ジャコ・パストリアス(Jaco Pastorius)

トップページ > ジャコ・パストリアス

コンプリートなディスコグラフィーでないことをご了承下さい。
ジャズCDの個人ページ」by K. Kudo

 

はじめてのジャコ・パストリアス体験は、大学時代に入っていたフュージョンサークルで、ジャコ・パストリアスの大ファンの先輩がいまして(’80年ごろですか)その影響を受けました。ただし、ベーシストとしては今でも別格なのですが、天才とは思っても、最近はあまりのめりこめなくなってしまいました。公的な録音以外のものがやたら出回って、イメージが違ってきてしまったためでもありますが...。何せ、ライヴを除いて生前に発売された正式なリーダーアルバムは、「Jaco Pastorius」と「Word Of Mouth」だけしかないのですから。

 

最終更新日:2015/12/13

リーダー・アルバム

Jaco/Jaco Pastorius(B), Pat Metheny(G), Bruce Ditmas(Ds), Paul Bley(Key)(DIW) - Recorded June 16, 1974. - 1.Vashkar 2. Poconos 3. Donkey 4. Vampira 5. Overtoned 6. Jaco 7. Batterie 8. King Korn 9. Blood

ジャコ・パストリアスのタイトルでクレジットも彼がいちばん先ですが、ポール・ブレイ作(2、4、6曲目)、カーラ・ブレイ作(1、3、5、7−8曲目)、アーネット・ピーコック作(9曲目)のオリジナルばかりということで、ベテランのポール・ブレイが中心か。ただし、演奏的にはジャコを聴くアルバムかと思います。長い曲もあるけど1分前後の曲も4曲あって、インタールード的に使っているのかも。当時からジャコ・パストリアスのフレットレス・ベースのテクニックにはすごいものがありました。ソロなどは独自性もありますし。パット・メセニーのギターはワウを聴かせたフレーズが目立ち、ちょっと時代を感じさせます。1、5−6曲目など、リズムに関してはファンク的、3曲目は4ビート。トータルで36分台で少しラフだけど、当時の貴重な記録です。

Jaco Pastorius(B)/Jaco Pastorius(Epic Sony) - Recorded September, October and December, 1975. Don Alias(Per), Randy Brecker(Tp), Ron Tooley(Tp), Peter Graves(Btb), David Sanborn(As), Michael Brecker(Ts), Howard Johnson(Bs), Herbie Hancock(P), Narada Michael Walden(Ds), Sam & Dave(Vo), Alex Darqui(Key), Lenny White(Ds), Bobby Economou(Ds), Wayne Shorter(Ss) Othello Molineaux(Steel Dr), Leroy Williams(Steel Dr), Peter Gordon(French Horn), Hubert Laws(Piccolo), , etc. - 1. Donna Lee 2. Come On, Come Over 3. Continuum 4. Kuru/Speak Like A Child 5. Portrait Of Tracy 6. Opus Pocus 7. Okonkole Y Trompa 8. (Used To Be A)Cha-Cha 9. Forgotten Love

邦題「ジャコ・パストリアスの肖像」。このアルバムをはじめて聴いたとき(LP時代)、「ドナ・リー」のベースソロにぶっ飛び、しかもどの曲もはじめて聴くようなベースのフレーズで、驚きの連続でした。いろいろな音楽がてんこ盛りのアルバムです。おすすめ盤。

Holiday For Pans/Jaco Pastorius(B)(Sound Hills) - Recorded 1980-1982. Wayne Shorter(Sax), Dan Alias(Per), Othello Mollineaux(Steel Dr), Leroy Williams(Steel Dr), Mike Gerber(P), Toots Theilmens(Harmonica), Bobby Eocomomov(Ds, Per), Kenwood Dennard(Ds), Ted Lewand(G), Peter Graves(Tb), Craig Thayler(Vln), Michael Gibbs Orchestra - 1. Mysterious Mountain 2. Elegant People 3. Good Morning Annya 4. She's Leaving Home 5. Holiday For Pans 6. Giant Steps 7. City Of Angels 8. Birth Of Island

’93年になってはじめてはじめて陽の目を見た作品。オーケストラとスティールドラム、パーカッションが印象に残る作品。南方風というか、不思議なサウンドが広がります。ちょっと荒さもあるのかなという気もしますが、このアルバムのクオリティの前には、そのようなことは何でもないこと。

Word Of Mouth/Jaco Pastorius(B)(Warner Bros) - Released 1981. Wayne Shorter(Ts), Michael Brecker(Ts), Toots Thielemans(Harmonica), Hubert Laws(Piccolo), Herbie Hancock(P), Peter Erskine(Ds), Jack DeJohnette(Ds), Othello Morineauz(Steel Dr), Don Alias(Per), Robert Thomas(Per), etc. - 1. Crisis 2. 3 Views Of A Secret 3. Liberty City 4. Chromatic Fantasy 5. Blackbird 6. Word Of Mouth 7. John And Mary

