アル・ディメオラ(Al Di Meola)

トップページ > アル・ディメオラ

コンプリートなディスコグラフィーでないことをご了承下さい。
ジャズCDの個人ページ」by K. Kudo

 

最初に聴いたのが「スプレンディド・ホテル」だったと思いますが、とにかくフレーズが速く、しかも時々ミュート奏法でも速弾きをやってのけるというテクニックでノックアウトされてしまいました。曲もエキゾチックでなかなかのもの。比較的最近の、「ワールド・シンフォニア」などの落ち着いてきたサウンドが好みになってきました。歳のせいでしょうか。

 

最終更新日:2015/07/06

リーダー・アルバム

Land Of The Midnight Sun/Al Di Meola(G)(Sony) - Recorded July and August 1975. Mingo Lewis(Key, Per), Steve Gadd(Ds), Anthony Jackson(B), Lenny White(Ds), Barry Miles(P), Stanley Clarke(B), Patty Buyukas(Vo), Alphonse Mouzon(Ds), Jaco Pastorius(B), Chick Corea(P) - 1. The Wizard 2. Land Of The Midnight Sun 3. Sarabande From Violin Sonata In B Minor 4. Love Theme From "Pictures Of The Sea" 5. Suite - Golden Dawn  a. Morning Fire  b. Calmer Of The Tempests  c. From Ocean To The Clouds  6. Short Tales Of The Black Forest

邦題「白夜の大地」。アルバムは曲ごとにミュージシャンを変えた豪華さですが、逆に曲ごとにバラバラだという印象も少し。ギターの正確な速弾きは圧巻。エキゾチックな曲が多いですが、まだスパニッシュの要素はあまり見られません。ジャコ・パストリアスは5曲目の組曲に参加。

Elegant Gypsy/Al Di Meola(G)(Sony) - Recorded December 1976 - January 1977. Jan Hammer(Key), Steve Gadd(Ds), Anthony Jackson(B), Mingo Lewis(Per), Lenny White(Ds), Barry Miles(Key), Paco De Lucia(G) - 1. Flight Over Rio 2. Midnight Tango   Percussion Intro 3. Mediterranean Sundance 4. Race With Devil On Spanish Highway 5. Lady Of Rome, Sister Of Brasil 6. Elegant Gypsy Suite

スパニッシュの色合いが濃く出たアルバム。これでもかと言わんばかりにとにかく速弾きで、曲もめまぐるしく変わる構成のものも何曲かあります。当時こんなアルバムを聴いたら目をまわしたのでは。3曲目はパコ・デ・ルシアとのアコースティックギターのデュオ。

Casino/Al Di Meola(G)(Sony) - Recorded 1978. Anthony Jackson(B), Steve Gadd(Ds), Barry Miles(Key), Mingo Lewis(Per), Eddie Colon(Per) - 1. Egyptian Danza 2. Chasin' The Voodoo 3. Dark Eye Tango 4. Senor Mouse 5. Fantasia Suite For Two Guitars (1) Viva La Danzarina (2) Guitars Of The Exotic Isle (3) Rhapsody Italia (4) Bravoto Fantasia 6. Casino

スティーヴ・ガッドとアンソニー・ジャクソンとパーカッションのリズム隊で迫力の低音です。メンバーがほぼ一定なのも、アルバムの統一感があります。めまぐるしく変わる曲調とエキゾチックな感じも相変わらずで、ちょっと聴けば、ああ、彼のアルバムね、と分かります。通して聴くとハードでちょっと疲れる?チック・コリアの曲も1曲あり。

Splendido Hotel/Al Di Meola(G)(Sony) - Released 1980. Philippe Saisse(Key), Robbie Gonzalez(Ds), Tim Landers(B), Eddie Colon(Per), Chick Corea(P), Anthony Jackson(B), Mingo Lewis(Per), Peter Cannarozzi(Oberheim), Steve Gadd(Ds), Jan Hammer(Synth), Tim Landers(B-string Snaps), Les Paul(G), David Cambell(Vln), Carol Shive(Viola), Dennis Karmzyn(Cello), The Columbus Boychor(Intro) - 1. Alien Chase On Arabian Desert 2. Silent Story In her Eyes 3. Roller Jubilee 4. Two To Tango 5. Al Di's Dream Theme 6. Dinner Music Of The Gods 7. Splendido Sundance 8. I Can Tell 9. Spanish Eyes 10. Isfahan 11. Bianca's Midnight Lullaby

LP時代は2枚組の大作。スパニッシュやラテンの要素のみならず、アラビックな感じの曲もあり、フルバンドの曲、ヴォーカル入りの曲からピアノとのデュオ、ギターのひとり多重録音によると思われる曲まで、様々な曲があります。アコースティック・ギターの使用も多い。チック・コリアが2、4、10曲目に参加。

Friyday Night In San Francisco/Al Di Meola(G), John McLaughlin(G), Paco De Lucia(G)(Sony) - Recorded December 5, 1980. - 1. Mediterranean Sundance/Rio Ancho 2. Short Tales Of The Black Forest 3. Frevo Rasgado 4. Fantasia Suite 4. Guardian Angel

アコースティック・ギター3本でのライヴ。といっても4、5曲目が3人で、最初の3曲はそれぞれの組み合わせでのデュオ。とにかく超絶技巧、速弾きと、こういう言葉でも違和感がないくらいにスゴいです。時おりピンクパンサーのテーマなどで笑いを誘いますが、複数のアコースティックギターのジャズならまずこれを、と思います。

Electric Rendezvous/Al Di Meola(G)(Sony) - Released 1982. Jan Hammer(Key), Philippe Saiss(Key), Steve Gadd(Ds), Anthony Jackson(B), Mingo Lewis(Per), Paco De Lucia(G) - 1. God Bird Change 2. Electric Rendezvous 3. Rassion, Grace And Fire 4. Crusin' 5. Black Cat Shuffle 6. Ritmo De La Noche 7. Somalia 8. Jewel Inside A Dream

