Criss Cross1100−1149番

トップページ > Criss CrossのCD特集のページ > Criss Cross1100−1149番

ジャズCDの個人ページ」by K. Kudo

 

 

最終更新日:2007/03/07

A World Away/Walt Weiskopf(Ts) Quartet(Criss Cross 1100)(輸入盤) - Recorded December 21, 1993. Larry Goldings(Org), Peter Bernstein(G), Bill Stewart(Ds) - 1. A World Away 2. Heads In The Clouds 3. Immortal Soul 4. Mercenary 5. The Long Hot Summer 6. Oceans 7. Paradox 8. December 9. Dragon Lady

(05/11/24)Walt Weiskopf作は全9曲中5曲目以外全部。シャープな音色でメカニカルな今風の音を出す彼の、オルガンとの共演作。作曲にも個性が。ゆったりとした出だしからアップテンポでやや浮遊感のあるテーマとアドリブの1曲目、なるほど曇天のようなサウンドで8分の6拍子の2曲目、ややスローでかなり個性的なメカニカルなテーマを持つ3曲目、やはり目まぐるしいテーマを持つ、アドリブはややオーソドックスなアップテンポの4曲目、唯一スタンダードで安心して聴けるメロディのスローな5曲目、8分の6拍子で、ちょっと深いメロディとサウンドを持つ6曲目、アップテンポでモーダルさと浮遊感を持つ7曲目、素直なサウンドの、ミディアムだけれどサックスが流暢な8曲目、アップテンポでやはりメカニカルな感じの9曲目。

Through The Shadows/Scott Wendholt(Tp) Quintet(Criss Cross 1101)(輸入盤) - Recorded December 19, 1994. Don Braden(Ts, Fl), Bruce Barth(P), Ira Coleman(B), Billy Drummond(Ds) - 1. Through The Shadows 2. Hour Of The Pearl 3. Kaleidoscope 4. You Know I Care 5. Totem 6. Beatrice 7. Awaiting Spring 8. Just In Time

(05/12/10)Scott Wendholt作は全8曲中5曲(1−3、5、7曲目)。オリジナルが多めなので曲で勝負している感じ。タイトル曲の1曲目は出だしがミュート・トランペットとフルートで、静かになってから急にラテン的なハードバップ攻撃の思い切った展開。ややスローで綾織り系の感触を持ちつつ徐々にミディアムの「ジャズ」になっていく2曲目、メカニカルでえらく速いユニゾンのテーマが続くアップテンポのスリリングな3曲目、ワン・ホーンでしっとりと、ある面では饒舌にバラードを奏でる4曲目、元気の良いボッサという感じで進んでいく淡さも熱さもある5曲目、サム・リヴァース作のメロディアスな曲をミュートで吹く6曲目、ワルツで盛り上がりもある多少夢見心地のサウンドの7曲目、スタンダードをアップテンポで突進する8曲目。

A Cool Blue/Tim Warfield(Ts) Quintet(Criss Criss 1102)(輸入盤) - Recorded December 27, 1994. Terell Stafford(Tp), Cyrus Chestnut(P), Tarus Mateen(B), Clarence Penn(Ds) - 1. Titi Boom 1   2. Summertime 3. I Didn't Know What Time It Was 4. Dedicated To You 5. Night Train 6. A Cool Blue 7. Titi Boom 2(Complex Dialog) 8. Waltz For The Ordinary 9. Mr. Jin

(05/12/10)Tim Warfield作は全9曲中2曲(6、8曲目)で、Tarus Mateen作も1、7曲目に。現代ハード・バップという感じのジャズで、熱くせまってくる場面が多く、テナーも今風ながらやや熱い。エネルギー全開のアップテンポのジャズ、そしてテンポやサウンドを変えつつ、パワーのある1曲目、かなりコッテリしているようなスタンダードの2曲目、ミディアムでもソロになるとやっぱり燃えてきてしまう3曲目、一転ゆったりと、しっとりとしたバラードの4曲目、ちょっとコミカルなテーマを持つアグレッシヴなブルースの5曲目、やっぱりブルースに近いと思われるタイトル曲の6曲目、ベースのモッサリ感を中心に1曲目の続きの7曲目、8分の6拍子で優しいアプローチを見せる8曲目、ウェイン・ショーター作でモーダルな雰囲気の9曲目。

Conversations With Warne Vol.2/Pete Christlieb(Ts)(Criss Cross 1103)(輸入盤) - Recorded September 15, 1978. Warne Marsh(Ts), Jim Hughart(B), Nick Ceroli(Ds) - 1. No Tag 2. Fishgatle(Alt. Take) 3. So What's Old 4. You Drive(Alt. Take) 5. Nate And Dave 6. Lunch(Alt. Take) 7. Woody And You(Alt. Take) 8. Bess You Is My Man 9. The April Samba

(05/12/10)Criss Crossには珍しく、レーベル発足前の時点の録音の、シリーズ2枚目。1枚目からだいぶ遅れての発売と別テイクが9曲中4曲もあることがミステリーです。全曲Pete ChristliebとJim Hughartの共作。やはり他の曲からコード進行を借りたエイヤッ的な録音なのだと思います。ラフに2人が気ままに吹いている感じで、アンサンブルということは概念にないような吹き方です。1曲目からけっこうコードに乗っかってメロディアスに吹いている雰囲気。曲調に対してけっこう速いフレーズが飛び交いますが、やはり不思議な陶酔感があります。そこがベテランなのだと思います。メロディをはっきり吹くのではなくて速いフレーズの積み上げで曲を作り上げていく、彼らの演奏の貴重性ということについては異論はないですが。

Why Not/Joe Magnarelli(Tp) Quintet(Criss Cross 1104)(輸入盤) - Recorded December 21, 1994. Eric Alexander(Ts), Renee Rosnes(P), Peter Washington(B), Kenny Washington(Ds), Daniel C. Sadownick(Per on 3) - 1. Cup Bearers 2. How Deep Is The Ocean 3. Bella Carolina 4. After You've Gone 5. When Your Lover Has Gone 6. Storyteller 7. Y-Not 8. Blues For B.G.

(05/12/21)Joe Magnarelli作は全9曲中3曲(3、8−9曲目)。曲調は温かみがあるようなトランペットのサウンドです。そのメロディアスな温かみと現代感覚での曲調がうまく組み合わさったやや勢いのある1曲目、ミディアムで哀愁を誘いつつジャジーに盛り上がる2曲目、パーカッション入りでホンワカとしたラテン風味の曲の3曲目、テーマはワルツで、いきなり超アップテンポの4ビートになってアドリブと、目まぐるしい展開の4曲目、ワンホーンで、しっとりとメロディを奏で上げていくちょっと饒舌な場面もあるバラードの5曲目、リニー・ロスネス作の3拍子だけれどモーダルな感じの6曲目、ややゆったりとしたメロディとテンポ、メロディアスなアドリブで温かめの7曲目、アップテンポでホーンの速いパッセージが見事な8曲目。

Reunited/Richard Wyands(P) Trio(Criss Cross 1105)(輸入盤) - Recorded June 18, 1995. Peter Washington(B), Kenny Washington(Ds) - 1. Moment To Moment 2. Easy Living 3. The Lady's In Love With You 4. Estate 5. Afternoon In Paris 6. How Long Has This Been Going On 7. Blues For Pepper 8. I'm Just A Lucky So And So 9. Moon And Sand 10. Yesterdays 11. Alone Together

(05/12/21)ベテランのリーダー作で、スタンダードやジャズメン・オリジナルのオンパレード。リズム隊が派手ではなく、聴きやすい曲が多いです。メロディが映画音楽のような哀愁をちょっと誘うジャズの1曲目、きらめくカクテルピアノからジャズに向かうような2曲目、軽快なリズムでピアノも軽やかに舞うアップテンポの3曲目、ブラジルの曲をバラード風に聴かせる4曲目、メロディアスな味わいはベテランならではの5曲目、ゴージャスな感じすら漂ってくるソロ・ピアノの6曲目、ブルースだけれども、あまりアクは強くない7曲目、デューク・エリントン作のよりブルージーな8曲目、哀愁漂うボッサ仕立てでけっこう盛り上がる9曲目、ソロ・ピアノでジャジーなアプローチを見せる10曲目、アップテンポでメロディアスな展開の11曲目。