1曲目からものすごい速いベースの音のつながりに様々な楽器が絡むフリーの曲でびっくり。ベースで「ブラックバード」はやるし、オーケストレーションにも意欲を見せるし、やはりジャコ・パストリアスを知るには避けて通れない名盤です。ここまで何でもありだと気分がいいです。

The Birthday Concert/Jaco Pastorius(B)(Warner Bros) - Recorded December 1, 1981. Michael Brecker(Ts), Bob Mintzer(Ts, Bcl, Ss), Don Alias(Per), Peter Erskine(Ds), Brian O'Flaherty(Tp), Ken Faulk(Tp), Brett Murphey(Tp), Melton Mustafa(Tp), Dan Bonsanti(Sax), Gary Lindsay(Sax), Neal Bonsanti(Sax), Randy Emerick(Bs), Peter Graves(Btb), Russ Freeland(Tb), Mike Katz(Tb), Dave Bargeron(Tb, Tuba), Peter Gordon(French Horn), Jerry Peel/Steve Roitstein(French Horn), Othello Molineaux(Steel Dr), Paul Hornmuller(Steel Dr), Bobby Thomas Jr.(Per), Oscar Salas(Per). Larry Warrilow(Music, Prep, Copyst) - 1. Soul Intro/The Chicken 2. Continuum 3. Invitation 4. Three Views Of A Secret 5. Liberty City 6. Punk Jazz 7. Happy Birthday 8. Reza 9. Domingo 10. Band Intros 11. Amerika

’95年にはじめて発売された演奏。演奏内容、参加メンバーを見ると、それまでオクラ入りが不思議なアルバムです。ちょっと演奏が荒っぽいような部分はありますが、ジャコ・パストリアスのノリにノッている演奏を聴くと、そんな気になる部分は吹っ飛んでしまうほど勢いのあるアルバムです。

Invitation/Jaco Pastorius(B)(Warner Bros) - Recorded 1982. Don Allias(Per), Randy Brecker(Tp), Peter Erskine(Ds), Bobby Mintzer(Ts, Ss), Othello Molineaux(Steel Dr), Jean "Toots" Thielemans(Harmonica), Elmer Brown(Tp), Forrest Buchtel(Tp), Jon Faddis(Tp), Ron Tooley(Tp), Wayne Andre(Tb), David Bargeron(Tb, Tuba), Peter Graves(Btb), Bill Reichenbach(Btb), Mario Cruz(Ts, Ss, Cl, Afl), Randy Emerick(Bs, Cl, Afl), Alex Foster(Ts, As, Ss, Cl, Piccolo), Paul McCandliss(Ts, Oboe, English Horn), Peter Gordon(French Horn), Brad Warnaar(French Horn) - 1. Invitation 2. Amerika 3. Soul Intro/The Chiken 4. Continuum 5. Liberty City 6. Sophisticated Lady 7. Reza/Giant Steps/Reza 8. Fannie Mae/Eleven

日本のオーレックス・ジャズ・フェスティヴァルでのライヴ録音。以前日本のみのLP発売では2枚だったのを1枚にまとめたもの。曲は他のアルバムと重なっていますが、音も良く、ビッグバンドでのライヴならではの迫力があります。あたりハズレがある中では、大当たりのアルバム。

Twins 1&2/Jaco Pastorius(B)(Warner Bros) - Recorded September 1, 4 and 5, 1982. Don Allias(Per), Randy Brecker(Tp), Peter Erskine(Ds), Bobby Mintzer(Ts, Ss), Othello Molineaux(Steel Dr), Jean "Toots" Thielemans(Harmonica), Elmer Brown(Tp), Forrest Buchtel(Tp), Jon Faddis(Tp), Ron Tooley(Tp), Wayne Andre(Tb), David Bargeron(Tb, Tuba), Peter Graves(Btb), Bill Reichenbach(Btb), Mario Cruz(Ts, Ss, Cl, Afl), Randy Emerick(Bs, Cl, Afl), Alex Foster(Ts, As, Ss, Cl, Piccolo), Paul McCandliss(Ts, Oboe, English Horn), Peter Gordon(French Horn), Brad Warnaar(French Horn) - 1. Invitation 2. Soul Intro/The Chicken 3. Continuum 4. Liverty City 5. The Views Of A Secret 6. Sophisticated Lady 7. Amerika 8. Okonkole' Y Trompa 9. Reza/Giant Steps/Reza 10. Elegant People 11. Twins 12. Pac-man Blues (Fannie Mae) 13. Eleven

1枚のアルバムに編集された「インヴィテイション」はCDで出ていましたが、こちらは2枚組でもともとLPで発売されていたフォーマット。 こちらの方が5曲多めに入っているところがポイント。アルバムとしての完成度は、「インヴィテイション」の方が編集されているだけに高いと思いますが、とにかく、より完全なライヴを聴きたい、というジャコ・パストリアス・ファンには、こちらの方がオススメ。と いってもこちらも3日間のライヴを全部収録したものではなく、編集したものなので、その点ご注意。ちょっとベースの音が大きいバランスになっています。ベースの非凡な演奏はライヴでも十分堪能できます 、というよりも、当然の事ながら、出演ミュージシャンの中ではベースがいちばんやりたい放題やっている感じです。(99年12月10日発売)