このアルバムはトータルサウンドで勝負しているのかなと思うくらい、これでもかのフレーズ攻めは少なくなりましたが、ところどころ十分速いです。フレーズでなく曲で聴かせる、という姿勢が感じられます。3曲目は、パコ・デ・ルシアとのギターデュオです。こちらは十分速いスパニッシュサウンドです。

Tour De Force "Live"/Al Di Meola(G)(Sony) - Recorded February 4, 1982. Jan Hammer(Key), Steve Gadd(Ds), Anthony Jackson(B), Mingo Lewis(Per), Victor Godsey(Key) - 1. Elegant Gypsy Suite 2. Nena 3. Advantage 4. Egyptian Danza 5. Race With Devil On Spanish Highway 6. Crusin'

いわば速弾きギタリストとしての集大成のライヴアルバム。おなじみのメンバーもすごいので、曲によっては皆で恐ろしく速いフレーズを弾いたり、自在にリズムを変化させていきます。これだけスゴいライヴはなかなかありません。ここまでやってくれればお腹がいっぱい。このアルバムのための新曲も2曲。

Scenario/Al Di Meola(G)(Sony) - Released 1983. Jan Hammer(Key, etc), Bill Bruford(Ds), Phil Collins(Ds), Tony Levin(B) - 1. Mata Hari 2. African Night 3. Island Dreamer 4. Scenario 5. Sequencer 6. Cachaca 7. Hypnotic Conviction 8. Calliope 9. Scoundrel

ヤン・ハマーとの打ち込みが中心のサウンドで、ほとんどの曲が2人の多重録音。この時代は打ち込みのアルバムが増えていますけれど、曲はいいと思うのですが、やっぱりちょっと物足りない気もします。3曲目にはフィル・コリンズが、8曲目にはビル・ブラフォードとトニー・レヴィンが参加。

Passion, Grace & Fire/John McLaughlin(G), Al Di Meola(G), Paco De Lucia(G)(Sony) - Released 1983. - 1. Aspan 2. Orient Blue Suite (Part1, 2, 3) 3. Chiquito 4. Sichia 5. David 6. Passion, Grace & Fire

アコースティック・ギターでのトリオのフルアルバム2枚目。こちらはスタジオ録音。ところどころ相変わらずおそろしく速いパッセージの連続で、それでいてメロディアスな曲が続きます。しかも緻密。サウンドの基調はやはりスパニッシュという感じ。アコースティック・ギターの音色は好き。

Cielo e Terra/Al Di Meola(G)(Manhattan) - Released 1985. Airto Moreira(Per) - 1. Traces Of A tear 2. Vertigo Shadow 3. Cielo e Terra 4. Enigma Of Desire 5. Atavism Of Twilight 6. Coral 7. When our Gone 8. Etude 9. Solace

邦題「天地創造」。アコースティック・ギターを中心にした多重録音の演奏で、4曲のみアイアート・モレイラが参加。比較的テンポの速い曲もありますが、全体的に静か。エコーは多いですが美しい。私は好みですが、地味なのでセールス的には苦労したかもしれません。

Soaring Through A Dream/Al Di Meola(G) Project(Manhattan) - Released 1985. Airto Moreila(Per, Vo), Danny Gottlieb(Ds), Phil Markowitz(Synth, P), Chip Jackson(B) - 1. Capoeira 2. Traces (Of A Tear) 3. Broken Heart 4. July 5. Marina 6. Soearing Through A Dream

(99/02/21)邦題「夢幻飛行」。全曲アル・ディメオラの作曲。プロジェクト名義第一弾ですが、テクニックよりも曲で聴かせるアルバムかも。アコースティック色も強く、渋い。アイアート・モレイラが参加しているからか、ブラジル色がこのアルバムでも出ています。また、ギターシンセサイザーの使用もあり、パット・メセニーとの共通点も見え隠れ。ブラジル的なヴォーカルも入って哀愁漂うドラマチックな進行の1曲目、静かにゆっくりと盛り上がって、これまたドラマ性のある2曲目、切ない音世界を繊細にていねいに奏でている3曲目、ビートが効いているロックノリで7拍子系の4曲目、メロディが流れていくような5曲目、まさに夢の中を漂っているような、ヴォーカル入りで哀愁と物語性のある12分台のタイトル曲の6曲目。

Tiramisu/Al Di Meola(G) Project(Manhattan) - Recorded April 1987. Kei Akagi(Key), Tommy Brechtlein(Ds), Mino Cinelu(Per), Anthony Jackson(B), Jose Renato(Vo), Harvey Swartz(B) - 1. Beijing Demons 2. Arabella 3. Smile From A Stranger 4. Rhapsody Of Fire 5. Song To The Pharoah Kings 6. Andonea7. Maraba 8. Song With A View

邦題「幻想都市」。原タイトルは「ティラミス」だが...。グループのサウンドながら内省的な方向も見えはじめ、ブラジル色も曲によって出てきます。かってのバカテクだけではとらえられないアル・ディメオラの姿がここにはあります。当然一部は速弾きもありますが。完全に曲重視の傾向です。

World Synfonia/Al Di Meola(G)(Jimco) - Recorded October 1990. Dino Saluzzi(Bandoneon), Arto Tuncboyaci(Per, Vo), Gumbi Trtiz(Per), Chris Carrington(G) - 1. Perpetual Emotion 2. Orient Blue 3. Tango Suite Part 1   4. Tango Suite Part 3    5. Falling Grace 6. Last Tango For Astor 7. No Mystery 8. Lustrine 9. Little Cathedral 10. La Cathedral