The New Bop/Darrell Grant(P) Quintet(Criss Cross 1106)(輸入盤) - Recorded December 16, 1994. Scott Wendholt(Tp), Seamus Blake(Ts, Ss), Calvin Jones(B), Brian Blade(Ds) - 1. The New Bop 2. The Blues We Ain't No More 3. Don't Stray 4. Struttin' To Tangiers 5. Lullaby 6. Gettin' Mean With Mateen 7. Comin' On The Hudson 8. My Own Man 9. Water Dreams  Part 1 - Beach - Three Views: How Deep Is The Ocean 10. Water Dreams  Part 2 - Agua Profunda 11. Come Sunday 12. Rebop

(05/12/23)Darrell Grant作は1−4、6、8−9曲目の一部、10、12曲目で、他はジャズメン・オリジナルなど。現代色満載の複雑な曲調のアップテンポの1曲目、リズム的に空間のある不思議なテーマのブルースの2曲目、夢見心地でアレンジざれた浮遊感のあるバラードの3、8曲目、リズミカルな部分と4ビートの部分が交互に来る4曲目、ジョージ・ケイブルス作のバラードをしっとりとホーンとのみの5曲目、変化する急速調でなかなかカッコ良い6曲目、セロニアス・モンク作をトリオでそれなりの雰囲気で演ずる7曲目、オリジナルとスタンダードを混ぜてソロ・ピアノで組曲風に料理している9曲目、フルバンドになるラテン系ファンクの10曲目、デューク・エリントン作をソフトなバラードで少しユーモラスな11曲目、小品の12曲目。

Sundiata/Chris Potter(Ts, As, Ss) Quartet(Criss Cross 1107)(輸入盤) - Recorded December 13, 1993. Kevin Hayes(P), Doug Weiss(B), Al Foster(Ds) - 1. Fear Of Flying 2. Hibiscus 3. Airegin 4. New Lullaby 5. Sundiata 6. Bodu And Soul 7. Leap Of Faith 8. C.P.'s Blues

(05/12/23)全8曲中、Chris Potter作は6曲(1−2、4−5、7−8曲目)。クァルテットでオリジナル中心と、気合いが入っています。ソプラノ・サックスでモーダルなサウンドの中を泳ぎまわる、けっこう自由な曲調の1曲目、軽い8ビートのような雰囲気も4ビートもある浮遊感と、やや盛り上がる2曲目、ソニー・ロリンズ作の、サックス・ソロではじまって、ピアノ・レスで、思ったよりもオリジナル的なアプローチをしている3曲目、モーダルなバラードで、しっとり感も高揚感もけっこうある4曲目、ノリの良いサウンドながらもやはりモーダルか感じが強く漂うタイトル曲の5曲目、唯一のスタンダードでメロディアスなバラードの6曲目、不思議なリズムでせまってくるメリハリのある進行の7曲目、今っぽくちょっとトンでいるブルースの8曲目。

Souvenir/Bill Charlap(P) Trio(Criss Cross 1108)(輸入盤) - Recorded June 19, 1995. Scott Colley(B), Dennis Mackrel(Ds) - 1. Turnaround 2. Half Step 3. Souvenir 4. Waltz New 5. Confirmation 6. Godchild 7. Alone Together 8. Goodbye Mr. Evans

(05/12/23)スタンダードやジャズメン・オリジナルの演奏。この当時でも十分個性的で、存在感のあるピアノ。オーネット・コールマン作を比較的ゆったりからフレーズの組み立てもうまく盛り上げる1曲目、メロディの下降上昇具合が印象的な、控えめなフレーズにプロを見た2曲目、渋くしっとりと落ち着いたバラードを奏で上げていくタイトル曲の3曲目、ジム・ホール作のややこしいテーマを持ちながらアドリブの部分はメロディアスに流れていく4曲目、チャーリー・パーカー作をひねくってオリジナル風綾織り系に仕立て上げる5曲目、分かりやすいやや陽性な4ビートジャズを繰り広げる6曲目、ソロ・ピアノからはじまってけっこう盛り上がっていく12分台の7曲目、フィル・ウッズ作の優しいゆったりとしたバラードを展開する8曲目。

No Hype Blues/Bobby Broom(G)(Criss Cross 1109)(輸入盤) - Recorded June 16, 1995. Ron Perillo(P), Peter Washington(B), Lewis Nash(Ds) - 1. Twisted Blues 2. Minor Major Mishap 3. Father 4. How About You 5. For All We Know 6. No Hype Blues 7. Mirthy 8. Pent-Up House

(06/01/09)全8曲中Bobby Broom作は3曲(2−3、6曲目)。ちょっと渋めですが、温かめで正統派のギターを聴かせてくれます。ウェス・モンゴメリー作の有名なブルースをほんの少しゆっくりめに、それでいてノリ良く聴かせてくれて影響も感じる1曲目、複雑な構成の、テンポも緩急自在で浮遊感もある2曲目、ちょっと静かな曲調でボッサも感じさせるような3曲目、徐々に盛り上がるメロディアスなアプローチのミディアムのスタンダードの4曲目、静かにしっとりと優しくメロディを奏でていくスタンダードのバラードの5曲目、ブルースとはいってもピアノ抜きでブルースらしからぬ中間色的展開のタイトル曲の6曲目、Ron Perillo作曲のちょっとモーダルで淡くミステリアスな7曲目、ソニー・ロリンズ作のアップテンポでスリリングな8曲目。

The Bloomdaddies/Seamus Blake(Ts)(Criss Cross 1110)(輸入盤) - Recorded December 16, 1995. Chris Cheek(Ts), Jesse Murphy(B), Jorge Rossy(Ds), Dan Reiser(Ds) - 1. Newton's Law 2. Hick As Heck 3. To Be Ornette To Be 4. Sing, Sing, Sing 5. Shelter 6. Trilogy - End Of Time - Space Shuttle - Goodbye Girl 7. Final Sauna 8. Do We?

(06/01/09)Seamus Blake作が4曲(1−3、6曲目)、Chris Cheek作が3曲(5、7−8曲目)。実質双頭バンド。管楽器にはエフェクターも入り、エレクトリック・ベース、2ドラムスと、レーベルでは変わっている編成。7拍子のアップテンポのファンクで2人のサックスがけっこう燃え上がる1曲目、割とゆったりとしていて浮遊感も漂う2曲目、オーネット・コールマンの編成とサウンドを真似たような、それでいてどっしりした3曲目、唯一スウィング時代のスタンダードをアップテンポの4ビートで料理する4曲目、2人のサックスで幽玄なバラードを奏でる6曲目、前半エフェクトを混ぜたドシャメシャ・フリー、後半静かな場面のある6曲目、飛び飛びのメロディのテーマのスローな7曲目、ノリの良いビートで陽気にせまってくるファンクな8曲目。

Waltz For An Urbanite/Mike LeDonne(P) Quintet(Criss Cross 1111)(輸入盤) - Recorded June 17, 1995. Steve Nelson(Vib), Peter Bernstein(G), Peter Washington(B), Kenny Washington(Ds) - 1. Scratchin' 2. Re-rev 3. F.S.R. 4. Walkin' With B. 5. Waltz For An Urbanite 6. Tranquility 7. Don't Blame Me 8. Monsoon 9. Pr'a Voce

(05/04/14)Mike LeDonneの作曲は全9曲中4曲。ピアノを弾く時は盛り上がるけれどもシロっぽい感じも。ソロ・ピアノではじまり、メロディアスなテーマで来たと思ったら、アップテンポでスピードのあるピアノ、ヴァイブラホンと続く1曲目、ブルージーな雰囲気で進んでいきながらも、ピアノはあおりまくり、ギターは冷静にソロをとるタイプの2曲目、ゴキゲンなリフ付きの正統派4ビートジャズが聴ける3曲目、ちょっとソフトタッチで軽めに進んでいく4曲目、その名の通りワルツで都会的に洗練されているタイトル曲の5曲目、ミディアムでちょっと渋めなアプローチの6曲目、バラードなのにキラキラ、バシャーンとピアノを弾いていく7曲目、アップテンポでフレーズも素早く流れていく8曲目、ちょっと沈み込んだようなボッサの9曲目。

Vertigo/Jim Snidero(As) Quintet(Criss Cross 1112)(輸入盤) - Recorded December 14, 1994. Walt Weiskopf(Ts), David Hazeltine(P), Peter Washinton(B), Tony Reedus(Ds) - 1. Pocket Change 2. Vertigo 3. Bossa 338   4. A.S.A.P. 5. Polka Dots And Moonbeams 6. Ah-Leu-Cha 7. Skylark 8. Midtown