Donna Lee  Live At Budokan '82/Jaco Pastorius(B) Big Band(Altus) - Recorded September 1, 1982. Don Allias(Per), Randy Brecker(Tp), Peter Erskine(Ds), Bobby Mintzer(Ts, Ss), Othello Molineaux(Steel Dr), Toots Thielemans(Harmonica), Elmer Brown(Tp), Forrest Buchtel(Tp), Jon Faddis(Tp), Ron Tooley(Tp), Wayne Andre(Tb), David Bargeron(Tb, Tuba), Peter Graves(Btb), Bill Reichenbach(Btb), Mario Cruz(Sax, Cl, Fl), Randy Emerick(Sax), Alex Foster(Sax, Cl, Piccolo), Paul McCandliss(Sax, Oboe, English Horn), Peter Gordon(French Horn), Brad Warnaar(French Horn) - 1. Donna Lee 2. Liverty City 3. Invotation 4. Soul Intro/The Chicken 5. Sophisticated Lady 6. Elegant People 7. Reza/Giant Steps/Reza

NHKで収録された音源を発売にこぎつけた、貴重なライヴ。来日していた同時期に録音された「Twins1&2」とは別ヴァージョンとのこと。やっぱりここの目玉は1曲目のタイトル曲「ドナ・リー」があること。大勢のメンバーで何と11分以上にわたって演奏されています。その分ベースが奥に引っ込んでいる感じがなきにしもあらずですけれど、アップテンポでそれぞれミュージシャンのソロもスリルのある、4ビートがメインの演奏。この曲に関してはアンサンブルよりは各ソロが目立っています。2曲目以降は他のアルバムでもおなじみの曲ですが、個々のパートの アドリブが違っているので、やっぱり細部までこだわって追いかけたいファン向けかも。おなじみでも3曲目のアップテンポな「インヴィテーション」をはじめ、良い曲がいっぱい。(04年9月21日発売)

Night Food/Jaco Pastorius(B)(Timeless) - Recorded November 17, 1984 - January 3, 1985. Brian Melvin(Ds, Per), Rick Smith(Sax), Jon Davis(P, Synth), Poul Mousavi(G), Jeff Osamonn(Synth), Aushim Chaudhuri(Per), Jim Loveless(Steel Dr) - 1. Ain't Nothin' But A Party 2. Don't Forget The Bass 3. Night Food 4. Zen Turtles 5. For Max 6. Poly Wanna Rhythm 7. Primalass 8. The Warrior 9. Continuum

実質ブライアン・メルヴィンのフュージョンのアルバムだと思うのですが、ジャコ・パストリアスがところどころリードベースと化して演奏するシーンも。5曲目のベースソロも圧巻。タブラなどを使ったエキゾチックなサウンドも出てきますが、全体のサウンドとしては、ややアンバランスな感じもします。

Live In Itary/Jaco Pastorius(B)(Jazzpoint) - Recorded March 1986. Bireli Lagrene(G), Thomas Borocz(Ds) - 1. Improvisation No. 1/Teen Town 2. I Shot The Scheriff 3. Continuum 4. Fannie Mas 5. Black Market 6. Satin Dall

トリオのイタリアでのライヴ。ここでのジャコはけっこう調子がいいので聴く価値ありですが、それ以上にビレリ・ラグレーンのギターが素晴らしい。若いのでここではロック系の音で、ハードロックのフレーズなども出てきますが、半端ではないテクニックとフレーズ。曲目もいいし、晩年では珍しい。

Stuttgart Aria/Jaco Pastorius(B), Bireli Lagrene(G)(Jazzpoint) - Recorded March 1986. Vladislaw Sendecki(Key), Jan Jankeje(Synth), Peter Lubke(Ds), Serge Bringolf(Per) - 1. American Boy 2. Donaa Lee 3. Stuttgart Aria 1   4. Jaco Reggae 5. The Chicken 6. Teresa 7. Stuttgart Aria 2   8. The Days Of Wine And Roses

ドイツでのライヴ。ここではシンセなどもバックに流れ、ベースソロのところではシンセベースがサポートするなど、音に厚みがみられますが、何となくベースが荒っぽいような気も。ドナ・リーのテーマの途中で手が止まったり。ただ、ソロはところどころスゴイな、と思わせる部分はある。

Honestly/Jaco Pastorius(B)(Jazzpoint) - Recorded March 1986. - Part 1-10

ソロ(ディレイ等を使ったりする場面もあります)。ジャコの演奏を知る上では欠かせないアルバムかもしれないですが、アルバムとして評価をすることとなると...。テクニックの解析などが目的で聴かなければ、ちょっと65分は退屈。原曲も錯綜しているし。調子が良さそうなことは分かります。

Jazz Street/Jaco Pastorius(B)(Timeless) - Recorded October 1 - November 1, 1986. Brian Melvin(Ds, Per), Rick Smith(Sax), Jon Davis(P, Synth), Poul Mousavi(G), Bill Keaney(Per, Synth), Keith Jones(B) - 1. No Slack 2. Jazz Street 3. Miles Mode 4. May Day 5. Wedding Waltz 6. Out Of The Night 7. Drums Of Yadzarah