アコースティック・ギター2本とパーカッション、バンドネオンで語られる無国籍ミュージックでアルゼンチン寄りといった、渋いサウンド。聴く人を選ぶかもしれませんが、タンゴの曲も数曲あり、はたまた「ノー・ミステリー」のこの編成での再演もあります。ジャズ度は非常に薄いかもしれませんが、インプロヴィゼーション度は高いです。アルバム中に「アストル・ピアソラ」に捧ぐ、とあります。「タンゴ組曲」はピアソラ作品。

Kiss My Axe/Al Di Meola(G) Project(Jimco) - Recorded May 1991. Barry Miles(P), Rachel Z(Synth), Anthony Jackson(B), Tony Scher(B), Richie Morales(Ds), Arto Tuncboyaciyan(Per, Vo), Gumbi Ortiz(Per) - 1. South Bound Traveler 2. The Ambrace 3. Kiss My Axe 4. Morocco 5. Gigi's Playtime Rhyme(Interlude No.1) 6. One Night Last June 7. Phantom 8. Erotic Interlude(Interlude No.2) 9. Global Safari 10. Interlude No.3  11. Purple Orchids 12. The Prophet(Interlude No.4) 13. Oriana(September 24, 1988)

音も良いので何度も聴きなおしたアルバム。アル・ディメオラ・プロジェクトとして様々なサウンドを消化して、このアルバムでとりあえず完成したとみていいのではないかと思います。エクゾチックさとブラジル指向と、エレクトリックとアコースティックがうまくブレンドされています。最初の3曲が好み。

Heart Of The Immigrants/Al Di Meola(G) World Synfonia(Jimco) - Released 1993. Dino Saluzzi(Bandoneon), Arto Tuncboyaci(Per, Vo), Chris Carrington(G) - 1. Nightclub 1960  2. Vistaero 3. Carousel Requiem 4. Tabgo 2   5. Under A Dark Moon 6. Bordel 1900   7. Indigo 8. Heru Mertar/Don't Go So Far Away 9. Parranda 10. Someday My Prince Will Come 11. Cafe 1930  12. They Love Me From Fifteen Feet Away 13. Milonga Del Angel

ワールド・シンフォニアの2枚目。アストル・ピアソラの曲を5曲演奏。あとは自作曲の他に「いつか王子様が」をこの変わった編成で演奏しているのが興味深いところ。どの曲も哀愁あふれる曲とサウンドで、この編成でジャズ度ということを気にしなければ、けっこう完成度の高いアルバムと思います。

Live At The North Sea Jazz Festival/Al Di Meola(G)(The Store For Music)(輸入盤) - Recorded 1993, and 1990(on 7). Chris Carrington(G), Arto Tuncboyaciyan(Per, Vo) - 1. Indigo 2. Bordel 1900   3. Improvisation 4. Tango Suite - Part 1   5. Tango Suite - Part 3   6. Mediterranean Sundance   Bonus Track: 7. Summer Country Song

(12/03/24)主に’93年当時のアコースティック・ギター2人とパーカッション(時にヴォイス)のトリオによるアルバム既発表曲が多く取り上げられていて、その当時のノースシー・ジャズ・フェスティバルでの録音。収録時間はボーナストラックを入れても40分台前半。なぜ今になってこの時期の演奏が出てきたのか(果たして公式盤なのか)、というところはあるのですが、ライヴなので、アコースティックな生々しい雰囲気はけっこうあるし、この編成が好きなディメオラ・ファンにはけっこうたまらない内容ではないかと思います。いくらか落ち着いてはきているものの、まだまだテクはあるし、スパニッシュというか、エキゾチックな香りもあるしと、まあ、聴いていてもいい内容。もちろん、3人ともタダ者ではないことは、このライヴが証明しています。
Orange And Blue/Al Di Meola(G)(Bluemoon) - Released 1994. Peter Erskine(Ds), Manu Katche(Ds), Steve Gadd(Ds), Marc Johnson(B), Pino Palladino(B), Mario Parmisano(P), Herman Romero(Vo, Per), George Dalaras(Vo), Noa(Vo), Simon Shaheen(Vln), Gumbi Ortiz(per) - 1. Paradiso 2. Chilean Pipe Song 3. Ta'alina Chant 4. Orange And Blue 5. This Way Before 6. Summer Country Song 7. If We Meet Again, Part One 8. If We Meet Again, Part Two 9. Cyprus 10. Theme Of The Mother Ship 11. Precious Little You 12. Casmir 13. On My Own

アル・ディ・メオラがアコースティック指向になって久しいですが、このアルバムはかなりパット・メセニーを意識して作ったのではないかと思える作品です。変拍子も多い。ブラジル指向が強くなると似てしまうだけなのかもしれないですが。かなり聴きやすいです。マーク・ジョンソンが1、2、5−8、11−12曲目に参加。

The Guitar Trio/Paco De Lucia(G), Al Di Meola(G), John McLaughlin(G)(Verve) - Recorded May-July, 1996. - 1. La Estiba 2. Beyond The Mirage 3. Midsummer Night 4. Manha De Carnaval 5. Letter From India 6. Espiritu 7. Le Monastere Dans Les Montagnes 8. Azzura 9. Cardeosa

邦題「スーパー・ギター・トリオ」。9曲中6曲が3人、2曲が2人、1曲が1人の演奏。ここで聴かれるギターは超速弾きだけでなく、以前のアルバムよりもまして緻密なアンサンブルを感じます。3人のそれぞれの個性は健在です。十数年前のブームは去ったといえ、ここでのギター3人のプレイは圧倒的。4曲目の「カーニバルの朝」もうれしい選曲。

