1998年4月以降購入の輸入盤・中古盤

トップページ > 過去に聴いたジャズ・フュージョンのCD特集 > 1998年4月以降購入の輸入・中古

ジャズCDの個人ページ」by K. Kudo

最終更新日: 2007/03/07

4月

It's OK To Listen To The Gray Voice/Jan Garbarek(Ts, Ss)(ECM 1294)(中古盤) - Recorded December 1984. David Torn(G), Ebarhard Weber(B), Michael DiPasqua(Dr, Per) - 1. White Noise Of Forgetfulness 2. The Crossing Place 3. One Day In March I Go Town To The Sea And Listen 4. Mission: To Be Where I Am 5. It's OK To Phone The Island That Is A Mirage 6. It's OK To Listen To The Gray Voice 7. I'm The Knife-Thrower's Partner

(98/04/01)曲の題名が詩人のトーマス・トランストローマーの詩の題の引用だそうです。全員個性的な音色とフレーズで演奏していますが、けっこうまとまっているというイメージがあります。ギターはバリバリのロックの音色とフレーズの時もあるんですが...。それに追い討ちをかけるようにベースも...。(輸入盤と思って買ったら中からライナーが出てきました。)

Shift In The Wind/Gary Peacock(B)(ECM1165)(輸入盤・中古) - Recorded February 1980. Art Lande(P), Eliot Gigmund(Dr) - 1. So Green 2. Fractions 3. Last First 4. Shift In The Wind 5. Centers 5. Caverns Beneath The Zoth 6. Valentine

(98/04/04)アート・ランディというとヤン・ガルバレクとのデュオアルバム、エリオット・ジグムンドというとビル・エヴァンス・トリオのサウンドを想像しますが、ここではやはりゲイリー・ピーコックを中心としたインプロヴィゼーション的サウンドになっています。ピアノもここではそれなりに渋いです。

Some Aspects Of Water/Geri Allen(P)(Storyville)(輸入盤) - Recorded March 15 and 17, 1996. Palle Danielsson(B), Lenny White(Dr), Johnny Coles(Flh), Henrik Bolberg Pedersen(Tp, Flh), Kjeld Ipsen(Tb), Axel Windfeld(Tuba), Michael Hove(As, Fl, Cl), Uffe Markussen(Ts, Ss, Bcl, Fl) - 1. Feed The Fire 2. A Beautiful Friendship 3. Old Folks 4. Smooth Attitudes 5. Some Aspects Of Water 6. Skin

(98/04/04)デンマーク録音で、ベースはあのパレ・ダニエルソンです。1、2、6曲目がピアノ・トリオ、3曲目がジョニー・コールズとのデュオ、4−5曲目がノネット(9人)の演奏。これだけいい演奏が輸入盤だけでしか聴けないとは、もったいないです。フレーズもアレンジも個性的で素晴らしいです。

No Sweat/Gary Wills(B)(Alchemy)(輸入盤) - Released 1997. Dennis Chambers(Dr), Steve Tavaglione(Sax, Ewi), Scott Kinsey(Key) - 1. No Sweet 2. Knothead 3. The Everlasting Night 4. Stagger 5. Liquified 6. Easy Street 7. 'Til The Cows Come Home 8. Knothead 2   9. Ancient Promise 10. Hymn

(98/04/08)デニス・チェンバースとの超重量級セッションであればぜひ聴きたい!と思っていました。期待通りのスーパー・テクあり、ちょっと抑えて渋めの曲もありという構成です。こういうフレットレスベースの音が好みで、自分の中ではこの音が基準になっているような気もします。

Myths, Modes And Means/S.Coleman & The Mystic Rhythm Society(BMG France)(輸入盤) - Recorded March 24-25, 1995. Ralph Alessi(Tp), Andy Milne(P), Reggie Washington(B), Gene Lake(Dr), Vijay Lyer(Key), Miya Masaoka(Koto), Josh Jones(Per), Ramesh Shotham(Per), Kokayi(Lyricist), Yassir Chadly(Vo, Per), Laila(Dance) - 1. Mystic Dub 2. Finger Of God 3. The Intiate 4. Madras 5. Song Of The Beginnings 6. Numerology 7. Transits

(98/04/08)いつものサウンドと変わらない部分もありますが、琴が入ったり、何だか民族音楽のように聞こえる部分もあったりします。ライヴ3部作の1枚目ですか、趣向の違う3枚のライヴ演奏を何と1週間弱で録音してしまいました。好みからいけばファイヴ・エレメンツ的サウンドですが...。

Time Remembers On Time Once/Denny Zeitlin(P)/Charlie Haden(B)(ECM1239)(輸入盤) - Recorded July 1981. 1. Chairman Mao 2. Bird Food 3. As Long As There's Music 4. Time Remembers One Time One 5. Love For Sale 6. Ellen David 7. Satellite/How High The Moon 8. The Dolphin

(98/04/08)珍しくサンフランシスコでのライヴです。デニー・ザイトリンのリリカルかつ硬質なピアノを、今回はじめて聴きました。オーネット・コールマンあり、コール・ポーターあり、オリジナルありと、これもECMでは珍しくサービス精神旺盛です。一般向け?