先入観念にとらわれないで聴けば、かなりの水準のハードフュージョンのアルバムとしてとらえていいのではないかと思います。ベースだってジャコと意識しなければ、たいしたものです。たぶんこういう音楽を本当はこれからやりたかったんではないだろうか、という気がして残念でなりません。

Standards Zone/Jaco Pastorius(B), Brian Melvin(Ds, Per), Jon Davis(P)(Venus) - Recorded November, 1986. - 1. Morning Star 2. Days Of Wine And Roses 3. Wedding Waltz 4. Moon And Sand 5. So What 6. Fire Water 7. If You Could See Me Now 8. Out Of The Night 9. Tokyo Blues 10. Village Blues

ジャコ・パストリアスのスタンダード集で、しかも珍しいピアノトリオのアルバム。とは言っても、曲によっていいものとそうでないものとにバラツキが。あえてこの編成でスタンダードを演奏しても、完成度の高さや目の醒めるようなベースプレイはあまり期待しないほうが。ちょっと残念。

Heavy'n Jazz/Jaco Pastorius(B)(Jazzpoint) - Recorded December 1986. Bireli Lagrene(G), Serge Bringolf(Ds) - 1. Broadway Blues 2. Bluma/Smoke On The Water 3. The Medley/Purple Haze/The Third Stone From The Sun/Teen Town 4. Star Spangled Banner 5. Honestly 7. Invitation

亡くなる9ヶ月前の録音で、イタリアでのライヴ。「ライヴ・イン・イタリア」と比べて、速弾きは相変わらずなのだけれど、なんだかソロなどフレーズがちょっと心に迫ってくるものが少ないような気がする。個々にはかなり素晴らしいものがあるのだけれど、アンサンブルでの妙が少ないのが原因か。

(他のリーダー・アルバム)ライヴ・フロム・ザ・プレイヤーズ・クラブ/ジャコ・パストリアス(B)’78年(Holiday Park Record)、ア・グッド・ステイチ・フォー・ゴールデン・ローズ/ジャコ・パストリアス(B、etc)’86年(Sound Hills)、

 

共演・参加アルバム

Land Of The Midnight Sun/Al Di Meola(G)(Sony) - Recorded August 1975 (and July 1975). Mingo Lewis(Key, Per), Steve Gadd(Ds), Anthony Jackson(B), Lenny White(Ds), Barry Miles(P), Stanley Clarke(B), Patty Buyukas(Vo), Alphonse Mouzon(Ds), Jaco Pastorius(B), Chick Corea(P) - 1. The Wizard 2. Land Of The Midnight Sun 3. Sarabande From Violin Sonata In B Minor 4. Love Theme From "Pictures Of The Sea" 5. Suite - Golden Dawn  a. Morning Fire  b. Calmer Of The Tempests  c. From Ocean To The Clouds  6. Short Tales Of The Black Forest

邦題「白夜の大地」。ジャコ・パストリアスは5曲目の組曲に参加。この頃から聴けばわかる個性的な音色とフレーズです。アルバムは曲ごとにミュージシャンを変えた豪華さですが、逆に曲ごとにバラバラだという印象も少し。ギターの正確な速弾きは圧巻。エキゾチックな曲が多い。

Bright Size Life/Pat Metheny(G)(ECM) - Recorded December 1975. Jaco Pastorius(B), Bob Moses(Ds) - 1. Bright Size Life 2. Sirabhorn 3. Unity Village 4. Missouri Uncompromised 5. Midwestern Nights Dream 6. Unquity Road 7. Omaha Celebration 8. Round Trip/Broadway Blues

8曲目以外はパット・メセニーの曲。ギター度は当然のことながら高いです。ジャコパストリアスの参加にも注目で、彼のフレットレス・ベースも縦横無尽に泳ぎ回ります。ノリの良い、明るい印象的なテーマを持つ1曲目、水彩画を見ているようなハーモニーとメロディに導かれていくスローテンポの2曲目、ギターの多重録音で味わい深く聴かせる3曲目、かなり勢いがあってジャズっぽいノリもけっこうイケる4曲目、時々紡ぎ出されるメロディが淡々と曲の中にある哀愁を語っていく5曲目、元気があるのだけれど曲調のマイナーさ加減とそのメロディが調和をもたらしている6曲目、8ビート的なノリで軽快に進んでいく7曲目、オーネット・コールマン作で4ビートの形をとりながらけっこう自由度の高い8曲目。(02年9月19日発売)

Black Market/Weather Report(Sony) - Recorded December 1975 and January 1976. Joe Zawinul(Key), Wayne Shorter(Ss, Ts), Alphonso Johnson(B), Chester Thompson(Ds), Alejandro Neciosup Acuna(Per), Jaco Pastorius(B), Narada Michael Walden(Ds), Don Alias(Per) - 1. Black Market 2. Cannon Ball 3. Gibraltar 4. Elegant People 5. Three Clowns 6. Barbary Coast 7. Herandnu