Al Di Meola(G) Plays Piazzolla(Flavour) - Released 1997. Dino Saluzzi(Bandoneon), Christopher Carrington(G), Arto Tuncboyacian(Per, Vo), Gumbi Ortiz(Per), Herman Romero(Key, Vo) - 1. Pblivion 2. Cafe 1930 3. Tango Suite Part 1   4. Tango Suite Part 3   5. Verano Reflections 6. Night Club 1960  7. Tango 2    8. Bordel 1900   9. Milonga Del Angel 10. Last Tango For Astor

新録音が2曲と、残りの曲はアルバム「ワールド・シンフォニア」と「ハート・オブ・ジ・イミグランツ」からのもの。”モダンタンゴの父”アストル・ピアソラの曲を中心に、アコースティックギターで。ディノ・サルーシ(ECMにリーダー作あり)のバンドネオンもあったりしてジャズとはちょっと異質な世界にも足を踏み入れますが、タンゴの哀愁を満喫してください。ベスト盤に近い企画モノですが、全体の統一性があって、オススメ。

The infinite Desire/Al Di Meola(G)(Telarc) - Recorded February - May, 1998. Ernie Adams(Ds), Pino Daniele(Vo), Peter Erskine(Ds), Herbie Hancock(P), Tom Kennedy(B), Gumbi Ortiz(Per), Mario Parmisano(Key), John Patitucci(B), Steve Vai(G), Rachel Z(Key) - 1. Beyond The Mirage 2. Shaking The Spirits 3. Vizzini 4. In My Mother's Eyes 5. The Infinite Desire 6. Invention Of The Monsters 7. Istanbul 8. Azzura 9. Big Sky Azzura 10. Race With Devil On Turkish Highway 11. Valentina 12. The Infinite Desire

ある時期サウンドがパット・メセニー・グループに似てきて気になったことはありましたが、ここでは再びエキゾチックで哀愁の漂うサウンドで独自の世界を切り開きます。エレキギターやアコースティックギターは相変わらず素晴らしく、複雑なサウンドやリズムはお手のもの。ただ、理解しやすくはないかも。ジョン・パティトゥッチは1、4−5、12曲目に、ハービー・ハンコックは7曲目に参加。

Winter Nights/Al Di Meola(G, Key, Per)(Telarc) - Released 1999. Roman Hrynkiv(Per), Herman Romero(G, Per) - 1. Zima 2. Carol Of The Bells 3. Winterlure Duet No.1 4. Greensleeves 5. Mercy Street 6. Have Yourself A Merry Little Chirstmas 7. Winterlude No.2 8. Midwinter Nights 9. Scarbourough Fair 10. Winterlude No.3 11. The First Noel 12. Inverno 13. First Snow 14. Winterlude No.4 15. Ave Maria

冬にちなんだ曲を多く取り上げたアルバム。クリスマスアルバムとしてもとらえられますが、ヒーリング系やや硬派、彼独特の哀愁入り、という感じかな、と思います。 彼自身の作曲、あるいは共作は15曲中6曲。基本編成がアコースティック・ギター2本とパーカッションで、けっこう渋い演奏を聴くことができます。1曲目はいつもの彼らの演奏だったので肩透かしをくったような感じでしたけれど、 「グリーンスリーヴス」「アヴェ・マリア」などの、クリスマスに合いそうな曲もちりばめられています。また短い「ウインタールード」が4曲入っていて、この雰囲気がまたよい感じです。BGMに良いかというと、 ちょっとシリアスで、私だったら聴きこんでしまうかもしれないので、そういうアルバムだと思われた方が良いかも。(99年11月22日発売)

The Grande Passion/Al Di Meola(G, Per)(Telarc) - Recorded April 2000. Mario Parmisano(P), John Patitucci(B), Arto Tuncboyacian(Per, Vo), Herman Romero(G), Gilad(Per), Gumbi Ortiz(Per), Mike Mossman(Tp), Oscar Feldman(Ts), The Toronto Symphony Orchestra - 1. Misterio 2. Double Concerto 3. Prelude: Adagio For Theresa 4. The Grande Passion 5. Asia De Cuba 6. Soledad 7. Opus In Green 8. Libertango 9. Azucar

邦題は「リベルタンゴ」。 メンバーも個性的、かつ強力な人たちが集まっています。曲によっては交響楽団の演奏も加わって、これまた全編哀愁の漂うアコースティックな世界が展開しています。アル・ディメオラのオリジナルが6曲と、アストル・ピアソラの曲が3曲(2、6、8曲目)ありますが、両者とも違和感なく溶け込んでいる感じ。ただ、哀愁度でいけばピアソラ作の方かな。やや地味かなとも思える展開の曲が多いですが、ギター度は相変わらず高いと思います。そんな中で洋題(The Grande Passion)のタイトル曲の4曲目がけっこう力の入った曲。また、5曲目はホーンのバックも入ってけっこう元気の良い曲で印象的。ジャズ度はほとんどなく、タンゴ度の方が高そうなアルバムではあります。 これはこれでいいかも。(00年10月25日発売)

Flesh On Flesh/Al Di Meola(G)(Telarc) - Recorded March and April, 2002. Gonzalo Rubalcaba(Key), Anthony Jackson(B), Gumbi Ortiz(Per), Mario Parmisano(P, Synth, Marimba), Alejandro Santos(Fl, Bfl), Jean Valdes(As), Guillermo Ruiz(As), Williams Polledo(Tp), Ernie Adams(Ds), Monserat(Vo) - 1. Zona Desperata 2. Innamorata 3. Meninas 4. Flesh On Flesh 5. Fugata 6. Deep And Madly 7. Saffire Soleil 8. Senor Mouse

