2000年5月−8月購入の輸入盤・中古盤

トップページ > 過去に聴いたジャズ・フュージョンのCD特集 > 2000年5−8月購入の輸入・中古

ジャズCDの個人ページ」by K. Kudo

最終更新日: 2007/03/07

 

8月

Guardians Of The Light/Michele Rosewoman(P, Vo)  And Quintessence(Enja)(輸入盤) - Recorded March 19 and 20, 1999. Craig Handy(Ts), Steve Wilson(As, Ss), Jenny Davis(B), Gene Jackson(Ds) - 1. The Thrill Of The Real Love 2. Weird Nightmare 3. West Africa Blue 4. Where It Comes From 5. Free To Be 6. Fuzz Junk 7. Ask We Now 8. Akomado [For Babaluaye] 9. Vamp For Ochun

(00/08/30)’99年ニューヨークでのライヴ。 9曲中7曲はミシェル・ローズウーマン作曲。曲目は既出のものが多いのですが、やはり複雑系。初録音の時と比べ、メンバーの交代で少し素直になったかな、という印象。1曲目はホーンのテーマが印象に残ります。チャールズ・ミンガス作で渋くメロディアスな2曲目、エレキベースを使用してファンクな感じの3曲目、このメンバーにしては比較的オーソドックスかなと思える10分台の4曲目、比較的ゆったりとしながらも複雑なテーマの5曲目、何となくM-BASEっぽい感じもある6曲目、セロニアス・モンクの曲を彼女流にピアノ・ソロで料理した7曲目、彼女のヴォーカルも入って個性的かつドラマチックな11分台の8曲目。そしてノリが良くてカッコ良い9曲目へとなだれこみます。

Back To Stay/Ralph Peterson Jr(Ds, Per) And The Fo'tet(Sirocco Jazz)(輸入盤) - Recorded May 5-6 and June 6, 1999. Ralph Bowen(Ss), Bryan Carrott(Vib, Marimba), Beldon Bullock(B), Michael Brecker(Ts) - 1. Back To Stay 2. From Within 3. Apple's Eye 4. Did You Notice 5. Miles' Mode 6. Surrender 7. Soul Eyes 8. Is That So 9. Inner Evolution 10. Hidden Treasures

(00/08/29)落ち着いてきたかなあ、という印象もありますが、相変わらずやかましい?ドラムス。曲によっては変拍子が強調されているものも。タイトル曲の1曲目からノリが良く、2曲目はテーマが8分の7拍子。ゆったりと聴かせる8分の6拍子の3曲目、複雑なメロディとリズムの展開をみせる4曲目、おなじみの曲をドラムスがアグレッシヴに料理した5曲目、軽快(でもドラムスは重量級)でどことなくエキゾチックな6曲目、ホーンのアンサンブル(ラルフ・ピーターソンは多重録音でコルネットを吹いているフシがある)が厳かにキマる7曲目、デューク・ピアソン作で曲をヴァイブをメインに据えた8曲目、スピード感のある9曲目。そしてけっこう盛りあがる展開を示す10曲目。マイケル・ブレッカーは1、7曲目に参加。

Moving Rictures/Ravi Coltrane(Ss, Ts)(BMG France)(輸入盤) - Recorded October 15-17, 1997. Michael Cain(P), Lonnie Plaxico(B), Jeff "Tain" Watts(Ds), Steve Coleman(As), Ralph Alessi(Tp), Ancient Vibrations(Per) - 1. Interlude - Thursday 2. Narcine 3. Tones For Jobe Kain 4. In Three For Thee 5. Peace 6. Search For Peace 7. Mixed Media 8. HIgh Windows 9. Inner Urge 10. When You Dream 11. Outerlude - Still Thursday