ジャコ・パストリアスはおそらく2、6曲目の参加で、その他がアルフォンソ・ジョンソンか。アルフォンソ・ジョンソンもフレットレスの名手ですが、ジャコの個性が強いのでちょっと損か。それでもここではあまり目立たなくて、クレジットを見てなるほど、という感じ。アルバムとしてはいい。

Hejira/Joni Mitchell(Vo, G)(Elektra) - Released 1976. Jaco Pastorius(B), Larry Carlton(G), Bobby Hall(Per), Victor Feldman(Vib), John Guerin(Ds), Max Bennet(B), Neil Young(Harmonica), Abe Most(Cl), Chuck Domanico(B), Chuck Findley(Horn), Tom Scott(Horn) - 1. Coyote 2. Amelia 3. Furry Sings The Blues 4. A Strenge Boy 5. Hejira 6. Song For Sharon 7. Black Crow 8. Blue Motel Room 9. Refuge Of The Roads

邦題「逃避行」。1、5、7、9曲目に参加。参加曲のところは、そこだけ別世界のようになってしまいますが、なかなか渋い世界が広がります。あまり歌詞などは気にしない方なのでフィーリングで聴いていますが、ギターのラリー・カールトンにしても、必然性のあるところでの参加、という感じ。

Heavy Weather/Weather Report(Sony) - Recorded July and October 1976. Joe Zawinul(Key), Wayne Shorter(Ss, Ts), Jaco Pastorius(B), Alejandro Acuna(Ds), Manolo Badrena(Per) - 1. Birdland 2. A Remark You Made 3. Teen Town 4. Herlequin 5. Rumba Mama 6. Palladium 7. The Juggler 8. Havona

バードランドがあまりにも有名。曲中心で考えるとテーマやメロディーが心に残るいい曲が多いので、分かりやすさという点ではこのCDがオススメ。といっても、ウエザー・リポートなので絶対的に分かりやすいというわけでないので...。8曲目のベースソロがすごい。

Live At The Berlin Jazz Days/Trilogue(MPS) - Recorded November 6, 1976. Albert Mangelsdorff(Tb), Jaco Pastorius(B), Alphonse Mouzon(Ds) - 1. Trilogue 2. Zores Mores 3. Foreign Fun 4. Accidental Meeting 5. Ant Steps On An Elephant's Toe

曲は全曲アルバート・マンゲルスドルフによるものだそうですが、テーマを除くとインプロヴィゼーションだそうです。フリーにも走りすぎず、微妙なバランスの緊張感。ジャコ・パストリアスのベースも、これでもかというテクニックを見せつけてくれます。だが、ベースが彼だから再発されたアルバム。

Don Juan's Reckless Daughter/Joni Mitchell(Vo, G)(Asylum) - Released 1977. Jaco Pastorius(B, Per), John Guerin(Ds), Don Alias(Per), Wayne Shorter(Ss), Larry Carlton(G), Michel Colombier(P), Manolo Badrena(Per), Alejandro Acuna(Per), Airto(Per), Chaka Khan(Vo), Michael Gibbs(Orch), etc. - 1. Overture 2. Talk To Me 3. Jericho 4. Paprika Plains 5. Otis And Marlena 6. The Tenth World 7. Dreamland 8. Don Juan's Reckless Daughter 9. Off Night Backstreet 10. The Silky Veils Of Ardor

1−4、6−9曲目に参加。ただしパーカッションとしての参加の曲もあり。ベースラインを弾きながら同時に高音部を弾いたり、ハーモニクスを使ったり、ベースが目立っていて、しかもジョニ・ミッチェルの曲にフィットしているので聴いておいて損はないアルバム。ジャコ度はかなり高い。

Sunlight/Herbie Hancock(Key)(Sony) - Recorded August 1977 - May 1978. Wah Wah Watson(G), Harvey Mason(Ds), Ray Parker, Jr(G), Tony Williams(Ds), Leon "Ndugu" Chancler(Ds), Benny Maupin(Ss), Jaco Pastorius(B), Bill Summers(Per), Paul Jackson(B), etc. - 1. I Thought It Was You 2. Come Running To Me 3. Sunlight 4. No Means Yes 5. Good Question

最初の3曲はポップな曲で、ハービー・ハンコック自身がヴォコーダーを使ってヴォーカルをとっています。あまり上手なヴォーカルではないですが、これはこれで味があります。4曲目はいかにもクロスオーヴァー/フュージョン的なカッコ良い展開。そしておそらく5曲目のみジャコ・パストリアス参加。ドラムはトニー・ウ ィリアムスで、なんともはや、すごいジャズの演奏が展開しています。