(06/01/15)Jim Snidero作は全8曲中4曲(1−4曲目)。2サックスのフロント陣の組み合わせも興味深い。ややWalt Weiskopfがメカニカルでひねくれているか。ちょっとまったりしたテーマで、そのままアドリブへ流れていく、ややメカニカルで明るめの感触のあるフレーズの1曲目、浮遊感やエキゾチックさもあわせ持つ、ややアップテンポなタイトル曲の2曲目、やはりサックスが印象的な、タイトルどおり渋めな展開のボッサの3曲目、やはりタイトルのようにアップテンポでメカニカルな持続的フレーズ満載の4曲目、情感をこめて奏でるスタンダードのバラードの5曲目、チャーリー・パーカー作をアップテンポでノリ良く攻める6曲目、ゆったりと爽やかなメロディが香るバラードの7曲目、Walt Weiskopf作のやっぱりひねくれた8曲目。

The Jaunt/Steve Davis(Tb) Quintet(Criss Cross 1113)(輸入盤) - Recorded June 20, 1995. Eric Alexander(Ts), Mike DiRubbo(As on 4, 5, 9), Bruce Barth(P), Ugonna Okegwo(B), Eric McPherson(Ds) - 1. Blues For Ant-Man 2. Angel Eyes 3. Nobody Knows The Trouble I've Been 4. The Jaunt 5. J Mac's Dream 6. I Didn't Know What Time It Was 7. Little Dreams 8. 26-2   9. The King Is The Man Who Can

(06/01/15)全9曲中Steve Davis作は4曲(1、4−5、9曲目)。フロント陣に興味がいくアルバム。ブルースではじまりますが、今っぽくてシャープな感じの1曲目、アンサンブルとビートが面白く、意外にアップテンポで攻めるスタンダードの2曲目、トラディショナルを優しいゆったりとしたバラードで演奏する3曲目、3管で現代的かつシャープなアレンジの、アドリブは4ビートのタイトル曲の4曲目、ややゆったり系でテーマは分厚いハーモニー、アドリブは割とこってり、バックはやや淡々とした5曲目、スタンダードで8分の6拍子の上をメロディが進む6曲目、カーティス・フラー作をミディアムでやや饒舌に吹く7曲目、ジョン・コルトレーン作だけど割とオーソドックスな4ビートの8曲目、やはり分厚いハーモニーとミディアムの渋さの9曲目。

Eric Alexander In Europe/Eric Alexander(Ts) Quartet(Criss Cross 1114)(輸入盤) - Recorded April 10, 1995. Bobby Broom(G), Melvin Rhyne(Org), Joe Farnsworth(Ds) - 1. What A Difference A Day Made 2. The Edge 3. Stay On It 4. To Be With You 5. Trippin' 6. Spank That Pig 7. Good Morning Heartache 8. That's All

(06/01/15)Eric Alexander作は全8曲中3曲(3−5曲目)。なかなか面白い編成での録音。アップテンポでアーシーなオルガンをバックに相変わらずシャープにサックスを吹きまくっている1曲目、Bobby Broom作のやや渋めな曲の上を各ソロが自由に動き回るような2曲目、5拍子でのブルースをやはり鋭いフレーズで縦横無尽に吹きまくる3曲目、しっとりとしたメロディが、夜のニューヨークを思わせて印象的なバラードの4曲目、アップテンポでスリリング、かつモーダルにせまってくるような、各ソロがカッコ良い5曲目、Melvin Rhyne作の昔懐かしいブルースのようなちょっとアップテンポで、サックスのパートは吹きまくりの6曲目、優しいながらもやや饒舌なバラードの7曲目、軽いボッサ・タッチで気分も陽気になるような8曲目。

Four For Time/Steve Wilson(As) Quartet(Criss Cross 1115)(輸入盤) - Recorded December 10, 1994. Bruce Barth(P), Larry Grenadier(B), Leon Parker(Ds) - 1. By The Window 2. Wish You Were Here 3. Belief 4. Groovesome Twosome 5. Everything Must Change 6. Perdido 7. Up And Down Woody'n You

(06/01/22)Steve Wilson作は全8曲中2曲(2、4曲目)で、他のメンバーの曲も3曲。比較的メロディアスで聴きやすい。Bruce Barth作の比較的無機的なテーマながら、浮遊的にメロディが紡ぎだされるように進んでいき、ドラムスとの交歓も後半にある1曲目、ちょっとしっとり感もあるワルツですが進行は現代的な面もある2曲目、Leon Parker作の都会的でソフトタッチなブルース進行の3曲目、サックスとドラムスのみで、ノリの良いリズムやゆったりしたりと変化していく4曲目、ゆったり静かから盛り上がっていくポップス的な構成の6曲目、プピーディーな曲で一部にゆっくりの部分が混ざる、スリリングな6曲目、Bruce Barth作でモンク的な音の飛び方をするテーマの7曲目、ディジー・ガレスピー作を勢い良く料理する8曲目。

On Second Thought/Greg Gisbert(Tp, Flh) Sextet(Criss Cross 1116)(輸入盤) - Recorded December 11, 1994. Chris Potter(Ts), Steve Wilson(As), John Campbell(P), Peter Washington(B), Billy Drummond(Ds) - 1. Chapulta Walk 2. The Green Dress 3. Fingers 4. On Second Thought 5. Effendi 6. Segment 7. Played Twice

(06/01/22)Greg Gisbertの作曲は4曲目のみで、ジャズメン・オリジナルが多いです。端正ではっきりしたトランペットの印象。出だしはややアップテンポのブルースで、勢いのあるフレーズを見せてくれる1曲目、Chris Potter作の繊細なはじまりの、浮遊感がありながらもやや盛り上がりミディアムの4ビートで進んでいく2曲目、サド・ジョーンズ作の、ミュート・トランペットで軽快に聴かせながらもややアップテンポで今っぽいサウンドの3曲目、ワン・ホーンでしっとりとメロディを紡ぎ上げていくバラードの、タイトル曲の4曲目、マッコイ・タイナー作の男性的でモーダルなサウンドの5曲目、チャーリー・パーカー作のやや憂いを帯びつつもテンポ良く盛り上がる6曲目、セロニアス・モンク作の彼風でもあり今っぽいフレーズもありの7曲目。

Minor Thang/Tony Reedus(Ds) Quartet(Criss Cross 1117)(輸入盤) - Recorded December 24, 1994 and December 17, 1995. Ron Blake(Ts), Dave Striker(G), Ritchie Goods(B), Ron McBee(Per on 6) 0 1. Minor Thang 2. Frank's Tune 3. Little Waltz 4. I Love You 5. Beyond All Times 6. Goodbye Pork Pie Hat 7. Invitation 8. Sam Sack

(06/01/28)Tony Reedus作は1曲目のみで、ジャズメン・オリジナルやスタンダードが多い。Dave Strikerの参加がメインストリームながらちょっと違うサウンドなので目をひきます。1曲目はややアップテンポでドラムスも元気にプッシュする勢いのある曲。ちょっとホンワカした感じが温かみを感じるミディアムでさりげない2曲目、ロン・カーター作のしっとりとした哀愁のあるゆったりめのワルツを聴かせる3曲目、ギターレストリオで、スタンダードを一部ファンクっぽく攻めて4ビートが主流になる4曲目、ウディ・ショウ作のアップテンポでモーダル、スリリングな5曲目、ちょっと渋めに有名な曲を料理する6曲目、これまた有名な曲で、やはり渋めの4ビートでせまる7曲目、ミルト・ジャクソン作でややブルージーな感じの演奏の8曲目。

Mel's Spell/Melvin Rhyne(Org) Trio(Criss Cross 1118)(輸入盤) - Recorded December 22, 1994 & Dec 9, 1995. Peter Bernstein(G), Kenny Washington(Ds), Daniel G. Sadowinick(Per on 6) - 1. Billy's Bounce 2. Hi-Heel Sneakers 3. Stranger In Paradise 4. Teach Me A Song 5. Fried Pies 6. Sunset Eyes 7. Sweet Slumber 8. Here's That Rainy Day 9. Like Yea 10. This Love Of Mine

(06/01/28)Melvin Rhyne作は4曲目のみで、スタンダードやウェス・モンゴメリー作(5、9曲目)が目立ちます。基本編成はおなじみの3人。チャーリー・パーカー作でメロディアスにはじまりいかにもオルガンジャズという感じで進む1曲目、ファンクというかジャズロックのゴキゲンな2曲目、途中からテンポがアップテンポになって明るくスリリングな3曲目、落ち着いたメロディでやや哀愁がかったバラードの4曲目、原曲のイメージが強い感じもする10分にも及ぶ5曲目、唯一パーカッション参加でラテン風に料理する6曲目、じっくりと聴くとオルガンのバラードの良さが分かる7曲目、ちょっと軽めでメロディアスに進む8曲目、ややアップテンポでけっこうゴキゲンな感じの9曲目、そしてラストはしっとりとしたバラードで終わる10曲目。

