nonesuch)(輸入盤) - Recorded June 19-21, 2023. - Gabriel Faure: 1. Nocturne No.13 In B Minor, Op.119   2. Nocturne No.4 In E-Flat Major, Op.36   3. Nocturne No.12 In E Minor, Op.107    Brad Mehldau: 4. Prelude 5. Caprice 6. Nocturne 7. Vision   Gabriel Faure: 8. Nocturne No.7 in C-Sharp Minor, Op.74   9. Extract From Piano Quartet No.2 In G Minor, Op.45: III. Adagio Non Troppo

(24/05/12)ガブリエル・フォーレは19−20世紀のフランスの作曲家。ブラッド・メルドー作は4−7曲目。収録時間は42分。メルドーはフォーレからかなり影響を受けているそうで、フォーレの曲を聴いていると、それもなるほどなあ、と思います。バッハよりも後年の作曲家なので、クラシック的な情念も感じられて、ドラマチックな感覚さえ呼び覚まします。ラストの曲はメルドーがソロ・ピアノ用にアレンジしたものらしいです。題材がクラシックなだけに、敬遠する向きもあるかもしれませんけど、例えば自作曲の流れなどは、ジャズのソロ・ピアノでの1ジャンルとして定着した感があります。フォーレの曲は記譜通りに弾いていると思われますが、ボーダーレスな感覚は自作曲とまとめられて通して聴けるところからきているのでは。
After Bach II/Brad Mehldau(P)(Nonesuch)(輸入盤) - Recorded April 18-20, 2017 and June 21, 2023. - 1. Prelude to Prelude 2. Prelude No.9 In E Major From The Well-Tempered Clavier, Book I, BWV 854   3. Prelude No.6 In D Minor From The Well-Tempered Clavier, Book I, BWV 851   4. After Bach: Toccata 5. Partita For Keyboard No.4 In D Major, BWV 828: II Allemande 6. After Bach: Cavatina 7. Prelude No.20 In A Minor From The Well-Tempered Clavier, Book I, BWV 865   8. Between Bach 9. Fugue No.20 in A Minor From The Well-Tempered Clavier, Book I, BWV 865   10, Intermezzo 11-17 Variations On Bach's Goldberg Theme 18. Prelude No.7 In E-Flat Major From The Well-Tempered Clavier, Book I, BWV 852   19. Postlude

(24/05/12)バッハ集2作目。バッハは18世紀ドイツの作曲家。ブラッド・メルドーの作曲は1、4、6、8、10−17、19曲目。収録時間は66分。バッハの平均律クラヴィーア集からバッハの曲を、自作曲とゴルトベルクの変奏曲(これも自作)を間にいれて、通して聴いているとバッハの曲を聴いているのか、オリジナルを聴いているのか、境目が分かりにくくなっているのは1作目と一緒です。バッハの曲はアレンジではなくて記譜されたものだと思われ、自作曲はバッハ風ジャズではなくて、クラシック的なアドリブでの即興演奏かと。ただし、メルドー流の弾き方が強く出てきているので、オリジナルかどうかはだいたいわかります。このあたり、過去のキース・ジャレットの即興演奏の例からしても、自然な流れではないかと思う。
Opera 8/Claudio Scolari(Ds. Synth Prog)Project(Principal Records)(輸入盤) - Recorded December 2023. Daniele Cavalca(Ds, Live Synth, Key, P), Simone Scolari(Tp), Michele Cavalca(B) - 1. Harmonic Canopy 2. Eclectic Groove Expedition 3. Decisive Crossroad 4. Let It Flow 5. Necessary Loneliness 6. Walking Distance 7. Celestial Revelation 8. Moving Particles 9. Mood, Skin & Brass 10. Primordial Forces 11. View From Above

(24/05/10)全曲Claudio ScolariとDaniele Cavalcaの共作。プロジェクトの8枚目のアルバム。収録時間は67分。基調はスローないしミディアムテンポのワンコードのファンクが多いのだけど、他にもジャズ(5曲目)やクラシック(7曲目)などの影響を感じさせる曲も。その中をドラムスはじめ、トランペット、鍵盤楽器、エレクトロニクスなどが時に漂い、時にアクセント的に前面に出てきて、アドリブはじめ演奏の自由さ(9曲目)とともに印象的なサウンドやメロディ(10曲目など)を聴かせてくれます。基本的にはトランペットがリード楽器なので、そのメロディも聴く人に心地良さをもたらしてくれます。傾向としてはシリアスな演奏で、適度な緊張感を聴く人にもたらしています。曲によって趣向が違い、いろいろなファンクを味わえます。
スペイン・フォーエヴァー・アゲイン/ミシェル・カミロ(P)&トマティート(G)(ユニヴァーサル)
Spain Forever Again/Michel Camilo(P) & Tomatito(G)(Universal) - Recorded July 30 -31 and September 7 and 15, 2023. - 1. Alfonsina Y Mar 2. Mambo Infuluenciado 3. Antonia 4. Remembrance 5. Nardis 6. La Leyenda Del Tiempo 7. Aranjuez: 1. Allegro Con Spirito 8. Aranjuez: 2. Adagio 9. Aranjuez: 3. Allegro Gentile

ミシェル・カミロ作が4曲目、パット・メセニー作が3曲目、マイルス・デイヴィス作が5曲目、7−9曲目はロドリーゴのアランフェス協奏曲を3部形式で。収録時間は48分。この2人の組み合わせでは4枚目のアルバムですが、相変わらず息の合っているところを聴かせてくれています。アップテンポの超絶技巧というよりは、ここでは、叙情的な表現の奥深さの方が目立っていますが、ここまでのピアノとギターのコンピもなかなか出会えることはないと思います。特にラスト3曲にアランフェスを置いていて、協奏曲版の譜面をピアノ用にアレンジしたものだそうで、よりクラシックに近づいた演奏を聴くことができます。それにしても、活発な時の躍動感もなかなか素晴らしく、この編成のすばらしさをこれでもか、と聞かせてくれます。(24年5月1日発売)

 

このホームページに記載されている内容の無断引用・無断転載・編集等禁じます。©1997 Kazuyuki Kudo

トップページに戻る