Live And Unreleased/Weather Roport(Sony) - Recorded November 27, 1975, November 30, 1977, September 10, 1977, November 28, 1978, July 12-13, 1980 and June 3, 1983. Wayne Shorter(Ss, Ts), Josef Zawinul(Key), Alphonso Johnson(B), Chester Thompson(Ds), Alex Acuna(Ds, Per), Victor Bailey(B), Omar Hakim(Ds), Jose Rossy(Per), Jaco Pastorius(B), Peter Erskine(Ds), Robert Thomas(Per), Manolo Badrena(Per) - 1. Freezing Fire 2. Plaza Real 3. Fast City 4. Portrait Of Tracy 5. Elegant People 6. Cucumber Slumber 7. Teen Town 8. Man In The Green Shirt 9. Black Market 10. Where The Moon Goes 11. River People 12. Two Lines 13. Cigano 14. In A Silent Way/Waterfall 15. Night Passage 16. Port Of Entry 17. Rumba Mama 18. Directions/De. Honoris Causa

’75、’77、’78、’80、’83年のライヴ音源を、ジョー・ザヴィヌルとウェイン・ショーターのプロデュースでまとめた2枚組CD。当然のことながら音も演奏も素晴らしい。曲の順序は古い順ではないですが、6回分ほどのライヴ録音から18曲が抜粋されています。リーダー格の2人の演奏はともかく、やっぱりベーシストにも目がいきます。ジャコ・パストリアスの天才的な演奏は言わずもがなですが、アルフォンソ・ジョンソンもヴィクター・ベイリーもかなり良い。今聴いても古さは全然なく、グループの圧倒的なサウンドとしてせまってきます。時代によってサウンドが変わっているのに、不思議な統一感。ジャコ・パストリアスは3−5、7、9、11、14−16曲目に参加。特に4曲目のベースソロ「トレイシーの肖像」が印象的でした。(02年10月23日発売)

Mr. Gone/Weather Report(Sony) - Recorded 1978. Joe Zawinul(Key), Wayne Shorter(Ss, Ts), Jaco Pastorius(B), Peter Erskine(Ds), Alejandro Acuna(Ds), Manolo Badrena(Per), Steve Gadd(Ds), Tony Williams(Ds), Maurice White(Vo), Denice Williams(Vo) - 1. The Pursuit Of The Woman With The Feathered Hat 2. River People 3. Young And Fine 4. The Elders 5. Mr. Gone 6. Punk Jazz 7. Pinocchio 8. And Then

6曲目のジャコ・パストリアスのソロが見事。ここでは曲によりスティーヴ・ガッドやトニー・ウ ィリアムスの起用をして、曲に合わせてリズムを強化しているのが特徴。シンセサイザーの性能が上がってきた時期でもあり、その点でもサウンドがカラフルに感じます。

8:30/Weather Report(Sony) - Recorded August - November, 1978, February - June, 1979. Joe Zawinul(Key), Wayne Shorter(Ss, Ts), Jaco Pastorius(B), Peter Erskine(Ds), Erich Zawinul(Per), Robert Thomas, Jr.(Hand Dr) - 1. Black Market 2. Scaret Woman 3. Teen Town 4. A Remark You Made 5. Slang 6. In A Silent Way 7. Birdland 8. Thanks For The Memory 9. Badia/Boogie Woogie Waltz Medley 10. 8:30 11. Brown Street 12. The Orphan 13. Sightseeing

2枚組でラスト3曲の新曲・スタジオ録音をを除くとライヴ。有名な曲も比較的多く、スタジオ録音とライヴの違い(よりストレートで迫力があります)、ジャコ参加以前の曲もあって、ジャコ参加による違いも楽しめます。ベスト盤的な楽しみ方もできるのでは。5曲目はベースソロ。

Trio Of Doom/John McLaughlin(G)/Jaco Pastorius(B)/Tony Williams(Ds)(Columbia)(輸入盤) - Recorded March 3 and 8, 1979. - 1. Drum Improvisation 2. Dark Prince 3. Continuum 4. Para Oriente 5. Are You The One, Are You The One? 6. Dark Prince 7. Continuum 8. Para Oriente 9. Para Oriente 10. Para Oriente

(07/07/07) スーパーグループのライヴで、未発表音源は1−5、8−9曲目。1−5曲目がライヴで6−10曲目がスタジオの録音。全部で40分弱、ダブっている曲やテイク違いも多いですが、まあこのメンバーなので許せるかな、と思います。パワフルかつ変化があり、やや落ち着いたドラムソロの1曲目からはじまり、ジョンマクラフリン作のトンガったテーマから速射砲的アドリブ、アップテンポの4ビート的なアプローチでダイナミックにせまる2、6曲目、有名な曲をギター入りという変わったヴァージョンで聴かせている幻想的な3、7曲目、ファンク的な8ビートのノリのある4、8−10曲目(8−9曲目は途中で止まっている失敗テイクと思われる)、アップテンポでこれでもかと突き進んでいって、時にストップ・アンド・ゴーになる5曲目。

Mr. Hands/Herbie Hancock(Key)(Sony) - Recorded 1979. Byron Miller(B), Leon "Ndugu" Chancler(Ds), Bill Summers(Per), Tony Williams(Ds), Ron Carter(B), Sheila Escovedo(Per), Alphonse Mouzon(Ds), Freddie Washington(B), Wah Wah Watson(G), Harvey Mason(Ds), Jaco Pastorius(B), Paul Jackson(B), Bennie Maupin(Ts) - 1. Spiraling Prism 2. Calypso 3. Just Around The Corner 4. 4AM 5. Shiftless Shuffle 6. Textures

