2017年5月−8月のCD

トップページ > 2017年5月−8月のCD

ジャズCDの個人ページ」by K. Kudo

最終更新日: 2017/05/21

5月

Titok/Ferenc Snetberger(G)(ECM 2468)(輸入盤) - Recorded May 2015. Anders Jormin(B), Joey Baron(Ds) - 1. Cou Cou 2. Titok 3. Kek Kerek 4. Rambling 5. Orange Tango 6. Fairytale 7. Alom 8. Leolo 9. Ease 10. Renaissance 11. Clown 12. Rush 13. Inference

(17/05/21)全曲Ferenc Snetbergerの作曲。1分台の曲から7分台の曲まで、やや短めの曲が多く、トータルで60分。ハンガリー系ジプシーの血をひくジャズギタリストなだけあって、なかなかエキゾチックなサウンドで、やや静かにやり取りが続いていきます。1、11−12曲目はテーマ的なものを提示していて、自由度の高い演奏の曲。2曲目のタイトル曲もけっこう自在に展開していきますが、これぞECM的アプローチというか、聴く人によってはフリーな展開に聴こえてしまうかも。この緊張感がたまらない。3曲目以降は哀愁たっぷりのメロディの入った曲が多くなってくるのは泣かせます。ジャズというとちょっと違うかもですが、トリオのインプロ的なものはある程度あるし、哀愁と自由な世界と行ったり来たりして進んでいきます。
Planetary Prince/Cameron Graves(P, Vo)(Mach Avenue Records)(輸入盤) - Released 2017. Ronald Bruner, Jr.(Ds), Stephen "Thundercat" Bruner(B on 5, 7), Phlip Dizack(Tp), Hadrien Feraud(B on 1-4, 6, 8), Ryan Porter(Tb), Kamasi Washington(Ts) - 1. Satania Our Solar System 2. Planetary Prince 3. El Diablo 4. Adam & Eve 5. The End Of Corporatism 6. Andoromeda 7. Isle Of Love 8. The Lucifer Rebellion

(17/05/18)全曲の作曲とアレンジをCameron Gravesが手掛け、メンバーもなかなか強力。ピアノははっきりしていて、なおかつアグレッシヴ。好みのピアニスト。曲の元はそんなに複雑ではなさそうな部分もあるけど、それを現代ジャズに仕立て上げているところは見事。曲により2人のベーシストを使い分け(特にアドリアン・フェローは好き)、ドラマーはドナルド・ブルーナーJrということで、ピアノだけではなくて、リズム陣もけっこう聴きごたえがあります。そして3人の管楽器奏者。1曲目からけっこう飛ばしている重量級ファンク・ジャズで、78分間聴くのに体力がいりますが、こういう音楽を聴くのも心地よいです。これぞ現代ジャズという感じでも、ストレートなファンクにもとらえることができて、音漬けのまま最後まで突っ切ります。
Beyond Now/Donny McCaslin(Ts, Fl, Afl, Cl)(Motema Music)(輸入盤) - Recorded April 4-6, 2016. Jason Lindner(Key), Tim Lefebvre(B), Mark Guiliana(Ds), Jeff Taylor(Vo on 7), David Binney(Additional Synth, Vo on 5, 9), Nate Wood(G on 2) - 1. Shake Loose 2. A Small Plot Of Land 3. Beyond Now 4. Coelacanth 1   5. Bright Abyss 6. FACEPLANT 7. Warszawa 8. Glory 9. Remain

(17/05/17)デヴィッド・ボウイやブライアン・イーノらの曲が2曲(2、7曲目)で、1、3、5−6、8曲目がDonny McCaslin作。エレキ・ベースとマーク・ジュリアーナのドラムスなので、現代ファンク的なサウンドになっています。メンバーも強力。そんなファンク調で元気良く1曲目に突入し、そこから既に爽快。2曲目などヴォーカル曲は、原曲を聴いたことは無いけれど、ボウイの影響が大きいのではないか、という気も。曲によってはファンクよりはロックか。しかも、突き進むように見えて、ドラマ性もあるし、その盛り上がり方が都会的な雰囲気。割と静かな4、7曲目も宇宙的なシンセの響きで壮大な感じになってます。落ち着いたロックの曲としても成立する5曲目、スリリングな8分の6拍子の6曲目、と、ドラマチックに進んでいきます。
Cross My Palm With Silver/Avishai Cohen(Tp)(ECM 2548)(輸入盤) - Recorded September 2016. Yonathan Avishai(P), Barak Mori(B), Nasheet Waits(Ds) - 1. "Will I Die, Miss? Will I Die?" 2. Theme For Jimmy Greene 3. 340 Down 4. Shoot Me In The Leg 5. 50 Years And Counting

