2018年1月−4月のCD

トップページ > 2018年1月−4月のCD

ジャズCDの個人ページ」by K. Kudo

 

最終更新日: 2018/01/16

1月

エトレーヌ/情家みえ(Vo)(Ultra Art Record)
Etrenne/Mie Joke(Vo)(Ultra Art Record) - Released 2018. Tsuyoshi Yamamoto(P on 1-5), Hiroshi Kagawa(B on 1-5), Toshio Ohsumi(Ds on 1-5), Reiji Asakura(Producer on 1-5), Koji Goto(P on 6-11), Satsuki Kusui(B on 6-11), Akira Yamada(Ds on 6-11), Wataru Hamasaki(Sax, Fl on 6-11), Haruo Ushio(Producer on 6-11) - 1. Cheek To Cheek 2. Moon River 3. I Can't Give You Anything But Love 4. Fly Me To The Moon 5. You Don't Know Me 6. Lipstick On Your Collar 7. Sunny 8. Caravan 9. Can't Take My Eyes Off You 10. Still Crazy After All These Years 11. Waltz For Debby

新旧のスタンダード集。特筆すべきは、オーディオ評論家の潮晴男と麻倉怜士が立ち上げたレーベルという事で、高音質をうたってます。それぞれ6曲目からと5曲目までを分けてプロデュース。今時手直し編集なしの「ワンテイク録音」で勝負という事で、期待値もけっこう上がっていますが、オーディオオタクの長男は、このアルバムで早速それぞれの自作スピーカーの聴き比べをするくらい。音は、メンバーも良いせいか、けっこう音楽的にもいいと思います。自分は音質よりも音楽的にどうか聴くタイプですけど、それも納得。「生成りの素直な音を得るためコンプレッションなどに頼らずにピュアにハイレゾ録音」、とか、「CD媒体は業界最高レベルのUHQCD(CDプレーヤーで再生可能)を採用」、とか、方法もなかなか興味深い。(18年1月17日発売)
Le Long De La Plage/Michel Butor(Voice)/Marc Copland(P)(Vision Fugitive)(輸入盤) - Recorded January 18, 2011. - 1. Sotto Voce 2. Air Marin 3. L'ceil De L'oreille 4. Meditation 5. Randonnee I 6. Fenetres Auditives 7. Randonnee II

(18/01/09)全曲Michel Butor作詩、Marc Copland作曲。曲調も温度感が低くて、しっとりした思索的な演奏が続きます。ヴォイスはヴォーカルではなく、フランス語の語りなので意外だったし、聴く人を選ぶかも。ただそれでもコープランドのピアノを聴きたい人は、こういう時にどういう伴奏をつけているのか興味ありそうなところ。相変わらずの彼のペースでピアノを弾いていて、それを聴いているだけでも、十分に癒される感じもするし、落ち着いて聴いていられます。語りに合わせて即興で演奏をしている感じもあるのですが、その辺は全部フランス語のブックレットなので、判別しがたいです。でも、おそらくそうじゃないかと思います。静かな伴奏が続きますが、彼のファンとしては、こういう演奏も違和感なく受け入れられるのでは。
23ウエスト・バウンド/神保彰(Ds)(Electric Bird)
23 West Bound/Akira Jimbo(Ds)(Electric Bird) - Released 2018. Jimmy Haslip(B), Russell Ferrante(P, Key), GUest: Tim Bowman(G on 1, 4) - 1. Mighty Moon 2. Blue Mode 3. Sky Walker 4. West Bound 5. Okey Dokey 6. Tell Me Why 7. Go Cool 8. West Of The Sun 9. Dream Walk

全曲神保彰の作曲、アレンジ、プログラミング。本人いわく、こちらの方は「アーバンアルバム」と言っていますが、他の2人はイエロージャケッツで長くやっていたという新しい顔ぶれで、確かに曲は都会の香りがします。ただ、基本的なメロディは口ずさめるようにスムーズで、分かりやすいところは同じ。過去にもアメリカのラジオ局でリクエストしやすい曲を目指していたことがあったそうですけど、そんな感じ。ドラムスはバカテクを見せるわけではないですけど、その聴きやすい中で存在感があるというか。今回12年間同じメンバーの「サウス」と、新しいメンバーでの「ウエスト」の同時発売で、それぞれの良さや違いを感じることができ、けっこう楽しい。雰囲気は違うけど、曲自体の本質は両方とも同じなんじゃないかという気も。(18年1月1日発売)
22サウス・バウンド/神保彰(Ds)(Electric Bird)
22 South Bound/Akira Jimbo(Ds)(Electric Bird) - Released 2018. Abraham Laboriel(B, Vo), Otmaro Ruiz(P, Key, Vo), Guest: Richard Elliot(Ts, Ss on 1, 8) - 1. Island Wind 2. Alalaya 3. Power Of A Smile 4. Dragon Flower 5. Jimboralia 6. Tango Del Sol 7. Pacific Triangle 8. Shake It Out 9. Golden Sunset

全曲神保彰の作曲、アレンジ、プログラミング。おなじみのメンバーに、2曲でサックスのゲストを迎えて、リラックスしつつもノリの良い演奏が繰り広げられます。ここでも、彼の親しみやすいというか、印象に残るメロディが満載のフュージョン。テーマはラテンアルバムとのことだけど、フュージョンのラテンフレーバー、という感じで、ラテンなんだけどそんなに露骨になってないところが彼らしいです。しっかりリズムはラテンしていますけど。2曲目はそれにヴォーカル(コーラス)も加わって、なかなか味があります。作曲の元は口ずさみなのかな、と思えるほどに覚えやすいメロディたち。ハードコアな雰囲気や変拍子色はほぼなく、あくまでも聴きやすさにも重点を置いてあるところなど、この時代逆に潔くていい印象を与えています。(18年1月1日発売)

 

このホームページに記載されている内容の無断引用・無断転載・編集等禁じます。©1997 Kazuyuki Kudo

トップページに戻る