Les Violences De Remeau/Louis Sclavis(Cl, Bcl, Ss) Sextet(ECM1588)(輸入盤) - Recorded September 1995 and January 1996. Yves Rovert(Tb), Dominique Pifarely(Vln), Francios Raulin(P, Key), Bruno Chevillon(B), Francis Lassus(Dr) - 1. Le Diable Et Son Train 2. De Ce Trait Enchante 3. Venez Punir Son Injustice 4. Charmes 5. La Torture D'alphise 6. Usage De Faux 7. Reponses A Gavotte 8. Charmes 9. Pour Vous...Ces Quelques Fleurs 10. Ismenor 11. Post-Mesotonique

(98/04/08)曲目のところにAct XX のScene XXとあるので、劇の音楽なのでしょうか。それはともかく、いわゆるバップの音使いはなく、ジャズ(というよりインプロヴィゼーションか)の演奏の中にクラシック(というよりも現代音楽か)の香りが強いので、聴く人を選びますが、ハマると面白いです。

Wake Up Call/Robin Eubanks(Tb)(Sirocco Jazz)(輸入盤) - Recorded February 13-14, 1997. Antonio Hart(As), Duane Eubanks(Tp), Eric Lewis(P), Lonnie Plaxico(B), Gene Jackson(Dr) - 1. United 2. Ceora 3. Soliloquy 4. Oriantal Folk Song 5. Wake Up Call 6. You Are Too Beautiful 7. Scrapple From The Apple 8. Rush Hour

(98/04/11)トロンボーンの演奏は相変わらず素晴らしく、メンバーもすごいし、チャーリー・パーカーやウエイン・ショーターの曲などもありますが、昔からトンガッた部分を期待していたので、だんだんオーソドックスなジャズへ向かっているのは個人的には何と言っていいのか...。

Waves/Terje Rypdal(G, Synth, etc.)(ECM)(輸入盤) - Recorded September 1977. Palle Mikkelborg(Tp, Flh, etc.), Sveinung Hovensjo(B), Jon Christensen(Dr, Per) - 1. Per Ulv 2. Karusell 3. Stenskoven 4. Waves 5. The Dain Curse 6. Charisma

(98/04/15)ジャケットにひかれて購入。パレ・ミッケルボルグはマイルス・デイビスの「オーラ」の作編曲で有名になりましたが、3曲が彼の作曲です。エフェクターのかかったギター(シンセ)とベースの個性的な音とフレーズとアコースティックなドラム、管楽器とのバランスがいい感じです。

Terje Rypdal(G, G Synth, Org, etc.)/Miroslav Vitous(B, P)/Jack DeJohnette(Dr)(ECM)(輸入盤) - Recorded June 1978. 1. Sunrise 2. Den Forste Sne 3. Will 4. Believer 5. Flight 6. Seasons

(98/04/15)最強のリズムセクションと思うと聴かずにはいられません。広がりのあるギターサウンドとギターシンセサイザーの包み込むような空間の中に切り込まれるドラムとベースライン。幻想的な曲が多いのですが、5、6曲目が3人によるインプロヴィゼーションです。

Silent Feet/Eberhard Weber(B)(ECM)(輸入盤・中古) - Recorded November 1977. Rainer Bruninghaus(P, Synth), Charlie Mariano(Ss, Fl), John Marshall(Dr) - 1. Seriously Deep 2. Silent Feet 3. Eyes That Can See In The Dark

(98/04/15)10分を超える曲ばかり3曲です。チャーリー・マリアーノの哀愁を帯びたフレーズを奏でるサックスやフルート、ECMにしては比較的メロディアスなわかりやすいサウンドで、一般向けかもしれません。曲で勝負できる一枚。

Cracked Mirrors/HarryPepl(G, G Synth, P)/Herbert Joos(Flh)/Jon Christensen(Dr)(ECM 1356)(輸入盤・中古) - Recorded February 1987. - 1. Wolkenbilder 1    2. Reflections In A Cracked Mirror 3. Schikaneder Delight 4. Die Alte Mar Und Das Mann 5. More Far Out Than East 6. Wolkenbilder 2   7. Purple Light 8. Tintelfisch Inki

(98/04/15)フリー・インプロヴィゼーションぽい部分と牧歌的な部分とが入り混じっています。6曲がハリー・ペプルの、2曲がハーバート・ジョースの作曲になります。変則トリオですが、曲によってローランド・ミディ・ギター・システムがシンセのような広がりを出しています。

Poros/Dominique Pifarely(Vln)/Francois Couturier(P)(EMC 1647)(輸入盤) - Recorded April 1997. - 1. Trois Images 2. Poros 3. Labyrintus 4. La Nuit Ravie 5. Retours 6. Warm Canto 7. Vertigo 8. Images 4, 2, 3   9. Gala

(98/04/19)一曲目が空間の空白を極限まで生かす音数の少ない曲でおお、と思いましたが、ヴァイオリンとピアノのデュオはかなり表現はクラシック寄りです。マル・ウォルドロンの曲が1曲はさみこまれていて興味深いです。この曲は元のメロディーは8小説ですが、フリジアン・モードだそうです。

Tore Down House/Scott Henderson(Mesa/Bluemoon)(輸入盤) - Reocrded August 1996. Thelma Houston(Vo), Masta Edwards(Vo), Dave Carpenter(B), Kirk Covington(Dr), Pat O'Brien(Harmonica), Scott Kinsey(Key), Albert Wing(As, Ts, Fl), Walt Fowler(Tp, Flh), Mike Nelson(Ts, Bs), Dan Fornero(Tp, Flh), Eric Jorgenson(Tb), T.J. Helmerich(Back Vo), Mark Nonisa(Back Vo) - 1. Dolemite 2. Tore Down House 3. Meter Maid 4. I Hate you 5. Gittar School 6. Xanax 7. Continuum 8. You Get Off On Me 9. Mocha 10. Herpoon 11. Same As You

(98/04/21)再びブルースに挑戦したアルバム。根っからのブルース畑の人ではないので、ところどころ複雑なギターのフレーズが見え隠れしますが、ノリは完全にブルースそのものです。ジャズ/フュージョンファンには7曲目のコンティニュームがうれしいサービスか。

 

トップページに戻る