In The Moment/John Swana(Tp, Flh) Sextet(Criss Cross 1119)(輸入盤) - Recorded December 14, 1995. Eric Alexander(Ts), Steve Davis(Tb), Kenny Barron(P), Peter Washington(B), Kenny Washington(Ds) - 1. The Lonely Ones 2. Le Barron 3. Teeko 4. Martha 5. 946 North Randolph 6. I Wanna Be Happy 7. Troubled Times 8. Ballad Of The Sad Young Men 9. Esther's Step

(06/01/28)全9曲中John Swana作は5曲(2−5、7曲目)。比較的オーソドックスで、ちょっと現代的なアンサンブルの3管ホーン。スティーヴ・デイヴィス作の、ミディアムでちょっと渋めな感じのアレンジが凝っている1曲目、ケニー・バロンのピアノがメカニカルでカッコ良い、かなりアップテンポのバードバップの2曲目、ミディアムで渋めに落ち着いたアプローチを見せる3曲目、やや湿り気を帯びて切なさのあるワルツの4曲目、ミディアムのブルースでとことん攻めている10分台の5曲目、アップテンポでミュート・トランペットが印象的な明るめの6曲目、ゆったりとし、ちょっと重めでモーダルな感じの7曲目、ミュート・トランペットが彩る10分台のバラードの8曲目、Eric Alexander作の、テーマのリズムのキメが多くて今っぽい9曲目。

Dubai/Billy Drummond(Ds, Cymbals) Quartet(Criss Cross 1120)(輸入盤) - Recorded December 15, 1995. Chris Potter(Ts, Ss, Bcl), Walt Weiskopf(Ts), Peter Washington(B) - 1. The Best Thing For You 2. Dubai 3. The Bat 4. Drumhead 5. Invisible Sun 6. Bananafish 7. Daydream 8. Mushi Mushi

(06/02/07)Billy Drummond作は2曲目のみ。2ホーンのピアノレスなので、ホーンのキャラクターもあり、けっこう自由に吹きまくっています。1曲目はスタンダード ですが、やはりホーンの自由さが目立ち、まるでオリジナルのようなサウンド。 エキゾチックで7拍子の、けっこう異国情緒が出ていると思われるモーダルな2曲目、珍しくパット・メセニー作の曲をゆったりと演奏している3曲目、Walt Weiskopf作の思いっきり自由なフレーズが飛び交っている4曲目、やはり彼の作でサックスとバス・クラリネットが絡みつつちょっと軽く進む5曲目、Chris Potter作の個性的なリズムと複雑なテーマを持つ6曲目、静かながらもフレーズがけっこう舞っているようなバラードの7曲目、デューイ・レッドマン作のフリーにかなり近くて破綻しない8曲目。

Witness/Jon Gordon(As, Ss) Sextet(Criss Cross 1121)(輸入盤) - Recorded December 8, 1995. Tim Hagans(Tp), Mark Turner(Ts), Bill Charlap(P), Sean Smith(B), Tim Horner(Ds) - 1. Individuation 2. Witness 3. Deal 4. Interlude 5. Waking Dream 6. Sicily 7. House Of Mirrors 8. Ballerina

(06/02/10)7曲目を除きJon Gordon作曲。オーソドックスなセクステットかと思ったら、現代的で、内省的なイメージのサウンド。ミステリアスで叙情的な面や盛り上がりを見せながらも、モーダルな感じもあって温度感の低い12分台の1曲目、ゆったりとしたメロディがゆったりとしたリズムに合わせて進んでいく2分の小品だけれどもタイトル曲の2曲目、アップテンポでメカニカルなテーマかつ複雑な構成を持つ、勢いのある3曲目、しっとりとちょっと抽象的なハーモニーの感じもする小品の4曲目、静かなのですがフリー的な絡みと展開を持つ、ハーモニーも少しある5曲目、モーダルでミステリアスに攻めてくる6曲目、Sean Smith作のベースがちょっと活躍するエキゾチックな7曲目、浮遊感のあるこれもモーダルな雰囲気の9曲目。

A Whisper In The Midnight/Tim Warfield(Ts, Ss) Sextet(Criss Cross 1122)(輸入盤) - Recorded December 19, 1995. Terell Stafford(Tp), Stefon Harris(Vib), Ctrus Chestnut(P), Tarus Mateen(B), Clarence Penn(Ds) - 1. Tin Soldier 2. Soprano Song 3. Speak Low 4. I've Never Been Blue Before 5. A Whisper In The Midnight 6. Bye Bye Blackbird 7. Prayer For Uthman

(06/02/11)全7曲中、Tim Warfieldの曲は5曲(1−2、4−5、7曲目)。何だか濃そうなメンバーですが、予想通りの場面も、軽い場面もあり。短いフレーズの後にいきなりドラムソロがあって、今風のテーマが続いて重くなったり静かになったり変幻自在な進行の、基本的に8分の7拍子の1曲目、ソプラノサックスで、淡い感触のバラードを描き上げている2曲目、スタンダードを今っぽく仕上げていますがどことなく軽く、有機的な香りのする3曲目、渋くニューヨークの夜を表現しているかのような、しっとりしたバラードの4曲目、メロディアスな中間色系のボッサの雰囲気で穏やかに進むタイトル曲の5曲目、サックスなどのメロディは軽めでバラードから4ビートへ向かう6曲目、8分の6拍子でモーダルに盛り上がる10分台の7曲目。

From Now On.../Scott Wendholt(Tp) Quartet/Sextet(Criss Cross 1123)(輸入盤) - Recorded December 12, 1995. Tim Ries(Ts, Ss on 3-4, 7, 9), Steve Armour(Tb), Steve Wilson(As), Bruce Barth(P), Larry Grenadier(B), Billy Drummond(Ds) - 1. From Now On... 2. Magnolia Tones 3. Solar 4. In A Sentimental Mood 5. At The Falls 6. Times Past 7. Dear Old Stockholm 8. Promise 9. I Remember You

(06/02/11)メンバーのクレジットは7人ですが、Tim Ries参加作はホーン2人のピアノレス・クァルテット。Scott Wendholt作は全9曲中3曲(1、5、8曲目)。テンポがグルグル変わって、しかもシャープな感じの演奏が都会的な雰囲気を醸し出している1曲目、Steve Armour作のおっとりとしたハーモニーの美しいバラードの2曲目、切れ込んでくるようなフレーズが心地良いマイルス・デイヴィス作の3曲目、有名な曲をホーン2人の絡みで自由なバラードの4曲目、やはりシャープで分厚いハーモニーが印象的で温度感が低めな5曲目、やや冷めたボッサという感じの6曲目、リラックスしていてちょっと引き締め、かつ哀愁を感じる7曲目、モーダルな感触をミディアムで味わう8曲目、アップテンポで2人のホーンが爽やかな9曲目。

More Urban Tones/Grant Stewart(Ts) Quartet(Criss Cross 1124)(輸入盤) - Recorded June 15, 1995. Peter Bernstein(G), Peter Washington(B), Billy Drummond(Ds), Chris Byars(Ts on 7), Jay Collins(Ts on 7) - 1. Nica's Tempo 2. I Should Care 3. You Go To My Head 4. Rabbitron 5. All Through The Night 6. You Sweet And Fancy Lady 7. Manhattan Bridge 8. Pie-Eye Blues

(06/02/11)Grant Stewart作は7曲目のみで、ジャズメン・オリジナルやスタンダードが多い。ピアノレスのギター入りクァルテットというのも面白い。王道を行くようなメロディアスなサックス。ジジ・グライス作で、よく歌うサックスがなかなかのややアップテンポの1曲目、メロディアスなスタンダードが心地良く響くミディアムの2曲目、ちょっと男っぽい音色で淡々とフレーズを吹いていき、後半にソロのみもあるバラードの3曲目、ちょっと浮遊感があって心地良い、今っぽい乾いた曲調の4曲目、アップテンポで、淀みないフレーズがけっこう見事な5曲目、バリー・ハリス作のちょっと渋めで哀愁が漂っているミディアムの6曲目、3人のサックスでハーモニーとソロが美しいバラードの7曲目、デューク・エリントン作のブルースの8曲目。