(00/08/22)プロデューサーは何とスティーヴ・コールマン。方向性はより自然体のような気が。1、11曲目はフリー・インプロヴィゼーションで演奏しているのか、アンサンブルも効いていてパーカッションも入ってノリが良い。薄暗く、静謐にゆっくりと進んでいく2曲目、M-BASE的なテーマを持ち、中身はジャズの3曲目、ソプラノで彼流のメロディでせまる4曲目、グッとジャズっぽく静かに渋く流れていくホレス・シルバー作の5曲目、アフリカ的な黒っぽさを持つマッコイ・タイナー作の6曲目、変拍子系のテーマを持つ7曲目、やや抽象的な空間を有する8曲目、サウンドがM-BASE的なジョー・ヘンダーソン作の9曲目、ピアノとのデュオのウェイン・ショーター作の10曲目。スティーヴ・コールマンは9、11曲目に参加。ややマニアックか。

Nice View/Tim Berne's Caos Totale(As)(Bamboo)(中古盤) - Recorded August 1993. Herb Robertson(Tp), Steve Swell(Tb), Marc Ducret(G), Mark Dresser(B), Bobby Previt(Ds), Django Bates(P) - 1. It Could Have Been A Lot Worse 2. The Third Rail 3. Impacted Wisdom

(00/08/10)全曲ティムバーンの作曲または合作。1曲目が21分、2曲目が17分、3曲目が何と38分!の長尺の演奏。時間が長いのでアグレッシヴな?ソロの部分も露出度は高いです。相変わらずフリーの部分と書かれたと思われる部分が交錯していて、時間軸に沿った構築型のフリーインプロヴィゼーション、といった趣きでドラマチックに曲が展開して行きます。アンサンブル部分は多彩で、どうやって演奏しているのか不思議と言えば不思議。個人的には飽きがこないとは思うのですが。ここではジャンゴ・ベイツが鍵盤楽器で参加しているのが特徴でしょうか。先鋭的なマルク・デュクレのギターも心地良い。ただしやっぱり 、ジャズとしては難解な部類に入る方だと思うので、聴く人を選ぶアルバムだとは思います。

4 Play/Cold Sweat(Bamboo)(中古盤) - Recorded August 1990. Craig Harris(Tb), Sekou Sundiata(Oralizer), Eddie E.J. Allen(Tp), Sam Furnace(As, Bs, Fl), Booker T. Williams(Ts), Douglas Booth(Key), Fred Wells(G, Vo), Brandon Ross(G), James Calloway(B), Kweyao Agyapon(Per), Damon Mendes(Ds), George Adams(Ts), Andy Bey(Vo), Melvin Gibbs(B) - 1. Foreplay One 2. You Are Everything 3. Round Midnight 4. Spinning Around 5. Fourplay Two 6. If This World Were Mine 7. The Secret Garden 8. Foreplay Three 9. Going In Circles 10. In The Rain 11. Whip Appeal 12. Nefertiti 13. La La Means I Love You 14. Foreplay Four

(00/08/10)邦題「コールド・スウェット・プレイズ・ソウル・バラッド」。 曲は全14曲で、それぞれの演奏時間はやや短め。ジャズ系の曲も一部入っていますが、ジャズ色はほとんどなく、リズムもタイトでエレキベースを使用していて、ヴォーカル入りの曲もあったりと、これ自体ポップなソウルのアルバムとして楽しめます。Four Play 1−4はどれも短いインタールード的なオリジナル。それ以外はソウル方面ではかなり有名な曲ばかりだとの事。ゆえに聴いていてゴキゲン。ソウルというか、ファンクの要素もけっこう感じることができます。Bambooレーベルなだけにもう少しアヴァンギャルドなものを、と期待していましたけれど、聴いた感じはけっこうポップで、BGMとしてかけても意外に良いのではないか、とも思います。

7月

Arcado-String Trio/Mark Dresser(B), Mark Feldman(Vln), Hank Roberts(Cello)(JMT)(輸入盤・中古) - Recorded February 1989. - 1. Gartman's 2. Giffin' Leroy 3. Sutonium # Three, Part 1, Part 2   4. Kraine 5. Living Bicycles 6. Pastoral 7. Curve Ball 8. Ethel 9. West Bank Cindy