相変わらず曲といいアレンジといい凝っていて、独特なエキゾチック路線です。今回はエレクトリックとアコースティックと両刀使いで、ギターの露出度高し。そのドラマ性と哀愁で凝縮密度の高い1曲目、より哀愁度を増してドラマチックに迫ってくる2曲目、織り成すサウンドからメロディが浮かび上がる、素朴かつしっとり感の高いエグベルト・ジスモンチ作の3曲目、明るい色調ではじまりますが途中陰影も感じられ、ノリも良いタイトル曲の4曲目、哀しみを背負いつつ彼流のアレンジでせまるアストル・ピアソラ作の5曲目、プログラミングを含めて一人多重録音でメロディを奏でる6曲目、中間色の色調の模様からメロディが浮かび上がる7曲目、おなじみのメロディがギターで彼風に表現されていくチック・コリア作の8曲目。(02年9月25日発売)

Consequence Of Chaos/Al Di Meola(G, Key Per, etc)(Telarc) - Recorded 2006. Chick Corea(P), Steve Gadd(Ds), Barry Miles(P, Key, Marimba), John Patitucci(B), Ernie Adams(Ds, Per), Gumbi Ortiz(Congas, Per), Mario Parmisano(P, Key), Victor Miranda(B), Kornel Horvath(Udo, Gato Ds, Shaker) - 1. Sam Marco (Moderna) 2. Turquoise 3. Odyssey 4. Tao 5. Azucar 6. Sanctuary 7. Hypnose 8. Red Moon 9. Cry For You 10. Just Three Words 11. Tempest 12. Storm Off-Shore 13. Black Pearls 14. Africana Suite 15. San Marco (Veccio)

全曲アル・ディメオラ作曲。エレキもアコースティックもギターが自然にハマッている印象で、スーパー・ギター度は高し。ただ、1曲目は打ち込みに近いミキシング。2曲目以降、アコースティック色の強い曲とエレクトリックの曲が適度に配列されていて、3、6、10、12曲目の小品は一人多重録音。どの曲も良く唄っていますが、好みはトンガリながらも円熟してきたアコースティックか。7、13−14曲目のようにパーカッションが効いている曲も。特に14曲目はパーカッションとのデュオ。ラテン色の強い、コリアのソロが強烈な8曲目、コリアとのデュオで勝負しているしっとり加減がいい9曲目、彼流の複雑なラテン・ファンクとも言える11曲目。チック・コリアは8−9曲目に、ジョン・パティトゥッチは1−2、5、13、15曲目に参加。(06年9月20日発売)

Diabolic Inventions And Seducttion For Solo Guitar/Al Di Meola(G)(Inakustik) - Recorded January 2006. - Music Of Astor Piazzolla: 1. Campero 2. Poema Valseado 3. Tangata Del Alba 4. Adios Nonino 5. Tema De Maria 6. Milonga Del Angel 7. Romantico 8. Milonga Carrieguera

全曲アストル・ピアソラの曲で、それをアコースティックのソロ・ギターで演奏しているアルバム。ただし、打ち込みのパーカッションというか、パルス的にメリハリをつけている曲が多いです。彼のピアソラを取り上げたアルバムも、もう何枚目かになるので、そののめりこみはハンパではなく、ピアソラの哀愁的世界にどっぷりとはまりこみ、しかも哀愁のメロディだけではなくて、時に速弾きでバリバリとやりつつ、彼独自の世界をつくりつつあります。ただし、ピアソラの世界なので、いわゆるジャズ度という点では、なし、ということになります。演奏にインプロヴィゼーションが入っているのかどうかは分かりません。作曲者と演奏者の相性は極めて良く、さすがに印象に残る良い曲に、シャープで時に味わいのある良い演奏になってます。(07年11月7日発売)

Pursuit Of Radical Rhapsody/Al Di Meola(G, Per, Key) World Sinfonia(Telarc)(輸入盤) - Released 2011. Fausto Beccalossi(Accordion), Kevin Seddiki(G), Gumbi Ortiz(Per), Peter Kaszas(Ds, Per), Victor Miranda(B), Guests: Charlie Haden(B on 13, 15), Peter Erskine(Ds on 4, 10, 12), Gonzalo Rubalcaba(P on 5, 10, 12-13), Barry Miles(Key, String Arr), Mino Cinelu(Per on 3-4, 13-14), Sturex String Quartet: Gabor Csonka(Vln on 4, 11, 15), Viktor Uhrin(Vln on 4, 11, 15), Gergely Kuklis(Vln on 4), Gyla Benk(Viola on 4, 11, 15), Andras Sturcz(Cello on 4, 11, 15) - 1. Siberiana 2. Paramour's Lullaby 3. Mawazine Pt.1   4. Michelangelo's 7th Child 5. Gumbiero 6. Brave New World 7. Full Frontal Comtrapuntal 8. That Way Before 9. Firefiles 10. Destination Gonzalo 11. Bona 12. Radical Rhapsody 13. Strawberry Fields 14. Mawazine Pt.2   15. Over The Rainbow

(11/04/11)13曲目にビートルズ、15曲目にスタンダードの他は全部アル・ディメオラの作曲。相変わらずタンゴとかの方面でアコースティック・ギターを多用するサウンドで、音楽編成もその方向を向いています。アコースティック・ギターの早弾きは健在だけれども、より楽曲重視の方向で、ジャズやフュージョンからの接近ではなくて、もはや現地に溶け込んでの作曲であり、サウンド。もちろんエレキ・ギターの登場も。それに曲によって有名なゲストが加わったり、ストリングスが加わったりしています。今回はアストル・ピアソラの曲はないけれど、ディメオラの作曲でそのある種乾いた、エキゾチックな雰囲気も出ていることが分かります。曲によってはパーカッションやドラムスが元気なので、躍動感を与えてます。13、15曲目は異色か。
All Your Life/Al Di Meola(G)(Inakustik)(輸入盤) - Recorded May, November 2012 and February 2013. Hernan Romero(Hand Claps, Chaca Rhythm) - 1. In My life 2. And I Love Her 3. Because 4. Michelle 5. I Will 6. Eleanor Rigby 7. Penny Lane 8. Blackbird 9. I Am The Walrus 10. A Day In The Life 11. Being For The Benefit Or Mr. Kite 12. With A Little Help From My Friends 13. If I Fell 14. She's Leaving Home