Justin Time/Orrin Evans(P) Ortet(Criss Cross 1125)(輸入盤) - Recorded December 26, 1996. John Swana(Tp), Tim Warfield(Ts), Rodny Whitaker(B), Byron Landham(Ds) - 1. Dorm Life 2. Yummy 3. It Had To Be You 4. My Shining Hour 5. Mom 6. Autumn Leaves 7. If I Were A Bell 8. Tune Up 9. Justin Time

(06/03/06)Orrin Evans作は9曲中4曲(1−2、5、9曲目)。オルテットは8人ですが、Orrinにひっかけるシャレか。全員が参加する曲が少なめ。セロニアス・モンク的な引っかかりと現代ジャズの折衷のサウンドの1曲目、ちょっとモッタリしつつも温かみのある、時にメカニカルなメロディでミディアムの進行の2曲目、非常にゆったりしてムーディーなサックスのバラードの3曲目、明るいけれど破天荒なピアノとサックスのデュオを聴ける4曲目、ミステリアスでちょっと沈んだメロディを奏でるバラードの5曲目、ピアノ・トリオでブルージーな「枯葉」を演奏する6曲目、出だしに話もあってトリオで進むアップテンポの7曲目、やはりトリオでキラキラした感じのバラードの8曲目、クインテットでスリリングなアップテンポのタイトル曲の9曲目。

Four Track Mind/Seamus Blake(Ts) Quintet/Sextet(Criss Cross 1126)(輸入盤) - Recorded December 14, 1994. Mark Turner(Ts), Tim Hagans(Tp), Kevin Hays(P, Key), Larry Grenadier(B), Billy Drummond(Ds) - 1. Four Track Mind 2. Dittee 3. Jali 4. Miss James 5. Face The Question 6. In A Warring Absence 7. Gospel

(06/03/06)全7曲中6曲がSeamus Blake作曲(6曲目を除く)。エフェクターのかかったエレキピアノにジャズロックのリズムで、メカニカルなテーマ、ミディアムのテンポとブレイクするアドリヴが心地良いタイトル曲の1曲目、自由にホーンがアップテンポで絡み合うリフがスリリングで、そのままアドリブのソロになだれ込んでいく2曲目、8分の6拍子ながら、テーマは広大な風景が開けるようなゆったり感、アドリヴはややアップテンポになる3曲目、再びエレキピアノを使用して、ソプラノサックスのメロディが優しいバラードの4曲目、ミステリアスなテーマのハーモニーとリズムから、アドリブではオーソドックスになる5曲目、ちょっと仰々しいテーマからドラマチックに変幻自在の6曲目、その名の通り3連譜でブルージーに進む7曲目。

Song For My Mother/Walt Weiskopf(Ts, Fl, Afl) Nonet(Criss Cross 1127)(輸入盤) - Recorded December 20, 1995. Anders Bostrom(Fl, Afl), Jim Snidero(As, Fl, Afl), Scott Robinson(Bs, Bcl, Fl), Joe Magnarelli(Tp), Conrad Herwig(Tb), Joel Weiskopf(P), Peter Washington(B), Billy Drummond(Ds) - 1. Outsider 2. Three Armed Man 3. Barebones 4. End Of The Year So Soon 5. Song For My Mother 6. High Noon 7. You Won't Forget Me 8. Where Is Love 9. Turncoat

(06/03/11)Walt Weiskopf作は全9曲中7曲(1−6、9曲目)。9人編成はこのレーベル2枚目。薄いベールに覆われたようなソフトなアンサンブルが魅力。その雰囲気のアンサンブルがけっこう聴けてメロディアスな雰囲気がなかなかの1曲目、ちょっと切ないような響きが魅力的な2曲目、マイナーのアップテンポの7拍子のテーマの曲で、アドリブも快調に飛ばしている3曲目、ゆったりめで淡い感触のサウンドのバラードの4曲目、メランコリックなワルツで情感がありながらそのまま盛り上がる感じのタイトル曲の5曲目、ちょっとモッチリした感じのボッサの6曲目、ビッグバンド的色彩の多少あるスタンダードの7曲目、しっとりとメロディを奏で上げるバラードの8曲目、アップテンポで、アンサンブルをバックにソロが活躍する9曲目。

Introducing Jim Rotondi/Jim Rotondi(Tp, Flh) Quintet(Criss Cross 1128)(輸入盤) - Recorded December 22, 1996. Eric Alexander(Ts), Ewayne Burno(B), Billy Drummond(Ds), Larry Goldings(P, Org) - 1. Ninny Melina 2. Voodoo 3. Make Believe 4. Little Flower 5. A Peck A Sec 6. Too Soon To Tell 7. Indian Summer 8. On The Que Tee

(06/03/11)Jim Rotondiの作曲は3曲(2、4、6曲目)。ラリー・ゴールディングスのピアノとオルガンの持ち替えもいい。ハードバップの現代版というようなサウンドの香りを伝えてくれる感じ。その典型的でメロディアスなバップサウンドを届けてくれるのが1曲目。オルガンで渋いけれども8ビートでタテノリのソロを聴かせてくれる2曲目、けっこうノリが良く明るいオルガンサウンドのスタンダードの3曲目、穏やかでゆったりしたワンホーンのバラード(ピアノ)の4曲目、ハンク・モブレー作をアップテンポで、当時の雰囲気プラス今のフレーズも少し交える5曲目、リズミカルなテーマと4ビートとで陽気にせまる6曲目、この曲が唯一のボッサでややホッとする7曲目、オルガン入りのフレディー・ハバード作でちょっと凝ったテーマの8曲目。

Gary Smulyan With Strings/Gary Smulyan(Bs)(Criss Cross 1129)(輸入盤) - Recorded December 23, 1996. Mike LeDonne(P), Peter Washington(B), Kenny Washington(Ds), Bob Belden(Arr, Cond), Mark Feldman(Vln), Laura Seaton(Vln), Jon Kass(Vln), Regina Carter(Vln), Cenovia Cummins(Vln), Ron Lawrence(Viola), Erik Friedlander(Cello), Tomas Ulrich(Cello), Clay Ruede(Cello) - 1. The Bad And The Beautiful 2. Lush Life 3. Thanks For You 4. It Happens Quietly 5. Don't Follow The Crowd 6. We've Got A Sure Thing 7. Beware My Heart 8. The Moment Of Truth 9. Yesterday's Gardenias 10. Two For The Seesaw

(06/03/12)レーベル初のウィズ・ストリングス作で、スタンダードが中心。あまり有名な曲が多くないようですが、ボブ・ベルデンのアレンジでしっとりとしたストリングスをバックに、バリトン・サックスが重心の低いメロディを奏でていきます。バラードで映画音楽のようなアプローチを見せている1、7曲目、ここでは一番有名な曲かもしれませんが、やはりサックスが語りかけるような2曲目、クァルテットの部分で4ビートのピアノ・ソロもあるやや元気な3曲目、ややアップテンポでフレーズが飛ぶ4曲目、曲調はゆったりでも吹きまくる5曲目、やはり4ビートで縦横無尽のサックスの6曲目、バリトン・サックスでも軽快な曲調はここまで出る8曲目、語りかけるようにメロディが舞う9曲目、アンドレ・プレヴィン作のやや渋めのボッサの10曲目。

Brain Dance/Peter Bernstein(G) Quintet(Criss Cross 1130)(輸入盤) - Recorded December 2, 1996. Eric Alexiander(Ts), Steve Davis(Tb), Billy Drummond(Ds), Larry Goldings(Org) - 1. Brain Dance 2. Chant 3. Means And Ends 4. Dual Nature 5. While We're Young 6. You Leave Me Breathless 7. Lady Bug 8. Dance Zone

(04/07/19)Peter Bernsteinの作曲は4曲(1、3−4、7曲目)。オルガン入りのベースレス・クインテットは彼らしいかも。ホーンは曲によって抜けます(2、5−6曲目)。タイトル曲の1曲目はメロディアスでスピーディーながらけっこう難しそうな展開を持つテーマの曲。ホーンが生きています。オルガンジャズ的な渋さを持っているデューク・ピアソン作のミディアム・テンポの2曲目、後にVenusのアルバムで「Venus Blues」となるメリハリのあるテーマのブルースの3曲目、ちょっと浮遊感を伴うようなホーンがまとわりつくテーマの4曲目、スタンダードをちょっとエキゾチックなオルガンでの5曲目、しっとり感たっぷりのバラードの6曲目、ジャズロック的なノリなのにフレーズはなかなかの7曲目、ゆったりとした進行の中を朗々と唄う8曲目。