あちこちの未発表演奏をオーヴァー・ダブしてまとめたものだそうですが、曲ごとに豪華なメンバーが入れ替わるので納得。ヴォーカル曲は珍しくゼロで、しかもそれぞれの曲と演奏のクオリティは高い、というアルバム。ジャコ・パストリアスは4曲目に参加。クァルテットなので、十分楽しめます。

Shadows And Light/Joni Mitchell(Vo, G)(Elektra) - Recorded September 1979. Jaco Pastorius(B), Don Alias(Ds), Pat Metheny(G), Lyle Mays(Key), Michael Brecker(Ts), The Persuasions(Vo) - 1. Introduction 2. In France The Kiss On Main Street 3. Edith And The Kingpin 4. Coyote 5. Goodbye Pork By Hat 6. The Dry Cleaner From Des Moines 7. Amelia 8. Pat's Solo 9. Hejira 10. Black Crow 11. Don's Solo 12. Dreamland 13. Free Man In Paris 14. Band Introduction 15. Furry Sings The Blues 16. Why Do Fools Fall In Love 17. Shadows And Light 18. God Must Be A Boogie Man 19. Woodstock

CD2枚組のライヴ。16曲目と、1、8、10、14曲目のソロやイントロダクション以外はジョニ・ミッチェルの作曲ないしは共作。基本的にはフォーク・ソング/ポップスだけれども、メンバーがメンバーなので、ヴォーカル入りのフュージョン的な楽しみ方もできるアルバム。このメンバー、どうやってそろえたのが不思議ですが、彼らは今よりは知名度は小さかったと思うと、まあ納得。ジョニほど有名ならできたことかと。特にジャコ・パストリアスのフレットレス・ベースが全体の印象を決定づけていますが、パット・メセニーのギターも当時の音色とフレーズを奏でています。ライヴなので、ジョニ・ミッチェルの良い曲が集まっているとも思うので、当然彼女のファンにも人気が出たのでは、と思います。リーダーとミュージシャン達の稀有な邂逅かと。

Mingus/Joni Mitchell(Vo, G)(Asylum) - Released 1979. Jaco Pastorius(B), Wayne Shorter(Ss), Herbie Hancock(P), Peter Erskine(Ds), Don Alias(Per), Emil Richards(Per), etc. - 1. Happy Birthday 1975 2. God Must Be A Boogie Man 3. Funeral 4. A Chair In The Sky 5. The Wolf That Lives In Lindsey 6. I's A Muggin' 7. Sweet Sucker Dance 8. Coin In The Pocket 9. The Dry Cleaner From Des Moines 10. Lucky 11. Goodbye Pork Pie Hat

ジョニ・ミッチェルとチャールズ・ミンガスの合作アルバム(チャールズ・ミンガスの作曲4曲)が、奇しくもミンガスの追悼アルバムになってしまったとのこと。ここでのジャコ度は抜群で、静かな曲でも個性的なフレーズは圧倒的な存在感で、歌とイメージが合っている素晴らしいアルバム。

Night Passage/Weather Report(Sony) - Recorded June and July 1980. Joe Zawinul(Key), Wayne Shorter(Sax), Jaco Pastorius(B), Peter Erskine(Ds), Robert Thomas, Jr.(Habd Dr) - 1. Night Passage 2. Dream Clock 3. Port Of Entry 4. Forlorn 5. Rockin' In Rhythm 6. Fast City 7. Three Views Of A Secret 8. Madagascar

グループとしてはジャコの脱退後のアルバムの方が好み。ただ、独断ですが、グループらしさでいくとおそらくこのアルバムが一番なのかも。ジャコ度は満点ではないのでしょうか。3曲目のベースソロがとにかくすごい。また、珍しくデューク・エリントンの曲が1曲入っています。

Weather Report/Wether Report(Sony) - Recorded 1981. Joe Zawinul(Key), Wayne Shorter(Sax), Jaco Pastorius(B), Peter Erskine(Ds), Robert Thomas, Jr.(Hand Dr) - 1. Volcano For The Hire 2. Current Affairs 3. N.Y.C.  Part1 41st Parallel  Part2 The Dance  Part3 Crazy About Jazz  4. Dara Factor One 5. When It Was Now 6. Speechless 7. Dara Factor Two

シンプルな感じと複雑な感じのサウンドが同居した、ウエザー・リポートの黄金期のメンバーが解体する寸前のアルバム。印象深いメロディーも数曲で聴かれますが、この時期のジャコ度という点からは、何となくアンサンブル重視の少々控え目な演奏のような気もする。