(00/07/29)何たって、ヴァイオリン、チェロ、ベースによるトリオなので、その色合いはクラシック的なインプロヴィゼーション。構築されている部分も多いのでしょう。1曲目は11分台の曲で、淡い色合いでドラマチックな展開を見せています。2、4、6、8曲目はいずれも短く、完全即興で彩りを添えています。混沌とした音の融合的表現で、場合によっては雅楽にも通じるものがあるパート1とメロディが浮き上がってくるパート2の、やはり12分台の3曲目、ノリが良くて比較的分かりやすい(わけないか)5曲目、何とも幽玄な世界をあらわしている(?)これまた12分台の7曲目。ちょっとアップテンポのカラフルな9曲目。うーん、ジャズでないと言えばジャズではありませんが、こういう世界もあっても良いでしょう。

News From The Front/Marc Ducret(JMT)(中古盤) - Recorded June 23-26, July 24-25, 1991. Herb Robertson(Tp, Flh), Yves Robert(Tb), Francois Verly(Per, Ds Machine) - 1. Pour Agnes 2. Can I Call You Wren? 3. News From The Front 4. Fanfare 5. Wren Is Such A Strange Name 6. Silver Rain 7. Golden Wren

(00/07/29)独特な色合いを持つギタリスト。それは1曲目のハーブ・ロバートソンとのデュオで聴かれるギターの独特なフレーズでも顕著。メロディアスとは対極にありながら引きこまれてしまいます。ビートも効いていてアグレッシヴなホーン、パーカッション、ギター(多重録音あり)のトリオの2曲目、のどかなテーマから一転、ハードなギターの アドリブに入り、またテーマに戻る3曲目、前半はトロンボーンとのデュオで、途中からリズムが入ってノリが良く、最後でまた静かになる4曲目、緩急とりまぜてドラマチックでアヴァンギャルドな5曲目、ギターの多重録音の静かな6曲目。7曲目はギターの伴奏の上をたゆたうホーンの部分があったり、ズッシリとくる映画音楽的な部分があったりの曲。やっぱり独特なアルバム。

The Little Trumpet/Stefan F. Winter(Comp)(JMT)(中古盤) - Recorded July 1986. Herb Robertson(Tp, Flh, Cor, Arr), Tim Berne(As), Robin Eubanks(Tb), Bob Stewart(Tuba), Bill Frisell(G), Warren Smith(Vib, Marimba), Anthony Cox(B), Reggie Nicholson(Ds) - "The Little Trumpet" For Petra 1. Panacoustica (Overture) In Memory Of Thomas  2. Part 1: Despairing Little Trumpet  3. Part 2: Friendship   4. Part 3: The Welcoming  4. Part 4: Sad Fate  6. Part 5: Lullaby   7. Part 6: Wild Disrutes  8. Part 7: Harmony  9. Part 8: The Night   10. Paty 9: The Marvelous Event  11. Part 10: Panacoustica

(00/07/29)JMTレーベルのオーナーでありプロデューサーの、ステファン・F・ウィンターの作曲という、珍しいアルバム。 ただ、彼自身は作曲と詩のライターのみで、演奏はなし。CDには彼が作ったお話(おとぎばなし?)がその英文と日本文で掲載されていますが、演奏は全面的にインストルメンタル。 童話的なお話とは裏腹にアヴァンギャルドな部分もあるのではないかなあという印象。全編組曲になっている構成で、しかもドラマチックな展開。小編成のモノローグ的部分もあれば、ハーブ・ロバートソンのアレンジでホーンが全面的に出てくる部分はけっこう重厚だったりします。メンバーも今考えて見ればスゴいメンバーが集まっています。トータルアルバムとしてうまくまとまってい て、音楽的に独立して聴ける演奏。