(13/10/08)全曲ビートルズの曲で、しかもアビーロード・スタジオでの録音。主にギター1本で、軽くリズムが入るのですが、なるべくギター1本で演奏するのを心がけるも、複数のギターの音が多重録音で聴こえる場面も割とあります。そこは無理しないで、音楽的に一番良く聴こえるサウンドを狙っているようです。かなりのテクニックで弾いている感じ。しかも歌心もあるし。ビートルズの曲も、アル・ディ・メオラの演奏でサウンドイメージがけっこう変わっているものもあって、8曲目「ブラックバード」は原曲がギターなので変えようがなかなかないのですが、それを彼流の演奏に変えてしまっています。ジャズといえば、サウンド的にはう〜ん、となってしまうかもしれませんが、原曲を意識しつつ、インプロでやってしまっているところもあるかも。
Elysium/Al Di Meola(G)(Valiana Musok And Media)(輸入盤) - Released 2015. Barry Miles(Key), Mario Parmisano(P, Key), Rhadi Krija(Per), Philippe Saisse(Key, Marimba), Peter Kaszas(Ds) - 1. Adour 2. Cascade 3. Babylon 4. Purple And Gold 5. Esmeralda 6. Elysium 7. Amanjena 8. Sierra 9. Etcetera In E-Major (Intro) 10. Etcetera In E-Minor 11. Tangier 12. Stephanie 13. Monsters 14. La Lluvia

(15/07/06)全曲アル・ディ・メオラの作曲。たぶん意図的にしたシンプルな編成で、ベースレスにもかかわらず、ギターはアコースティック、エレクトリックの多機種を使用しています。迫力はあるけど、サウンドが全体的にアコースティック寄りにもあり、現代スパニッシュを聴いている印象。速引きも時々だけど健在で、なかなかのところを見せてくれます。エキゾチックで哀愁満点かつ切れ味の鋭いところを聴かせてくれます。彼の今の好きなことをやっているのはいいなあ、と思うも、セールスにどれだけ結び付くか、という点では少々心配。でも、この方向が目指す方向であれば、どんどんやってほしいなあ、とも思います。あくまでもギターが主役であるので、打楽器関係やピアノ関係が、うまくマッチして主役を引き立てています。

 

共演・参加アルバム

Where Have I Known You Before/Chick Corea(P) & Return To Forever(Polydor) - Recorded July-August 1974. Stanly Clarke(B), Lenny White(Ds), Al DiMeola(G) - 1. Vulcan Worlds 2. Where Have I Loved You Before 3. The Shadow Of Lo 4. Where Have I Danced With You Before 5. Beyond The Seventh Galaxy 6. Earth Juice 7. Where Have I Known You Before 8. Song To The Pharoah Kings

邦題「銀河の輝映」。アル・ディメオラが参加した記念すべきアルバム。と言ってもまだ超絶技巧と言うほどではありませんが、チック・コリアとともにラテン(スパニッシュ)の香りが当時からあります。グループの重量級なサウンドだけでなく、それぞれのソロも楽しめます。

No Mystery/Return To Forever Featuring Chick Corea(P)(Polydor) - Recorded January 1975. Stanly Clarke(B), Lenny White(Ds), Al DiMeola(G) - 1. Dayride 2. Jungle Waterfall 3. Flight Of The Newborn 4. Sofistifunk 5. Excerpt From The First Movement Of Heavy Metal 6. No Mystery 7. Interplay 8. Celebration Suite Part 1   9. Cerebration Suite Part 2

このメンバーになってからは2作目で、リズムもタイトで、キメも気持ち良く、クロスオーヴァー/フュージョン路線をさらに一層おしすすめた感じです。曲によってアル・ディメオラのアコースティック・ギターの速弾きが聴けます。いかにも当時のクロスオーヴァーというような曲もあります。ノリの良いファンクで攻める1曲目、ロックっぽさも感じさせる2曲目、各楽器のソロが魅力的でドラマチックな3曲目、少々やかましいながらも重々しいファンクの4曲目、4人で作曲されたヘヴィー・メタルを意識した(?)前後にピアノのソロが入る5曲目、キメが印象的、変幻自在で渋めなタイトル曲の6曲目、ピアノとベースでの文字通りインタープレイの7曲目。8、9曲目の、チック・コリアのスパニッシュ指向の曲は変化もあって難しそうな演奏。(99年3月10日発売)

Romantic Warrior/Return To Forever(Sony) - Recorded February, 1976. Chick Corea(P), Al DiMeola(G), Stanley Clarke(B), Lenny White(Ds) - 1. Medieval Overture 2. Sorceress 3. The Romantic Warrior 4. Majestic Dance 5. The Magician 6. Duel Of The Jester And The Tyrant (Part 1, 2)

邦題「浪漫の騎士」。この強力な4人の最後のRTF。はっきり言ってこの4人だからこそ、という感じのサウンド。場面によっては変拍子も出て来たり、音の使い方がプログレ方面の影響(こちらが影響を与えたかも?)も感じられます。6曲目は一度聴いていただきたいくらい迫力がある曲。

The Rite Of Strings/Stanley Clarke(B), Al Di Meola(G), Jean-Luc Ponty(Vln)(Gai Saber) - Recorded April 1995. - 1. Indigo 2. Renassaince 3. Song To John 4. Chilean Pipe Song 5. Topanga 6. Morocco 7. Change Of Life 8. La Cancion De Sofia 9. Memory Canyon