(17/05/12)全曲アヴィシャイ・コーエン作曲。ただ、それはテーマとかコード進行の提示だけで、あとは4人のインプロヴィゼーションが絶妙なバランスで進行している感じ。いかにもECM的でミステリアスなイスラエル・ジャズのサウンド。美しく切ないメロディを提示しながら、静かに、そして少々リズミカルになってドラマチックに進行していく1曲目、ピンと張り詰めた空気を少ない音で押していくような、静かな、後半やや盛り上がる2曲目、バックの静かなサポートで、印象的なメロディのトランペットを吹く、3分台の3曲目、12分台の、モーダルに近いような雰囲気もあって、エキゾチックに盛り上がっていく、これまたドラマチックな4曲目、トランペットが饒舌でありながら、モーダルでダークなバックのサウンドと溶け込んでいる5曲目。
Nightfall/Quercus/June Tabor(Voice)/Iain Ballamy(Ts, Ss)/Huw Warren(P)(ECM 2522)(輸入盤) - Recorded December 2015. - 1. Auld Lang Syne 2. One I Loved You Dear (The Irish Girl) 3. On Berrow Sands 4. Christchurch 5. You Don't Know What Love Is 6. The Manchester Angel 7. Don't Think Twice It's Alright 8. Emmeline 9. The Shepherd And His Dog 10. Cuckoo 11. Somewhere

(17/05/11)このメンバーでECM2作目。Huw Warren作が4曲目、Iain Ballamy作が8曲目(これら2曲はインストルメンタルの曲)、スタンダードが5曲目、ボブ・ディラン作が7曲目、ウェストサイド物語より11曲目で、他の全ての曲はスコットランドなどイギリス地方の民謡を彼らでアレンジしたもの。トラディショナルの曲が多いので素朴さは残るものの、ピアノとサックスがバックでの女性ヴォーカルなので、ある意味静かな民族的なポップスを聴かせているという雰囲気。原曲はどんなに素朴なんだろうと思ってしまう。スタンダードやディランの曲との境目をあまり意識せずに聴き通すことができます。基本的にゆったりしたサウンドが65分間続くので、やや聴く人を選ぶかも。それでもその涼しげな感触で、ECMらしいアルバムです。
The Dreamer Is The Dream/Chris Potter(Sax, Cl, Fl, Ilimba, Samples)(ECM 2519)(輸入盤) - Recorded June 2016. David Virelles(P, Celeste), Joe Martin(B), Marcus Gilmore(Ds, Per) - 1. Heart In Hand 2. Ilimba 3. The Dreamer Is The Dream 4. Memory And Desire 5. Yasodhara 6. Sonic Anomany

(17/05/10)全曲クリス・ポッターの作曲。ECMらしさのある仕上がりとはいえ、多くの楽器を持ち替え、演奏も彼らしい内容です。静かにはじまり、ゆったりとサックスが吹きあがり、また途中で静かになって、語りかけてくるようにせまってくる1曲目、タイトル通りイリンバ(カリンバに似てる?)も使用するちょっと素朴な感じもあり、キメやハードなフレーズも多く現代ジャズとの接点が強い後半アップテンポの2曲目、バスクラリネットのソロではじまり、ゆったりミステリアスかつドラマチックに進むタイトル曲の3曲目、静かな中から各楽器が浮かびあがってくる、幻想的な雰囲気の4曲目、ECMとしては豪快な演奏に属するような、抑揚がありつつけっこう盛り上がりのある5曲目、テーマがユニゾンではじまり、これも現代ジャズの6曲目。
Find The Way/Aaron Parks(P)/Ben Street(B)/Billy Hart(Ds)(ECM 2489)(輸入盤) - Recorded October 2015. - 1. Adrift 2. Song For Sashou 3. Unravel 4. Hold Music 5. The Storyteller 6. Alice 7. First Glance 8. Melquiades 9. Find The Way

(17/05/10)3人の名義にはなっているけど、タイトル曲がカヴァー作で、他の曲は全曲アーロン・パークスの作曲。パークスの前回のソロ作品よりは、トリオになったことで少々盛り上がりも出てきてはいますが、やはり幻想的なピアノであることには変わりはないです。相変わらず寒色系の色合いで、やや湿度も低く、非4ビート系のピアノ・トリオの世界を聴かせてくれます。こういう美しさの出るピアノは彼の個性の一面だと思いますが、それを思いっきり引き出してくれたのがECMだと思うし、今回のメンバー的にも興味深いです。2曲目はやや緩めのボッサというところか。4曲目はビートがボンボンと4つなんだけど、いわゆる4ビートではなく。トリオで自在に進んでいくような5−6曲目、穏やかな暖かめのバラードで終わる9曲目。

 

このホームページに記載されている内容の無断引用・無断転載・編集等禁じます。©1997 Kazuyuki Kudo

トップページに戻る