Northern Song/Steve Tibbetts(G, Kalimba, Tape Loop)(ECM 1218)(輸入盤・中古) - Recorded October 26-28, 1981. Marc Anderson(Per) - 1. The Big Wind 2. Form 3. Walking 4. Aerial View 5. Nine Doors/Breathing Space

(00/07/23)全曲Steve Tibbettsのオリジナル。アコースティック・ギターがメインでパーカッションがスパイスの、ゆったりした空間的なアルバム。1曲目はややエスニックの香りがしつつ、多少山はありますが、淡々と進んでいきます。シンプルなテーマから訥々と語りかけてくる2曲目、フレーズの繰り返しが印象的な、牧歌的という感じの3曲目、繰り返されるリズムの上を淡々と乗っかっていくギターの4曲目。5曲目は22分ほどの大作。空間的で、ややドラマチックでありながらあっさりした組曲というイメージ。全体的に淡々としたイメージで、もう少しメリハリがあっても良いのかな、という気もしますが、まあ、これがECM的なところなのかも しれません。シンプルなので何気なく心に入り込んできます。

Solstice/Ralph Towner(G, P)(ECM 1060)(輸入盤・中古) - Recorded December 1974. Jan Garbarek(Ts, Ss, Fl), Eberhard Weber(B, Cello), Jon Christensen(Ds, Per) - 1. Oceanus 2. Visitation 3. Drifting Petals 4. Nimbus 5. Winter Solstice 6. Piscean Dance 7. Red And Black 8. Sand

(00/07/22)全8曲中7曲がラルフ・タウナーのオリジナル。なかなか興味深くて豪華なメンバーの組み合わせのアルバム。それぞれの個性が出ています。1曲目は10分台の大作で、暗い海の中を思わせるたゆたうサウンドの流れ。妖しげ(幻想的)な音がゆったりと展開する2曲目、幽玄な水墨画を見ているような3曲目、フルートのテーマが印象的で、前半でギターが蒼く深い味わいを醸し出し、その後盛り上がっていく4曲目、冬の情景を思わせるギターとソプラノ・サックスのデュオの5曲目、ビートが効いているギターとドラムスのデュオの6曲目、これまた空間的なギターとベースの小品の7曲目。エバーハルド・ウェーバー作のリズミカルでありながらこれまた幻想的な8曲目。 特異な時代を先取りしたサウンドかも。

Fractured Fairy Tales/Tim Berne(As, Voice)(JMT)(中古盤) - Recorded June 1989. Herb Robertson(Tp, Cor), Mark Feldman(Vln), Hank Roberts(Cello, Voice), Mark Dresser(B), Joey Baron(Ds) - 1. Now Then 2. SEP 3. Hong Kong Sad Song/More Coffee 4. Evolution Of A Pearl (1) Part 1 (2) Part 2  5. Lightnin' Bug Boute 6. The Telex Blues

(00/07/17)独特なバンド・サウンドを持つアルバム。弦楽器と管楽器の不思議な融合したサウンドと言えば良いのかどうか。構成がしっかりしていてドラマチックではありますが、全体で聴かせる印象。1曲目はオーソドックスなジャズのテーマのような旋律をアヴァンギャルドな一風変わったサウンドが取り囲んでいます。もったりとユニゾンのテーマも合わせ進んでいく2曲目、浮遊感のあるテーマからアグレッシヴなホーンがバラバラに、あるいはまとまって盛り上がってくる3曲目、何と19分もの組曲で、構築されたフリーという感じの4曲目、ストリングスが中心の30秒台の小品の5曲目。いきなり叫び声のようなヴォイスではじまる6曲目は旋律にまとわりつくアンサンブルという感じですが、緩急があってドラマチック(?)。