Distant Star/Bill Charlap(P) Trio(Criss Cross 1131)(輸入盤) - Recorded December 17, 1996. Sean Smith(B), Bill Stewart(Ds) - 1. Along The Way 2. While We're Young 3. Last Night When We Were Young 4. Here I'll Stay 5. Distant Star 6. Bon Ami 7. '39 Worlds Fair 8. Starlight 9. The Heather On The Hill

(06/03/25)タイトル曲の5曲目が3者の作曲(フリー)で、8曲目のみBill Charlapの作曲。スタンダードやジャズメン・オリジナルが多いですが、派手でないながらも、味わいのある世界を展開。内省的で繊細、浮遊感のある4ビートジャズという感じの1曲目、ワルツで、丁寧に音を紡ぎだしながらもやや盛り上がりのある2曲目、彼ならではのしっとりとしたバラードプレイが冴える3曲目、メロディアスで、ベースやドラムスもそれなりに映える4曲目、アップテンポを感じさせるスリリングな小品の5曲目、ジム・ホール作でやや地味ながら落ち着いたメロディと進行の6曲目、カラフルさとミステリアスな部分が同居するような盛り上がる7曲目、夜空の星を感じさせるちょっとスリリングな8曲目、ソロ・ピアノで落ち着いたバラードを奏でる9曲目。

Circle Line/Ralph Lalama(Ts) Quartet(Criss Cross 1132)(輸入盤) - Recorded December 13, 1995. Peter Bernstein(G), Peter Washington(B), Kenny Washington(Ds) - 1. CIrcle Line 2. My Ideal 3. Giant Steps 4. You Are Too beautiful 5. Fiesta Espangol 6. Dark Chocolate 7. Homestretch 8. Without A Song

(06/03/25)1、6曲目のみRalph Lalamaの作曲で、他はジャズメン・オリジナルやスタンダード。ギターを含むクァルテットなので、興味あるサウンドです。アップテンポで複雑なテーマをギターと共に吹き(弾き)きる、ソロもなかなかスリリングなタイトル曲の1曲目、ギターが抜けてトリオでリラックスした演奏を聴かせる2曲目、難曲をテンポはやや速めながらやっぱりリラックスしたアレンジで聴かせている3曲目、ややスローで朗々とサックスが歌っているメロディアスな4曲目、アップテンポでサンバのおいしいところの展開が聴けるノリの良い5曲目、ミディアムでやや渋めのサウンドの、いぶし銀とも言える6曲目、ジョー・ヘンダーソン作のアップテンポでせまりまくる7曲目、明るくノリつつ、ソロのメロディでこの人らしさのある8曲目。

Two Of A Kind/Eric Alexander(Ts) Quartet/Quintet(Criss Cross 1133)(輸入盤) - Recorded December 15, 1996. Cecil Payne(Bs), David Hazeltine(P), John Webber(B), Joe Farnsworth(Ds) - 1. Happy Song 2. Pentimento 3. Mr. Harris 4. I Can't Get Started 5. Cecil's Slide 6. Angel Eyes 7. Beautiful Things 8. Kick-A-Poo

(06/03/25)エリック・アレキサンダー作は1、3、7曲目。4−5、8曲目でセシル・ペインも参加して、作曲は5、8曲目。メロディアスながらアップテンポの現代的な楽曲で、彼らしいやや高音域中心のシャープなサックスを聴ける1曲目、David Hazeltine作のやや中間色爽やか系のボッサが心地良い2曲目、やや引っかかりのあるリズムと4ビートの部分があって、少し速いテンポでけっこう渋い世界が展開している3曲目、バリトン・サックスも低音が心地良いバラードの4曲目、なかなかエキサイティングな部分もあるブルース進行の5曲目、意表をついてアップテンポでテーマもソロもハード・ブロウイングでせまってくる6曲目、8分の6拍子でちょっと盛り上がり気味の7曲目、2管ホーンのテーマもソロも印象的なアップテンポの8曲目。

Penn's Landing/Clarence Penn(Ds) Quartet(Criss Cross 1134)(輸入盤) - Recorded December 29, 1996. John Swana(Tp, Flh), Ron Blake(Ts), Rodney Whitaker(B) - 1. C.P.Time 2. Re: Evaluation 3. April's Fool 4. Penn's Landing 5. One For Tony 6. Quick Fix 7. Barbara Anastasia

(06/03/26)Clarence Pennの作曲は7曲中3曲(1、4、7曲目)。ピアノレスの2管クァルテット。しかも曲はメンバーのオリジナルばかりでちょっとハード。けっこうモーダル。割と自由なフォーマットで渋めなアップテンポの進行の、60年代のジャズをほうふつとさせる1曲目、Ron Blake作のちょっと軽めなテーマながらもやっぱり自由度が高く、ウォーキングのベースソロが前半で長い2曲目、やはりRon Blake作の、スローでしっとりとしたバラードの3曲目、サックス・トリオでやはり’60年代のジャズのサウンドのようなタイトル曲の4曲目、Rodney Whitaker作のトニー・ウィリアムスに捧げられた、雰囲気のある5曲目、John Swana作のアップテンポのテーマから突進する6曲目、哀愁のあるメロディが印象的なややスローテンポの7曲目。

Waitin' And Waitin'/Bobby Broom(G) Trio/Quartet(Criss Cross 1135)(輸入盤) - Recorded December 28, 1996. Ron Blake(Ts), Dennis Carrol(B), George Fludas(Ds) - 1. Without A Song 2. Hot House 3. Always 4. The End Of A Love Affair 5. Burt's Blues 6. Speedball 7. Waitin' And Waitin' 8. Mo'

(06/03/27)Bobby Broom作は全8曲中3曲(5、7−8曲目)。ベースはエレキベース。コード奏法があったり、メロディも分かりやすく、親しみやすいアルバム。数曲(2、5−7曲目)にサックスも参加。旋律を聴いているとメロディアスで聴きやすく、スタンダードの料理方法もゴキゲンな1曲目、サックスと陽気にノリも良く曲を進めていく2曲目、ソロ・ギターからはじまって3人でミディアムで明るい3曲目、しっとり感の強いスローなバラードでやや淡色系のギターを聴かせる4曲目、あまりブルースっぽくない進行だけれどちょっとメカニカルな感じがいい5曲目、リー・モーガン作の燃えるような4ビートの6曲目、内省的なメロディで温度感が低いバラードのタイトル曲の7曲目、アップテンポでギターの流麗なフレーズを聴かせる8曲目。

Dig Deep/Steve Davis(Tb) Sextet(Criss Cross 1136)(輸入盤) - Recorded December 18, 1996. Jim Rotondi(Tp, Flh), Eric Alexander(Ts), David Hazeltine(P), Nat Reeves(B), Joe Farnsworth(Ds) - 1. One For All 2. Dig Deep 3. Little Boy's Bossa 4. Blues Noble 5. Detour Ahead 6. I Should Care 7. Summertime 8. Payne's Window 9. Trippin'

(06/04/08)Steve Davis作は全8曲中4曲(1−2、4、8曲目)。グループ「One For All」の前身となるメンバーで、3管の現代ハードバップで勝負。分厚い3管とファンキーな感じでどこか懐かしいようなサウンドにも感じる王道を行く1曲目、アップテンポで複雑なテーマの部分を持つスリリングなタイトル曲の2曲目、ちょっと渋めでメロディアスなミディアムのボッサの3曲目、ちょっとアップテンポのブルースですが、洗練されているようにも感じる4曲目、ピアノとのデュオでで朗々と明るめに歌い上げていくバラードの5曲目、スタンダードを明るくノリも良く料理する6曲目、テーマが8分の6拍子と4拍子の複合のような渋めの7曲目、分かりやすいメロディでソフトな感じの8曲目、Eric Alexander作のアップテンポでけっこうシャープな9曲目。

Stick To The Kick/Melvin Rhyne(Org) Quintet(Criss Cross 1137)(輸入盤) - Recorded December 22, 1994 and December 9, 1995. Ryan Kisor(Tp), Eric Alexander(Ts), Peter Bernstein(G), Kenny Washington(Ds) - 1. J.Robin 2. Captain McDuff 3. Lady Bird 4. Laura 5. Killer Ray 6. Wail 7. It's Love 8. Light, Life, Love 9. Stick To The Kick