腕の立つトリオの演奏で、ここではアコースティック・ベースやアコースティック・ギターなどアコースティックな弦楽器のみで勝負しています。曲は比較的聴きやすい哀愁を帯びたサウンドですが、超絶技巧の部分も見え隠れしています。曲はほとんどが3人のオリジナルです。

The Promise/John McLaughlin(G, Key)(Verve) - Recorded 1995. Jeff Beck(G on 1), Tony Hymas(Key on 1), Pino Palladino(B on 1), Marc Mondesir(Ds on 1), Joey DeFrancesco(Org, Tp on 2, 4), Dennis Chambers(Ds on 2, 6, 10), Paco De Lucia(G on 5), Al Di Meola(G on 5), Michael Brecker(Ts on 6), Jim Beard(Key on 6, 10), James Genus(B on 6, 10), Don Alias(Per on 6, 10), Zakir Hussain(Tabla on 7), Nishat Khan(Sitar on 7), Trilok Gurtu(Per on 7), Sting(B on 8), Vinnie Colaiuta(Ds on 8), Toto Susanna(Birds Song on 9), David Sanborn(As on 10), Philippe Loli(G on 11), Yann Maresz(B on 11) - 1. Django 2. Thelonius Melodius 3. Amy And Joseph 4. No Return 5. El Ciego 6. Jazz Jungle 7. The Wish 8. English Jam 9. Tokyo Decadence 10. Shin Jin Rui 11. The Peacocks

1、8、11曲目以外はジョン・マクラフリンの作曲で、8曲目は実にスティング、ヴィニー・カリウタとの3人のインプロヴィゼーション。曲によってメンバーが違いますが、よくここまで、と思わせる大物が並び、しかも録音場所が世界各地に渡っています。1曲目のジャズの名曲「ジャンゴ」でジェフ・べックが参加しているのも興味深いところ。5曲目に久々のアル・ディメオラとパコ・デ・ルシアとのアコースティック・ギターのトリオが復活。相変わらずのスゴい演奏を聴かせてくれます。マイケル・ブレッカーは6曲目に、デニス・チェンバースは2、6、10曲目に参加。6曲目などは非常にハードな演奏で、好みではあります。ザキール・フセイン、トリロク・グルトゥをはじめとするインドのパーカッション陣との演奏も7曲目に。カラフルかつ豪華な演奏。

Cosmopolitan Life/Al Di Meola(G) & Leonid Agutin(Vo, Key, G)(Ole Records)(輸入盤) - Released 2005. Anthony Jackson(B), Julio Hernandez(B), Oleg Tarkhov(B), Sergey Korolev(B), Vinnie Colaiuta(Ds), Arthur Gazarov(Ds), Lee Levine(Ds), Albert Fedoseev(Key, P, Back Vo), Richard Bravo(Per), Gumbi Ortiz(Per), Anatoly Kotov(G), Ed Calle(Sax), John Kricker(Tb), Tony Concepcion(Tp), Angelica Varum(Vo, Back Vo), Ron Taylor(Back Vo), Lilian Viana(Back Vo), Rogerio Moura(Back Vo), Beatriz Malnic(Back Vo), Pedro Ferreira(Back Vo), Farah Lopez(Back Vo), Aster Wilson(Back Vo), Artia Lockett(Back Vo), Randy Singer Group(Back Vo) - 1. Cuba Africa 2. Cosmopolitan Life 3. Nobody 4. Price To Learn 5. Tango 6. Smile 7. Portofino 8. If I'll Get A Chance... 9. Blue River 10. Shade Of Your World

(05/05/27)全曲Leonid Agutinの作曲で、Alex Sino作詞のヴォーカル曲。フュージョンというよりは良質の哀愁もあるややエキゾチックなポップスにアル・ディメオラのギターが絡んでくるという雰囲気。曲自体は割と普通なんだけれど、ダタ者ではないギターが絡んでくると表情が一変します。多重録音もしていて、生ギターのソロがあったと思ったら次の場面ではエレクトリック・ギターに切り替わっている部分も。1曲目は哀愁系、2曲目はノリノリラテン系のタイトル曲、切なさもあるマイナーなポップの3曲目、静かでメロディアスな4曲目、ビートを強調した「タンゴ」の5曲目、力強いラテンファンクの6曲目、日本的哀愁のメロディの7曲目、ややゆったり哀愁情緒の8曲目、切なさも歌いこまれる9曲目、エキゾチックな香りの10曲目。

The Royal Dan - A Tribute(Seven Seas) - Released 2006, Robben Ford(G on 1), Steve Morse(G on 2), Jay Graydon(G on 3), Al Di Meola(G on 4), Steve Lukather(G on 5), Jeff Richeman(G on 6, Rhythm G), Mike Stern(G on 7), Jimmy Herring(G 0n 8), Frank Gambale(G on 9), Elliot Randall(G on 10), Vinnie Colaiuta(Ds), Jimmy Haslip(B), Peter Wolf(Key), Ernie Watts(Sax) - 1. Peg 2. Bodhisattva 3. Home At Last 4. Aja 5. Pretzel Logic 6. Josie 7. Dirty Work 8. The Fez 9. FM 10. Hey Nineteen

ギタリスト達によるスティーリー・ダンのトリビュートアルバム。ギタリストはロベン・フォード、スティーヴ・モーズ、ジェイ・クレイトン、アル・ディ・メオラ、スティーヴ・ルカサー、ジェフ・リッチマン、マイク・スターン、ジミー・ヘリング、フランク・ギャンバレ、エリオット・ランドールと豪華です。ジャズ、ロック両方からのギタリスト出演と、もともとスティーリー・ダンの曲がいいだけに、ギターでも曲でも聴けるカッコ良い内容になっています。バックはフュージョン畑の人。この中でも私がミュージシャンとして追いかけている4曲目(アル・ディ・メオラ)と7曲目(マイク・スターン)について。出だしはリズムで聴かせてアコースティック・ギターで渋くせまる、サックスも効いている4曲目、メロディアスな、ちょっと柔らかいサウンドで 盛り上がりもある7曲目。(06年8月23日発売)