Poisoned Mind, The Paris Concert 2/Tim Berne's Bloodcount(As, Bs)(Bamboo)(中古盤) - Recorded September 22 - 25, 1994. Chris Speed(Ts. Cl), Michael Formanek(B), Jim Black(Ds), Marc Ducret(G) - 1. The Other 2. What Are The Odds? - Speed - J.B.'s Stove - A Slight Discrepancy In The Figures

(00/07/15)ティム・バーンの作曲。抑制がきいていてコントロールがとれ、かつ構築されたアヴァンギャルドなジャズ(と言っていいのかどうか)。このアルバムも長尺の曲が2曲です。ではフリージャズばかりかというと、非ジャズ的(というより現代音楽的?)な部分も見え隠れしていて、とにかく内側にこもっていくサウンド。1曲目は30分近くありますが、サックスがまるで雅楽のように絡み合いながら曲が盛り上がっていきます。中盤ドラムソロをはさんで再び神秘な世界が展開。2曲目は40分を超える大作。自然発生的にはじまったと思ったら、テーマ(らしきもの)は緻密。でもやっぱりアヴァンギャルド。メドレーのようなのですが、フリーな展開が緩急自在に、かつドラマチックに進んでいきます。 時間の流れで聴く?

Black Pastels/Hank Roberts(Cello, Vo, G, etc)(JMT)(中古盤) - Recorded November and December, 1987. Tim Berne(As), Ray Anderson(Tb), Robin Eubanks(Tb), Dave Taylor(Btb), Bill Frisell(G, Banjo), Mark Dresser(B), Joey Baron(Ds, Per) - 1. Black Pastels 2. Jamil 3. Mountain Speaks 4. Rain Village 5. Choqueno 6. This Quietness 7. Granpappy's Barn Dance Death Dance 8. Scarecrow Shakedown

(00/07/14)全曲彼の作曲で、単なるチェロ奏者やジャズをはみ出した不思議な世界が広がります。曲ごとに趣向は違いますが、それはコーラスであったりホーンの和音であったり。1曲目はチェロではじまるドラマチックかつ不思議なアンサンブル。広大な大地を思わせるヴォイスとサウンドの2曲目、チェロとヴォイスを中心としたインプロヴィゼーションの3曲目、ギターとチェロとホーンが端正な小品の4曲目、ホーンのアンサンブルが落ち着いていてしかも軽めな5曲目、ギターをバックに渋めに?歌うマイナーフォーク調の6曲目、アヴァンギャルドかつ構築的に計算されたホーンが絡み合う10分台の7曲目、ユーモラスでアヴァンギャルトな8曲目。9曲目は叙情的なメロディとややトンガリ気味のサウンドが心地良い。

Quartet West/Charlie Haden(B)(Verve)(中古盤) - Recorded December 22 and 23, 1986. Ernie Watts(Ts, As, Ss), Alan Broadbent(P). Billy Higgins(Ds) - 1. Hermitage 2. Body And Soul 3. The Good Life 4. In The Moment 5. Bay City 6. My Foolish Heart 7. Passport 8. Taney County 9. The Blessing 10. Passion Flower

(00/07/08)その後このメンバーによって録音を重ねることになりますが、その第1作目。 チャーリー・ヘイデンのオリジナルは10曲中4曲あります。アーニー・ワッツの滑らかでメロディアスなサックスが印象的。スタンダードやジャズメン・オリジナルも多く、比較的聴きやすいジャズに仕上がっています。まだ、あまり古き良き時代の渋めなジャズやハードボイルドがかったジャズサウンドを追求しているわけではありませんが、それなりに渋めな感じ。メンバーの取り合わせの妙かもしれません。3、9曲目がオーネット・コールマンの曲ですが、4曲目のオリジナルの方がフリーっぽくてそれっぽい感じではあります。8曲目のベースソロの曲も牧歌的で良い感じ。9、10曲目はCDのみのボーナス・トラック。

 

このホームページに記載されている内容の無断引用・無断転載・編集等禁じます。©1997 Kazuyuki Kudo

トップページに戻る