(06/04/08)Melvin Rhyne作は全9曲中6曲(1−2、5、7−9曲目)。「Mel's Spell(トリオ編成)」(Criss Cross 1114)と同日の録音でこちらはクインテットが中心。ファンクっぽいテーマからややアップテンポの渋いソロに移っていく1曲目、印象的なテーマでミディアムの黒い雰囲気(フロント3人は白いですが引きずられてます)のブルースの2曲目、トリオでノリの良いメロディで進んでいく3曲目、サックスがメロウにメロディを奏でるバラードの4曲目、ドラムスが目立っていて、繰り返されるテーマのリフが麻薬的な5曲目、バド・パウエル作の、超高速ビバップでせまる6曲目、ポップスのようなメロディアスでノリの良い曲の7曲目、トリオでしっとりとした美しいバラードを奏でる8曲目、テーマがトリッキーで、やや渋めのノリの良い9曲目。

Along The Way/Jon Gordon(As, Ss) Quartet/Quintet(Criss Cross 1138)(輸入盤) - Recorded June 30, 1997. Mark Turner(Ts), Kevin Hays(P), Joe Martin(B), Billy Drummond(Ds) - 1. Inner Urge 2. Empathy 3. Friday The 13th 4. Softly As In A Morning Sunrise 5. Portrait Of Jenny 6. Just In Time 1   7. Vale 8. Along The Way 9. Body And Soul 10. Just In Time 2

(06/04/11)Jon Gordonの作曲は1、7−8曲目で、スタンダードやジャズメン・オリジナルが多めで、やはりオリジナルはじめやや内省的。ジョー・ヘンダーソン作のアップテンポでややメカニカルな展開をしている1曲目、サックス2本とドラムスで内側を向いて絡み合っていく2曲目、セロニアス・モンク作をややユーモラスかつスマートに進んでいく3曲目、ややくぐもったようなメロディとサウンドのサックスでスタンダードを奏でる4曲目、優しく繊細なバラードの5曲目、サックスとドラムスで丁々発止のバトルを繰り広げている6、10曲目、サックス2人でやはり禁欲的なフレーズが淡々と展開していく7曲目、フレーズは彼らしいながらドッシリとした4ビートを活発に動きまわる8曲目、内省的な緊張感のある音を奏でているバラードの9曲目。

Burnin'/Javon Jackson(Ts)/Billy Pierce(Ts) Quintet(Criss Cross 1139)(輸入盤) - Recorded December 20, 1991. Kirk Lightsey(P), Christian McBride(B), Louis Hayes(Ds) - 1. So The Story Goes 2. Mr. Glenn-Roy 3. Dolo 4. Cocktails For Two 5. Homestretch 6. Ugly Beauty 7. Not Yet

(06/04/11)Javon Jacksonの曲が2曲(1、7曲目)、Billy Pierceの曲が1曲(2曲目)。シャープな音色でやや明るい感じなのはJackson、ちょっとまろやかでメカニカルなフレーズが出てくるのはPierceでしょうか。ややアップテンポで今っぽいハードバップという感じの1曲目、都会的な渋さと洗練された感じを持つミディアムの、2人ともメカニカルな2曲目、デクスター・ゴードン作のアップテンポで目まぐるしい明るいテーマを持つ、2人のソロや掛け合いも楽しい3曲目、Jackson演奏の朗々と歌っていくバラードの4曲目、ジョー・ヘンダーソン作のややアップテンポでノリが良くストレートなサウンドの5曲目、Pierceのやや憂いを帯びたサックスながら明るめの4ビートで進む6曲目、アップテンポで走っていくスリリングな感じもある7曲目。

Unbroken Line/Roberta Piket(P) Quintet(Criss Cross 1140)(輸入盤) - Recorded April 8 and 9, 1996. Scott Wendholt(Tp), Donny McCaslin(Ts, Ss), Javon Jackson(Ts), Mike Formanek(B), Jeff Williams(Ds) - 1. Brookland 2. Always 3. The End Of A Love Affair 4. The Long, Long Wait 5. Daily Affirmation 6. Threnody 7. You'll Never Walk Alone-Some Enchanted Evening 8. Second Guess 9. Unbroken Line

(06/04/12)Roberta Piket作は全9曲中5曲(1、4−5、8−9曲目)。プロデューサーが本人とリッチー・バイラークなのも珍しい。サックスが交替で参加する基本的にはクインテット。ハードな展開でまさに冷たい情熱がほとばしるような1曲目、トリオで繊細な淡い感触のイメージの2曲目、やや余裕を持たせたテーマから2管が絡んだりソロをとりつつ安定して進んでいく3曲目、現代風で浮遊感のある8分の6拍子の徐々に盛り上がる4曲目、バップ調でアップテンポにせまっている各ソロも活躍する5曲目、トリオでワルツの優しさを表現しているような6曲目、前半は静かな叙情的なピアノ・ソロ、後半がややアップテンポのクインテットの7曲目、しっとり感が漂うバラードの8曲目、テンポも変わり都会的なアプローチを見せている9曲目。

Always There/Joe Magnarelli(Tp) Quintet/Sextet(Criss Cross 1141)(輸入盤) - Recorded October 7, 1997. Gary Smulyan(Bs), Jim Snidero(As, Fl), Larry Goldings(P), Dennis Irwin(B), Kenny Washington(Ds), Daniel G. Sadownick(Per on 2, 5) - 1. I'm Old Fashioned 2. Allison's Welcome 3. I Fall In Love Too Easily 4. J.J.'s Busride Blues 5. Always There 6. Rah-Sah 7. Waltz For Aunt Marie 8. Put On A Happy Face

(06/05/14)Joe Magnarelliの作品は5曲(2、4−7曲目)。現代ハードバップやや明るめといった感じ。ミディアムで明るくメロディアスかつ流麗に奏でていくスタンダードの1曲目、ノリが良く、パーカッションが効いているサンバのリズムがスピーディーな2曲目、慈しむようにトランペットの音を紡いでいくバラードの3曲目、かなりのアップテンポでミステリアスなテーマを吹ききり、そのままアドリブに突入するピアノレスの4曲目、モーダルな感じで3管のハーモニーのテーマと渋いアドリブを聴かせてくれるミディアムのタイトル曲の5曲目、ちょっと哀愁と温かみのあるバラードを味わい深く聴かせる6曲目、ややもったりしていて、それでいて優しげなワルツの7曲目、ピアノのゆったりしたソロの後、アップテンポの本番で攻めまくる8曲目。

How It Is/David Hazeltine(P) Quintet(Criss Cross 1142)(輸入盤) - Recorded October 15, 1997. Jim Rotondi(Tp, Flh), Steve Wilson(As), Peter Washington(B), Joe Farnsworth(Ds) - 1. How It Is 2. Reasons 3. Pannonica 4. Nuit Noire 5. Little Angel 6. Where Are You? 7. Doxy

(06/05/14)David Hazeltine作は3曲(1、4−5曲目)。特に彼が目立つアレンジということはないですが、やはりピアノ・プレイが光ります。都会的なシャープさがあって2管のテーマが印象的なややアップテンポのタイトル曲の1曲目、8ビートでアース・ウィンド&ファイアの曲をちょっとまったりと、時に渋いハーモニーで演奏する2曲目、セロニアス・モンク作を大胆なアレンジでユーモラスかつスピーディーに聴かせる3曲目、ややスローな、けっこう渋いサウンドで演奏している4曲目、8ビート系の淡めのサウンドでユラユラとしたテーマから発展して盛り上げていく5曲目、ワンホーンで最初はしっとり、中盤以降は端正にメロディを奏で上げていくミディアムの6曲目、ソニー・ロリンズ作でかなりオーソドックスな4ビートサウンドの7曲目。

Aztec Blues/The Tenor Triangle & The Malvin Rhyne(Org) Trio(Criss Cross 1143)(輸入盤) - Recorded December 20, 1994. Eric Alexander(Ts), Ralph Lalama(Ts), Tad Shull(Ts), Peter Bernstein(G), Kenny Washington(Ds) - 1. Cedar's Blues 2. 'Nother Fu'ther 3. The Song Is You 4. Ballad Mdley: But Beautiful, It Could Happen To You, I Thought About You 5. Melvin's Masquerade 6. Aztec Blues 7. To The Chief

(06/05/14)同じメンバーの第2弾。Malvin Rhyne作は5曲目、Tad Shull作が6曲目、Eric Alexander作が7曲目。3人の聴き分けは比較的容易。まとまりのあるハーモニーの部分もブロウイングの部分もある3者対抗のバトル作。シダー・ウォルトン作の3管ハーモニーのテーマの後に3人のソロが繰り広げられる1曲目、ソニー・スティット作のソウルフルでラフな感じが何とも良い、ブルース進行の2曲目、アップテンポでスタンダードを流麗にこなしていく3曲目、バラードのメドレーを約8分でAlexander、Shull、Lalamaと3曲続けていく4曲目、ややアップテンポで渋めなテーマやソロを聴かせる5曲目、ややスローでちょっとエキゾチックなブルースのタイトル曲の6曲目、音符が飛ぶようなようなテーマとややアップテンポで聴かせる7曲目。