Beautiful Love/Eddie Gomez(B), Billy Drummond(Ds), Yutaka Kobayashi(P) featuring Al Di Meola(G)(Isol Discus Organization) - Recorded August 25 and 26, 2007. - 1. Softly As In A Morning Sunrise 2. Missing Moments 3. Beautiful Love 4. Captain Marvel 5. Nefertiti 6. Crossing Memories 7. I'll Close My Eyes 8. Sundry Waltz No.9   9. Chiquilin De Bachin

ユタカ・コバヤシの作曲が3曲あり、実質彼のリーダー作か。カチッとしたメロディアスなピアノのフレーズが多めです。アル・ディメオラが3曲(1、4、9曲目)参加していて、それぞれ使っているギターが違います。スタンダードをフル・アコでバリバリと弾いている1曲目、チック・コリア作「キャプテン・マーヴェル」をいつものフュージョンやロック的なエレキ・ギターでサンバを演ずる4曲目、アコースティック・ギターでピアソラの曲と向かい合う9曲目。タイトル曲の3曲目はしっとりとした美しさのあるバラード。5曲目「ネフェルティティ」はややあっさり。オリジナルの方は、割と盛り上がってメロディアス、かつ哀愁もあるボッサの2曲目、メランコリックな響きのある叙情的な6曲目、8分の6拍子的テンポで切なさと盛り上がりもある8曲目。(08年3月26日発売)

Returns/Return To Forever(Videoatrs) - Recorded July 18 and 31, August 6, 2008. Chick Corea(P, Key), Stanley Clarke(B), Al Di Meola(G), Lenny White(Ds) - (Disc 1) 1. Opening Prayer 2. Hymn Of The Seventh Galaxy 3. Vulcan Worlds 4. Sorceress 5. Song To The Pharoah Kings 6. Al's Solo Including: Passion Grace & Fire - Mediterranean Sundance - CVafe 1930 - Spain   7. No Mystery   (Disc 2) 1. Friendship - Chick Corea's Solo Including: Solar 2. Romantic Warrior 3. El Bayo De Negro - Stanley's Solo 4. Linage - Lenny's Solo 5. Romantic Warrior(Continued) 6. Duel Of The Jester And The Tyrant (Bonus Tracks) 7. 500 Miles High 8. Romantic Warrior (BBC Lifetime Achievement Award To RTF)

久しぶりの第2期リターン・トゥ・フォーエヴァーの再結成ライヴで、CD2枚組。懐かしい曲ばかりだし、2枚で2時間以上に及ぶ濃密な演奏は聴きごたえがあります。ベストトラックを集めたせいか、出来はかなりのもの。ボーナストラックが2曲ついています。全員の演奏の合間にそれぞれのソロの曲をはさみ込んで、長い時間でもドラマチックでメリハリのついた演奏です。特に、アル・ディ・メオラのソロは4曲ものメドレーですが、彼の超絶テクニックと音楽心でこれまた聴かせてくれます。曲はマイルス・デイヴィスの「ソーラー」を除けば、全部メンバー各自の作曲のもの。ボーナストラックの曲のダブりが気になりますが、有名なベテランによるレベルの高いハードコア・フュージョン(一部に4ビートもあり)とも言え、素晴らしい演奏。(08年12月31日発売)

He&Carmen/Al Di Meola(G)/Eszter Horgas(Fl)(Danubius Music)(輸入盤) - Recorded November 14, 2008. Gabor Cseke(P), Zoltan Lantos(Vln), Viktor Hars(B), Gumbi Ortiz(Per), Peo Alfonsi(G), Peter Kaszas(Ds) - 1. Exordium 2. Cafe 3. Double Concerto 4. Fugata 5. Entr' Act 6. Misterio 7. Milonga Del Angel 8. Dance Part 1   9. Dance Part 2   10. Habanera 11. Libertango 12. Finale

(10/08/22)フルートとの共演のライヴ盤。アル・デイメオラ作が6曲目を作曲、そしてアストル・ピアソラ作が5曲(2−4、7、11曲目)あります。ディメオラのアレンジの曲も共作のアレンジを含め、2−5、11曲目とピアソラ関係の曲に多く関わっています。ギターはクラシック(フラメンコ)ギターですが、ラテン関係(とは言うもののライヴはブダペストなので海外遠征中か)のメンバーとのバンドで、やはりこっち方面の心酔度が高いことをうかがわせます。現代タンゴとでも言うのか、リズムはとらわれてないような感じで、やや硬質度もあるし、ギターの速弾きも相変わらずハイスピードでシャープなフレーズの場面もあります。ただ傾向としては、そういう見せ場的なものよりも曲としてのトータル感を重視しています。ラテン音楽のジャンルか。

(他の主な参加CD)ジャズパナ/ザ・メンドーサ(Arr)〜マーディン・プロジェクト ’92年(Act)、ダンス・オブ・ファイヤー/アジザ・ムスタファ・ザデ(Vo、P)’95年(Epic)、ギターズ・オン・ファイヤー!/デビッド・マシューズ(Arr)&ギターズ・オン・ファイヤー ’96年(Bandai Music)、ザ・ウエイ・イン/ジェフ・リッチマン(G)’99年(Sunshine Digital)、

 

このホームページに記載されている内容の無断引用・無断転載・編集等禁じます。©1997 Kazuyuki Kudo

トップページに戻る