Jazz At The Opera House(Sony) - Recorded February 22, 1982. Denny Zeitlin(P), Herbie Hancock(P), Tochiko Akiyoshi(P), Lew Tabackin(Fl), Bobby Hutcherson(Vib), Wynton Marsalis(Tp), Wayne Shorter(Ts), Charlie Haden(B), Tony Williams(Ds), Jaco Pastorious(B) - 1. Free Form/Straight, No Chaser 2. The Village 3. Falling Petal 4. Maiden Voyage 5. Sister Cheryl 6. Dedication To Conrad Silbert 7. Hesitation 8. Dedication To Conrad Silvert 4. Silence 5. Footprints 6. 'Round Midnight

何とジャコ・パストリアスが10曲目に参加。13分頃からソロあり。また、5曲目など、ウイントン・マルサリス、ウエイン・ショーター、ハービー・ハンコック、チャーリー・ヘイデン、トニー・ウ ィリアムスという組み合わせで、たぶんここでしか聴けない珍しいものです。

Night Food/Brian Melvin's(Ds) Night Food(Global Pacific) - Recorded November, 1984. Jaco Pastorius(B), Bob Weir(G), Merl Sounders(Org), Jon Davis(P), Rick Smith(Ts), Paul Mousavi(G), Curtis Ohlson(B), Peter Horvath(Synth), Vernon Black(G), Norbart Stachel(Sax), Andy Narell(Steel Dr), Tim Hyland(Tp), Craig Kilby(Tb), Keith Jones(B), Thomas Hass(Sax), Butch Lasy(Synth), Jens Melgaard(B), Thomas Blachman(Ds), Bill Keaney(Per), etc. - 1. Sexual Healing 2. Fever 3. CIA 4. Dania 5. Did You Hear That Monie 6. Mercy Mercy Mercy 7. Bahama Mama 8. J.P.'s Shuffle 9. Mile's Mode

邦題「マイルス・モード」。英題で同名のアルバムが同時期に製作されているのでややこしい。ジャコの参加は、2、4、6−7、9曲目。参加曲でないものは、いわゆる普通のフュージョン(?)で、参加曲はジャコ・サウンドになってしまい、アンバランス。参加曲だけ聴けば、まあまあか。

Blackbird/Jaco Pastorius(B) & Rashid Ali(Ds)(Timeless) - Recorded December 19, 1984. - 1. Broadway Bluse 2. Slang 3. Purple Haze 4. Fannie Mae 5. Blackbird 6. Donna Lee 7. Cntinuum 8. Naima

ドラムとベースのデュオでCD1枚分持たせてしまうのはすごいことですが、演奏自体の完成度を記にすると、やはりなぜこれがCD化されたの?と言う気にもなってしまいます。ドラムもベースも荒削りで、けっこうハッとするようなフレーズやおなじみの曲は出てくるのですが、聴きとおすのがつらい。

Upside Downside/Mike Stern(G)(Atlantic) - Recorded March and April 1986. Bob Berg(Ts), Mitch Forman(P, Synth except 4), Dave Weckl(Ds except 4), Mark Egan(B except 2, 4), Jeff Andrews(B on 2), Dr. Gibbs(Per except 4), David Sanborn(As on 3), Jaco Pastorius(B on 4), Steve Jordan(Ds on 4) - 1. Upside Downside 2. Little Shoes 3. Goodbye Again 4. Mood Swings 5. After You 6. Scuffle

アトランティック初リーダー作。6曲目が共作の他は全曲マイク・スターンの作曲。ハイラム・ブロックのプロデュース。ロック・イディオムのギタリストというイメージですが、なかなか変化に富んだ曲とソロがあります。当時とすれば割と普通のフュージョン・ミュージックだったのかもしれないですが、1曲目からあのメカニカルなフレーズを交えた曲作りになってます。ややソフトな音色とメロディアスで盛り上がっていく親しみがある2曲目、淡色系のファンク・バラードの3曲目、この曲だけメンバーが違い、ジャコ・パストリアスが参加しておなじみのあのサウンドでややジャジーにせまってくる4曲目、しっとりとして包み込むような美しい静かなバラードから中盤盛り上がる5曲目、少しメカニカルなテーマと盛り上がるアドリブの6曲目。

(その他の主な参加CD) アイム・ファイン、ハゥ・アー・ユー?/アイアート・モレイラ(Per)’77年(B)、エブリデイ・エブリナイト/フローラ・プリム(Vo)’78年(Milestone)、インティメイト・ストレンジャー/トム・ソコット(Sax)’78年(Sony)、ハバナ・ジャム1 ’79年(Sony)、ハバナ・ジャム2 ’79年(Sony)、マノーロ/マノーロ・バドレーナ(Per)’79年(A&M)、パラダイズ・シティズンズ/ランディ・バーンセン(G)’80年、’88年(Zebra)、ミュージック・フォー・プラネッツ、ピープル&ウォッシング・マシーンズ/ランディ・バーンセン(G、Synth)・ウィズ・ジャコ・パストリアス(B)’84年(Roving Spirits)、P.D.B./ジャコ・パストリアス(B)〜ケンウッド・デナード(Ds)〜ハイラム・ブロック(G)’86年(DIW)、

 

このホームページに記載されている内容の無断引用・無断転載・編集等禁じます。©1997 Kazuyuki Kudo

トップページに戻る