Universal Spirits/Tim Ries(Ts, Ss)(Criss Cross 1144)(輸入盤) - Recorded October 12, 1997. Scott Wendholt(Tp), Ben Monder(G), Scott Colley(B), Billy Drummond(Ds) - 1. Indeed 2. St. Michel 3. Free Three 4. Guardian Angel 5. Some Other Time 6. Sonata Nr.2 Siciliano 7. Jayne 8. When I'm Through

(04/09/07)Tim Riesのオリジナルは8曲中5曲。やはり現代的なジャズで、Ben Monderのギターが個性的で今っぽく光ります。のっけから複雑なテーマで、ややハードでテンションが高めのアップテンポの演奏が続く1曲目、ややエキゾチックに浮遊感をたたえつつ、ゆったりと渋めに進行していく2曲目、内省的な感じで前半のギターがなかなか印象的、かつ微妙なバランスで進んでいく3曲目、哀愁の響きを持ちつつもやはり今っぽいエッジの効き加減で、やっぱりジャズの4曲目、スタンダードでこの曲になるとなぜかほのぼのとしてホッとする5曲目、J.S.バッハの作品をあくまでもバロック的に演奏する6曲目、オーネット・コールマン作の、やっぱりコールマンらしい曲調の7曲目、ややしっとり感のあるラストにふさわしい8曲目。

Battle Cry/Ryan Kisor(Tp) Quartet(Criss Cross 1145)(輸入盤) - Recorded October 11, 1997. Sam Yahel(Org), Peter Bernstein(G), Brian Blade(Ds) - 1. Battle Cry 2. It Happens 3. Falling In Love With Love 4. I'm Old Fashioned 5. Birdlike 6. Sweet Punpkin 7. If Ever I Would Leave You

(06/05/21)Ryan Kisorのクリスクロス第一弾。彼の作品は2曲(1−2曲目)。的確で端正なトランペットという印象。不規則にも聴こえるテーマの後にややアップテンポでシャープに斬っていくような彼のアドリブの演奏が耳に残るタイトル曲の1曲目、メロディアスなコード進行とソロが流麗に響いていくものの、オルガンがややもっさりした印象もあるややアップテンポの2曲目、ちょっと変わったイントロと早めのワルツ進行のスタンダードでメロディアスな3曲目、一転スローなバラードでしっとり加減のフレーズを奏で上げていくような4曲目、フレディー・ハバード作の飛び回るようなアップテンポでアドリブも速い5曲目、心地良いテンポで明るいメロディが心弾ませる6曲目、アップテンポながらやはり明るさのあるスタンダードの7曲目。

Song For Donise/Adonis Rose(Ds) Quintet(Criss Cross 1146)(輸入盤) - Recorded December 12, 1997. Nicolas Payton(Tp), Tim Warfield(Ts), Anthony Wonsey(P), Reuben Rogers(B) - 1. Dia's Blues 2. Estrella Del Mar 3. Seventy Ninth Street 4. Song For Donise 5. Reflections 6. My Foolish heart 7. E.S.P. 8. Love Walked In

(06/05/21)Adonis Rose作は5曲目のみで、他のメンバーの曲やスタンダードなど。メンバーで、やや濃いサウンドを予想させます。現代の黒いけれどもやや都会的なピアノレスのブルースが展開される1曲目、ボッサ的な感触のメロディアスでちょっと浮遊感もあるニコラス・ペイトン作の2曲目、独特なリズムのテーマを持つ都会的なブルースを展開するAnthony Wonsey作の3曲目、ちょっとゆったりとしたワルツ進行でメカニカルな感じのソロもある4曲目、Anthony Wonsey作のモーダルで浮遊感のあるミディアムのやはり都会的な5曲目、落ち着いてきらびやかなスタンダードの有名なバラードの6曲目、有名な「E.S.P.」をかなりのアップテンポでモーダルに飛ばす7曲目、ラストはゴキゲンで明るいガーシュイン作を聴かせる8曲目。

Sleepless Nights/Walt Weiskopf(Ts) Sextet(Criss Cross 1147)(輸入盤) - Recorded December 16, 1996. Andy Fusco(As), Conrad Werwig(Tb), Joel Weiskopf(P), James Genus(B), Billy Drummond(Ds) - 1. Inner Loop 2. Come Rain Or Come Shine 3. Mind's Eye 4. Jazz Folk Song 5. Wishing Tree 6. Liberian Lullaby 7. With You, With Me 8. Sleepless Nights

(06/06/17)Walt Weiskopf作は全8曲中7曲。相変わらずフレーズや作曲は現代的に入り組んだものが多い。ここでは3管のハーモニーを生かしています。複雑で寒色系のスピーディーなテーマから、アドリブではテンポを変化させながら4ビートで進んでいくややこしい1曲目、唯一のスタンダードですが浮遊感のあるハーモニーのつくバラードの2曲目、出だしと後半はボッサのような、中間部では変則的なベースラインに沿って不思議なリズム(7拍子系?)で進む3曲目、哀愁漂うマイナーのややアップテンポで進む4曲目、やはり浮遊感のある薄暮のワルツの5曲目、モーダルな暗さを引きずっているややアップテンポの6曲目、バラードだけれどもミステリアスな感じの7曲目、ハーモニーが印象的な5拍子のタイトル曲の8曲目。

Inner Trust/David Kikoski(P) Trio(Criss Cross 1148)(輸入盤) - Recorded December 19, 1997. Ed Howard(B), Leon Parker(Ds) - 1. Some Other Blues 2. Softly As In A Morning Sunrise 3. Mirical 4. Inner Trust 5. You Don't Know What Love Is 6. Two Lonely People 7. Once Upon A Summertime 8. We See 9. Old Folks 10. Winnie's Garden

(06/06/17)全10曲中David Kikoski作は3曲(3−4、10曲目)で、ジャズメン・オリジナルやスタンダード中心。現代的な個性でメカニカルな部分も強い感じ。そのメロディアスさとメカニカルさのあるスマートなブルースの1曲目、スタンダードを今っぽくスリリングに料理したアップテンポの2曲目、しっとり感が強くエキゾチックさもあって起伏のある3曲目、内省的と思ったら中盤でアップテンポで進行するタイトル曲の4曲目、しっとりとしながらもゆったりめのファンクのようにもなる5曲目、ビル・エヴァンス作をリリカルに演奏する6曲目、ソロ・ピアノで叙情的に歌う7曲目、セロニアス・モンク作を彼流に陽気に仕上げていく8曲目、じっくりとフレーズを紡ぎ上げていくバラードの9曲目、リズムや、その間が面白く4ビートにもなる10曲目。

Gentle Warrior/Tim Warfield(Ts) Quintet(Criss Cross 1149)(輸入盤) - Recorded December 15, 1997. Nicholas Payton(Tp on 2-3, 8), Terell Stafford(Tp on 6-7), Cyrus Chestnut(P), Tarus Mateen(B), Clarence Penn(Ds) - 1. I've Grown Accustomed To Your Face 2. Adonis 3. Subliminal Being 1   4. Contrast J. 5. Lani 6. The Grim Reaper's Rapture 7. Time To Let Go 8. Subliminal Being 2

(06/06/17)Tim Warfieldは8曲中5曲(2、4−7曲目)。このメンバーだと黒さも出てくるなかなかいい取り合わせ。大物ニコラス・ペイトンも3曲で参加しています。ワン・ホーンのクァルテットで穏やかかつメロディアスなバラードを奏でる1曲目、ちょっとミステリアスな雰囲気もある渋い少しアップテンポの4ビートの2曲目、Clarence Penn作のテーマ以外はスペイシーで、フリーのフォーマットに近いような部分もある、起伏のある進行の3、8曲目、かなりのアップテンポでバリバリとモーダルに攻めまくる4曲目、静かに語りかけるような落ち着いたワン・ホーンでのバラードの5曲目、出だしにフリーの部分もあってモーダルに展開していき、物語性のある壮大な19分台の6曲目、アップテンポでひたすらに前進していくパワフルな7曲目。

 

このホームページに記載されている内容の無断引用・無断転載・編集等禁じます。©1997 Kazuyuki Kudo

トップページに戻る